G1の過去データと予想

日本ダービー2020-過去データと予想

日程 2020年5月31日(日曜)
開催 東京競馬場11R
距離 芝2400m
格付け G1
条件 3歳
斤量 定量(牡57kg)
出走数 18頭
天気 曇り(ヤフー天気)

日本ダービー2020

3歳馬の頂点を決める一戦、東京優駿(日本ダービー)2020です。過去の日本ダービー優勝馬や上位馬には、後のG1戦線で活躍する名馬が名を連ねており、今後の日本競馬を占うレースと言って良いかもしれません。

東京競馬場の芝2400mコース

配当

過去10年の日本ダービーの配当を見ると、3連単10万馬券超えが5回あります。3連複は、2015~2017年を除く過去7回で万馬券になっています。波乱含みのレースとなっています。一昨年は、285万馬券の高配当が出ていますが、主要ローテの皐月賞、青葉賞、京都新聞杯がともに波乱決着となっていました。イレギュラーな年と言えるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 11,200円 12,050円 199,060円
2018 7,950円 521,600円 2,856,300円
2017 1,620円 2,220円 11,870円
2016 700円 850円 4,600円
2015 1,980円 3,950円 15,760円
2014 850円 27,470円 103,300円
2013 970円 17,130円 54,950円
2012 5,680円 14,160円 87,380円
2011 3,380円 22,950円 100,300円
2010 16,720円 10,630円 152,910円

では過去10年の日本ダービーで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:東京優駿(日本ダービー) 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

日本ダービー2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 1 ロジャーバローズ 12 京都新聞杯(G2) 2着(0.0) 2
2 7 ダノンキングリー 3 皐月賞(G1) 3着(0.0) 3
3 13 ヴェロックス 2 皐月賞(G1) 2着(0.0) 4
2018 1 17 ワグネリアン 5 皐月賞(G1) 7着(0.8) 1
2 12 エポカドーロ 4 皐月賞(G1) 1着(-0.3) 7
3 7 コズミックフォース 16 プリンシパルステークス(OP) 1着(-0.0) 1
2017 1 12 レイデオロ 2 皐月賞(G1) 5着(0.4) 5
2 4 スワーヴリチャード 3 皐月賞(G1) 6着(0.4) 2
3 18 アドミラブル 1 青葉賞(G2) 1着(-0.4) 1
2016 1 3 マカヒキ 3 皐月賞(G1) 2着(0.2) 3
2 8 サトノダイヤモンド 2 皐月賞(G1) 3着(0.4) 1
3 1 ディーマジェスティ 1 皐月賞(G1) 1着(-0.2) 8
2015 1 14 ドゥラメンテ 1 皐月賞(G1) 1着(-0.2) 3
2 1 サトノラーゼン 5 京都新聞杯(G2) 1着(-0.1) 2
3 11 サトノクラウン 3 皐月賞(G1) 6着(0.7) 1
2014 1 2 ワンアンドオンリー 3 皐月賞(G1) 4着(0.3) 4
2 13 イスラボニータ 1 皐月賞(G1) 1着(-0.2) 2
3 3 マイネルフロスト 12 青葉賞(G2) 6着(0.2) 3
2013 1 1 キズナ 1 京都新聞杯(G2) 1着(-0.2) 1
2 9 エピファネイア 3 皐月賞(G1) 2着(0.1) 2
3 3 アポロソニック 8 青葉賞(G2) 2着(0.0) 9
2012 1 10 ディープブリランテ 3 皐月賞(G1) 3着(0.5) 3
2 11 フェノーメノ 5 青葉賞(G2) 1着(-0.4) 1
3 14 トーセンホマレボシ 7 京都新聞杯(G2) 1着(-0.4) 5
2011不良 1 5 オルフェーヴル 1 皐月賞(G1) 1着(-0.5) 4
2 1 ウインバリアシオン 10 青葉賞(G2) 1着(-0.1) 6
3 7 ベルシャザール 8 皐月賞(G1) 11着(1.3) 3
2010 1 1 エイシンフラッシュ 7 皐月賞(G1) 3着(0.2) 11
2 8 ローズキングダム 5 皐月賞(G1) 4着(0.2) 2
3 7 ヴィクトワールピサ 1 皐月賞(G1) 1着(-0.2) 1
年明け以降の勝ち鞍 or 年明け以降の重賞連対

過去10年の日本ダービー3着以内30頭中28頭を占めます。例外の2頭は、レイデオロ(2017年1着)とローズキングダム(2010年2着)のみです。2頭はともに、年末の重賞で優勝し、皐月賞で5着以内に好走していました。

  • 2017年1着レイデオロ(ホープフルS優勝→皐月賞5着)
  • 2010年2着ローズキングダム(朝日杯FS優勝→スプリングS3着→皐月賞4着)
前走皐月賞

過去10年の日本ダービー3着以内30頭中20頭を占めます。過去10年で8勝、連対しなかった年はありません。なお3着以内に好走した皐月賞組は、すべて皐月賞1~5着馬もしくは皐月賞1~5番人気馬でした。データは過去10年で区切っていますが、2009年以前も暫く続いています。

