セントウルステークス 過去10年のデータと予想

日程 2018年9月9日(日曜)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝1200m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 15頭
天気 弱雨(ヤフー天気)

セントウルステークス2018

サマースプリントシリーズ最終戦「セントウルステークス2018」です。サマースプリントチャンピオン争いは、現在、アレスバローズ(CBC賞2018優勝、北九州記念2018優勝)がポイントでトップに立っています。ほぼ決まりという印象ですが、セントウルステークス2018出走馬のラブカンプーが優勝すれば、逆転優勝となります。

セントウルステークス2018は、G1スプリンターズステークス2018の前哨戦の側面もあり、例年ハイレベルなメンバーが集う一戦。サマースプリントチャンピオン争いと同時に、秋に向けて注目のレースとなりそうです。

阪神競馬場の芝1200mコース

過去10年のセントウルステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは5回あります。波乱傾向のレースといっても良さそうです。硬い決着となった2016年や2013年は、G1馬ビッグアーサーやロードカナロアが出走しています。今年のメンバーであれば、G1馬ファインニードルが勝ち負けするようなレースになると、落ち着いた額の払い戻しになるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 3,090円 7,570円 36,810円
2016 490円 5,050円 15,990円
2015 11,010円 40,700円 405,590円
2014 1,180円 1,900円 11,510円
2013 240円 430円 2,420円
2012 1,670円 61,870円 378,500円
2011 4,760円 3,080円 26,290円
2010 3,700円 14,010円 88,570円
2009 1,430円 20,130円 103,580円
2008 16,600円 124,330円 881,820円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

セントウルステークス2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 7 牡4 56 ファインニードル 1 北九州記念(G3) 5着(0.2) 1
2 6 牡7 56 ラインミーティア 6 アイビスサマーダッシュ(G3) 1着(-0.0) 8
3 13 牡7 56 ダンスディレクター 4 シルクロードステークス(G3) 1着(-0.0) 3
2016 1 1 牡5 58 ビッグアーサー 1 高松宮記念(G1) 1着(-0.1) 1
2 10 牡5 56 ネロ 2 アイビスサマーダッシュ(G3) 2着(0.0) 2
3 11 牝6 54 ラヴァーズポイント 9 北九州記念(G3) 11着(1.1) 2
2015 1 6 牡3 54 アクティブミノル 10 ニュージーランドトロフィー(G2) 15着(2.1) 6
2 16 牝5 54 ウリウリ 1 CBC賞(G3) 1着(-0.1) 2
3 8 牝6 54 バーバラ 5 北九州記念(G3) 4着(0.5) 6
2014 1 1 牝5 54 リトルゲルダ 4 北九州記念(G3) 1着(-0.0) 8
2 15 牡5 57 ハクサンムーン 1 高松宮記念(G1) 5着(0.8) 2
3 3 牝5 54 エピセアローム 2 北九州記念(G3) 7着(0.3) 1
2013 1 13 牡4 56 ハクサンムーン 2 アイビスサマーダッシュ(G3) 1着(-0.1) 1
2 9 牡5 58 ロードカナロア 1 安田記念(G1) 1着(-0.0) 1
3 4 牡6 56 ドリームバレンチノ 3 函館スプリントステークス(G3) 7着(0.2) 1
2012 1 4 牝3 52 エピセアローム 6 北九州記念(G3) 3着(0.2) 6
2 9 牡4 56 ロードカナロア 1 函館スプリントステークス(G3) 2着(0.1) 1
3 16 牝5 54 アンシェルブルー 12 朱鷺ステークス(OP) 4着(0.5) 4
2011 1 9 牝4 55 エーシンヴァーゴウ 2 北九州記念(G3) 3着(0.1) 1
2 13 セ4 59 ラッキーナイン 5 Champions Mile(G1) 2着
3 14 牡4 58 ダッシャーゴーゴー 1 CBC賞(G3) 1着(-0.1) 1
2010 1 11 牡3 55 ダッシャーゴーゴー 4 北九州記念(G3) 11着(0.9) 2
2 1 セ7 59 グリーンバーディー 2 Krisflyer International Sprint(G1) 1着
3 6 牝6 55 メリッサ 5 北九州記念(G3) 1着(-0.1) 5
2009 1 16 牝5 55 アルティマトゥーレ 5 アイビスサマーダッシュ(G3) 3着(0.3) 2
2 8 牝5 57 スリープレスナイト 1 高松宮記念(G1) 2着(0.1) 1
3 15 牝5 55 コスモベル 11 北九州記念(G3) 6着(0.7) 4
2008 1 4 牝4 55 カノヤザクラ 3 アイビスサマーダッシュ(G3) 1着(-0.1) 2
2 16 牡6 57 シンボリグラン 11 キーンランドカップ(G3) 6着(0.7) 8
3 12 牡3 55 スプリングソング 9 NHKマイルカップ(G1) 6着(1.3) 9

