セントウルステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年9月10日(日曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝1200m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 14頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

セントウルステークス 2017

サマースプリントシリーズ最終戦「 セントウルステークス 2017 」です。秋競馬が始まる中で行われるサマーシリーズ。日程的には少し違和感を感じますね。優勝すれば、エポワスと並んで、サマースプリントチャンピオンという馬が多く、シリーズチャンピオンを巡る争いも混沌を極めることになりそうです。

G1スプリンターズステークス2017の前哨戦の側面もあり、例年レベルの高い一戦になりますが、ビッグアーサーが回避したこともあり、今年は凄く小粒な印象のメンバーかもしれません。

コース形態

阪神競馬場の芝コース
阪神競馬場の芝コース

過去10年のセントウルステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは5回あり、波乱含みの一戦といえそうです。硬く決まった昨年や2013年は、前走でG1を優勝していたビッグアーサーやロードカナロアが出走しています。今年の出走予定馬を見る限りは、波乱決着の可能性も十分にあると思っています。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 490円 5,050円 15,990円
2015 11,010円 40,700円 405,590円
2014 1,180円 1,900円 11,510円
2013 240円 430円 2,420円
2012 1,670円 61,870円 378,500円
2011 4,760円 3,080円 26,290円
2010 3,700円 14,010円 88,570円
2009 1,430円 20,130円 103,580円
2008 16,600円 124,330円 881,820円
2007 13,500円 19,080円 161,350円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
セントウルステークス 2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 1 牡5 58 ビッグアーサー 1 高松宮記念(G1) 1着(-0.1)
2 10 牡5 56 ネロ 2 アイビスサマーダッシュ(G3) 2着(0.0)
3 11 牝6 54 ラヴァーズポイント 9 北九州記念(G3) 11着(1.1)
2015 1 6 牡3 54 アクティブミノル 10 ニュージーランドトロフィー(G2) 15着(2.1)
2 16 牝5 54 ウリウリ 1 CBC賞(G3) 1着(-0.1)
3 8 牝6 54 バーバラ 5 北九州記念(G3) 4着(0.5)
2014 1 1 牝5 54 リトルゲルダ 4 北九州記念(G3) 1着(-0.0)
2 15 牡5 57 ハクサンムーン 1 高松宮記念(G1) 5着(0.8)
3 3 牝5 54 エピセアローム 2 北九州記念(G3) 7着(0.3)
2013 1 13 牡4 56 ハクサンムーン 2 アイビスサマーダッシュ(G3) 1着(-0.1)
2 9 牡5 58 ロードカナロア 1 安田記念(G1) 1着(-0.0)
3 4 牡6 56 ドリームバレンチノ 3 函館スプリントステークス(G3) 7着(0.2)
2012 1 4 牝3 52 エピセアローム 6 北九州記念(G3) 3着(0.2)
2 9 牡4 56 ロードカナロア 1 函館スプリントステークス(G3) 2着(0.1)
3 16 牝5 54 アンシェルブルー 12 朱鷺ステークス(OP) 4着(0.5)
2011 1 9 牝4 55 エーシンヴァーゴウ 2 北九州記念(G3) 3着(0.1)
2 13 セ4 59 ラッキーナイン 5 Champions Mile(G1) 2着
3 14 牡4 58 ダッシャーゴーゴー 1 CBC賞(G3) 1着(-0.1)
2010 1 11 牡3 55 ダッシャーゴーゴー 4 北九州記念(G3) 11着(0.9)
2 1 セ7 59 グリーンバーディー 2 Krisflyer International Sprint(G1) 1着
3 6 牝6 55 メリッサ 5 北九州記念(G3) 1着(-0.1)
2009 1 16 牝5 55 アルティマトゥーレ 5 アイビスサマーダッシュ(G3) 3着(0.3)
2 8 牝5 57 スリープレスナイト 1 高松宮記念(G1) 2着(0.1)
3 15 牝5 55 コスモベル 11 北九州記念(G3) 6着(0.7)
2008 1 4 牝4 55 カノヤザクラ 3 アイビスサマーダッシュ(G3) 1着(-0.1)
2 16 牡6 57 シンボリグラン 11 キーンランドカップ(G3) 6着(0.7)
3 12 牡3 55 スプリングソング 9 NHKマイルカップ(G1) 6着(1.3)
2007 1 4 牝5 55 サンアディユ 11 北九州記念(G3) 7着(0.5)
2 7 牝3 53 カノヤザクラ 7 北九州記念(G3) 5着(0.3)
3 11 牡4 57 キンシャサノキセキ 1 谷川岳ステークス(OP) 1着(-0.1)

