日本ダービー 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年5月29日(日曜日)
開催 東京競馬場 10R
距離 芝2400m
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳牡馬・牝馬
斤量 定量(牡57kg、牝55kg)
出走予定 18頭
天気 晴れ参考 東京競馬場 – Yahoo!天気・災害

日本ダービー2016です。今年は、皐月賞2016上位(1~6着馬)が揃い、他のトライアル勝ち馬も全て揃いました。実績を残してきた馬が全て揃うという年も珍しいと思いますので、例年よりもハイレベルなメンバー構成になりそうです。必然的に、上位陣のどの馬が勝ってもおかしくないという印象を受けます。

過去10年の配当を見ると、3連単10万馬券超えは6回に及びます。2007年は大荒れですが、傾向としては荒れた場合は、3連単10~20万円という決着が多いです。

  • 2014年 103,300円
  • 2011年 100,300円
  • 2010年 152,910円
  • 2009年 201,960円
  • 2008年 201,300円
  • 2007年 2,155,760円

では今回も過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
日本ダービー2016
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2015 1 14 ドゥラメンテ 1 皐月賞(G1) 1着(-0.2)
2 1 サトノラーゼン 5 京都新聞杯(G2) 1着(-0.1)
3 11 サトノクラウン 3 皐月賞(G1) 6着(0.7)
2014 1 2 ワンアンドオンリー 3 皐月賞(G1) 4着(0.3)
2 13 イスラボニータ 1 皐月賞(G1) 1着(-0.2)
3 3 マイネルフロスト 12 青葉賞(G2) 6着(0.2)
2013 1 1 キズナ 1 京都新聞杯(G2) 1着(-0.2)
2 9 エピファネイア 3 皐月賞(G1) 2着(0.1)
3 3 アポロソニック 8 青葉賞(G2) 2着(0.0)
2012 1 10 ディープブリランテ 3 皐月賞(G1) 3着(0.5)
2 11 フェノーメノ 5 青葉賞(G2) 1着(-0.4)
3 14 トーセンホマレボシ 7 京都新聞杯(G2) 1着(-0.4)
2011不良 1 5 オルフェーヴル 1 皐月賞(G1) 1着(-0.5)
2 1 ウインバリアシオン 10 青葉賞(G2) 1着(-0.1)
3 7 ベルシャザール 8 皐月賞(G1) 11着(1.3)
2010 1 1 エイシンフラッシュ 7 皐月賞(G1) 3着(0.2)
2 8 ローズキングダム 5 皐月賞(G1) 4着(0.2)
3 7 ヴィクトワールピサ 1 皐月賞(G1) 1着(-0.2)
2009不良 1 1 ロジユニヴァース 2 皐月賞(G1) 14着(1.9)
2 12 リーチザクラウン 5 皐月賞(G1) 13着(1.7)
3 10 アントニオバローズ 8 プリンシパルS(OP) 2着(0.0)
2008 1 1 ディープスカイ 1 NHKマイルC(G1) 1着(-0.3)
2 7 スマイルジャック 12 皐月賞(G1) 9着(0.9)
3 3 ブラックシェル 6 NHKマイルC(G1) 2着(0.3)
2007 1 3 ウオッカ 3 桜花賞(G1) 2着(0.2)
2 16 アサクサキングス 14 NHKマイルC(G1) 11着(1.1)
3 14 アドマイヤオーラ 4 皐月賞(G1) 4着(0.2)
2006稍重 1 2 メイショウサムソン 1 皐月賞(G1) 1着(-0.1)
2 6 アドマイヤメイン 4 青葉賞(G2) 1着(-0.7)
3 15 ドリームパスポート 7 皐月賞(G1) 2着(0.1)
①前走皐月賞

過去10年の日本ダービー3着以内30頭中17頭を占めます。前走皐月賞の馬が馬券圏内に来なかった年はありません。

過去10年、馬券圏内に来た前走皐月賞組は、皐月賞1~5着馬or皐月賞1~5番人気馬のみです。過去10年で区切っていますが、2005年以前もしばらく続いているデータです。
②前走青葉賞

「青葉賞組は勝ち馬のみで、日本ダービーでは2着まで」というデータが続いていましたが、近年は2013年3着アポロソニックと2014年3着マイネルフロストの2頭が青葉賞負けから馬券圏内に来ました。

アポロソニックとマイネルフロストともに2枠3番でした。内枠に人気薄の青葉賞組が入ったら穴馬として面白いかもしれません。

③前走京都新聞杯

京都新聞杯勝ち馬は、直近4年で3頭に及びます。近年は好ローテですが、3頭ともディープインパクト産でした。

  • 2015年2着サトノラーゼン
  • 2013年1着キズナ
  • 2012年3着トーセンホマレボシ
④1枠

1枠の馬が馬券圏内に来なかったのは、2007年と2012年のみです。人気薄の好走も多いです。

⑤年明け以降の勝ち鞍or年明け以降の重賞連対あり

過去10年の日本ダービー3着以内30頭中29頭を占めます。例外は、2010年2着ローズキングダムのみです。ローズキングダムの年明け以降の成績は、スプリングS3着→皐月賞4着でした。前走皐月賞組以外は、年明け以降の勝ち鞍or年明け以降の重賞連対ありの馬から狙うというのも面白いかもしれません。

