デイリー杯2歳ステークス-過去10年のデータと予想

日程 2018年11月10日(土曜)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝1600m(外回り)
格付け G2
条件 サラ系2歳
斤量 馬齢(牡55kg , 牝54kg)
出走数 9頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

デイリー杯2歳ステークス2018

2歳重賞、デイリー杯2歳ステークス2018です。暮の2歳G1の前哨戦として行われる一戦。朝日杯フューチュリティステークスが阪神開催となった2014年以降、デイリー杯2歳ステークス組が毎年好走しており、今年も2歳G1に向けて注目の一戦になると思います。

  • 2014年2着アルマワイオリ
  • 2015年2着エアスピネル
  • 2016年3着ボンセルヴィーソ
  • 2017年4着(3着とハナ差)ケイアイノーテック

京都競馬場の芝1600mコース

過去10年のデイリー杯2歳ステークスの配当を見ると、波乱決着が少ない傾向にありそうです。馬連や3連複が数百円、3連単で1万円を切る年も多く、多点数だとガミリそうですね。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 1,550円 2,280円 13,260円
2016 7,580円 15,710円 88,490円
2015 220円 1,280円 3,930円
2014 1,770円 970円 9,660円
2013 710円 1,130円 5,560円
2012 5,740円 6,730円 58,300円
2011 610円 840円 4,730円
2010 1,340円 1,220円 6,430円
2009 1,660円 1,970円 11,160円
2008 690円 3,690円 15,680円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。なお2013年以前は、10月に開催されています。

過去10年の1~3着馬の前走データ

デイリー杯2歳ステークス2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 3 ジャンダルム 5 新馬戦(阪神芝1600m) 1着(-0.2) 2
2 8 カツジ 4 新馬戦(京都芝1600m) 1着(-0.2) 1
3 5 ケイアイノーテック 3 新馬戦(阪神芝1600m) 1着(-0.3) 1
2016 1 6 ジューヌエコール(牝) 2 ききょうステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 3 ボンセルヴィーソ 8 未勝利(京都芝1400m) 1着(-0.2) 3
3 8 サングレーザー 4 未勝利(札幌芝1800m) 1着(-0.2) 2
2015 1 13 エアスピネル 2 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.3) 1
2 14 シュウジ 1 小倉2歳ステークス(G3) 1着(-0.4) 1
3 10 ノーブルマーズ 7 萩ステークス(OP) 4着(0.2) 5
2014 1 8 タガノエスプレッソ 5 未勝利(京都芝1800m) 1着(-0.0) 1
2 9 アッシュゴールド 2 未勝利(京都芝1600m) 1着(-0.1) 1
3 2 ナヴィオン 1 ききょうステークス(OP) 1着(-0.1) 1
2013 1 6 ホウライアキコ(牝) 2 小倉2歳ステークス(G3) 1着(-0.2) 2
2 7 アトム 1 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.1) 1
3 8 ピークトラム 4 新潟2歳ステークス(G3) 3着(0.5) 6
2012 1 9 テイエムイナズマ 6 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.2) 6
2 2 クラウンレガーロ 3 小倉2歳ステークス(G3) 2着(0.0) 6
3 1 マイネルエテルネル 2 小倉2歳ステークス(G3) 1着(-0.0) 2
2011稍重 1 1 クラレント 4 新馬(京都芝1400m) 1着(-0.4) 2
2 7 ダローネガ 1 野路菊ステークス(OP) 1着(-0.1) 1
3 8 ゲンテン 3 新馬(札幌芝1500m) 1着(-0.3) 1
2010 1 12 レーヴディソール(牝) 1 新馬(札幌芝1500m) 1着(-0.2) 1
2 3 アドマイヤサガス 5 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.2) 1
3 6 メイショウナルト 2 野路菊ステークス(OP) 2着(0.4) 1
2009 1 5 リディル 1 未勝利(京都芝1600m) 1着(-0.3) 2
2 1 エイシンアポロン 5 野路菊ステークス(OP) 5着(1.1) 2
3 6 ダノンパッション 2 札幌2歳ステークス(G3) 4着(0.3) 1
2008 1 6 シェーンヴァルト 3 未勝利(札幌芝1800m) 1着(-0.2) 2
2 10 ホッコータキオン 1 野路菊ステークス(OP) 1着(-0.2) 5
3 9 キングスレガリア 8 未勝利(小倉芝1800m) 1着(-0.3) 4
1~5番人気

