朝日杯フューチュリティステークス 2015 過去10年のデータと予想

朝日杯FSは、昨年から阪神競馬場開催になりました。そのため2005年~2013年は中山競馬場開催のデータとなります。傾向など変わる部分が多いと思われるので、参考程度の認識でお願いします。なので、G1挑戦へのローテというところに重きを置いて考えたいと思います。

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
朝日杯フューチュリティステークス2015
年度 着順 馬番 馬名 前走
2014年(現行) 1 2 ダノンプラチナ ベゴニア賞(500下) 1着(-0.5)
2 6 アルマワイオリ デイリー杯2歳S(G2) 4着(0.5)
3 14 クラリティスカイ いちょうS(G) 1着(-0.3)
2013年 1 6 アジアエクスプレス オキザリス賞(500下、ダート) 1着(-1.1)
2 11 ショウナンアチーヴ からまつ賞(500下) 1着(-0.3)
3 14 ウインフルブルーム 千両賞(500下) 1着(-0.5)
2012年 1 14 ロゴタイプ ベゴニア賞(500下) 1着(-0.2)
2 5 コディーノ 東京スポーツ杯2歳S(G3) 1着(-0.3)
3 3 ゴットフリート きんもくせい特別(500下) 1着(-0.0)
2011年 1 3 アルフレード きんもくせい特別(500下) 1着(-0.2)
2 4 マイネルロブスト 東京スポーツ杯2歳S(G3) 9着(1.1)
3 15 レオアクティブ 京王杯2歳S(G2) 1着(-0.2)
2010年 1 11 グランプリボス 京王杯2歳S(G2) 1着(-0.1)
2 5 リアルインパクト 京王杯2歳S(G2) 2着(0.1)
3 2 リベルタス 千両賞(500下) 1着(-0.2)
2009年 1 8 ローズキングダム 東京スポーツ杯2歳S(G3) 1着(-0.0)
2 12 エイシンアポロン 京王杯2歳S(G2) 1着(-0.2)
3 2 ダイワバーバリアン 500万下(東京芝1400m) 1着(-0.0)
2008年 1 3 セイウンワンダー 新潟2歳S(G3) 1着(-0.2)
2 11 フィフスペトル 京王杯2歳S(G2) 2着(0.2)
3 5 ブレイクランアウト 東京スポーツ杯2歳S(G3) 2着(0.0)
2007年 1 1 ゴスホークケン 東京スポーツ杯2歳S(G3) 4着(0.5)
2 3 レッツゴーキリシマ 京王杯2歳S(G2) 3着(0.3)
3 7 キャプテントゥーレ デイリー杯2歳S(G2) 1着(-0.3)
2006年 1 3 ドリームジャーニー 東京スポーツ杯2歳S(G3) 3着(0.1)
2 9 ローレルゲレイロ デイリー杯2歳S(G2) 2着(0.1)
3 11 オースミダイドウ デイリー杯2歳S(G2) 1着(-0.1)
2005年 1 12 フサイチリシャール 東京スポーツ杯2歳S(G3) 1着(-0.4)
2 5 スーパーホーネット くるみ賞(500下) 1着(-0.1)
3 7 ジャリスコライト いちょうS(OP) 1着(-0.4)

中山開催時代は、非サンデー系で馬格の大きな先行馬が強いレースでしたが、阪神開催になって全く違った特徴が出てくると思います。阪神開催の昨年は、ディープインパクト産のダノンプラチナが勝っています。

前走大敗していた馬はいない

2011年2着マイネルロブストを除いて、30頭中29頭が前走4着以内です。ちなみに2011年の東京スポーツ杯2歳Sは不良馬場でした。なので例外的に考えても良さそうです。

前走で3着以内を外していた馬は、以下3頭だけです。

  • 2014年2着アルマワイオリ(前走デイリー杯2歳S(G2) 4着)
  • 2011年2着マイネルロブスト(前走東京スポーツ杯2歳S(G3) 9着)
  • 2007年1着ゴスホークケン(前走東京スポーツ杯2歳S(G3) 4着)
前走500万クラスを快勝した馬

