チャンピオンズカップ 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年12月3日(日曜日)
開催 中京競馬場 11R
距離 ダート1800m
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳以上
斤量 定量
出走数 16頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

チャンピオンズカップ 2017

ダートG1「チャンピオンズカップ2017」です。例年、国内トップのダート馬が揃う一戦。今年も国内G1優勝経験のある6頭が出走を予定しており、ハイレベルなレースになりそうです。

以前は、ジャパンカップダート(~2013年)として行われていましたが、2014年からチャンピオンズカップに名称変更されました。ジャパンカップダート時代は、2008~2013年までは阪神ダート1800m、2007年以前は東京ダート2100mという条件で行われています。

コース形態

中京競馬場のダート1800mコース
中京競馬場のダート1800mコース

過去10年のチャンピオンズカップの配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。ちょうど3年周期で高配当が出ています。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 1,390円 11,180円 85,980円
2015 11,040円 27,320円 318,430円
2014 5,470円 11,730円 70,890円
2013 4,850円 2,160円 24,440円
2012 4,290円 30,010円 165,230円
2011 1,750円 920円 6,180円
2010 4,350円 20,840円 94,860円
2009 1,940円 32,660円 131,960円
2008 11,710円 7,090円 69,460円
2007 1,350円 4,400円 16,310円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
チャンピオンズカップ 2017
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2016 1 8 セ6 サウンドトゥルー 6 JBCクラシック(G1) 3着(0.3) 5
2 2 牡6 アウォーディー 1 JBCクラシック(G1) 1着(-0.1) 2
3 4 牡5 アスカノロマン 10 みやこステークス(G3) 14着(1.4) 2
2015 1 4 牝6 サンビスタ 12 JBCレディスクラシック(G1) 2着(1.1) 1
2 1 牡3 ノンコノユメ 3 武蔵野ステークス(G3) 1着(-0.0) 2
3 2 セ5 サウンドトゥルー 5 JBCクラシック(G1) 2着(0.5) 4
2014 1 8 牡5 ホッコータルマエ 2 JBCクラシック(G1) 4着(0.8) 4
2 4 牡5 ナムラビクター 8 みやこステークス(G3) 3着(0.1) 4
3 12 牡6 ローマンレジェンド 3 エルムステークス(G3) 1着(-0.0) 3
2013阪神 1 12 牡5 ベルシャザール 3 武蔵野ステークス(G3) 1着(-0.1) 1
2 8 牡7 ワンダーアキュート 6 JBCクラシック(G1) 2着(0.4) 2
3 6 牡4 ホッコータルマエ 1 JBCクラシック(G1) 1着(-0.4) 1
2012阪神 1 14 牡5 ニホンピロアワーズ 6 みやこステークス(G3) 2着(0.0) 3
2 12 牡6 ワンダーアキュート 3 JBCクラシック(G1) 1着(-1.0) 5
3 9 牡3 ホッコータルマエ 9 みやこステークス(G3) 3着(0.1) 5
2011阪神 1 16 牡5 トランセンド 1 JBCクラシック(G1) 2着(0.2) 2
2 9 牡5 ワンダーアキュート 5 みやこステークス(G3) 4着(0.8) 2
3 6 牡6 エスポワールシチー 2 みやこステークス(G3) 1着(-0.6) 1
2010阪神稍重 1 3 牡4 トランセンド 1 みやこステークス(G3) 1着(-0.2) 2
2 14 牡4 グロリアスノア 8 武蔵野ステークス(G3) 1着(-0.1) 6
3 12 牡7 アドマイヤスバル 11 JBCクラシック(G1) 3着(1.6) 7
2009阪神 1 1 牡4 エスポワールシチー 1 マイルCS南部杯(G1) 1着(-0.7) 2
2 12 牡3 シルクメビウス 5 トパーズステークス(OP) 1着(-0.8) 4
3 9 牡3 ゴールデンチケット 12 ブラジルカップ(OP) 2着(0.2) 2
2008阪神 1 10 牡6 カネヒキリ 4 武蔵野ステークス(G3) 9着(0.6) 2
2 5 牡6 メイショウトウコン 7 JBCクラシック(G1) 3着(0.2) 6
3 6 牡6 ヴァーミリアン 1 JBCクラシック(G1) 1着(-0.1) 1
2007東京 1 7 牡5 ヴァーミリアン 1 JBCクラシック(G1) 1着(-0.7) 2
2 11 牡5 フィールドルージュ 6 武蔵野ステークス(G3) 4着(0.3) 3
3 1 牡5 サンライズバッカス 7 JBCクラシック(G1) 3着(0.9) 4

前走JBCクラシック

過去10年のチャンピオンズカップ3着以内30頭中13頭を占めます。2009年を除く過去9回で、例年1~2頭が馬券圏内に来ています。

13頭中12頭JBCクラシックで3着以内に好走しており、JBCクラシック4着以下から馬券圏内に来たのは、2014年優勝ホッコータルマエだけでした。ホッコータルマエは、JBCクラシックの前にドバイワールドカップ(海外G1)に出走。そこから半年の休養明けで、JBCクラシックに出走していました。