過去10年のデイリー杯2歳ステークス3着以内30頭中26頭を占めます。二桁人気馬の好走は無く、上位人気の決着が続いています。

前走の距離

過去10年のデイリー杯2歳ステークス3着以内では、前走が芝1600m~1800m戦だった馬の好走例が多いです。前走芝1200mの4頭は、ともに2歳重賞(小倉2歳ステークス、函館2歳ステークス)に出走していました。

  • 前走1200m 4頭
  • 前走1400m 4頭
  • 前走1500m 2頭
  • 前走1600m 10頭
  • 前走1800m 10頭
外枠(6~8枠)

過去10年のデイリー杯2歳ステークス3着以内30頭中16頭を占めます。11月開催となった2014年以降では、その傾向が顕著です。

前走1着馬

11月開催となった2014年以降のデイリー杯2歳ステークス3着以内16頭中15頭を占めます。特に、前走新馬戦や未勝利戦を強い勝ち内容で勝った馬が多いです。

予想

力関係が難しい2歳戦。今年のデイリー杯2歳ステークス2018もキャリアの浅い馬の取捨がポイントになりそうです。データ傾向から、外枠や前走1着馬を中心に狙おうと思っていますが、どうなるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。

◎3アドマイヤマーズ

前走中京2歳ステークスを楽勝。直線で先頭に立ってからは、楽に後続を突き放していました。勝ちっぷりの良い前走を考えれば、ここでは勝ち負けを期待したいですね。

○4ドナウデルタ

重馬場で行われた前走未勝利戦を完勝。直線追ってからは、1頭クラスが違うような脚を見せて差し切っていました。マイル戦も問題ないように見えましたし、父ロードカナロア&母ドナウブルーという良血にも期待ですね。

▲9ハッピーアワー

前走すずらん賞(札幌芝1200m)1着。前走は、外に出しての直線一気で完勝。ここで来たらデータ外という1頭ですが、このメンバーが相手なら上位争いに加わっても良さそうです。直近2戦で対戦したイッツクールは、後にききょうステークス(OP)を優勝していますし、戦ってきた相手を考えれば…。

△1ヤマニンマヒア

デビュー戦の1着馬が今回人気しそうなアドマイヤマーズ。2着ケイデンスコールは、後に新潟2歳ステークス優勝と強い相手でした。粗削りな印象も、最後は良い脚で伸びて来ていましたし、1~2着馬と大きな力差があるようには見えませんでした。前走芝2000m戦7着、ここで来るならデータ外という感じですが、人気は落ち着くと思うので、紐に押さえておいても…。

(無印)8ダノンジャスティス

前走の新馬戦を完勝。中内田厩舎、生産ノーザンファーム、前走1番人気1着と大物感がありますね…。ただ前走の勝ちっぷり自体は良かったのですが、ゆったりした走りというより、スプリンターのような走りに見えただけに、距離(マイル戦)への対応がポイントになりそうです。

3連複◎-○-▲△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、5着、6着でした。本命◎アドマイヤマーズは、1着でした。

デイリー杯2歳ステークス2018 結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 3 アドマイヤマーズ 1 中京2歳ステークス(OP) 1着(-0.5) 1
2 7 メイショウショウブ 6 未勝利戦(京都ダ1400m) 1着(-0.4) 2
3 9 ハッピーアワー 5 すずらん賞(OP) 1着(-0.1) 2

アドマイヤマーズが逃げて完勝。少頭数の2歳戦ということもあり、緩い流れでした。前に行った馬に向いたレースだったと思います。

対抗ドナウデルタはスタートから下げて後方からの競馬。直線で詰まって、ブレーキをかけるように強引に進路を内に持っていきましたが、そのまま伸び切れず。冴えない競馬でした。後ろから行くなら、ハッピーアワーのように外の直線一気に拘った方が良かったかもしれませんね。

深く考えない競馬