アメリカジョッキークラブカップ-過去10年のデータと予想

スポンサーリンク
日程 2019年1月20日(日曜)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2200m
格付け G2
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 11頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

アメリカジョッキークラブカップ2019

G2アメリカジョッキークラブカップ2019です。過去の上位馬を見ると、決して出世レースという印象はありません。ただ例年、重賞実績馬のほか、中山コース巧者の実力馬が活躍する見応えのあるレースが繰り広げられます。

中山競馬場の芝2200mコース

配当

過去10年のアメリカジョッキークラブカップの配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。波乱傾向とは言えないものの、例年中穴の好走例が多いく、好配当を演出しています。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 460円 6,440円 24,620円
2017 1,930円 3,970円 28,980円
2016 1,800円 6,350円 30,540円
2015 11,950円 20,340円 169,220円
2014 14,960円 52,170円 299,470円
2013 3,360円 2,740円 20,710円
2012 300円 560円 1,270円
2011 2,210円 4,040円 18,300円
2010 10,990円 14,110円 111,460円
2009 1,650円 5,340円 27,530円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

アメリカジョッキークラブカップ2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 7 牡4 56 ダンビュライト 2 サンタクロースステークス(1600万) 1着(-0.1) 1
2 3 牡4 56 ミッキースワロー 1 菊花賞(G1) 6着(0.8) 3
3 9 牡8 56 マイネルミラノ 8 中山金杯(G3) 11着(0.6) 12
2017 1 8 牡5 56 タンタアレグリア 7 天皇賞春(G1) 4着(0.3) 10
2 10 牡4 55 ゼーヴィント 1 福島記念(G3) 2着(0.2) 1
3 1 牡4 55 ミライヘノツバサ 3 迎春ステークス(1600万) 1着(-0.3) 2
2016 1 3 牡7 57 ディサイファ 2 金鯱賞(G2) 2着(0.2) 1
2 11 牡7 56 スーパームーン 3 ディセンバーステークス(OP) 2着(0.0) 1
3 7 牡5 56 ショウナンバッハ 7 ジャパンカップ(G1) 12着(0.5) 15
2015 1 12 牡6 56 クリールカイザー 4 ステイヤーズステークス(G2) 3着(0.4) 1
2 14 セ7 56 ミトラ 7 福島記念(G3) 1着(-0.2) 6
3 9 牡6 57 エアソミュール 2 金鯱賞(G2) 3着(0.3) 2
2014 1 10 牡6 57 ヴェルデグリーン 2 有馬記念(G1) 10着(2.6) 8
2 2 牡6 56 サクラアルディート 11 中山金杯(G3) 9着(0.4) 4
3 1 牡4 55 フェイムゲーム 6 ディセンバーステークス(OP) 6着(0.2) 8
2013 1 3 牡5 56 ダノンバラード 3 金鯱賞(G2) 8着(0.6) 2
2 5 セ8 56 トランスワープ 5 天皇賞秋(G1) 17着(2.4) 9
3 4 牡5 56 アドマイヤラクティ 2 金鯱賞(G2) 3着(0.2) 4
2012不良 1 3 牡5 57 ルーラーシップ 1 有馬記念(G1) 4着(0.2) 11
2 4 牡4 55 ナカヤマナイト 2 ディセンバーステークス(OP) 1着(-0.4) 2
3 9 牡5 56 ゲシュタルト 4 中日新聞杯(G3) 2着(0.0) 4
2011 1 6 牡5 58 トーセンジョーダン 1 有馬記念(G1) 5着(0.3) 7
2 7 牡8 57 ミヤビランベリ 6 中日新聞杯(G3) 18着(2.2) 8
3 2 牡8 58 ネヴァブション 3 有馬記念(G1) 8着(0.8) 12
2010 1 9 牡7 58 ネヴァブション 5 有馬記念(G1) 12着(3.9) 13
2 13 牡8 58 シャドウゲイト 9 有馬記念(G1) 9着(2.7) 16
3 2 牡7 57 トウショウシロッコ 3 中山金杯(G3) 2着(0.0) 5
2009 1 3 牡6 57 ネヴァブション 4 中山金杯(G3) 5着(0.2) 3
2 6 牡8 58 エアシェイディ 2 有馬記念(G1) 3着(0.4) 10
3 7 牡6 57 トウショウシロッコ 7 ディセンバーステークス(OP) 1着(-0.3) 1
前走中山芝レース