2009年以降、毎年1頭以上は馬券圏内に来ています。ちなみに500万クラスで2着以下だった馬はいません。

前走2歳重賞の馬

2013年を除いて、毎年1頭以上馬券圏内に来ています。

  • 京王杯2歳S
  • 東スポ杯2歳S
  • 新潟2歳S、
  • デイリー杯2歳S
  • いちょうS(現サウジアラビアRC)

馬券予想

例年通り朝日杯フューチュリティステークス2015は、前走4着以内の馬から選びたいと思います。過去10年3着以内30頭中29頭が前走4着以内です。さらに絞るとすれば、前走が重賞以外だった馬は、全て前走1着だったので、前走1着馬を候補に考えても良いかもしれません。以下7頭まで候補を絞りました。

  • 2ショウナンライズ
  • 3アドマイヤモラール
  • 7イモータル
  • 9ボールライトニング
  • 11エアスピネル
  • 12シュウジ
  • 13シャドウアプローチ

沢山買う場合は、この7頭を中心に候補でしょうか。しかし7頭は多すぎるので、ここから難癖をつけて候補を絞りたいと思います。

候補を絞るため、阪神芝1600mの重賞の傾向を探ります。対象は、2012年~2015年の以下5重賞です。(計17レース)

  • 阪神JF
  • 桜花賞
  • チューリップ賞
  • アーリントンC
  • 朝日杯FS(2014年のみ)

阪神JFのときに有効だった馬体重のデータを参考にします。以下1~3着馬の前走馬体重(10kg刻み)です。

  • 前走520kg台 1頭
  • 前走510kg台 0頭
  • 前走500kg台 1頭
  • 前走490kg台 4頭
  • 前走480kg台 3頭
  • 前走470kg台 12頭
  • 前走460kg台 7頭
  • 前走450kg台 6頭
  • 前走440kg台 5頭
  • 前走430kg台 5頭
  • 前走420kg台 5頭
  • 前走410kg台 2頭
  • 前走400kg台 0頭

まとめると・・・、前走400kg台以下の馬はいませんでした。前走500kg以上の馬もかなり劣勢で、計51頭中わずか2頭だけでした。

  • 2015年アーリントンカップ1着のヤングマンパワー
  • 2013年アーリントンカップ2着のカオスモス

狙いとしては、前走420kg台~490kg台の馬になります。

買い方

◎11エアスピネル

○12シュウジ

▲2ショウナンライズ

△13シャドウアプローチ

ちょうど4頭まで絞れました。武豊ジョッキーの偉業達成に期待して、エアスピネル軸から馬単&3連複で3頭流しを考えています。場合によっては3連単も検討します。ほかに気になる馬は、リオンディーズです。新馬戦からのローテは買いにくいものの、超良血馬だけに、あっさり1着があってもおかしくありません。

ボールライトニングも面白そうですね・・・。G1でこのぐらいの人気馬に乗ってるときの蛯名ジョッキーは一発狙ってきそうです。あとはイモータルなんかも気になります。

結果

リオンディーズが強すぎた、の一言です。終わってみたら、またミルコでした。

朝日杯フューチュリティステークス2015
着順 馬番 馬名 前走
1 15 リオンディーズ 新馬(京都芝2000m) 1着(-0.2)
2 11 エアスピネル デイリー杯2歳S(G2) 1着(-0.6)
3 13 シャドウアプローチ 京王杯2歳S(G2) 3着(0.2)

馬券は外れましたが、来年クラシックで期待の馬が出てきて楽しみです。リオンディーズは、最後まだ余力あるんじゃないかと思えるほどの奥深さを感じました。ノーザンの超良血馬で、新馬戦から直行というのは、やはり勝算があったということかもしれません。

武豊ジョッキーは偉業達成ならずとなり、残念でした。また来年以降に期待してます。

3着13シャドウアプローチには驚きました。△評価で3連複に入れていました。ワイドなら取れてたわけですが・・・。シャドウアプローチに印をつけている予想がほとんど無かったので、過去データとしては意味があったと思います。

次走情報