G3の過去データと予想

CBC賞2020-過去データと予想

日程 2020年7月5日(日曜)
開催 阪神競馬場11R
距離 芝1200m
格付け G3
条件 3歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 曇り(ヤフー天気)

CBC賞2020

サマースプリントシリーズ第二戦、CBC賞2020です。今年は、京都競馬場の整備工事の影響で阪神競馬場で開催されます。CBC賞は、ハンデ戦で行われることもあり、過去波乱決着の多い一戦。昨年こそ1~2番人気が好走していますが、波乱の可能性は十分のレースだと思います。

阪神競馬場の芝1200mコース

配当

過去8年のCBC賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えが4回あります。波乱傾向のレースと言っても良さそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 1,800円 3,350円 16,300円
2018 7,910円 28,250円 166,090円
2017 18,380円 89,500円 417,490円
2016 11,420円 18,140円 136,160円
2015 1,170円 2,390円 9,110円
2014 2,670円 22,400円 116,100円
2013 980円 1,980円 8,000円
2012 3,110円 4,520円 27,660円

では過去8年のCBC賞で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:CBC賞 今週の注目レース JRA
スポンサーリンク

過去8年の1~3着馬の前走データ

CBC賞2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019不良 1 9 牡5 56 レッドアンシェル 1 彦根ステークス(1600万) 1着(-0.4) 1
2 4 牡7 57.5 アレスバローズ 7 高松宮記念(G1) 9着(0.7) 7
3 3 牡6 58 セイウンコウセイ 2 高松宮記念(G1) 2着(0.1) 12
2018 1 8 牡6 54 アレスバローズ 4 鞍馬ステークス(OP) 5着(0.3) 4
2 10 牝6 52 ナガラフラワー 9 彦根ステークス(1600万) 1着(-0.0) 9
3 9 牡6 56 セカンドテーブル 8 鞍馬ステークス(OP) 4着(0.2) 1
2017 1 7 牡5 56 シャイニングレイ 2 安土城ステークス(OP) 1着(-0.2) 6
2 14 牡5 56 セカンドテーブル 13 安土城ステークス(OP) 10着(0.9) 5
3 4 牡5 56 アクティブミノル 8 鞍馬ステークス(OP) 9着(0.6) 8
2016 1 11 牡5 56 レッドファルクス 3 欅ステークス(OP) 1着(-0.0) 5
2 7 牝6 50 ラヴァーズポイント 7 水無月ステークス(1600万) 6着(0.6) 1
3 5 牝5 55.5 ベルカント 2 Al Quoz Sprint (G1) 12着 10
2015 1 6 牝5 55.5 ウリウリ 2 安土城ステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 7 牡5 55 ダンスディレクター 1 京王杯スプリングカップ(G2) 12着(0.3) 4
3 13 牡6 57 サドンストーム 3 高松宮記念(G1) 4着(0.7) 10
2014 1 11 牝5 53 トーホウアマポーラ 4 阪神牝馬ステークス(G2) 10着(0.4) 2
2 8 牝5 55 エピセアローム 3 阪神牝馬ステークス(G2) 4着(0.1) 6
3 16 牡6 54 ニンジャ 10 安土城ステークス(OP) 3着(0.3) 6
2013 1 14 牡6 58 マジンプロスパー 1 マイラーズカップ(G2) 6着(0.3) 10
2 12 牡4 57.5 ハクサンムーン 2 高松宮記念(G1) 3着(0.2) 10
3 4 牡4 56 サドンストーム 3 水無月ステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
2012 1 16 牡5 57.5 マジンプロスパー 2 高松宮記念(G1) 5着(0.3) 5
2 15 牝5 54 スプリングサンダー 7 ヴィクトリアマイル(G1) 13着(1.0) 15
3 12 牡5 59 ダッシャーゴーゴー 1 高松宮記念(G1) 4着(0.1) 6
関西馬

過去8年のCBC賞3着以内24頭中22頭を占めます。関東馬は、後のG1馬レッドファルクス(2016年)と前走高松宮記念2着から出走したセイウンコウセイ(2019年)の2頭だけです。

前走高松宮記念

過去8年のCBC賞3着以内24頭中6頭を占めます。そのうち5頭が1~3番人気の支持を集めていました。

前走オープン特別

過去8年のCBC賞3着以内24頭中8頭を占めます。特に近年は、安土城ステークス組と鞍馬ステークス組の好走例が目立ちます。

予想

今年のCBC賞2020は、例年よりも層が薄いメンバーになりました。実績面で飛び抜けた馬は不在ですし、何が来てもおかしくないメンバー構成。さらにハンデ戦に加えて、週末にかけて続く雨予報も波乱を予感させる要素です。例年にも増して、難解なレースだと思います。

以下、簡単な考察と予想です。人気を集めるクリノガウディーと外枠の馬を狙いました。ただタフな馬場のハンデ戦ですし、全く当たる気がしません。

◎7クリノガウディー

前残りで大波乱となった前走高松宮記念4着(降着)。前残りといっても、他の2頭モズスーパーフレア、ダイアトニックを見る限り、前に行った馬も強い馬が残ったという印象を受けました。その後ダイアトニックは、函館スプリントステークスを完勝。追い込んで2着に好走したグランアレグリアは安田記念完勝。このメンバーなら、クリノガウディーも上位争いを期待しても良さそうです。

〇16ジョイフル

4走前のタンザナイトステークスの勝ちっぷりに期待して、阪急杯では本命評価でした。結果は14着。阪急杯は、前に行った馬も後ろからの馬も内を上手く立ち回った馬が上位争いを演じていたので、外からの追い込みが合わない展開だったと思います。一転、前走米子ステークスは、内を突いた追い込みが不発して大敗…。向かないレースが続いたと考えれば、見直す価値はありそうです。雨の影響もあり、先週の宝塚記念は、外が伸びる馬場でした。今週もそれに近い馬場状態なら、展開がハマるレースになっても…。

△14ディメンシオン

阪神牝馬ステークスは、11番人気ながら3着に好走。前走接戦を演じた馬を見る限り、今回のメンバーが相手なら上位争いに加わっても良いかもしれません。切れる脚を使うタイプではないので、好位で馬場の良いところを進めることが出来れば…。

ワイド◎-〇△3連複◎-〇-△合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、9着、11着、12着でした。本命◎クリノガウディーは、12着でした。

CBC賞2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 3 牝5 51 ラブカンプー 13 韋駄天ステークス(OP) 7着(0.6) 10
2 6 牝5 54 アンヴァル 11 阪急杯(G3) 16着(1.4) 14
3 2 牡6 57 レッドアンシェル 3 京王杯スプリングカップ(G2) 11着(0.8) 5

全く当たる気がしないレースでしたが、ここまで荒れるとは…。3連単2,444,630円の大波乱でした。

上位3頭では、気になっていた馬がレッドアンシェルのみ。二桁人気の1~2着馬は、殆ど考えることもなくスルーしていました。優勝したラブカンプーは、スタート良く、そのまま逃げ切り勝ち。2着馬の位置取りを見ても、前が止まらないレースだったと思います。

一方、本命クリノガウディーは、スタート悪く、中団からの競馬。直線も前が詰まってからの追い込みで、今日のレースは全くハマらなかったという印象でした。

スポンサーリンク
深く考えない競馬