デイリー杯2歳ステークス 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年11月12日(土曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅡ
条件 サラ系2歳
斤量 馬齢
出走数 10頭
天気 晴れ参考 京都競馬場 – Yahoo!天気・災害

2歳重賞「デイリー杯2歳ステークス2016」です。暮のG1「朝日杯フューチュリティステークス2016」「阪神ジュベナイルフィリーズ2016」の前哨戦として行われています。朝日杯フューチュリティステークスが阪神開催となった2014年以降では、エアスピネル(2015年)とアルマワイオリ(2014年)がデイリー杯2歳ステークスをステップに朝日杯フューチュリティステークスで好走しています。

過去10年のデイリー杯2歳ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは一度もなく、比較的に硬い決着が続いています。3連単数千円の決着が6回あり、波乱が起こりにくいレースだといえます。

  • 2015年 3,930円
  • 2014年 9,660円
  • 2013年 5,560円
  • 2012年 58,300円
  • 2011年 4,730円
  • 2010年 6,430円
  • 2009年 11,160円
  • 2008年 15,680円
  • 2007年 67,570円
  • 2006年 2,730円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。(2013年以前は、10月開催です。)

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
デイリー杯2歳ステークス2016
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2015稍重 1 13 エアスピネル 2 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.3)
2 12 シュウジ 1 小倉2歳S(G3) 1着(-0.4)
3 10 ノーブルマーズ 7 萩S(OP) 4着(0.2)
2014 1 8 タガノエスプレッソ 5 未勝利(京都芝1800m) 1着(-0.0)
2 9 アッシュゴールド 2 未勝利(京都芝1600m) 1着(-0.1)
3 2 ナヴィオン 1 ききょうS(OP) 1着(-0.1)
2013 1 6 ホウライアキコ(牝) 2 小倉2歳S(G3) 1着(-0.2)
2 7 アトム 1 新馬(阪神芝1600m) 1着(-0.1)
3 8 ピークトラム 4 新潟2歳S(G3) 3着(0.5)
2012 1 9 テイエムイナズマ 6 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.2)
2 2 クラウンレガーロ 3 小倉2歳S(G3) 2着(0.0)
3 1 マイネルエテルネル 2 小倉2歳S(G3) 1着(-0.0)
2011稍重 1 1 クラレント 4 新馬(京都芝1400m) 1着(-0.4)
2 7 ダローネガ 1 野路菊S(OP) 1着(-0.1)
3 8 ゲンテン 3 新馬(札幌芝1500m) 1着(-0.3)
2010 1 12 レーヴディソール(牝) 1 新馬(札幌芝1500m) 1着(-0.2)
2 3 アドマイヤサガス 5 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.2)
3 6 メイショウナルト 2 野路菊S(OP) 2着(0.4)
2009 1 5 リディル 1 未勝利(京都芝1600m) 1着(-0.3)
2 1 エイシンアポロン 5 野路菊S(OP) 5着(1.1)
3 6 ダノンパッション 2 札幌2歳S(G3) 4着(0.3)
2008 1 6 シェーンヴァルト 3 未勝利(札幌芝1800m) 1着(-0.2)
2 10 ホッコータキオン 1 野路菊S(OP) 1着(-0.2)
3 9 キングスレガリア 8 未勝利(小倉芝1800m) 1着(-0.3)
2007 1 5 キャプテントゥーレ 3 野路菊S(OP) 3着(0.3)
2 11 タケミカヅチ 6 新潟2歳S(G3) 6着(0.5)
3 13 ウイントリガー 7 札幌2歳S(G3) 8着(0.8)
2006 1 4 オースミダイドウ 1 野路菊S(OP) 1着(-0.3)
2 5 ローレルゲレイロ 2 函館2歳S(G3) 2着(0.2)
3 3 マルカハンニバル 5 新潟2歳S(G3) 4着(0.4)
1番人気

過去10年のデイリー杯2歳ステークス3着以内では、(3-4-1-2)で複勝率80%を誇ります。2番人気も(2-2-3-3)で複勝率70%となっているので、上位人気馬を中心に押さえたいところでしょう。

その他、過去10年中8回で、3着以内は1番人気+2~3番人気+中穴(4~8番人気)という決着となっています。

前走距離

過去10年のデイリー杯2歳ステークス3着以内の前走を距離別に分けると、以下のようになります。前走1200mの5頭は2歳重賞(小倉2歳ステークス、函館2歳ステークス)でした。前走距離1600m~1800mの馬が狙い目になりそうな傾向です。

