デイリー杯2歳ステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年11月11日(土曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝1600m(外)
格付け GⅡ
条件 サラ系2歳以上
斤量 馬齢
出走数 9頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

デイリー杯2歳ステークス 2017

2歳重賞「デイリー杯2歳ステークス2017」です。暮の2歳G1の前哨戦として行われます。朝日杯フューチュリティステークスが阪神開催となった2014年以降、毎年好走馬を輩出しており、2歳G1に向けて注目の一戦になると思います。

  • 2014年2着アルマワイオリ(14番人気)
  • 2015年2着エアスピネル(1番人気)
  • 2016年3着ボンセルヴィーソ(12番人気)

コース形態

京都競馬場の芝コース
京都競馬場の芝コース

過去10年のデイリー杯2歳ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは無く、波乱決着が少ない傾向にあります。馬連や3連複が数百円、3連単で1万円を切る年も多く、多点数だとガミリそうですね。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 7,580円 15,710円 88,490円
2015 220円 1,280円 3,930円
2014 1,770円 970円 9,660円
2013 710円 1,130円 5,560円
2012 5,740円 6,730円 58,300円
2011 610円 840円 4,730円
2010 1,340円 1,220円 6,430円
2009 1,660円 1,970円 11,160円
2008 690円 3,690円 15,680円
2007 3,810円 12,480円 67,570円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。なお2013年までは、10月に開催されていました。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
デイリー杯2歳ステークス 2017
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2016 1 6 ジューヌエコール(牝) 2 ききょうステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 3 ボンセルヴィーソ 8 未勝利(京都芝1400m) 1着(-0.2) 3
3 8 サングレーザー 4 未勝利(札幌芝1800m) 1着(-0.2) 2
2015 1 13 エアスピネル 2 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.3) 1
2 14 シュウジ 1 小倉2歳ステークス(G3) 1着(-0.4) 1
3 10 ノーブルマーズ 7 萩ステークス(OP) 4着(0.2) 5
2014 1 8 タガノエスプレッソ 5 未勝利(京都芝1800m) 1着(-0.0) 1
2 9 アッシュゴールド 2 未勝利(京都芝1600m) 1着(-0.1) 1
3 2 ナヴィオン 1 ききょうステークス(OP) 1着(-0.1) 1
2013 1 6 ホウライアキコ(牝) 2 小倉2歳ステークス(G3) 1着(-0.2) 2
2 7 アトム 1 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.1) 1
3 8 ピークトラム 4 新潟2歳ステークス(G3) 3着(0.5) 6
2012 1 9 テイエムイナズマ 6 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.2) 6
2 2 クラウンレガーロ 3 小倉2歳ステークス(G3) 2着(0.0) 6
3 1 マイネルエテルネル 2 小倉2歳ステークス(G3) 1着(-0.0) 2
2011稍重 1 1 クラレント 4 新馬(京都芝1400m) 1着(-0.4) 2
2 7 ダローネガ 1 野路菊ステークス(OP) 1着(-0.1) 1
3 8 ゲンテン 3 新馬(札幌芝1500m) 1着(-0.3) 1
2010 1 12 レーヴディソール(牝) 1 新馬(札幌芝1500m) 1着(-0.2) 1
2 3 アドマイヤサガス 5 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.2) 1
3 6 メイショウナルト 2 野路菊ステークス(OP) 2着(0.4) 1
2009 1 5 リディル 1 未勝利(京都芝1600m) 1着(-0.3) 2
2 1 エイシンアポロン 5 野路菊ステークス(OP) 5着(1.1) 2
3 6 ダノンパッション 2 札幌2歳ステークス(G3) 4着(0.3) 1
2008 1 6 シェーンヴァルト 3 未勝利(札幌芝1800m) 1着(-0.2) 2
2 10 ホッコータキオン 1 野路菊ステークス(OP) 1着(-0.2) 5
3 9 キングスレガリア 8 未勝利(小倉芝1800m) 1着(-0.3) 4
2007 1 5 キャプテントゥーレ 3 野路菊ステークス(OP) 3着(0.3) 1
2 11 タケミカヅチ 6 新潟2歳ステークス(G3) 6着(0.5) 1
3 13 ウイントリガー 7 札幌2歳ステークス(G3) 8着(0.8) 2

