日本ダービー-過去10年のデータと予想

スポンサーリンク
日程 2019年5月26日(日曜)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝2400m
格付け G1
条件 サラ系3歳
斤量 定量(牡57kg 牝55kg)
出走数 18頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

日本ダービー2019

3歳馬の頂点を決める一戦、東京優駿(日本ダービー)2019です。過去の日本ダービー優勝馬&上位馬は、後のG1戦線でも活躍する名馬が名を連ねており、今後の日本競馬を占うレースと言って良いかもしれません。

東京競馬場の芝2400mコース

配当

過去10年の日本ダービーの配当を見ると、3連単10万馬券超えが5回あります。やや波乱含みのレースと言えそうです。昨年は285万馬券と高配当が出ていますが、主要ローテの皐月賞2018、青葉賞2018、京都新聞杯2018がともに波乱決着となっていました。イレギュラーな年と言えるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 7,950円 521,600円 2,856,300円
2017 1,620円 2,220円 11,870円
2016 700円 850円 4,600円
2015 1,980円 3,950円 15,760円
2014 850円 27,470円 103,300円
2013 970円 17,130円 54,950円
2012 5,680円 14,160円 87,380円
2011 3,380円 22,950円 100,300円
2010 16,720円 10,630円 152,910円
2009 3,760円 40,320円 201,960円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

日本ダービー2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 17 ワグネリアン 5 皐月賞(G1) 7着(0.8) 1
2 12 エポカドーロ 4 皐月賞(G1) 1着(-0.3) 7
3 7 コズミックフォース 16 プリンシパルステークス(OP) 1着(-0.0) 1
2017 1 12 レイデオロ 2 皐月賞(G1) 5着(0.4) 5
2 4 スワーヴリチャード 3 皐月賞(G1) 6着(0.4) 2
3 18 アドミラブル 1 青葉賞(G2) 1着(-0.4) 1
2016 1 3 マカヒキ 3 皐月賞(G1) 2着(0.2) 3
2 8 サトノダイヤモンド 2 皐月賞(G1) 3着(0.4) 1
3 1 ディーマジェスティ 1 皐月賞(G1) 1着(-0.2) 8
2015 1 14 ドゥラメンテ 1 皐月賞(G1) 1着(-0.2) 3
2 1 サトノラーゼン 5 京都新聞杯(G2) 1着(-0.1) 2
3 11 サトノクラウン 3 皐月賞(G1) 6着(0.7) 1
2014 1 2 ワンアンドオンリー 3 皐月賞(G1) 4着(0.3) 4
2 13 イスラボニータ 1 皐月賞(G1) 1着(-0.2) 2
3 3 マイネルフロスト 12 青葉賞(G2) 6着(0.2) 3
2013 1 1 キズナ 1 京都新聞杯(G2) 1着(-0.2) 1
2 9 エピファネイア 3 皐月賞(G1) 2着(0.1) 2
3 3 アポロソニック 8 青葉賞(G2) 2着(0.0) 9
2012 1 10 ディープブリランテ 3 皐月賞(G1) 3着(0.5) 3
2 11 フェノーメノ 5 青葉賞(G2) 1着(-0.4) 1
3 14 トーセンホマレボシ 7 京都新聞杯(G2) 1着(-0.4) 5
2011不良 1 5 オルフェーヴル 1 皐月賞(G1) 1着(-0.5) 4
2 1 ウインバリアシオン 10 青葉賞(G2) 1着(-0.1) 6
3 7 ベルシャザール 8 皐月賞(G1) 11着(1.3) 3
2010 1 1 エイシンフラッシュ 7 皐月賞(G1) 3着(0.2) 11
2 8 ローズキングダム 5 皐月賞(G1) 4着(0.2) 2
3 7 ヴィクトワールピサ 1 皐月賞(G1) 1着(-0.2) 1
2009不良 1 1 ロジユニヴァース 2 皐月賞(G1) 14着(1.9) 1
2 12 リーチザクラウン 5 皐月賞(G1) 13着(1.7) 2
3 10 アントニオバローズ 8 プリンシパルステークス(OP) 2着(0.0) 1
年明け以降の勝ち鞍 or 年明け以降の重賞連対

過去10年の日本ダービー3着以内30頭中28頭を占めます。例外の2頭は、レイデオロ(2017年1着)とローズキングダム(2010年2着)のみです。2頭はともに、年末の重賞で優勝し、皐月賞で5着以内に好走していました。

