ベルモントステークス 2017 過去10年のデータ

日程 2017年6月11日(日曜日)日本時間:7時37分
開催 アメリカ合衆国ベルモントパーク競馬場
距離 ダート12ハロン(約2414m)
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳
斤量 牡馬・セン馬 約57.2kg牝馬 約54.9kg

アメリカのクラシック三冠競走の三冠目、G1「ベルモントステークス2017」です。ベルモントステークス2017は、JRAからインターネット投票(A-PAT、即PAT)で、馬券が販売されます。

日本からは、エピカリスが出走を予定しています。昨年、日本からはラニが出走し、3着に好走。日本馬には無縁のレースという感じでしたが、2年連続の日本馬出走ということになりました。

【追記】日本馬エピカリスは、「右前肢跛行」のため出走取消となりました。

では以下、過去10年のベルモントステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

慎重に記述しましたが、前走情報、調教国に誤りの可能性があります。誤りに気づいた場合など、ご指摘をいただけると幸いです。また今回の海外G1レースから英字表記を止め、カタカナ表記のみに変更しました。時間が掛かりすぎるので…。(;´・ω・`A “`

過去10年の1~3着馬の前走データ

馬名背景色は、調教国を表します。ピンクはアメリカ、赤色はイギリス、緑はサウジアラビアです。
横にスクロールして下さい。
ベルモントステークス2017
年度 着順 馬番 馬名 前走
2016 1 13 クリエイター ケンタッキーダービー(G1) 13着
2 2 デスティン ケンタッキーダービー(G1) 6着
3 10 ラニ プリークネスステークス(G1) 5着
2015 1 5 アメリカンフェイロア プリークネスステークス(G1) 1着
2 6 フロステッド ケンタッキーダービー(G1) 4着
3 7 キーンアイス ケンタッキーダービー(G1) 7着
2014 1 11 トゥーナリスト ピーターパンステークス(G2) 1着
2 8 コミッショナー ピーターパンステークス(G2) 2着
3 1 メダルカウント ケンタッキーダービー(G1) 8着
2013 1 12 パレスマリス ケンタッキーダービー(G1) 12着
2 7 オックスボウ プリークネスステークス(G1) 1着
3 5 オーブ プリークネスステークス(G1) 4着
2012 1 3 ユニオンラグス ケンタッキーダービー(G1) 7着
2 9 ペインター 条件戦(ダート1700m) 1着
3 4 アッティガン 条件戦(ダート1700m) 1着
2011 1 3 ルーラーオンアイス フェデリコテシオステークス 2着
2 2 ステイサースティ ケンタッキーダービー(G1) 12着
3 5 ブリリアントスピード ケンタッキーダービー(G1) 7着
2010 1 7 ドロッセルマイヤー ドワイヤーステークス(G2) 2着
2 5 フライダウン ドワイヤーステークス(G2) 1着
3 11 ファーストデュード プリークネスステークス(G1) 2着
2009 1 4 サマーバード ケンタッキーダービー(G1) 6着
2 2 ダンケルク ケンタッキーダービー(G1) 11着
3 7 マインザットバード プリークネスステークス(G1) 2着
2008 1 6 ダタラ バーバロステークス 2着
2 4 デニスオブコーク ケンタッキーダービー(G1) 3着
3 7 アナックナカル ケンタッキーダービー(G1) 7着
3 8 レイディーズエコー ピーターパンステークス(G2) 3着
2007 1 7 ラグストゥリッチーズ(牝) ケンタッキーオークス(G1) 1着
2 3 カーリン プリークネスステークス(G1) 1着
3 2 ティアゴ ケンタッキーダービー(G1) 7着

前走アメリカのダート戦

過去10年のベルモントステークス3着以内31頭中31頭を占めます。そのうち重賞に出走していた馬は、27頭に及びます。

前走クラシック牡馬三冠レース(ケンタッキーダービー、プリークネスステークス)

過去10年のベルモントステークス3着以内31頭中22頭を占めます。

前走プリークネスステークス組は、プリークネスステークス好走馬が多い印象で、プリークネスステークスで1~5着だった馬がベルモントステークスでも馬券圏内に好走しています。

一方、前走ケンタッキーダービー組は、ケンタッキーダービー大敗から巻き返しが多く、ケンタッキーダービーで7着前後だった馬の他、二桁着順だった馬がベルモントステークスで馬券圏内に好走する例が多いです。

日本調教馬の成績

年度 着順 馬番 馬名 前走
2016 3 10 ラニ プリークネスステークス(G1) 5着
2008 取消 5 カジノドライブ ピーターパンステークス(G2) 1着

日本調教馬はラニとカジノドライブの2頭ですが、カジノドライブは出走取消となったため、ベルモントステークスに出走した日本調教馬は、ラニだけです。ともにアメリカ産の馬で、前走でアメリカのダート重賞を使っていました。

今年は、日本からエピカリスが出走を予定していますが、エピカリスは日本産の馬で、前走はUAEダービー2017に出走しています。過去データ的には、イレギュラーな1頭になりました。

【追記】日本馬エピカリスは、「右前肢跛行」のため出走取消となりました。

過去10年では、ベルモントステークス3着以内の全頭が前走でアメリカのダートレースに出走しています。ぶっつけ本番という印象が強く、データ的には狙いにくいですが、ラニに続く好走を期待したいですね。

日本馬の次走情報