過去10年のアメリカジョッキークラブカップ3着以内30頭中17頭を占めます。前走中山芝レース出走馬だけでなく、オープンクラスの中山芝レース好走歴のある馬も多いです。中山コース巧者が活躍しているといえそうです。

前走G1レース

過去10年のアメリカジョッキークラブカップ3着以内30頭中11頭を占めます。そのうち春のG1レースに出走していたのは、タンタアレグリア(2017年)のみです。

1~7番人気

過去10年のアメリカジョッキークラブカップ3着以内30頭中27頭を占めます。大穴の好走例は少ないものの、例年、中穴(4~7番人気)程度の馬が馬券圏内に好走しています。

予想

少数精鋭という印象のアメリカジョッキークラブカップ2019。ただ有力馬が休養明けの一戦ということもあって、取捨が難しいレースになりそうですね。重賞好走歴のある馬が多いので、ノーマークの穴馬の波乱演出もあるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。人気馬を中心に狙いました。

◎4フィエールマン

前走菊花賞は、データ傾向を無視(過去最少キャリア4戦目の菊花賞制覇、関東馬、ラジオNIKKEI賞からのぶっつけ本番)した優勝。ちょっと手が出せない馬でした。流石に実績を考えれば、ここは勝ち負けを期待できそうですが…。

○1ジェネラーレウーノ

3着を外していない中山コース(3-0-1-0)に加え、前で競馬が出来るのも魅力ですね。2走前のセントライト記念と比べると、一気にメンバーが強くなります。あとは相手関係だけでしょうか。

▲5ダンビュライト

前走のチャレンジカップは、スタートで前に行けず、位置取りが後ろ過ぎたような印象のレースでした。力負けでは無いと思うので、ここでは上位争いを期待したいですね。中山コースでは3着を外していない(1-0-3-0)のも魅力です。

△9ショウナンバッハ

同コース(中山芝2200m)の相性が良く、2016年のAJCCで3着、2017年のオールカマーは見せ場を作っての5着(2着馬とはクビ&クビ&アタマ差)、今年のオールカマーも3着ダンビュライトとクビ&アタマ差の5着に好走しており、末脚が活きる流れになると、上位に突っ込んで来ています。今回も人気が落ち着くようであれば、紐に押さえても面白い1頭かもしれません。

3連複◎-○▲△-○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。予想した馬は、2着、4着、6着、7着でした。本命◎フィエールマンは、2着でした。

アメリカジョッキークラブカップ2019 結果
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 牡6 56 シャケトラ 7 有馬記念2017(G1) 6着(0.5) 7
2 4 牡4 57 フィエールマン 1 菊花賞(G1) 1着(-0.0) 7
3 10 牡6 56 メートルダール 5 中日新聞杯(G3) 5着(0.9) 3

まさかの波乱決着(3連単123,550円)。少頭数かつ実力馬3頭という構成ながら、人気馬2頭が飛ぶとは…。

ドスローで流れ、最後の直線勝負というレースでした。その中で、優勝は1年1カ月ぶりのシャケトラ。長期休養明けでこの相手ですから、全く検討することもなく消していました。中山は、日経賞でも強い勝ち方をしていたので、コース適性があるのかもしれませんね。

外からは、3着にメートルダール。直線が長く広いコースの方が合うと思っていただけに、手が出せず。完全にノーマークでした。

深く考えない競馬