ブリーダーズゴールドカップ2020-過去データと予想

日程 2020年8月13日(木曜)
開催 門別競馬場11R
距離 ダート2000m
格付け Jpn3
条件 3歳以上牝馬
斤量 別定
出走数 15頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

ブリーダーズゴールドカップ2020

地方交流G3ブリーダーズゴールドカップ2020です。2014年から牝馬限定戦に変更されたため、データは2014年以降の過去6回を扱っています。近年は出世レースと言う印象が無いものの、過去の上位馬には後のG1戦線で活躍する馬が名を連ねています。秋に向けて注目のレースといえそうです。

門別競馬場のダート2000mコース

配当

過去6年のブリーダーズゴールドカップの配当を見ると、かなり順当な決着が続いています。2~3番人気が馬券圏外となった2017年を除くと、馬連や3連複は、数百円という決着が多く、点数によってはガミる可能性もありそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 310円 370円 2,050円
2018 1,890円 720円 8,400円
2017 1,680円 2,560円 25,460円
2016 240円 220円 790円
2015 430円 420円 2,020円
2014 130円 260円 2,170円

では過去6年のブリーダーズゴールドカップで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去6年の1~3着馬の前走データ

ブリーダーズゴールドカップ2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019稍重 1 11 牝5 55 アンデスクイーン 2 名鉄杯(LR) 4着(1.0) 6
2 6 牝6 57 プリンシアコメータ 1 ブリリアントステークス(LR) 2着(0.1) 8
3 2 牝3 55 ラインカリーナ 3 関東オークス(G2) 1着(-0.4) 4
2018不良 1 11 牝4 57 ラビットラン 3 スパーキングレディーカップ(G3) 3着(0.4) 4
2 6 牝5 56 プリンシアコメータ 4 平安ステークス(G3) 11着(1.5) 9
3 5 牝4 57 クイーンマンボ 1 平安ステークス(G3) 2着(0.2) 3
2017 1 11 牝5 55 マイティティー 6 大沼ステークス(OP) 14着(5.5) 6
2 5 牝3 55 クイーンマンボ 1 関東オークス(G2) 1着(-0.9) 1
3 1 牝4 55 オージャイト 4 ポプラ特別(1000万) 3着(0.2) 2
2016 1 10 牝5 57 アムールブリエ 1 帝王賞(G1) 11着(6.4) 7
2 5 牝3 55 タイニーダンサー 3 スパーキングレディーカップ(G3) 3着(1.7) 3
3 4 牝3 54 ビービーバーレル 2 大沼ステークス(OP) 2着(0.5) 3
2015 1 7 牝4 57 アムールブリエ 4 エンプレス杯(G2) 1着(-0.6) 2
2 10 牝6 58 サンビスタ 1 スパーキングレディーカップ(G3) 3着(0.9) 1
3 8 牝3 55 ホワイトフーガ 2 関東オークス(G2) 1着(-2.3) 2
2014 1 13 牝5 55 サンビスタ 2 マリーンステークス(OP) 2着(0.1) 2
2 3 牝5 57 ワイルドフラッパー 1 平安ステークス(G3) 3着(0.3) 4
3 11 牝5 55 マーチャンテイマー 4 プロキオンステークス(G3) 15着(1.8) 16
前走重賞レース

過去6年のブリーダーズゴールドカップ3着以内18頭中13頭を占めます。平安ステークス、関東オークス、スパーキングレディーカップ組の好走例が目立ちます。

1~4番人気

過去6年のブリーダーズゴールドカップ3着以内18頭中17頭を占めます。2~3番人気が馬券圏外となった2017年を除くと、上位3頭は1番人気と2~4番人気から2頭の組み合わせが続いています。大きな波乱が起こりにくいレースといえそうです。

地方所属馬

過去6年のブリーダーズゴールドカップ3着以内には一頭もいません。地方所属馬には厳しいレースといえそうです。

予想

以下、簡単な考察と予想です。

◎14レーヌブランシュ

過去好走例が目立つ関東オークス優勝馬。手頃なメンバーだと思いますし、ここは深く考えず本命です。

〇9メモリーコウ

過去好走例が目立つスパーキングレディーカップ組。前走は5枠5番ながら、控えて外々を周る展開でした。大外枠10番から2着に好走したメイクハッピーとは位置取りの差という印象で、大きな力の差があったようには見えませんでした。2000m戦の距離適性だけは分かりませんが、1800mの3勝クラスの実績に期待して…。

△1プリンシアコメータ

昨年と一昨年のブリーダーズゴールドカップ2着馬。7歳牝馬ということで、やや勢いがなくなってきている印象を受けます。ただ安定した成績を残している2000m超のレースなら今回のメンバーでは実績的にも無視できない実力馬。深く考えず押さえました。

△7シネマソングス

間隔が空いたマドラスチェックと迷って、シネマソングスを選びました。2勝クラス~3勝クラスと連勝している勢いに期待して押さえました。

3連複4頭ボックス◎〇△△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、4着でした。本命◎レーヌブランシュは、3着でした。

ブリーダーズゴールドカップ2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 牝7 57 プリンシアコメータ 2 ブリリアントステークス(LR) 6着(0.9) 6
2 9 牝5 55 メモリーコウ 4 スパーキングレディー(G3) 4着(0.5) 4
3 14 牝3 55 レーヌブランシュ 1 関東オークス(G2) 1着(-0.3) 2

的中でした。想定通りJRAの人気馬が作る速い流れ。先行したプリンシアコメータが直線抜け出しての快勝でした。2着メモリーコウ、3着レーヌブランシュと本命対抗馬がそれぞれ好走。メモリーコウは、前走から一転、上手く脚を溜めての好走でした。レーヌブランシュは、終始外を回る展開もきつかったかもしれません。