青葉賞2021過去データと予想

日程 2021年5月1日(土曜)
開催 東京競馬場11R
距離 芝2400m
格付け G2
条件 3歳
斤量 馬齢(牡56kg)
出走数 18頭
天気 曇り(ヤフー天気)
クッション値 9.2(1日)

青葉賞2021

日本ダービーの前哨戦、青葉賞2021です。日本ダービーと同コース(東京芝2400m)で行われ、日本ダービーに向けた主要ローテのひとつとなっています。過去、青葉賞から日本ダービー優勝馬は出ていませんが、2~3着に好走する馬は多く、大一番に向けて大注目の一戦になると思います。

東京競馬場の芝2400mコース

配当

過去10年の青葉賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回あります。傾向が読みにくいレースですが、馬連や3連複の好配当は多く、やや波乱含みといえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2020 2,640円 2,190円 14,870円
2019 2,120円 5,490円 42,980円
2018 10,940円 10,910円 101,530円
2017 780円 3,190円 8,440円
2016 1,940円 2,540円 14,890円
2015 1,190円 2,920円 12,990円
2014 4,990円 12,190円 138,430円
2013 30,590円 40,730円 428,430円
2012 4,830円 48,540円 189,270円
2011 8,430円 6,720円 74,960円

では過去10年の青葉賞で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:テレビ東京杯青葉賞 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

青葉賞2021過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2020 1 3 オーソリティ 3 弥生賞ディープインパクト記念(G2) 3着(0.4) 3
2 7 ヴァルコス 4 ゆきやなぎ賞(1勝クラス) 1着(-0.3) 2
3 1 フィリオアレグロ 1 共同通信杯(G3) 3着(0.7) 2
2019稍重 1 2 リオンリオン 5 大寒桜賞(500万) 1着(-0.2) 4
2 3 ランフォザローゼス 1 京成杯(G3) 2着(0.2) 2
3 5 ピースワンパラディ 3 フローラルウォーク賞(500万) 1着(-0.2) 3
2018 1 9 ゴーフォザサミット 6 スプリングステークス(G2) 7着(0.7) 4
2 15 エタリオウ 7 ゆきやなぎ賞(500万) 2着(0.1) 2
3 10 スーパーフェザー 1 アザレア賞(500万) 1着(-0.4) 1
2017 1 10 アドミラブル 1 アザレア賞(500万) 1着(-0.5) 1
2 9 ベストアプローチ 4 弥生賞(G2) 4着(0.3) 7
3 6 アドマイヤウイナー 8 大寒桜賞(500万) 1着(-0.1) 2
2016 1 6 ヴァンキッシュラン 4 アザレア賞(500万) 1着(-0.0) 1
2 4 レッドエルディスト 5 大寒桜賞(500万) 1着(-0.1) 3
3 13 レーヴァテイン 1 500万(東京芝2400m) 1着(-0.0) 1
2015 1 8 レーヴミストラル 1 アザレア賞(500万) 1着(-0.2) 1
2 3 タンタアレグリア 4 大寒桜賞(500万) 1着(-0.1) 2
3 6 ヴェラヴァルスター 5 ゆりかもめ賞(500万) 1着(-0.0) 5
2014 1 11 ショウナンラグーン 10 山吹賞(500万) 3着(0.3) 2
2 2 ワールドインパクト 1 大寒桜賞(500万) 1着(-0.2) 1
3 13 ヤマノウィザード 4 すみれステークス(OP) 7着(1.1) 2
2013 1 5 ヒラボクディープ 7 水仙賞(500万) 1着(-0.0) 1
2 3 アポロソニック 9 山吹賞(500万) 1着(-0.2) 11
3 7 ラストインパクト 2 大寒桜賞(500万) 1着(-0.1) 1
2012 1 7 フェノーメノ 1 弥生賞(G2) 6着(0.4) 2
2 12 エタンダール 10 山吹賞(500万) 1着(-0.0) 2
3 10 ステラウインド 13 山吹賞(500万) 4着(0.3) 3
2011 1 4 ウインバリアシオン 6 弥生賞(G2) 7着(0.3) 6
2 12 ショウナンパルフェ 4 スプリングステークス(G2) 6着(0.7) 6
3 10 トーセンレーヴ 1 毎日杯(G3) 3着(0.2) 1
人気

過去10年の青葉賞では、1番人気馬が好成績を残している一方で、2~3番人気が不振傾向にあります。

  • 1番人気(3-2-4-1)複勝率90%
  • 2番人気(0-0-1-9)複勝率20%
  • 3番人気(1-0-1-8)複勝率20%
前走芝2000m以上

過去10年の青葉賞3着以内30頭中25頭を占めます。前走弥生賞出走馬を除くと、前走1勝クラス(旧500万クラス)のレースを中心に、芝2200mと芝2400mを使っていた馬の好走が多い傾向にあります。