前走青葉賞

過去10年の日本ダービー3着以内30頭中5頭を占めます。長い間、青葉賞2着以下は不要というデータが続いていましたが、2013~2014年に、以下2頭がデータを破って好走しています。2頭ともに、2枠3番でした。内枠に入った人気薄の青葉賞組が穴馬になるかもしれません。

  • 2014年3着マイネルフロスト(前走青葉賞2014 6着)
  • 2013年3着アポロソニック(前走青葉賞2013 2着)
前走京都新聞杯

過去10年の日本ダービー3着以内30頭中4頭を占めます。4頭ともディープインパクト産で、京都新聞杯の連対馬でした。

1~2枠

過去10年の日本ダービー3着以内30頭中11頭を占めます。2012年と2018年を除く過去8回で連対しています。

予想

今年の日本ダービー2020は、皐月賞上位馬、青葉賞組、京都新聞杯組とほぼ例年通りのメンバー構成になりました。今年は皐月賞組が強そうな印象を受けるので、皐月賞組が馬券候補の中心になると思います。

実績面ではコントレイルとサリオスの2強で、順当ならこの2頭の勝ち負けになるでしょうか。ただ過去10年で3連複万馬券が7回、一昨年は3連単285万馬券が出ている波乱傾向の一戦。穴馬の好走劇があっても良さそうです。

以下、簡単な考察と予想です。内枠や皐月賞組を中心に、あまり深く考えず選びました。コントレイルからコントレイル相手に2着の経験がある3頭を狙っています。

◎5コントレイル

前走皐月賞は、サリオスとの2強を印象付けるレースでした。外差し馬場を活かした内容でしたが、3着以下との力差を感じる勝ちっぷりの良さだったと思います。東スポ杯2歳Sも強い内容でしたし、東京コースも問題無さそうです。露骨なほどの前残り馬場にでもならない限り、上位争いの有力候補になりそうです。

〇12サリオス

前走皐月賞2着。前走はコントレイルに敗れたものの、あっさり交わされそうなところを食らい付いていましたし、流石のG1馬という内容でした。大型馬がダービーで活躍するイメージがあまりないため、評価はコントレイルの下にしましたが、勝ち負けがあってもおかしくない実力馬だと思います。

▲6ヴェルトライゼンデ

前走皐月賞は、外枠(8枠17番)ながら、道中で内に入れて脚を溜める競馬でした。直線では、外差し勢が伸びる中、そのまま内を突くことになり、伸びない馬場を通ることになってしまったという印象でした。3着以下に大きな力差があったとも思えないので、今回人気を落とすなら押さえ候補としては面白いかもしれません。

△1アルジャンナ

過去好走例が多い1枠。昨年は、同じく浜中騎手騎乗の下位人気馬ロジャーバローズを押さえて的中することができました。今年もとりあえず押さえることに…。前走毎日杯組がダービーで馬券に絡むとなると、完全にデータ外の決着ですが、紐荒れ期待ならあまり深く考えないで良いと思います。

(無印)18ウインカーネリアン

注目していた馬ですが、大外枠のため無印にしました。前走皐月賞4着。1~2着馬が抜けて強かったので、3着以下の扱いが難しいところですが、皐月賞4着なら無くは無い1頭になると思います。恐らくコントレイルやサリオスは、中団~後ろで脚を溜める位置取り。その他の有力馬も差し追い込み馬が多いメンバー構成と考えると、穴をあけるとすれば、前に行く馬が面白いでしょうか。内枠に入れば、押さえ候補として考える余地はありそうです。

3連複4頭ボックス◎〇▲△3連単◎→〇▲△→〇▲△合計10点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、18着でした。本命◎コントレイルは、1着でした。

日本ダービー2020結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 5 コントレイル 1 皐月賞(G1) 1着(-0.1) 1
2 12 サリオス 2 皐月賞(G1) 2着(0.1) 3
3 6 ヴェルトライゼンデ 10 皐月賞(G1) 8着(1.2) 4

昨年に続いてのダービー的中でした!昨年同様に頑張った額を買っていたので、久しぶりにホクホクです!

本命コントレイルの楽勝。2着以下とは能力が違うような勝ちっぷりでした。勝利ジョッキーインタビューを見ると、まだ成長の余地がありそうな印象を受けたので、これは順調なら秋も楽しみが大きいと思います。対抗サリオスは2着。流石に強さを見せた2着だと思いますが、コントレイルが強すぎました。

3着に押さえていたヴェルトライゼンデ。皐月賞では、上位2頭を除くと、力差の無い印象だったので、一番ロスが大きかったヴェルトライゼンデを押さえたのですが、今回は上手くハマりました。内でじっくり脚を溜めることが出来たのも良かったのかもしれません。

深く考えない競馬