過去10年のセントウルステークス3着以内では、外枠(二桁馬番)の好走が目立ちます。開幕週ですが、必ずしも内枠の馬が優勢というわけでは無さそうです。

牝馬

過去10年のセントウルステークス3着以内30頭中13頭を占めます。穴馬の好走例も目立ちます。

前走北九州記念

過去10年のセントウルステークス3着以内30頭中10頭を占めます。北九州記念で負けていた馬の巻き返しや穴馬の好走が多い傾向にあります。

人気

過去10年のセントウルステークス3着以内では、1番人気馬の信頼が高い一方で、2番人気以下の上位人気馬がやや不振傾向となっています。

  • 1番人気(2-5-1-3)複勝率80%
  • 2番人気(2-2-1-5)複勝率50%
  • 3番人気(1-0-1-8)複勝率20%
  • 4番人気(2-0-1-8)複勝率30%

予想

例年と比べると、やや層が薄いような印象を受けるセントウルステークス2018。実績面では、ファインニードルが抜けているでしょうか。夏のスプリント重賞を使ってきたラブカンプーも上位争いの候補という感じがします。ただこの2頭を除くと、何が来てもおかしくないメンバー構成。紐荒れは十分にありえそうです。

以下、簡単な考察と予想です。土曜の時点で重馬場。さらに明日は強い雨が降る予報が出ており、波乱を予感させますね…。不良馬場になりそうです。小柄なラブカンプーを軽視しましたが、どうなるでしょうか…。

◎⑨ネロ

穴馬だと思っていましたが、この雨と馬場状態なら人気するのも仕方ないですね。近年のセントウルステークスは、追い込みが決まりにくいレース。恐らくネロは、前に行くことになるでしょうか。近走は、地方交流のダート重賞を使っていますが、そこまで大きく衰えたという感じはしません。何より、重馬場実績を考えれば、今回が狙い目ともいえそう…。

○⑭ファインニードル

実績面から勝ち負け候補になるでしょうか。海外帰り&休養明けの初戦、斤量58kg、重~不良馬場。不安要素が集まりますね…。とはいえ、このメンバーなら無視することもできず。

△⑫ブラヴィッシモ

短い距離に限れば、阪神巧者といえるかもしれません。阪神の1200~1400mあたりでは大きく崩れていませんし、力のいる馬場も得意に見えます。紐荒れがあれば…。

△④コウエイタケル

重馬場実績馬というわけではありませんが、血統面の魅力はありそうです。タフな馬場もこなしそうなステイゴールド産。母父はフレンチデピュティ。紐荒れがあれば…。

3連複4頭ボックス◎○△△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、4着、6着、7着でした。本命◎ネロは、6着でした。

セントウルステークス2018 結果
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 14 牡5 58 ファインニードル 1 チェアマンズスプリントプライズ(G1) 4着
2 2 牝3 52 ラブカンプー 2 北九州記念(G3) 3着(0.3) 7
3 13 牡6 56 グレイトチャーター 7 北九州記念(G3) 4着(0.4) 14

晩に録画を見ました。

ファインニードルが格の違いを見せる優勝。小柄な馬格を不安視したラブカンプーが2着に粘り、人気馬のワンツーフィニッシュとなりました。3着馬グレイトチャーターは、好ローテの北九州記念組。買えそうで買えず、馬券はカスリもせずでした。

やはり力のいる重馬場だったようで、最後は内からコウエイタケルがスルスル伸びて4着。外からはブラヴィッシモが伸びてきていました。格下ながらこの2頭は、馬場適性の高さを見せた印象でした。

それにしてもファインニードルは、強かったです。海外帰り&休養明けの初戦、斤量58kg、重馬場をクリアして、余力を感じさせる完勝でした。秋の大一番スプリンターズステークス2018に向けて、期待できそうです。

スポンサーリンク
深く考えない競馬