G3の過去データと予想

葵ステークス2020-過去データと予想

日程 2020年5月30日(土曜)
開催 京都競馬場11R
距離 芝1200m
格付け 重賞
条件 3歳
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

葵ステークス2020

3歳スプリント重賞、葵ステークス2020です。オープン特別戦として行われてきましたが、2018年から開催が1週遅くなり、重賞レースになりました。出世レースという印象はありませんが、一昨年2着ラブカンプーは、夏のスプリント重賞で好走したあと、スプリンターズステークスで2着に好走しています。夏のスプリント戦線に向けて、重要なレースと言えそうです。

京都競馬場の芝1200mコース

配当

過去10年の葵ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが6回あります。馬連、3連複ともに好配当が多く、波乱決着の多いレースです。今年も波乱を想定しておいた方が良いかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 6,390円 9,170円 45,520円
2018 6,980円4,700円 35,170円 138,780円124,940円
2017 1,370円 3,570円 17,150円
2016 4,410円 19,300円 97,800円
2015 13,910円 77,150円 665,300円
2014 9,200円 66,780円 440,510円
2013 30,440円 60,420円 320,780円
2012 3,360円 80,760円 363,350円
2011 10,720円 33,050円 175,510円
2010 1,010円 5,830円 25,170円

では過去10年の葵ステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:葵ステークス 今週の注目レース JRA
スポンサーリンク

過去10年の1~3着馬の前走データ

葵ステークス2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 6 55 ディアンドル(牝) 1 マーガレットステークス(LR) 1着(-0.3) 1
2 13 57 アスターペガサス 13 橘ステークス(LR) 13着(1.2) 4
3 7 55 アウィルアウェイ(牝) 2 桜花賞(G1) 10着(1.3) 11
2018 1 3 54 ゴールドクイーン(牝) 9 橘ステークス(OP) 3着(0.1) 6
2 1 54 ラブカンプー 6 アーリントンカップ(G3) 13着(1.4) 9
2 14 56 トゥラヴェスーラ 2 500万(阪神芝1200m) 1着(-0.4) 2
2017不良 1 1 54 アリンナ(牝) 2 橘ステークス(OP) 5着(0.4) 8
2 8 54 エントリーチケット(牝) 1 橘ステークス(OP) 3着(0.2) 4
3 3 56 ショウナンマッシブ 6 橘ステークス(OP) 8着(0.5) 5
2016 1 2 54 ナックビーナス(牝) 4 雪うさぎ賞(500万) 1着(-0.3) 1
2 5 55 ラズールリッキー(牝) 6 橘ステークス(OP) 4着(0.4) 8
3 3 54 ワンダフルラッシュ(牝) 10 マーガレットステークス(OP) 5着(0.8) 7
2015 1 5 57 ジャストドゥイング 8 ニュージーランドトロフィー(G2) 9着(0.7) 15
2 4 54 フィドゥーシア(牝) 4 500万(阪神芝1200m) 1着(-0.0) 1
3 2 56 マジックシャトル 10 ファルコンステークス(G3) 17着(2.2) 15
2014 1 3 54 リアルヴィーナス(牝) 9 フィリーズレビュー(G2) 15着(1.0) 8
2 8 56 シゲルカガ 5 橘ステークス(OP) 5着(0.5) 2
3 7 57 エルカミーノレアル 10 昇竜ステークス(OP) 7着(0.7) 11
2013 1 3 56 ティーハーフ 1 橘ステークス(OP) 3着(0.0) 2
2 1 56 カゼニタツライオン 14 端午ステークス(OP) 16着(3.8) 16
3 11 56 プレイズエターナル 2 マーガレットステークス(OP) 9着(0.6) 6
2012 1 11 54 マコトナワラタナ(牝) 4 橘ステークス(OP) 5着(0.3) 6
2 14 54 ゴールデンムーン(牝) 6 500万(阪神芝1400m) 1着(-0.0) 3
3 8 56 マイネルアダマス 14 500万(中山芝1600m) 1着(-0.1) 9
2011 1 3 56 ロードカナロア 1 ドラセナ賞(500万) 1着(-0.6) 1
2 10 55 サクラベル(牝) 13 桜花賞(G1) 16着(1.6) 15
3 13 56 ミヤジエムジェイ 6 橘ステークス(OP) 2着(0.1) 11
2010 1 4 54 ケイアイデイジー(牝) 3 橘ステークス(OP) 2着(0.1) 8
2 7 54 カレンチャン(牝) 2 フィリーズレビュー(G2) 8着(0.4) 6
3 9 55 ジュエルオブナイル(牝) 9 桜花賞(G1) 18着(2.2) 18
前走橘ステークス