過去10年で区切っていますが、2005年以前もしばらく続いているデータです。
⑥前走NHKマイルC、プリンシパルS

前走NHKマイルC、プリンシパルSで2着以下だった馬は、過去10年の日本ダービーでは3頭いますが、3頭とも皐月賞に出走していました。前走NHKマイルC、プリンシパルSで負けていた馬から狙う場合は、皐月賞出走の有無を参考にしてもいいかもしれません。

馬券予想

例年よりもハイレベルなメンバー構成にになりそうなので、かなり予想と的中が難しいレースになりそうです。

人気馬が良い枠に入ったので、より一層の人気を集めそうですね…。①ディーマジェスティ、③マカヒキは、実績と枠だけ見れば、「勝ってください」と言わんばかりの状況です。ただ過去10年で見ると、皐月賞1~2着馬がそのまま日本ダービー1~2着だったことがありません。

過去、イスラボニータやフェノーメノで惜しい日本ダービーが続いているので、今度こそ蛯名ジョッキーに期待ですね。

以下、簡単な考察と予想です。

①ディーマジェスティ

日本ダービーのデータからは、1枠は絶好枠です。前走を見ると、包まれるとどうか…とも思いますが、状況的には勝ち負け候補ではないでしょうか。

前走皐月賞2016は展開と蛯名ジョッキーの読みがハマった感は否めません。今回も同じような競馬ができるかというのは未知数だと思います。ただ倒した相手がマカヒキ、サトノダイヤモンド、エアスピネル、リオンディーズなので、能力が高いのは確実でしょう。

皐月賞2016の勝利ジョッキーインタビューで、「東京向きの馬だと思っていた」という旨のことを言っていました。東京向きの馬が中山の皐月賞2016を勝つぐらいですから、東京のここではもっと強いかも…と思ってしまいます。オークス2016の結果を見る限りは、ディープインパクト産は買いの馬場だと思いますし、本命候補の1頭だと思います。

②マイネルハニー

前走青葉賞2016で負けた馬、内枠の人気薄といえばこの馬でしょうか。2014年マイネルフロストや2013年アポロソニックのパターンですが、大穴狙いでなければ手を出せない1頭です。

③マカヒキ

枠と実績からは、勝ち負け候補の1頭でしょうか。後ろから行くと思うので、最後外出すのか、上手く内を突くのかが悩みの種になりそうです。

皐月賞2016では、最後外から良い脚で伸びていました。私見ですが、中山で良い脚を使う馬は、東京では少しマイナス評価で狙いたいところです。もちろん東京が得意な馬や超名馬であれば別です。

⑤エアスピネル

他の有力馬とは既に勝負がついた感じがしますが、中穴になりそうなので、少し面白そうな気はします。例年であれば、皐月賞2016 4着は上位候補の1頭です。

掛かるところがあるのでマイルの方が良さそうですが、父キングカメハメハ(2004年ダービー馬)、母エアメサイア(オークス2着)という良血ですし、血統から東京2400mは全く問題ないのでは…と思います。

⑦ロードクエスト

前走NHKマイルカップ2016 2着馬です。流石に手は出せませんが、穴馬っぽいですね…。過去データを見ると、日本ダービーで3着以内に来た前走NHKマイルカップ敗退組は、全て皐月賞を使っています。

ただ、この馬まで押さえるならば、⑨マウントロブソンを穴で狙ったほうが良いかも…という印象です。

⑧サトノダイヤモンド

2012年はディープブリランテが本命でしたが、その時の感覚で選ぶとすれば、サトノダイヤモンドでしょうか。血統、生産者、実績など見ると、上位候補だと思います。父ディープインパクト、母父Danzig系というのは、ジェンティルドンナ(ジャパンカップ2連覇、オークスなど)を思い出します。

前走は、きさらぎ賞2016から直行し、本気で皐月賞2016を勝ちにきているローテとは思えませんでした。目標はここ(日本ダービー2016)なのは言うまでもないでしょう。きさらぎ賞2016から直行で、メンバーの揃った皐月賞2016で3着に来るぐらいですから、能力はかなり高そうです。

2010年のエイシンフラッシュも似たような印象でした。京成杯2010からスプリングS2010や弥生賞2010を使わず皐月賞2010に直行し3着に来ていました。その後日本ダービー2010を勝ちました。

