チャンピオンズカップ 過去10年のデータと予想

日程 2018年12月2日(日曜)
開催 中京競馬場 11R
距離 ダート1800m
格付け G1
条件 サラ系3歳以上
斤量 定量3歳56kg 4歳以上57kg 牝馬-2kg
出走数 15頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

チャンピオンズカップ2018

ダートG1チャンピオンズカップ2018です。例年、国内トップのダート馬が揃う一戦。今年も国内トップクラスの馬が軒並み出走を予定しており、ハイレベルなレースを期待できそうです。

2013年までジャパンカップダートとして行われていましたが、2014年からチャンピオンズカップ(中京ダート1800m)に変更されました。2008~2013年は、阪神ダート1800mコースで行われています。

中京競馬場のダート1800mコース

過去10年のチャンピオンズカップの配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回あります。ちょうど2~3年周期で高配当が出ていますが、2013年以前と2014年以降では開催地が異なるため、あまり気にしないで良いかもしれません。ただ中京競馬場開催となった2014年以降では、4年連続で3連複が万馬券になっていることは、注意しておきたい傾向です。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 4,140円 27,350円 158,490円
2016 1,390円 11,180円 85,980円
2015 11,040円 27,320円 318,430円
2014 5,470円 11,730円 70,890円
2013 4,850円 2,160円 24,440円
2012 4,290円 30,010円 165,230円
2011 1,750円 920円 6,180円
2010 4,350円 20,840円 94,860円
2009 1,940円 32,660円 131,960円
2008 11,710円 7,090円 69,460円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2008~2013年は、ジャパンカップダート(阪神ダート1800mコース)のデータです。

過去10年の1~3着馬の前走データ

過去のレース映像は、チャンピオンズカップ 過去のレース映像にまとめています。

チャンピオンズカップ2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 9 牡4 ゴールドドリーム 8 マイルCS南部杯(G1) 5着(0.9) 2
2 13 牡5 テイエムジンソク 1 みやこステークス(G3) 1着(-0.4) 2
3 1 牡7 コパノリッキー 9 JBCスプリント(G1) 2着(0.0) 1
2016 1 8 セ6 サウンドトゥルー 6 JBCクラシック(G1) 3着(0.3) 5
2 2 牡6 アウォーディー 1 JBCクラシック(G1) 1着(-0.1) 2
3 4 牡5 アスカノロマン 10 みやこステークス(G3) 14着(1.4) 2
2015 1 4 牝6 サンビスタ 12 JBCレディスクラシック(G1) 2着(1.1) 1
2 1 牡3 ノンコノユメ 3 武蔵野ステークス(G3) 1着(-0.0) 2
3 2 セ5 サウンドトゥルー 5 JBCクラシック(G1) 2着(0.5) 4
2014 1 8 牡5 ホッコータルマエ 2 JBCクラシック(G1) 4着(0.8) 4
2 4 牡5 ナムラビクター 8 みやこステークス(G3) 3着(0.1) 4
3 12 牡6 ローマンレジェンド 3 エルムステークス(G3) 1着(-0.0) 3
2013阪神 1 12 牡5 ベルシャザール 3 武蔵野ステークス(G3) 1着(-0.1) 1
2 8 牡7 ワンダーアキュート 6 JBCクラシック(G1) 2着(0.4) 2
3 6 牡4 ホッコータルマエ 1 JBCクラシック(G1) 1着(-0.4) 1
2012阪神 1 14 牡5 ニホンピロアワーズ 6 みやこステークス(G3) 2着(0.0) 3
2 12 牡6 ワンダーアキュート 3 JBCクラシック(G1) 1着(-1.0) 5
3 9 牡3 ホッコータルマエ 9 みやこステークス(G3) 3着(0.1) 5
2011阪神 1 16 牡5 トランセンド 1 JBCクラシック(G1) 2着(0.2) 2
2 9 牡5 ワンダーアキュート 5 みやこステークス(G3) 4着(0.8) 2
3 6 牡6 エスポワールシチー 2 みやこステークス(G3) 1着(-0.6) 1
2010阪神稍重 1 3 牡4 トランセンド 1 みやこステークス(G3) 1着(-0.2) 2
2 14 牡4 グロリアスノア 8 武蔵野ステークス(G3) 1着(-0.1) 6
3 12 牡7 アドマイヤスバル 11 JBCクラシック(G1) 3着(1.6) 7
2009阪神 1 1 牡4 エスポワールシチー 1 マイルCS南部杯(G1) 1着(-0.7) 2
2 12 牡3 シルクメビウス 5 トパーズステークス(OP) 1着(-0.8) 4
3 9 牡3 ゴールデンチケット 12 ブラジルカップ(OP) 2着(0.2) 2
2008阪神 1 10 牡6 カネヒキリ 4 武蔵野ステークス(G3) 9着(0.6) 2
2 5 牡6 メイショウトウコン 7 JBCクラシック(G1) 3着(0.2) 6
3 6 牡6 ヴァーミリアン 1 JBCクラシック(G1) 1着(-0.1) 1
前走JBCクラシック