過去10年の葵ステークス3着以内30頭中11頭を占めます。2015年を除く過去9回で、毎年1頭以上が馬券圏内に好走しています。昨年2着アスターペガサスを除く10頭が前走で勝ち馬から0.5秒以内の着差でした。

1~3枠

過去10年の葵ステークス3着以内30頭中15頭を占めます。2012年を除く過去9回で1~3枠の馬が優勝しています。

牝馬

過去10年の葵ステークス3着以内30頭中16頭を占めます。穴馬の好走が目立ちます。

予想

今年の葵ステークス2020は、例年同様に混戦模様というメンバーが揃いました。飛び抜けた馬は不在で、何が来てもおかしくないと思います。

以下、簡単な考察と予想です。ビアンフェや注目していたビップウインクなどが気になりますが、データ傾向から内枠と牝馬、橘ステークス組を中心に狙いました。ただカスりもしないのでは…と思ってしまうほど、全く当たる気がしません。

◎4マイネルグリット

過去好走例が多い橘ステークス組。内枠の好走も多いレースなので、データ傾向からは狙いたい1頭になるでしょうか。デビューから3戦は、馬場も位置取りも関係なく勝ち切っていたこともあり、かなり強い馬に見えていたのですが、その後の重賞戦線では大崩れしています。早熟タイプかもしれないと思いつつ、ここはあくまで、データ傾向を意識して本命評価にしています。

〇1ケープコッド

過去好走例が多い内枠、牝馬。スプリント戦は、2歳オープンを2勝していますし、前走桜花賞からの巻き返しがあっても良さそうです。

△11ゼンノジャスタ

過去好走例が多い橘ステークス組。前走は、後方大外一気の4着でした。スプリント戦よりも1400m戦の方が良さそうな印象を受けますが、相手なりに走りそうな戦績と好ローテに期待して押さえました。

△3レジェーロ

波乱決着となった前走マーガレットステークスを見ると、ここでは格下という印象も受けます。ここは、内枠も牝馬も好走が目立つレースということで適当に押さえました。

(無印)16ビップウインク

大外枠のため、無印にしました。中穴と思いきや、かなり人気を集めそうですね…。逃げそうな馬が多いメンバー構成の今回、前走の1勝クラスで見せた末脚に期待しても面白そうです。前走は大外枠から外を追走し、そのまま大外一気で楽勝しています。逃げ先行馬が人気薄ばかりだったこともありますが、前をあっさり交わした脚は、強さを感じるものでした。

3連複4頭ボックス◎〇△△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、4着、8着、12着でした。本命◎マイネルグリットは、8着でした。

葵ステークス2020結果
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 12 57 ビアンフェ 1 ファルコンステークス(G3) 9着(1.3) 2
2 3 54 レジェーロ(牝) 11 マーガレットSステークス(LR) 5着(0.3) 1
3 5 56 ワンスカイ 5 1勝クラス(中山芝1200m) 1着(-0.2) 1

押さえていたレジェーロが2着に入ったのみで、全くカスりもせず…でした。

狙った橘ステークス組のマイネルグリットやゼンノジャスタは、後方からの競馬。今日の馬場では、全く届かないだろう位置取りだったので、直線に入る前に厳しいと悟ってしまいました。

優勝は逃げたビアンフェ。2歳時から逃げると粘り強い馬です。今回は逃げ先行馬が揃っていたこともあり、スルーしたのですが、楽にハナに行けたというのも勝因かもしれません。2~3着には、中団から脚を伸ばした穴馬レジェーロとワンスカイという決着でした。

スポンサーリンク
深く考えない競馬