中日新聞杯2020-過去データと予想

日程 2020年12月12日(土曜)
開催 中京競馬場11R
距離 芝2000m
格付け G3
条件 3歳以上
斤量 ハンデ
出走数 18頭
天気 晴れ(ヤフー天気)
クッション値 9.6(12日)

中日新聞杯2020

ハンデ重賞、中日新聞杯2020です。G1ジャパンカップと有馬記念の間に開催されることもあり、例年トップクラスの馬が不在のなか行われます。

2011年まで12月開催のレースでしたが、中京競馬場改修後の2012年に3月開催に変更となり、代わりに金鯱賞が12月の同じ枠に入りました。ところが再び金鯱賞と入れ替わるかたちで、2017年から12月開催で中日新聞杯が行われています。そのため過去データは、2012年~2016年の金鯱賞の過去データ2017年~2019年の中京新聞杯の過去データを紹介しています。

中京競馬場の芝2000mコース

配当

過去8年の中日新聞杯(金鯱賞)の配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。近年は好配当が続いており、穴馬の好走が多いレースといえるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 6,980円 13,240円 105,620円
2018 15,830円 46,690円 264,000円
2017 1,540円 4,460円 23,260円
2016 9,250円 16,080円6,050円 90,340円49,120円
2015 1,440円 3,310円 22,160円
2014 1,260円 1,700円 8,560円
2013 2,780円 10,810円 58,490円
2012 9,370円 12,810円 91,410円

では過去8年の中日新聞杯で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:中日新聞杯 今週の注目レース JRA

過去8年の1~3着馬の前走データ

中日新聞杯2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 4 牝4 53 サトノガーネット 8 エリザベス女王杯(G1) 9着(0.8) 12
2 9 牡5 55 ラストドラフト 3 オクトーバーステークス(LR) 8着(0.7) 1
3 7 牡4 54 アイスストーム 2 アンドロメダステークス(LR) 5着(0.3) 3
2018 1 7 牡3 56 ギベオン 1 セントライト記念(G2) 13着(1.5) 3
2 10 牡7 54 ショウナンバッハ 12 アンドロメダステークス(OP) 11着(0.7) 3
3 12 牡5 57 ストロングタイタン 7 小倉記念(G3) 12着(8.3) 4
2017 1 13 牡4 55 メートルダール 2 関屋記念(G3) 12着(1.1) 1
2 10 牡4 57.5 ミッキーロケット 1 天皇賞秋(G1) 12着(2.6) 14
3 12 牡4 56 ロードヴァンドール 5 天皇賞秋(G1) 14着(6.1) 18
2016 1 13 牡4 56 ヤマカツエース 4 天皇賞秋(G1) 15着(1.5) 13
2 3 牡5 56 パドルウィール 9 八坂ステークス(1600万) 4着(0.2) 4
3 5 牝5 54 シュンドルボン 6 エリザベス女王杯(G1) 6着(0.6) 6
3 7 牡6 56 サトノノブレス 2 天皇賞秋(G1) 10着(1.1) 10
2015 1 10 セ7 56 ミトラ 5 福島記念(G3) 2着(0.2) 1
2 1 牡6 57 ディサイファ 1 天皇賞秋(G1) 8着(0.5) 3
3 2 牡5 56 サトノノブレス 4 アルゼンチン共和国杯(G2) 4着(0.6) 7
2014 1 4 牡4 57 ラストインパクト 1 京都大賞典(G2) 1着(-0.0) 3
2 12 牡4 57 サトノノブレス 4 天皇賞秋(G1) 8着(0.3) 11
3 5 牡5 57 エアソミュール 2 毎日王冠(G2) 1着(-0.0) 8
2013 1 11 セ5 56 カレンミロティック 3 札幌日経オープン(OP) 8着(1.6) 1
2 13 牡3 54 ラブリーデイ 6 小倉記念(G3) 2着(0.2) 5
3 4 牡5 56 ウインバリアシオン 8 宝塚記念2012(G1) 4着(0.8) 3
2012 1 6 牡4 56 オーシャンブルー 6 アルゼンチン共和国杯(G2) 5着(0.8) 5
2 9 牡3 55 ダイワマッジョーレ 8 甲斐路ステークス(1600万) 1着(-0.1) 2
3 5 牡4 56 アドマイヤラクティ 4 アンドロメダステークス(OP) 3着(0.4) 2
前走重賞レース

過去8年の中日新聞杯3着内25頭中17頭を占めます。前走G1レース出走馬を中心に好走が目立ちます。そのほか、3着以内に好走した牝馬2頭はともに前走エリザベス女王杯に出走していました。

1~8番人気

過去8年の中日新聞杯3着内25頭中23頭を占めます。下位人気馬の好走は少ないものの、例年4~8番人気あたりが好配当を演出する傾向にあります。

前走馬券圏外(4着以下)

過去8年の中日新聞杯3着内25頭中19頭を占めます。近年は、前走G1レース出走馬を中心に、前走崩れていた馬の巻き返しが目立ちます。

予想

今年の中日新聞杯2020は、例年通りかなり難解なレースになりそうです。ハンデ戦と考えると、何が来てもおかしくないメンバーだと思います。注目は、ヴェロックスになると思いますが、確勝と思われた前走小倉大賞典で崩れてるので、評価が難しい人気馬になるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。差し追い込み馬を中心に狙いましたが、全く当たる気がしません。

◎9ヴェロックス

やはり小倉大賞典を見ると、買い難いところでしょうか。昨年は、3歳クラシック路線を進んでからの有馬記念出走。戦ってきた相手は、国内トップクラスの実力馬でした。ポテンシャルは高い馬だと思うので、ここは復活に期待して…。

〇6トリコロールブルー

中京芝2000mコース2戦2勝。加えて過去差し追い込み馬の活躍が多いレースということで、対抗評価にしました。重賞では少し足りない印象を受けますが、長くオープンクラスのレースで崩れてない成績は魅力的です。

▲1サトノガーネット

昨年の中日新聞杯優勝馬。追い込み勢が上位争いする展開になれば…というタイプなので、展開には左右されそうです。

△7ワイプティアーズ

トリコロールブルーが優勝した3走前ケフェウスステークスで3着。最後は、トリコロールブルーの少し後ろから良い脚を使って伸びていました。ダイワメジャー産ということもあって、2000m戦の重賞では買い難いところですが、ケフェウスステークス並に走れば、馬券圏内があっても良さそうです。

3連複4頭ボックス◎〇▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、8着、11着、13着でした。本命◎ヴェロックスは、3着でした。

中日新聞杯2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 2 牡4 55 ボッケリーニ 2 カシオペアステークス(LR) 2着(0.1) 1
2 14 牝4 54 シゲルピンクダイヤ 9 府中牝馬ステークス(G2) 7着(1.4) 5
3 9 牡4 57 ヴェロックス 1 小倉大賞典(G3) 9着(1.6) 1

カスりもせず…。差し追い込み馬を中心に狙ったものの、差し追い込み勢には厳しいレースでした。後方勢や外を回した馬は伸びず、好位から抜け出した馬が上位争いを演じることになりました。

本命ヴェロックス。長期の休養明けではありましたが、何とか3着という内容でした。ここを一度使って、次走はより注目のレースになりそうです。

深く考えない競馬