コーフィールドカップ2018-過去10年のデータと予想

日程 日本時間2018年10月20日(土) 14時30分
開催 オーストラリアコーフィールド競馬場
距離 芝2400m
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳以上
斤量 ハンデ

コーフィールドカップ2018

オーストラリアのコーフィールド競馬場でG1コーフィールドカップ2018が行われます。コーフィールドカップ2018には、日本からソールインパクトチェスナットコートの2頭が出走を予定しています。ハンデキャップ競走のG1レースで、日本には無い珍しい条件の一戦。過去の結果を見る限りは、かなり波乱傾向のレースのようですが、今年はどうなるでしょうか…。

コーフィールドカップ2018もJRAで馬券の販売(インターネット投票とUMACA投票)が予定されています。発走予定は土曜14時30分となっており、日本からも楽しむことが出来そうですね。なお投票は、発走予定時刻の4分前までとなっていますので、ご注意ください。

では以下、過去10年のコーフィールドカップで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

コーフィールドカップ2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。馬名背景色は、調教国を表します。濃い黄色はオーストラリア、濃い緑色はアイルランド、濃い赤色はイギリス、濃い青色はニュージーランド、青色はフランスです。(LR)は、準重賞(Listed Race)を表します。
年度 着順 ゲート 馬番 性齢 斤量 馬名 前走
2017 1 3 13 牡6 52 ブームタイム ハーバートパワーステークス(G2) 4着
2 12 10 牝5 53 シングルゲイズ コーフィールドステークス(G1) 4着
3 2 3 牡4 54.5 ヨハネスフェルメール コーフィールドステークス(G1) 2着
2016 1 11 11 牝4 52.5 ジャメーカ ターンブルステークス(G1) 2着
2 6 4 セ4 55 スコティッシュ ストレンソールステークス(G3) 1着
3 3 3 牡4 55.5 エクソスフェリック インターナショナルステークス(G1) 5着
2015 1 6 6 牡4 55 モンゴリアンカーン コーフィールドステークス(G1) 3着
2 4 7 セ4 55 トリップトゥパリス ロンズデールカップ(G2) 5着
3 13 4 牡5 55.5 イヴァンハウ バートカミングス(G3) 2着
2014 1 7 1 牡6 58 アドマイヤラクティ 天皇賞春(G1) 13着(1.1)
2 14 16 牡4 53 ライジングロマンス クレーブンプレート(G3) 2着
3 10 15 牝4 53 ルチアヴァレンティナ ターンブルステークス(G1) 1着
2013 1 10 7 セ6 55 フォークナー ターンブルステークス(G1) 3着
2 16 2 牡6 56.5 ダンディーノ アメリカンセントレジャーステークス(LR) 1着
3 18 18 牝4 53 ディアーデミ ターンブルステークス(G1) 8着
2012 1 18 2 牡6 58 ドゥーナデン Kジョージ6世&QエリザベスS(G1) 6着
2 8 15 セ8 52.5 アルコポップ コーフィールドステークス(G1) 2着
3 7 12 牝5 53 ライツオブヘブン ヒルステークス(G2) 3着
2011 1 4 18 牝4 52.5 サウザンスピード ターンブルステークス(G1) 4着
2 17 16 牡4 53 グリーンムーン ニューカッスルゴールドカップ(G3) 1着
3 15 11 セ5 54.5 タラモア メトロポリタンハンデキャップ(G1) 8着
2010不良 1 15 15 セ4 52.5 デスカラード ターンブルステークス(G1) 14着
2 8 6 セ5 54 ハリストゥイード バートカミングス(LR) 1着
3 12 9 牡4 54 モナココンスル ターンブルステークス(G1) 12着
2009稍重 1 13 1 牡6 57 ビュード ターンブルステークス(G1) 7着
2 4 7 牡4 54 ローマンエンペラー ターンブルステークス(G1) 9着
3 18 17 セ5 51 ビガー ターンブルステークス(G1) 13着
2008稍重 1 6 8 牡5 54.5 オールザグッド トートスポートニューバーグ 1着
2 15 6 牡4 55.5 ノムデュジュー ケルトキャピタルステークス(G1) 3着
3 17 19 牡4 51.5 バーバリカス クランボーンカップ(LR) 2着
前走オーストラリアのG1レース(ターンブルステークス , コーフィールドステークス)

