オールカマー 過去10年のデータと予想

日程 2018年9月23日(日曜)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2200m
格付け G2
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 12頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

オールカマー2018

秋のG1戦線に向けた一戦オールカマー2018です。オールカマー優勝馬には、天皇賞秋の優先出走権が与えられます。

秋のG1に向けた前哨戦としては、毎日王冠が有力ローテのため、やや評価が難しいレースでもあります。ただ近年は、ゴールドアクター(2016年1着)、ショウナンパンドラ(2015年1着)、ヌーヴォレコルト(2015年2着)、ラキシス(2014年2着)がオールカマー後のG1で好成績を残しています。

中山競馬場の芝2200mコース

過去10年のオールカマーの配当を見ると、3連単10万馬券超えは、新潟開催だった2014年のみとなっており、中山開催では、大きな波乱がありません。馬連は1000円前後の決着が多く、人気馬が結果を残す傾向にあります。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 1,700円 3,340円 20,150円
2016 840円 2,710円 8,070円
2015 1,010円 5,030円 24,060円
2014 6,250円 56,470円 255,930円
2013 7,060円 5,840円 64,420円
2012 1,790円 8,140円 31,940円
2011 1,280円 1,380円 6,120円
2010 940円 2,420円 13,170円
2009 770円 840円 4,830円
2008 980円 5,330円 13,780円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2014年は、新潟競馬場で開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

オールカマー2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 6 牝5 55 ルージュバック 5 ヴィクトリアマイル(G1) 10着(0.7) 2
2 8 牡6 56 ステファノス 1 安田記念(G1) 7着(0.3) 4
3 9 牡5 57 タンタアレグリア 3 アメリカジョッキーカップ(G2) 1着(-0.1) 7
2016 1 6 牡5 58 ゴールドアクター 1 天皇賞春(G1) 12着(0.8) 1
2 1 牡6 56 サトノノブレス 3 宝塚記念(G1) 8着(1.1) 10
3 5 牡5 56 ツクバアズマオー 6 札幌日経オープン(OP) 4着(0.3) 3
2015 1 3 牝4 55 ショウナンパンドラ 3 宝塚記念(G1) 3着(0.2) 11
2 4 牝4 55 ヌーヴォレコルト 1 宝塚記念(G1) 5着(0.3) 3
3 9 セ7 56 ミトラ 7 中日新聞杯(G3) 5着(0.5) 3
2014新潟 1 11 牡6 56 マイネルラクリマ 2 七夕賞(G3) 3着(0.4) 1
2 6 牝4 54 ラキシス 7 ヴィクトリアマイル(G1) 15着(0.8) 9
3 5 牡5 56 クリールカイザー 12 札幌日経オープン(OP) 4着(1.0) 2
2013 1 12 牡5 56 ヴェルデグリーン 9 新潟大賞典(G3) 10着(1.2) 5
2 4 セ5 56 メイショウナルト 2 小倉記念(G3) 1着(-0.2) 3
3 9 牡5 57 ダノンバラード 1 宝塚記念(G1) 2着(0.6) 5
2012 1 13 牡4 56 ナカヤマナイト 2 宝塚記念(G1) 8着(2.6) 13
2 3 牡5 56 ダイワファルコン 4 七夕賞(G3) 9着(0.7) 4
3 8 牡4 56 ユニバーサルバンク 6 目黒記念(G2) 5着(0.4) 4
2011 1 7 牡6 59 アーネストリー 1 宝塚記念(G1) 1着(-0.2) 6
2 1 牡4 57 ゲシュタルト 6 天皇賞春(G1) 17着(2.8) 15
3 6 牡4 57 カリバーン 2 札幌記念(G2) 5着(0.3) 7
2010 1 5 牡7 57 シンゲン 5 天皇賞秋(G1) 5着(0.8) 2
2 3 牡6 59 ドリームジャーニー 1 宝塚記念(G1) 4着(0.3) 4
3 2 牡7 57 トウショウシロッコ 6 新潟記念(G3) 2着(0.0) 10
2009 1 15 牡6 58 マツリダゴッホ 3 札幌記念(G2) 9着(0.6) 2
2 9 牡5 59 ドリームジャーニー 1 宝塚記念(G1) 1着(-0.3) 2
3 2 牡6 57 シンゲン 2 エプソムカップ(G3) 1着(-0.2) 2
2008 1 11 牡5 59 マツリダゴッホ 1 札幌記念(G2) 2着(0.0) 1
2 10 牡6 57 キングストレイル 6 キーンランドカップ(G3) 4着(0.7) 7
3 4 牡5 57 トウショウシロッコ 8 新潟記念(G3) 3着(0.4) 14
人気