前走の距離(過去10年3着以内)
年度 1着 2着 3着
2020 2000m 2400m 1800m
2019 2200m 2000m 1600m
2018 1800m 2400m 2400m
2017 2400m 2000m 2200m
2016 2400m 2200m 2400m
2015 2400m 2200m 2400m
2014 2200m 2200m 2200m
2013 2200m 2200m 2200m
2012 2000m 2200m 2200m
2011 2000m 1800m 1800m
前走芝1800mの人気馬

過去10年の青葉賞では、前走1800mを使っていた人気馬が不振傾向となっています。2018年の優勝馬ゴーフォザサミットは、前走芝1800m戦(前走スプリングステークス)に出走していましたが、青葉賞では穴馬(6番人気)でした。

前走芝1800m戦に出走していた人気馬(1~4番人気)
年度 人気 着順 馬名 前走
2020 1 3 フィリオアレグロ 共同通信杯(G3) 3着
2019 2 12 ウーリリ 毎日杯(G3) 2着
2017 2 7 トリコロールブルー スプリングステークス(G2) 5着
2016 2 4 プロディガルサン 東スポ杯2歳ステークス(G3) 2着
3 5 ラングレー 共同通信杯(G3) 3着
2015 3 4 ブラックバゴ スプリングステークス(G2) 6着
2014 3 6 マイネルフロスト 毎日杯(G3) 1着
2 11 ラングレー 毎日杯(G3) 4着
2013 2 11 レッドレイヴン 東スポ杯2歳ステークス(G3) 2着
2012 4 6 アドマイヤブルー 毎日杯(G3) 6着
2011 4 2 ショウナンパルフェ スプリングステークス(G2) 6着
1 3 トーセンレーヴ 毎日杯(G3) 3着
前走大寒桜賞優勝馬

過去8年の青葉賞3着以内では、大寒桜賞(中京芝2200m)優勝馬が次走の重賞レースで好走する例が目立ちます。

大寒桜賞優勝馬の次走成績
年度 馬名 次走
2020 メイショウボサツ 青葉賞(G2) 5着
2019 リオンリオン 青葉賞(G2) 1着
2018 ダノンマジェスティ 青葉賞(G2) 8着
2017 アドマイヤウイナー 青葉賞(G2) 3着
2016 レッドエルディスト 青葉賞(G2) 2着
2015 タンタアレグリア 青葉賞(G2) 2着
2014 ワールドインパクト 青葉賞(G2) 2着
2013 ラストインパクト 青葉賞(G2) 3着
2012 トーセンホマレボシ 京都新聞杯(G2) 1着

予想

青葉賞2021は、かなりの混戦模様だと思います。多くの馬にチャンスがあるメンバー構成に見えます。近年の傾向から前走人気を集めて好走していた1~8番人気前後の馬が馬券候補と言う感じですが、どうなるでしょうか…。

以下、簡単な考察と予想です。

◎15リーブルミノル

2015~2018年に4年連続で馬券圏内に好走しているアザレア賞優勝馬。データ傾向からは狙い目になるでしょうか。前走は最内をロスなく進めて、空いた内を突くレースでした。前走の内容を見ると、この枠はきつい印象も受けますが、好ローテに期待して本命評価にしました。

〇2ワンダフルタウン

前走京都2歳ステークス優勝。過去好走例が無い休養明けのローテですが、前走は結構骨っぽいメンバーを抑えの完勝で、今回のメンバーが相手なら無くはないところでしょうか。

▲6アオイショー

前走人気を集めて完勝していた馬ということで押さえました。前走山吹賞は、2着以下との力差を感じるほどの勝ちっぷりでした。直近2年が内枠決着という傾向にも期待して…。

△5ワンデイモア

前走弥生賞ディープインパクト記念は、見せ場なく7着。タイトルホルダーやダノンザキッドがいたとはいえ、重賞では足りない印象を受けました。人気もしないと思うので、適当に押さえました。

3連複4頭ボックス◎○▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、9着、10着、11着でした。本命◎リーブルミノルは、10着でした。

青葉賞2021結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 2 ワンダフルタウン 3 京都2歳ステークス(G3) 1着(-0.1) 3
2 10 キングストンボーイ 1 共同通信杯(G3) 4着(0.4) 6
3 7 レッドヴェロシティ 6 水仙賞(1勝クラス) 1着(-0.2) 6

カスりもせず…。対抗 ワンダフルタウンろスルーした一番人気馬キングストンボーイの勝ち負けとなりました。

本命リーブルミノルは、前走から一転ら後方からの競馬でした。道中は前のキングストンボーイをマークするような位置でしたが、ルメール騎手が動いて行ったあとも位置取りが後ろだったので、そういうわけでは無さそうでした。直線では外に出すも、伸びることなく10着でした。前走上がり最速の脚を使ってはいますが、もう少し前の位置で進めた方が良いタイプかもしれません。

深く考えない競馬