過去10年のコーフィールドカップ3着以内30頭中15頭を占めます。近年は、前走コーフィールドステークス出走馬の好走が目立ちます。

オーストラリア調教馬

過去10年のコーフィールドカップ3着以内30頭中19頭を占めます。例年、1頭以上が馬券圏内に好走しています。

ハンデ

過去10年のコーフィールドカップでは、軽ハンデ馬の好走例が目立ちます。3着以内30頭中13頭が斤量53kg以下でした。そのうち12頭がオーストラリア調教馬でした。

日本調教馬の成績

年度 着順 性齢 斤量 馬名 前走
2005 2 牡5 54 アイポッパー 天皇賞春(G1) 3着
2006 3 牡5 56 デルタブルース 天皇賞春(G1) 10着
7 牡5 53 ポップロック 目黒記念(G2) 1着
2010 12 牡8 54.5 トウカイトリック 天皇賞春(G1) 9着
2014 1 牡6 58 アドマイヤラクティ 天皇賞春(G1) 13着
2015 6 牡6 57 フェイムゲーム 天皇賞春(G1) 2着
10 牡8 55.5 ホッコーブレーヴ 天皇賞春(G1) 6着

過去、日本調教馬が計7頭出走。そのうち3頭が3着以内に好走しています。日本調教馬の相性が良いレースと言えるかもしれません。ただ3着以内に好走した3頭と比べると、今年のコーフィールドカップ2018出走予定の日本馬ソールインパクト&チェスナットコートは、やや格下という感じがします。コーフィールドカップで好走した日本馬3頭ともに、コーフィールドカップまでの国内G1レースで好走歴がありました。そう考えると、今年は厳しいレースが予想されそうです…。

  • アイポッパー(天皇賞春3着)
  • デルタブルース(菊花賞優勝、ジャパンカップ3着など)
  • アドマイヤラクティ(天皇賞春4着、ジャパンカップ4着など)

予想

以下、簡単な考察と予想です。力関係が全く分からない波乱傾向のハンデ戦。これは、流石に当たる気がしないですね。なお投票は、ゲート番号ではなく馬番ですので、ご注意ください。

◎18ヤングスター

過去データの傾向(オーストラリア調教馬、軽ハンデ、前走ターンブルステークス)から本命にしました。前走は、中団で脚を溜める競馬。前にいた3頭が残りそうなところを優勝したウィンクスとともに、外から凄い脚で突っ込んできました。前走から3kg減のハンデにも期待して…。

○2ザクリフスオブモハー

前走コーフィールドステークスは、最後方から大外をぶん回しての直線一気で4着。イギリス、アイルランドのG1戦線でも大崩れしておらず、末脚が活きる展開になれば、上位食い込みがあっても良さそうです。

▲6エースハイ

前走ヒルステークスは、中団のインコースで脚を溜める競馬。直線外に出して、まとめて差し切りました。G1好走歴のあるオーストラリア調教馬ということで適当に押さえ…。

△14キングズウィルドリーム

過去データの傾向(オーストラリア調教馬、軽ハンデ、前走ターンブルステークス)から押さえました。ヤングスターとは逆で、内ラチ沿いでロスなく脚を溜める競馬。前走3.5kg減のハンデは魅力ですね。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、6着、7着、15着でした。本命◎ヤングスターは、7着でした。

コーフィールドカップ2018 結果
着順 ゲート 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
1 17 1 牡4 57.5 ベストソリューション 4 バーデン大賞(G1) 1着
2 4 13 セ4 53 ホームズマン 7 コーフィールドステークス(G1) 7着
3 3 2 牡4 56.5 ザクリフスオブモハー 3 コーフィールドステークス(G1) 4着

波乱傾向のレースということでしたが、カスリもせず…。

本命ヤングスターが1番人気、キングズウィルドリームが3番人気、伏兵&中穴を狙っていたつもりですが、JRAオッズでは凄く人気したようですね。ザクリフスオブモハーとベストソリューションが1~3人気を占めると思っていたので、少し意外でした。

レースは、重馬場のタフな馬場で行われました。1着、3着、4着とイギリスとアイルランド調教馬だったことも考えれば、日本馬には向かなかったと言えるかもしれません。最終コーナーから直線に入った時に、インコースの前にいないと勝負にならない馬場で、外差し勢にはノーチャンスに見えました。差してきたザクリフスオブモハーは、一枚上の力だったと思います。

しかし、このあとのメルボルンカップ2018も波乱傾向なので、馬券が発売されるとしても、買うかどうか迷ってしまいますね。

深く考えない競馬