過去10年のチャンピオンズカップ3着以内30頭中11頭を占めます。2009年と2017年を除く過去8回で、1~2頭ずつ馬券圏内に来ていました。そのうち10頭がJBCクラシックで3着以内に好走しており、JBCクラシック4着以下は、2014年優勝ホッコータルマエのみです。ホッコータルマエは、JBCクラシックの前にドバイワールドカップ(海外G1)に出走し、そこから半年の休養明けを経てJBCクラシックに出走していたので、例外的なケースと考えて良いかもしれません。

前走みやこステークス

みやこステークスが創設された2010年以降のチャンピオンズカップ3着以内24頭中8頭を占めます。みやこステークス組が馬券圏内に来なかった2013年と2015年は、武蔵野ステークス優勝馬が馬券圏内に来ています。

今年は、JBCクラシックが京都開催のため、みやこステークスが休止扱いとなりました。従ってJBCクラシック組がデータ的には狙い目になるかもしれません。
前走武蔵野ステークス

過去10年のチャンピオンズカップ3着以内30頭中4頭を占めます。そのうち3頭が武蔵野ステークスで優勝しており、2着以下からの巻き返しは、2008年1着カネヒキリのみです。カネヒキリの武蔵野ステークスは、屈腱炎の手術明けでした。

内枠(馬番1~4番)

チャンピオンズカップが中京開催となった2014年以降のチャンピオンズカップ3着以内24頭中7頭を占めます。人気薄の好走例も目立ちます。一方、外枠(二桁馬番)は苦戦傾向にあり、2014年以降の3着以内では僅か2頭のみとなっています。

予想

ハイレベルなメンバーが揃った今年のチャンピオンズカップ2018。凄いレースが見れそうですね。注目は、全く底を見せていない3歳馬ルヴァンスレーヴ、JBCクラシック優勝馬ケイティブレイブでしょうか。何が来てもおかしくないメンバーだと思います。2014年以降の傾向から、3連複万馬券の組み合わせを狙いたいところですが…。

以下、簡単な考察と予想です。データ傾向から3連複万馬券狙いのため、全く万馬券の組み合わせが無い場合は、変更の可能性があります。ただ今年は順当な決着もありえそうですね…。

◎8ケイティブレイブ

好ローテのJBCクラシックを優勝。データ傾向からは狙いたい1頭でしょうか。昨年のチャンピオンズカップは、直線伸びそうで伸びず、前にいたテイエムジンソクとコパノリッキーを交わせませんでした。今年は、ゴールドドリーム不在に加え、ケイティブレイブ自身も昨年以上に力を付けてきているので、昨年以上の結果を期待したいレースになると思います。

○3パヴェル

アメリカのダート馬。日本の馬場適性は走ってみないと分からないですね…。ただ例年、穴をあける傾向にある内枠の人気薄となると、押さえても良いかもしれません。アメリカのダートG1はレベルが高く、そこで勝ち負けの実績があるなら、一発あっても不思議は無さそうです。ブリーダーズカップ・クラシックを除くとG1で4着を外していませんし、ドバイワールドカップ4着の実績を考えれば、ここでは格上といえそうですが…。

▲7サンライズノヴァ

5戦連続で上がり最速。追い込みが決まる流れになれば、突っ込んで来るだろう1頭でしょうか。今年は2強が抜けている印象ですが、過去の波乱傾向を考えれば、人気的にも馬券候補に考えたい馬だと思います。今年のG1フェブラリーステークスでは4着。その後、近走の充実ぶりから力を付けてきているのは間違いなさそうです。あとは初の中京コースでも東京と同じ脚を使うことができれば…。

△2ルヴァンスレーヴ

全く底を見せていない3歳。前走マイルCS南部杯は、ゴールドドリームの猛追を凌いでの完勝でした。能力は確かだと思うので、あとは相手関係だけだと思います。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、6着、11着、15着でした。本命◎ケイティブレイブは、11着でした。

チャンピオンズカップ2018 結果
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走 前走人気
1 2 牡3 ルヴァンスレーヴ 1 マイルCS南部杯(G1) 1着(-0.2) 2
2 12 セ6 ウェスタールンド 8 武蔵野ステークス(G3) 7着(0.9) 3
3 9 牡4 サンライズソア 3 JBCクラシック(G1) 3着(0.3) 1

晩に録画を見ました。順当な決着か…と思いきや、2着にウェスタールンド。これは買えないですね。(´・ω・`)

優勝馬ルヴァンスレーヴは、スタートが良く先行策でした。いつもスタートから後ろになってしまう馬なので、完璧にハマったと言えそうです。直線、外からの差し追い込み馬は壊滅的で、上位陣は内の好位でロスなく立ち回った馬が占める決着でした。ウェスタールンドも道中離れた最後方から、最内を突く好騎乗だったと思います。

シリウスステークス2着のオメガパフュームが5着に好走していますし、結果的にはシリウスステークス上位3頭がそのまま好走したレースだったと思います。シリウスステークスは、ハンデ戦&不良馬場で行われていたこともあり、いまいち結果を信頼できず…。今年は、ダート3歳馬が強そうですね。

スポンサーリンク
深く考えない競馬