  • 前走1200m 5頭
  • 前走1400m 2頭
  • 前走1500m 2頭
  • 前走1600m 9頭
  • 前走1800m 12頭

馬券予想

過去10年の傾向から「前走1600m~前走1800m」「1~2番人気馬」に注目です。

例年少頭数になるレースですが、デイリー杯2歳ステークス2016も出走10頭の少頭数になりました。良血馬が多いですが、能力差がハッキリと分からないので、予想は難しいレースだと思います。

以下、簡単な考察と予想です。

①タイセイスターリー

前走の新馬戦は強かったです。最後の直線で2着ブレイヴバローズは、鞭をビシバシ叩いていましたが、タイセイスターリーは持ったままで楽に交わし、そのまま余裕を感じさせる勝ち方でした。その後ブレイヴバローズは次走の未勝利戦をきっちり勝ちきっています。

タイセイスターリーの兄にはミッキーアイルがいるので、恐らくポテンシャルは高い馬でしょう。

②リナーテ

前走の新馬戦は、ノーステッキで完勝しました。2着以下との力差を感じさせる内容だったので、能力は高そうですね。2着ダンツストークは、次走の未勝利戦では9着に敗れています。

良馬場1:38.0という勝ち時計は少々狙いにくいところですが、兄サトノダイヤモンドという血統を考えると、無視もできない印象ところでしょうか。

⑥ジューヌエコール

2戦2勝&上がり最速で完勝と底を見せてないのは、未知の魅力があります。

ただ前走ききょうステークス2016で差のない2着だったマルモレイナは、その後アルテミスステークス2016で10着に敗れています。軸候補として狙うのはリスキーな気も…。

⑦ディーパワンサ

ディープブリランテの初年度産駒です。ジューヌエコールと同様、2戦2勝&上がり最速で完勝しています。

休養明けになりますが、絶好調のルメール騎手がジューヌエコールではなくディーパワンサに乗るのは買い材料でしょうか。過去10年では、外目の枠の好走が多いので、ここでも好走を期待したいですね。

⑧サングレーザー

前走芝1800m、外枠、牡馬と過去の傾向からは、押さえたい材料が揃っています。ディープインパクト産ですし、京都に替わるのはプラスでしょう。

前走は、外をまわし早めに押し上げての完勝でした。2着以下との力差を感じる勝ち方だったので、ここでも楽しみが大きいです。

今回は、強そうな良血馬がいますが、伏兵扱いなら狙ってみたくなりますね。

⑨ベルカプリ

8枠ですが、他に逃げそうな馬もいないので、ここは単騎で行けそうです。

逃げた前走の未勝利戦(牝馬限定)は、強い勝ち方でした。直線持ったままで、後続を離しながら圧勝しました。時計も1:33.7で、例年のデイリー杯2歳ステークスと比べても遜色ない勝ち時計でした。

デイリー杯2歳ステークスは牝馬が劣勢という印象のレースですが、人気しないようであればオッズ的にも面白そうですね。

買い方

◎⑧サングレーザー

○⑦ディーパワンサ

▲①タイセイスターリー

3頭まで絞りました。本命は、武豊ジョッキーのサングレーザーにしました。良血馬が多いですが、データ的には好走の条件が揃っているので、上位食い込みを期待したいです。

その他、人気を集めそうなディーパワンサ、最内枠のタイセイスターリーの2頭を押さえました。2頭とも前走の勝ちっぷりが良い馬です。

無印では、良血馬のリナーテや逃げ残りがあるならベルカプリあたりは怖いですね。

3連複 ◎ – ○ – ▲ 合計1点

結果

馬券的には、3着、4着、8着でした。

本命◎サングレーザーは3着でした。

デイリー杯2歳ステークス2016
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 6 ジューヌエコール(牝) 2 ききょうS(OP) 1着(-0.2)
2 3 ボンセルヴィーソ 8 未勝利(京都芝1400m) 1着(-0.2)
3 8 サングレーザー 4 未勝利(札幌芝1800m) 1着(-0.2)

録画で見ましたが、10頭と少頭数ながら波乱決着となりました。

遅めのペースで、後ろから進めた馬には厳しそうな流れでした。内をロス無く通った馬が上位に来ていて、1~4着馬は直線に入ったところで前にいた4頭でした。

1枠ながら外をまわして後方から追い込んだタイセイスターリーは、馬場と流れからは上位争いは不可能な競馬に思えました。そういう意味では、1着ジューヌエコールや2着ボンセルヴィーソには、展開が向いた決着だったと思います。

1~3着馬の次走情報