過去10年のオールカマー3着以内では、上位人気馬の好走例が多く、特に1番人気は安定した成績を残しています。1番人気が馬券圏外となったのは、新潟開催の2014年と重馬場で行われた2012年の2回のみです。

  • 1番人気(3-4-1-2)複勝率80%
  • 2番人気(2-1-2-5)複勝率50%
前走G1レース

過去10年のオールカマー3着以内30頭中14頭を占めます。2009年以降、毎年1頭以上が馬券圏内に好走しています。

外枠

過去10年のオールカマー3着以内では、外枠(7~8枠)が劣勢傾向にあります。3着以内に好走した4頭は、ともに人気を集めた馬でした。

前走二桁着順

過去10年のオールカマー3着以内では、大敗からの巻き返しが少ない傾向にあります。前走が二桁着順だった5頭中4頭が前走G1レースに出走していました。

予想

今年のオールカマー2018は、春のG1戦線組(アルアイン、ダンビュライト)のほか、昨年のダービー馬レイデオロなど、例年よりもやや層の厚いメンバーが揃いました。この3頭が上位争いの中心になりそうですが、秋G1を前に、休養明けをひと叩きという馬が多いことを考えると、取捨が難しいレースになりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。上位人気3頭の決着にはならないと想定して、ダンビュライトを軽視しました。どうなるでしょうか…。

◎7レイデオロ

海外帰り&休み明け初戦。秋のG1戦線に向けての叩きになると思いますが、このメンバーなら3着を外したくないところでしょうか。オールカマーで馬券圏外になるようだと、秋のG1(天皇賞秋、ジャパンカップ)で上位争いをするのは、かなり厳しくなると思います。ここは期待の本命で。

○1アルアイン

レイデオロと同様、海外帰り&休み明け初戦になります。ダービーや京都記念の結果を見る限りは、レイデオロと大きな力差があるわけでは無さそう…。レイデオロを狙うなら、当然アルアインも無視できない1頭になるでしょうか。

▲3ガンコ

2走前の日経賞では、人気馬キセキ(ルメール騎手)&トーセンバジル(デムーロ騎手)が圏外に飛ぶ中、藤岡騎手の冷静な騎乗と先行策で優勝しました。今回もスムーズに先行さえできれば、見せ場を作ることが出来るのではないでしょうか。人気のG1馬レイデオロ&アルアインは、ともに差し馬。前々での競馬と粘り込みに期待して…。

△6ショウナンバッハ

久しぶりに前走新潟記念で好走。追い込み決着と軽ハンデが要因でしょうか。今回、前に行きそうな馬が何頭かいるため、前走のように流れは向くかもしれません。昨年のオールカマー2017は、見せ場を作っての5着(2着馬とはクビ&クビ&アタマ差)に好走していますし、展開が向けば波乱を演出するシーンがあっても良さそうですね。

3連複◎-○▲△-○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、5着、7着でした。本命◎レイデオロは、1着でした。

オールカマー2018 結果
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 7 牡5 57 レイデオロ 1 ドバイシーマクラシック(G1) 4着 2
2 1 牝3 57 アルアイン 3 クイーンエリザベス2世カップ(G1) 5着 3
3 2 牡6 57 ダンビュライト 2 宝塚記念(G1) 5着(0.7) 5

録画を見ました。人気サイド決着を軽視して消したダンビュライトが3着に入る順当な決着。

押さえていたガンコは、直線入ったところで手応えが悪そうでした。そのまま伸びきれずの7着。休養明けで一度使ってからというような印象でした。

そして最後の最後、外からショウナンバッハが突っ込んで来るゴール前。3着ダンビュライトとは、僅かクビ&アタマ差で、悔しい5着となりました。あと少し距離があれば交わしていた…(´・ω・`) と思ってしまいますが、仕方ないですね。

JRA G2
深く考えない競馬