チャンピオンズカップ-過去10年のデータと予想

日程 2019年12月1日(日曜)
開催 中京競馬場11R
距離 ダート1800m
格付け G1
条件 3歳以上
斤量 定量3歳56kg,4歳以上57kg,牝馬-2kg
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

チャンピオンズカップ2019

ダートG1チャンピオンズカップ2019です。2013年までジャパンカップダートとして行われていましたが、2014年にチャンピオンズカップ(中京ダート1800m)に変更されました。例年、国内トップのダート馬が揃う一戦。今年も多くの国内トップクラスの馬が出走を予定しており、ハイレベルなレースが期待できそうです。

中京競馬場のダート1800mコース

配当

過去10年のチャンピオンズカップの配当を見ると、3連単10万馬券超えが4回あります。3連複万馬券は7回に及び、馬連も好配当となる年が目立ちます。ちょうど2~3年周期で高配当が出ており、そろそろ(今年か来年あたり)波乱があっても…という感じでしょうか。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 3,000円 6,090円 27,310円
2017 4,140円 27,350円 158,490円
2016 1,390円 11,180円 85,980円
2015 11,040円 27,320円 318,430円
2014 5,470円 11,730円 70,890円
2013 4,850円 2,160円 24,440円
2012 4,290円 30,010円 165,230円
2011 1,750円 920円 6,180円
2010 4,350円 20,840円 94,860円
2009 1,940円 32,660円 131,960円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。2009~2013年は、ジャパンカップダート(阪神ダート1800mコース)のデータです。

過去10年の1~3着馬の前走データ

チャンピオンズカップ2019過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 2 牡3 ルヴァンスレーヴ 1 マイルCS南部杯(G1) 1着(-0.2) 2
2 12 セ6 ウェスタールンド 8 武蔵野ステークス(G3) 7着(0.9) 3
3 9 牡4 サンライズソア 3 JBCクラシック(G1) 3着(0.3) 1
2017 1 9 牡4 ゴールドドリーム 8 マイルCS南部杯(G1) 5着(0.9) 2
2 13 牡5 テイエムジンソク 1 みやこステークス(G3) 1着(-0.4) 2
3 1 牡7 コパノリッキー 9 JBCスプリント(G1) 2着(0.0) 1
2016 1 8 セ6 サウンドトゥルー 6 JBCクラシック(G1) 3着(0.3) 5
2 2 牡6 アウォーディー 1 JBCクラシック(G1) 1着(-0.1) 2
3 4 牡5 アスカノロマン 10 みやこステークス(G3) 14着(1.4) 2
2015 1 4 牝6 サンビスタ 12 JBCレディスクラシック(G1) 2着(1.1) 1
2 1 牡3 ノンコノユメ 3 武蔵野ステークス(G3) 1着(-0.0) 2
3 2 セ5 サウンドトゥルー 5 JBCクラシック(G1) 2着(0.5) 4
2014 1 8 牡5 ホッコータルマエ 2 JBCクラシック(G1) 4着(0.8) 4
2 4 牡5 ナムラビクター 8 みやこステークス(G3) 3着(0.1) 4
3 12 牡6 ローマンレジェンド 3 エルムステークス(G3) 1着(-0.0) 3
2013阪神 1 12 牡5 ベルシャザール 3 武蔵野ステークス(G3) 1着(-0.1) 1
2 8 牡7 ワンダーアキュート 6 JBCクラシック(G1) 2着(0.4) 2
3 6 牡4 ホッコータルマエ 1 JBCクラシック(G1) 1着(-0.4) 1
2012阪神 1 14 牡5 ニホンピロアワーズ 6 みやこステークス(G3) 2着(0.0) 3
2 12 牡6 ワンダーアキュート 3 JBCクラシック(G1) 1着(-1.0) 5
3 9 牡3 ホッコータルマエ 9 みやこステークス(G3) 3着(0.1) 5
2011阪神 1 16 牡5 トランセンド 1 JBCクラシック(G1) 2着(0.2) 2
2 9 牡5 ワンダーアキュート 5 みやこステークス(G3) 4着(0.8) 2
3 6 牡6 エスポワールシチー 2 みやこステークス(G3) 1着(-0.6) 1
2010阪神稍重 1 3 牡4 トランセンド 1 みやこステークス(G3) 1着(-0.2) 2
2 14 牡4 グロリアスノア 8 武蔵野ステークス(G3) 1着(-0.1) 6
3 12 牡7 アドマイヤスバル 11 JBCクラシック(G1) 3着(1.6) 7
2009阪神 1 1 牡4 エスポワールシチー 1 マイルCS南部杯(G1) 1着(-0.7) 2
2 12 牡3 シルクメビウス 5 トパーズステークス(OP) 1着(-0.8) 4
3 9 牡3 ゴールデンチケット 12 ブラジルカップ(OP) 2着(0.2) 2
前走JBCクラシック