人気

過去10年のデイリー杯2歳ステークス3着以内では、1~2番人気が好成績を残しています。

  • 1番人気(2-4-1-3)複勝率70%
  • 2番人気(3-1-3-3)複勝率70%

一方、二桁人気馬の好走例はなく、穴馬は7~8番人気までという決着が続いています。

前走の距離

過去10年のデイリー杯2歳ステークス3着以内では、前走の距離が今回と同じ芝1600mと距離短縮の芝1800mだった馬の好走例が多いです。前走芝1200mだった4頭は、ともに2歳重賞(小倉2歳ステークス、函館2歳ステークス)に出走していました。

  • 前走1200m 4頭
  • 前走1400m 4頭
  • 前走1500m 2頭
  • 前走1600m 8頭
  • 前走1800m 12頭

過去10年のデイリー杯2歳ステークス3着以内では、外枠の好走例が多く3着以内30頭中17頭6~8枠でした。近年はその傾向が顕著となっています。

馬券予想

過去10年の傾向から「1~2番人気」「前走芝1600m~1800m」「外枠」に注目です。

デイリー杯2歳ステークス2017は、少頭数(9頭)になりました。メンバー的には、前走新潟2歳ステークス2017優勝フロンティア一強という感じですが、母ビリーヴのジャンダルムなど、ポテンシャルの高そうな馬が多く、殆ど全頭に上位争いのチャンスがありそうです。

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑧カツジ

前走新馬戦(京都芝1600m)1着。直線ノーステッキで、残り200mあたりから伸びて、そのまま快勝しました。重馬場の適性があった可能性もありますが、上がり最速で他馬との力差を感じる内容でした。今回は重賞といえど一勝馬が多く、大きな差のないメンバーだと思うので、前走の勝ちっぷりが良かったカツジは、面白いかもしれません。

京都芝のマイルといえば、ディープインパクト産。ディープインパクト産のケイアイノーテックは、5ヶ月半の休養明けとなるので、カツジの評価を上にしました。

○②フロンティア

前走新潟2歳ステークス2017 1着。このメンバーなので、流石に格好はつけてくれるのではないでしょうか。前走2~3着コーディエライトとテンクウは、その後、重賞で好走しています。深く考えず、期待したいです。

▲⑤ケイアイノーテック

前走新馬戦(阪神芝1600m)1着。直線に入ってから楽に抜け出し、そのまま完勝。余裕を感じさせる内容でした。今回は5ヵ月半休養の休養明けの分、カツジより下の評価ですが、好走例の多いディープインパクト産だけに、上位争いに加わって欲しいですね。

△④メガリージョン

前走未勝利戦(京都芝1600m)1着。外から先団集団に加わり、そのまま逃げの競馬。勝ったものの強いのかどうかよく分からない印象でした。ジャンダルムと迷いつつも、鞍上のデムーロ騎手に期待して…。

3連複◎-○-▲△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、4着、競走中止でした。

本命◎カツジは2着でした。

デイリー杯2歳ステークス 2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 3 ジャンダルム 5 新馬戦(阪神芝1600m) 1着(-0.2)
2 8 カツジ 4 新馬戦(京都芝1600m) 1着(-0.2)
3 5 ケイアイノーテック 3 新馬戦(阪神芝1600m) 1着(-0.3)

押さえていたメガリージョンが故障したそうで、そのまま競走中止となりました。

フロンティアは道中、掛かっていて、それを岩田ジョッキーが抑えているようでした。不可解な内容でしたが、2歳G1に向けて試したかったのかもしれませんね。仕方ないです。

上位は、傾向通りコースのディープインパクト産カツジとケイアイノーテックが好走。優勝したジャンダルムは、良血馬ながら無印扱いでした。押さえるかどうか迷いつつ、テン乗りとなるアッゼニ騎手に加え、兄ファリダットと姉フィドゥーシアが1400mぐらいまでがベストの馬だったため、軽視してしまいました。