目標が皐月賞2016ではなく、日本ダービー2016という馬を狙うのであれば、サトノダイヤモンドが本命候補ではないでしょうか。

⑩スマートオーディン

前走京都新聞杯2016優勝馬です。ずっと買ってきてる馬ですが、ここではどうか…という感じは否めません。ただ戸崎ジョッキーが乗ってから底を見せてないですし、G1で中穴の馬に戸崎ジョッキーというだけで恐い部分はあります。人気もしていないので、手広く買うのであれば押さえておいても面白そうです。

⑫リオンディーズ

エアスピネルと同様、少し掛かるところがあるのは心配ですが、人気馬の中では、前目に付けれそうなのは良いと思います。他の人気馬は、後ろから脚をためてというタイプが揃っています。

ただデータを無視して、デビュー2戦目でG1朝日杯フューチュリティステークス2015を勝つような馬なので、ポテンシャルはトップクラスではないでしょうか。血統的には、父キングカメハメハ(ダービー馬)、母シーザリオ(日米オークス馬)ですし、勝ち負け争いしても不思議ではないと思います。

⑭ヴァンキッシュラン

メンバーが揃ったので、ここでは穴馬扱いになりそうです。レッドエルディストとヴァンキッシュランで、内枠に入った方を押さえようと思っていましたが、2頭とも外枠になってしまいました。

時計が速ければ良いというわけではありませんが、青葉賞2016の時計は歴代2位の2:24.2で、過去10年で見ると、最も速い時計です。歴代1位は2004年ハイアーゲームの2:24.1です。その後ハイアーゲームは日本ダービーで3着に入りました。歴代3位は2010年ペルーサの2:24.3です。

2012年の日本ダービーでは、トーセンホマレボシがレコードで京都新聞杯2012を勝ち、日本ダービーで3着に入りました。同じディープインパクト産ですし、当日良馬場であれば面白い1頭ではないでしょうか。ちなみにトーセンホマレボシも7枠14番でした。

買い方

◎⑧サトノダイヤモンド

○⑫リオンディーズ

▲⑭ヴァンキッシュラン

△⑤エアスピネル

「内枠!内枠!」と言われすぎているので、逆に1~2枠を消しました。①ディーマジェスティや③マカヒキが来たら仕方ないという予想です。

本命は⑧サトノダイヤモンドにしました。大舞台なので、血統と実績から⑫リオンディーズと⑤エアスピネル、穴馬として⑭ヴァンキッシュランを押さえました。

サトノダイヤモンドとリオンディーズ、エアスピネルは、接触や進路妨害などで皐月賞2016がスムーズな競馬が出来なかったので、能力を出し切れていないのではと思ってしまいます。外回って1~2着に来た①ディーマジェスティ、③マカヒキではなく、内でやり合ったこの3頭を狙ってみます。

3連複4頭ボックス ◎○▲△ 計4点

3連単 ◎ → ○△ → ○△ 計2点

合計6点

サトノダイヤモンドを本命にしましたが、自信は無いのでボックスで狙ってみます。

結果

馬券的には、2着、4着、5着、13着でした。

本命◎サトノダイヤモンドは2着でした。

日本ダービー2016
着順 馬番 馬名 前走
1 3 マカヒキ 皐月賞(G1) 2着(0.2)
2 8 サトノダイヤモンド 皐月賞(G1) 3着(0.4)
3 1 ディーマジェスティ 皐月賞(G1) 1着(-0.2)

サトノダイヤモンドは惜しかったですね…。「サトノ」は昨年も2~3着だったので、悔しいレースだと思います。

解説でもありましたが、マカヒキとサトノダイヤモンドは枠の差でした。内を突いたマカヒキが上手くいった印象を受けました。予想では、マカヒキが外を回して、ディーマジェスティは内を捌くと思っていたのですが、真逆になりました。川田ジョッキーがかなり上手く乗ったということだと思います。

結果的には、皐月賞2016 1~5着がそのまま日本ダービー2016 でも1~5着を独占となりました。5強が抜けてるということでしょうか。皐月賞2016 6着のマウントロブソンもスマートオーディンと半馬身差ですから、皐月賞2016上位陣と別路線の馬の間には壁がありそうです。

次の注目は、菊花賞2016ですが、データ的には恐いことになりそうです。ディープインパクト産やキングカメハメハ産は京都の長距離で強いイメージがありません。菊花賞2016を目指すなら、次走神戸新聞杯2016という馬が多いと思うので、神戸新聞杯2016のメンバーに注目したいです。

次走情報
  • 1着マカヒキは、ニエル賞から凱旋門賞2016に向かいました。
  • 2着サトノダイヤモンド、4着エアスピネル、9着レッドエルディスト、14着アグネスフォルテ、15着イモータルは、神戸新聞杯2016に向かいました。
  • 3着ディーマジェスティ、7着マウントロブソン、10着プロディガルサン、17着プロフェットは、セントライト記念2016に向かいました。
  • 8着レインボーラインは、札幌記念2016に向かいました。
  • 11着ロードクエストは、京成杯オータムハンデキャップ2016に向かいました。