  • 2017年1着レイデオロ(ホープフルS優勝→皐月賞5着)
  • 2010年2着ローズキングダム(朝日杯FS優勝→スプリングS3着→皐月賞4着)
前走皐月賞

過去10年の日本ダービー3着以内30頭中20頭を占めます。過去10年で9勝、連対しなかった年はありません。なお3着以内に好走した皐月賞組は、すべて皐月賞1~5着馬or皐月賞1~5番人気馬でした。データは、過去10年で区切っていますが、2008年以前も暫く続いています。

前走青葉賞

過去10年の日本ダービー3着以内30頭中5頭を占めます。長い間、青葉賞2着以下は不要というデータが続いていましたが、2013~2014年に、以下2頭がデータを破って好走しています。2頭ともに、2枠3番でした。内枠に入った人気薄の青葉賞組が穴馬になるかもしれません。

  • 2014年3着マイネルフロスト(前走青葉賞2014 6着)
  • 2013年3着アポロソニック(前走青葉賞2013 2着)
前走京都新聞杯

過去10年の日本ダービー3着以内30頭中3頭を占めます。3頭ともディープインパクト産で、京都新聞杯の優勝馬でした。

1~2枠

過去10年の日本ダービー3着以内30頭中11頭を占めます。2012年と2018年を除く過去8回で連対しています。

前走プリンシパルステークス

過去10年の日本ダービー3着以内30頭中2頭を占めます。2頭ともに、重賞連対経験がありました。

  • 2018年3着コズミックフォース(京成杯2着)
  • 2009年3着アントニオバローズ(シンザン記念優勝)

予想

今年の日本ダービー2019は、皐月賞上位馬、青葉賞組、京都新聞杯組とほぼ例年通りのメンバー構成になりました。順当なら皐月賞組が上位争いの中心になりそうですが、今年はどうなるでしょうか。

実績面では、4戦無敗のサートゥルナーリアが抜けてる印象ですが、ルメール騎手の騎乗停止により、レーン騎手に乗り替わりとなっています。過去、日本ダービー初騎乗初優勝が16年前のネオユニヴァース(ミルコ・デムーロ騎手)まで遡ります。日本ダービー初騎乗で3着以内に好走するジョッキーも極端に少ないため、データ傾向からは、買い難い要素になるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。皐月賞上位組と好走例の多い1~2枠の馬を狙いました。

◎7ダノンキングリー

先週のオークス1~2着馬がディープインパクト産、距離不安があった5着ダノンファンタジーもディープインパクト産でした。今の速い時計が出る馬場は合うかもしれません。前走皐月賞は、ぶっつけ本番で勝ち切ったサートゥルナーリアの強さが際立つ内容でしたが、同時計の3着はポテンシャルの高さを伺わせます。直近2戦のように、内でロスなく進めることが出来れば…。

○6サートゥルナーリア

勝ってくださいと言わんばかりの枠ですね。前走皐月賞を含め、今まで見せたパフォーマンスを考えれば、徹底的にマークされ包まれて…でもない限り、勝ち負けを期待したいところだと思います。ただ日本ダービー初騎乗ジョッキーの成績が良くないので、評価は少し下げています。

△13ヴェロックス

2走前の若葉ステークス楽勝から前走皐月賞で2着。近走、力を付けてることは間違いなさそうです。東スポ杯2歳ステークスでは、4着に敗れているものの、東京コースが苦手という印象はありませんでした。ただ重賞未勝利のジャスタウェイ産。初年度産駒の重賞初勝利が日本ダービーと考えると、頭からは買い難いところでしょうか。一応の押さえです。

△1ロジャーバローズ

前走京都新聞杯2着(クビ差)。データ傾向からは、買い難い馬だと思います。ディープインパクト産と最内枠からの逃げ先行、粘り込みに期待して…。

3連複4頭ボックス◎○△△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、4着でした。本命◎ダノンキングリーは、2着でした。

日本ダービー2019 結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 ロジャーバローズ 12 京都新聞杯(G2) 2着(0.0) 2
2 7 ダノンキングリー 3 皐月賞(G1) 3着(0.0) 3
3 13 ヴェロックス 2 皐月賞(G1) 2着(0.0) 4

3歳クラシック皐月賞に続いて、的中でした!大きめの払い戻しは、昨年のマーメイドステークス以来です。今回は、財布的に頑張った額を買っていたので、まさかの払い戻しになってます。少点数買いの醍醐味ですね。

リオンリオンの大逃げ。その後ろでロジャーバローズは、気分良く自分のペースで逃げるようなかたち(離れた2番手)が功を奏したように見えました。2着ダノンキングリーも好位で脚を溜めての差し。大逃げリオンリオンが作るハイペースと速い時計が出る馬場が合ったように見えます。

サートゥルナーリアは出負けして後方から。直線は外に出しての一気で、今開催の東京競馬場では厳しい内容だったと思います。

深く考えない競馬