過去10年のチャンピオンズカップ3着以内30頭中10頭を占めます。そのうち9頭がJBCクラシックで3着以内に好走していました。2009年と2017年を除く過去8回で1~2頭ずつ馬券圏内に来ています。JBCクラシック4着以下だったホッコータルマエ(2014年)は、JBCクラシック前にドバイワールドカップ(海外G1)に出走し、そこから半年の休養を経てJBCクラシックに出走していたため、例外的なケースと考えて良いかもしれません。

前走みやこステークス

みやこステークスが創設された2010年以降(2018年は開催休止)のチャンピオンズカップ3着以内24頭中8頭を占めます。みやこステークス組が馬券圏内に来なかった2013年と2015年は武蔵野ステークス優勝馬が3着以内に好走、みやこステークスが開催休止となった2018年は武蔵野ステークス7着馬が3着以内に好走しています。

前走武蔵野ステークス

過去10年のチャンピオンズカップ3着以内30頭中4頭を占めます。そのうち3頭が武蔵野ステークスで優勝していました。

馬番1~4番

チャンピオンズカップが中京開催となった2014年以降のチャンピオンズカップ3着以内15頭中8頭を占めます。人気薄の好走例も目立ちます。一方、外枠(二桁馬番)は苦戦傾向にあり、2014年以降の3着以内では僅か3頭のみとなっています。

予想

好メンバーが揃ったチャンピオンズカップ2019。JBCクラシック連対馬を中心に層の厚いメンバー構成になりました。イレギュラーなローテですが、クリソベリルも上位争いの候補になりそうです。今年は、前哨戦みやこステークスが47万馬券、武蔵野ステークス235万馬券の波乱決着。例年好走馬を出してるローテですが、今年に限って言えば、前哨戦組の評価が難しいレースになると思います。

以下、簡単な考察と予想です。

◎3チュウワウィザード

直近の重賞で6戦連続連対。3着を外していない安定感も魅力です。ここは深く考えず本命です。

○4インティ

例年、前に行った馬が1頭ほど残る傾向にあるレース。今年のメンバー構成なら、楽に前に行くことが出来るかもしれません。前走みやこステークスは、芝レースのようなハイペース(最初の1000mが59.0秒)だったことに加え、4コーナーで進路が無くなり、急ブレーキをかけるかたちで後退。度外視して良い大敗だと思います。フェブラリーステークスでゴールドドリームに勝ち切り、東海ステークスでチュウワウィザード(後にJBCクラシック優勝)に楽勝した力を考えれば、上位争いがあっても良さそうですが…。

▲6オメガパフューム

前走JBCクラシック2着。結果ハナ差2着でしたが、同着なんじゃないかと思うほどの接戦でした。昨年5着から大きく力を付けてきた印象は無いものの、実績面では無視できない1頭でしょうか。デットーリ騎手に期待して…。

△5クリソベリル

5戦5勝、すべて余裕を感じさせる楽勝。ただ戦ってきた相手を見ると今回は一気に強くなりますし、中央のダートG1も未知数という感じがします。一応の押さえ評価にしました。

3連複4頭ボックス◎○▲△3連単◎○→◎○→▲合計6点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、4着、6着でした。本命◎チュウワウィザードは、4着でした。

チャンピオンズカップ2019結果
着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
1 5 牡3 クリソベリル 2 日本テレビ盃(G2) 1着(-0.8) 1
2 11 牡6 ゴールドドリーム 1 マイルチャンピオンシップ南部杯(G1) 3着(0.5) 1
3 4 牡5 インティ 3 みやこステークス(G3) 15着(3.7 1

夜中に録画を見ました。スルーした1番人気ゴールドドリームが2着に好走。1~3番人気のかたい決着でした。

優勝はクリソベリルは、強い古馬を相手に馬群を割って内から抜け出して完勝。3歳馬ですが、全く底を見せない強さでした。戦ってきた相手を不安視したものの、全く関係なかったです。

2着には、一昨年の優勝馬ゴールドドリーム。前走のマイルCS南部杯が薄いメンバー構成ながら3着に敗れており、衰えてきているのかもしれないと思ってスルーしていました。大舞台では人馬共に強いですね。

深く考えない競馬