過去10年のセントウルステークス3着以内では、外枠(二桁馬番)の好走が目立ちます。開幕週ですが、必ずしも内の馬が優勢というわけでは無さそうです。

年齢

過去10年のセントウルステークス3着以内では、7歳以上の馬が以下の1頭のみです。グリーンバーディーは香港調教馬でした。

  • 2010年2着グリーンバーディー(セ7)

牝馬

過去10年のセントウルステークス3着以内30頭中15頭を占めます。1~3番人気で決着した2013年を除いて、毎年1頭以上が馬券圏内に来ています。

前走北九州記念

過去10年のセントウルステークス3着以内30頭中11頭を占めます。北九州記念で馬券圏外だった馬の巻き返しや人気薄の激走もあります。

人気

過去10年のセントウルステークス3着以内では、1番人気馬の信頼が高い傾向にありますが、1番人気以外の上位人気馬は、やや不振傾向となっています。

  • 1番人気(1-5-2-2)複勝率80%
  • 2番人気(2-2-1-5)複勝率50%
  • 3番人気(1-0-1-8)複勝率20%
  • 4番人気(2-0-0-8)複勝率20%

馬券予想

過去10年の傾向から「外枠(二桁馬番)」「7歳以上の馬を軽視」「牝馬」「前走北九州記念」「1番人気」に注目です。

セントウルステークス 2017 は、例年よりレベルの低いメンバーでしょうか。抜けた馬が不在のため、かなりの混戦模様だと思います。その中で、 セントウルステークス 2017 の注目は、好ローテの前走北九州記念2017の7頭になりそうですが、軸と考えると、いまいち信用できない気がします…。

以下、簡単な考察と予想です。

これは混戦ですね…。(;´・ω・`A “`紐候補が多すぎるので、適当にバッサリ切って3頭まで絞りました。
◎③アルティマブラッド

前走北九州記念2017 6着。CBC賞2017から2戦連続で狙った馬ですが、このクラスでは、少し足りないという感じでした。

前走は、内を通った先行馬が垂れ、最後外差しが上位に突っ込んでくる流れ。結果6着でしたが、3着以下は0.1秒差のクビアタマ差が続く大混戦で、先行勢が厳しい中、結構粘った方ではないかと思います。

母は、2009年のセントウルステークスを制したアルティマトゥーレ。牝馬&前走北九州記念組とデータ的な相性は良いので、懲りずに本命で…。

○⑦ファインニードル

前走北九州記念2017 5着。アルティマブラッドの少し後ろで脚を溜める競馬。最後なだれ込んできた外差しの1頭で、評価が難しいところですね…。

2走前に同じ阪神芝1200mコースの水無月ステークス(1600万)を完勝しており、コース相性は問題無さそうです。困った時は、人気馬に乗ってるデムーロ騎手ということで、適当に押さえ…。

▲⑭フィドゥーシア

前走アイビスサマーダッシュ2017 2着。3着レジーナフォルテがあけたコースをラインミーティアの追い込みが決まり、2着に破れました。決して力負けという印象はないので、人気すると思いますが、再度見直したいです。

母は、スプリンターズステークス2002と高松宮記念2003を制したビリーヴで、混戦模様のスプリント戦線でこそ良血馬に期待したいです。データ的には、外枠と牝馬は良さそうです。

馬連◎-○▲ 3連複◎-○-▲合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、6着、9着でした。

本命◎アルティマブラッドは6着でした。

セントウルステークス 2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 7 牡4 ファインニードル 1 北九州記念(G3) 5着(0.2)
2 6 牡7 ラインミーティア 6 アイビスサマーダッシュ(G3) 1着(-0.0)
3 13 牡7 ダンスディレクター 4 シルクロードステークス(G3) 1着(-0.0)

晩に得画を見ました…。(´;ω;`)

ファインニードルは、能力上位というよりは、押し出されるかたちの1番人気だったと思いますが、それでも結果を残すあたりが流石デムーロ騎手ですね。

最初の1000mが56.0秒。例年のセントウルステークスと同じぐらいの平均的な流れではありましたが、先行勢が最後垂れてしまいました。押さえていた馬では、強引に行った感じのフィドゥーシア、内で粘っていたアルティマブラッドともにダメでしたね…。

最後は、内で脚を溜めていたラインミーティアと外からダンスディレクターが追い込んでの2~3着。2頭とも7歳馬だったことから、データ傾向からは狙えない結果でした。これは仕方ないです。

スポンサーリンク