中日新聞杯-過去7年のデータと予想

日程 2019年12月7日(土曜)
開催 中京競馬場11R
距離 芝2000m
格付け G3
条件 3歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 曇り(ヤフー天気)

中日新聞杯2019

ハンデ重賞、中日新聞杯2019です。G1ジャパンカップと有馬記念の間に開催されることもあり、例年トップクラスの馬が不在という一戦。

2011年まで12月開催でしたが、中京競馬場改修後の2012年に3月開催に変更となり、代わりに金鯱賞が12月の同じ枠に入りました。ところが再び金鯱賞と入れ替わるかたちで、2017年から12月開催で行われています。そのため過去データは、2012年~2016年の金鯱賞の過去データ2017年~2018年の中京新聞杯の過去データを紹介しています。

中京競馬場の芝2000mコース

配当

過去7年の中日新聞杯(金鯱賞)の配当を見ると、大きな波乱決着がないレースでしたが、昨年は高配当が出ています。穴馬の好走例自体は多いレースなので、今年も人気馬の凡走があるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 15,830円 46,690円 264,000円
2017 1,540円 4,460円 23,260円
2016 9,250円 16,080円6,050円 90,340円49,120円
2015 1,440円 3,310円 22,160円
2014 1,260円 1,700円 8,560円
2013 2,780円 10,810円 58,490円
2012 9,370円 12,810円 91,410円

では過去7年の中日新聞杯で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去7年の1~3着馬の前走データ

中日新聞杯2019過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018現行 1 7 牡3 56 ギベオン 1 セントライト記念(G2) 13着(1.5) 3
2 10 牡7 54 ショウナンバッハ 12 アンドロメダステークス(OP) 11着(0.7) 3
3 12 牡5 57 ストロングタイタン 7 小倉記念(G3) 12着(8.3) 4
2017現行 1 13 牡4 55 メートルダール 2 関屋記念(G3) 12着(1.1) 1
2 10 牡4 57.5 ミッキーロケット 1 天皇賞秋(G1) 12着(2.6) 14
3 12 牡4 56 ロードヴァンドール 5 天皇賞秋(G1) 14着(6.1) 18
2016 1 13 牡4 56 ヤマカツエース 4 天皇賞秋(G1) 15着(1.5) 13
2 3 牡5 56 パドルウィール 9 八坂ステークス(1600万) 4着(0.2) 4
3 5 牝5 54 シュンドルボン 6 エリザベス女王杯(G1) 6着(0.6) 6
3 7 牡6 56 サトノノブレス 2 天皇賞秋(G1) 10着(1.1) 10
2015 1 10 セ7 56 ミトラ 5 福島記念(G3) 2着(0.2) 1
2 1 牡6 57 ディサイファ 1 天皇賞秋(G1) 8着(0.5) 3
3 2 牡5 56 サトノノブレス 4 アルゼンチン共和国杯(G2) 4着(0.6) 7
2014 1 4 牡4 57 ラストインパクト 1 京都大賞典(G2) 1着(-0.0) 3
2 12 牡4 57 サトノノブレス 4 天皇賞秋(G1) 8着(0.3) 11
3 5 牡5 57 エアソミュール 2 毎日王冠(G2) 1着(-0.0) 8
2013 1 11 セ5 56 カレンミロティック 3 札幌日経オープン(OP) 8着(1.6) 1
2 13 牡3 54 ラブリーデイ 6 小倉記念(G3) 2着(0.2) 5
3 4 牡5 56 ウインバリアシオン 8 宝塚記念2012(G1) 4着(0.8) 3
2012 1 6 牡4 56 オーシャンブルー 6 アルゼンチン共和国杯(G2) 5着(0.8) 5
2 9 牡3 55 ダイワマッジョーレ 8 甲斐路ステークス(1600万) 1着(-0.1) 2
3 5 牡4 56 アドマイヤラクティ 4 アンドロメダステークス(OP) 3着(0.4) 2
前走重賞レース

過去7年のチャレンジカップ3着内22頭中16頭を占めます。前走G1レース出走馬を中心に、前走の着順に関係なく好走が目立ちます。

5~8枠

過去7年のチャレンジカップ3着内22頭中15頭を占めます。現行の中日新聞杯となった直近2年は、5~7枠で決着しています。

予想

例年通り混戦模様という印象の中日新聞杯2019。データ傾向から搾れる要素が少ないため、何が来てもおかしくないメンバー構成だと思います。人気を集めそうな馬も抜けた実績馬というわけではありませんし、予想的中ともに難解なレースになると思います。当たる気がしないですね…。

以下、簡単な考察と予想です。現行の中京新聞杯となって2年は、外枠の差し追い込み馬で決着。2017年3着ロードヴァンドールは逃げ馬でしたが、ハナ差4着に8枠の追い込み馬が来ています。ということで、外の差し追い込み馬を中心に狙いました。全く当たる気はしませんが…。

◎12ショウナンバッハ

最後の脚は堅実というタイプ。8歳馬になりましたが、速い上がりを使って、上位陣と小差まで詰めてくるレースが続いています。中日新聞杯は、昨年2着、一昨年ハナ差4着と崩れていませんし、追い込みが決まるレースになれば、上位食い込みがあっても良いかもしれません。

○13サトノソルタス

前走ノベンバーステークス(3勝クラス)は、上位接戦を制して優勝。重賞でどこまで…というところでしょうか。中団ぐらいからの外差しに期待して狙いました。

△15ミスマンマミーア

3勝クラスも勝っていませんし、ここでは格下になるでしょうか。ただ近走を見る限り、末脚は堅実。混戦メンバーのハンデ戦で斤量50kgを考えれば、穴をあける場面があっても…。

△4サトノガーネット

牝馬限定戦でも決して強さを見せてるわけではないので、あくまで波乱期待で押さえました。追い込み勢が突っ込んで来るレースになれば、紐荒れを演出する場面があっても…。

3連複4頭ボックス◎○△△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、4着、5着、10着でした。本命◎ショウナンバッハは、4着でした。

中日新聞杯2019結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 4 牝4 53 サトノガーネット 8 エリザベス女王杯(G1) 9着(0.8) 12
2 9 牡5 55 ラストドラフト 3 オクトーバーステークス(LR) 8着(0.7) 1
3 7 牡4 54 アイスストーム 2 アンドロメダステークス(LR) 5着(0.3) 3

夜中に録画を見ました。

近年の傾向通り、差し追い込み決着でした。後方勢では印をつけていたサトノガーネットが1着、ショウナンバッハがクビ差4着に好走。この2頭が突っ込んで来る中、中団から人気を集めていたラストドラフトとアイスストームが脚を伸ばて2~3着というレースでした。上位4頭とミスマンマミーアが上がり33秒台の脚を使っており、ミスマンマミーアはもう一列前だったら、見せ場があったかも…という内容でした。

アイスストームは気になっていたものの、波乱狙いでスルー。 ラストドラフトは、考える前に消してしまっていました。これは難しいです。

深く考えない競馬