前走みやこステークス

みやこステークスが創設された2010年以降の過去7回では、チャンピオンズカップ3着以内21頭中7頭を占めます。みやこステークス組が馬券圏内に来なかった2013年と2015年は、武蔵野ステークス優勝馬が馬券圏内に来ています。

前走武蔵野ステークス

過去10年のチャンピオンズカップ3着以内30頭中5頭を占めます。そのうち3頭武蔵野ステークスで優勝しており、大敗からの巻き返しは、2008年1着カネヒキリのみです。カネヒキリの武蔵野ステークスは、屈腱炎の手術明けでした。

チャンピオンズカップが中京開催となった2014年以降の過去3回では、内枠の好走例が多く、3着以内9頭中8頭一桁馬番(馬番1~8)でした。人気薄の好走例も目立っています。

馬券予想

チャンピオンズカップ2017は、ハイレベルなメンバーが揃いました。穴っぽい馬まで含めると、半数以上が馬券圏内の候補というメンバーです。データ傾向からは、JBCクラシック1~3着馬を狙いたいところですが、今年は4着以下も実力馬がいるため、取捨に悩むことになりそうですね。

以下、簡単な考察と予想です。大混戦のため、全く当たる気がしないですね…。(´・ω・`;) 悩んだ挙句、データ傾向通りJBCクラシック3着以内の馬&内枠を中心に狙いました。

◎③ミツバ

2走前シリウスステークス2017 8着。芝スタートズブい面が出たことが敗因に挙げられていました。斤量57.5kgも響いたかもしれません。一転、前走JBCクラシック2017は、アウォーディー、アポロケンタッキー、ケイティブレイブなど実力馬を相手に3着に好走。ポテンシャルは高そうですね。

中京ダート1800mコースは、芝スタートではないので、条件的には問題無さそうです。あとは2000m前後の実績馬だけに、距離短縮に対応できれば…。

○②ケイティブレイブ

前走JBCクラシック2017 2着。逃げて結果を残してきた馬ですが、前走は好位で脚を溜める競馬。最後はサウンドトゥルーに交わされたものの、ミツバを含め、直線の叩き合いは見応え充分でした。脚質の幅が広がったのは、良さそうですね。JBCクラシック3着以内&内枠とデータ傾向からは、今回が狙い目になるでしょうか。

▲⑭サウンドトゥルー

前走JBCクラシック2017 1着。実力馬たちをまとめて差し切る強い内容での優勝でした。チャンピオンズカップは、昨年優勝&一昨年3着と相性の良いレース。衰えた姿を見せているわけでもなく、当然ながら今年も上位争いの候補になるでしょうか。

ただ内枠が優勢な傾向のレースなので、JBCクラシック2017でサウンドトゥルーから小差の2~3着だったミツバとケイティブレイブの評価を上にしました。

△④ノンコノユメ

武蔵野ステークス2017で押さえた馬ですが、再度懲りずに狙ってみます。

武蔵野ステークス2017は、最初の1000mが60.0秒というドスロー。例年58秒台で流れるレースということを考えると、イレギュラーな結果だったと思います。前に行った馬が1~3着という中、斤量58kg背負ったノンコノユメは、直線追い込んでの4着。負けてポテンシャルの高さだけは示したレースでした。

セン馬となってから馬券圏内に来たレースは無いものの、G1レースで大きく崩れていません。3歳時に出走したチャンピオンズカップ2015は2着、昨年のチャンピオンズカップ2016は0.4秒差の6着。この条件が合わないわけでは無さそうです。ここで伏兵扱いなら…。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、4着、6着、9着、11着でした。

本命◎ミツバは6着でした。

チャンピオンズカップ 2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走 前走人気
1 9 牡4 ゴールドドリーム 8 マイルCS南部杯(G1) 5着(0.9) 2
2 13 牡5 テイエムジンソク 1 みやこステークス(G3) 1着(-0.4) 2
3 1 牡7 コパノリッキー 9 JBCスプリント(G1) 2着(0.0) 1

カスリもせず。3連単158,490円の波乱決着でした。(;´・ω・`A “

最初の1000mが61.6秒というスロー。サウンドトゥルーが優勝した昨年が60.6秒、3着に来た一昨年60.2秒ですから、前が残る展開だったと言えるかもしれません。

テイエムジンソクとコパノリッキーの叩き合いかと思いきや、2戦連続出遅れとなったゴールドドリームがキレッキレの脚でまとめて差し切りました。前走の地方競馬場では致命的な出遅れでしたが、中央のダートコースなら間に合ったという印象でした。

先日のテレビで、ゴールドドリーム陣営の方が「優勝するのはゴールドドリーム。勝ちに来たローテ。」ということを言っていました。まさか本当にそうなるとは…。やはり素人の想像ではなく、生業にしているプロの判断は違いますね。

データ的には、JBCクラシック組が優勢のレースだったので、全く手を出せず。特にゴールドドリームとコパノリッキーは検討することもしませんでした。今年は、JBCクラシック組が1頭も来ないデータを無視した結果で、馬券は仕方ない感じがします…。