ダイヤモンドステークス-過去10年のデータと予想

日程 2019年2月16日(土曜)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝3400m
格付け G3
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 10頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

ダイヤモンドステークス2019

長距離重賞、ダイヤモンドステークス2019です。春の長距離G1天皇賞春2019に向けた一戦。しかし過去10年では、ダイヤモンドステークスをステップに天皇賞春で好走したのは、フェイムゲーム(2015年)のみとなっており、本番に直結しないと言って良いかもしれません。

東京競馬場の芝3400mコース

配当

過去10年のダイヤモンドステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが3回あります。以前は波乱傾向のハンデ重賞という印象でしたが、近年は大きな波乱がなく、順当な決着が続いています。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 1,030円 3,460円 12,630円
2017 2,040円 1,870円 9,850円
2016 3,300円 11,180円 58,400円
2015 960円 6,780円 26,090円
2014 1,520円 2,270円 11,770円
2013 1,940円 6,630円 32,050円
2012 52,520円 72,800円 947,270円
2011 2,080円 7,770円 41,740円
2010 2,060円 39,540円 151,370円
2009 14,890円 48,790円 307,420円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

ダイヤモンドステークス2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 14 セ8 58.5 フェイムゲーム 1 ステイヤーズステークス(G2) 2着(0.4) 2
2 1 牡5 52 リッジマン 5 万葉ステークス(OP) 2着(0.1) 3
3 6 牡6 54 ソールインパクト 6 日経新春杯(G2) 11着(1.9) 5
2017 1 12 牡6 58 アルバート 1 有馬記念(G1) 7着(0.7) 10
2 4 セ8 51 ラブラドライト 6 万葉ステークス(OP) 2着(0.1) 7
3 8 牡4 54 カフジプリンス 2 日経新春杯(G2) 5着(0.5) 3
2016稍重 1 10 牡5 54 トゥインクル 4 万葉ステークス(G2) 5着(0.4) 1
2 16 牡6 58.5 フェイムゲーム 2 Melbourne Cup(G1) 13着
3 3 セ8 56 ファタモルガーナ 8 ステイヤーズステークス(G2) 7着(1.2) 3
2015 1 16 牡5 58 フェイムゲーム 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 12着(0.8) 3
2 15 セ7 56 ファタモルガーナ 2 ステイヤーズステークス(G2) 2着(0.1) 4
3 7 牡6 51 カムフィー 8 早春ステークス(1600万) 4着(0.9) 7
2014 1 1 牡4 55 フェイムゲーム 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 3着(0.1) 6
2 4 牡8 56 セイクリッドバレー 5 白富士ステークス(OP) 4着(0.4) 10
3 10 牡7 55 タニノエポレット 3 万葉ステークス(OP) 1着(-0.6) 1
2013 1 15 牡5 56 アドマイヤラクティ 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 3着(0.5) 2
2 6 牡9 58.5 ジャガーメイル 4 香港ヴァーズ(G1) 2着
3 16 牡4 54 メイショウカドマツ 6 松籟ステークス(1600万) 1着(-0.1) 1
2012 1 5 牡6 55 ケイアイドウソジン 15 師走ステークス(OP) 14着(1.3) 16
2 16 牡4 55 ギュスターヴクライ 1 早春ステークス(1600万) 1着(-0.1) 1
3 7 牡4 55 スマートロビン 2 日経新春杯(G2) 5着(0.6) 2
2011 1 4 牡4 53 コスモメドウ 2 万葉ステークス(OP) 1着(-0.3) 5
2 7 牡4 56 コスモヘレノス 4 日経新春杯(G2) 12着(2.5) 6
3 14 牡5 54 キタサンアミーゴ 6 松籟ステークス(1600万) 1着(-0.0) 7
2010 1 13 牡4 57 フォゲッタブル 1 有馬記念(G1) 4着(0.8) 4
2 1 牡4 52 ベルウッドローツェ 6 グッドラックハンデキャップ(1000万) 1着(-0.2) 4
3 2 牡6 50 ドリームフライト 10 日経新春杯(G2) 9着(1.9) 9
2009 1 9 牡4 53 モンテクリスエス 2 迎春ステークス(1600万) 2着(0.0) 1
2 14 牡7 53 ブレーヴハート 12 万葉ステークス(OP) 4着(0.1) 6
3 11 牡4 52 スノークラッシャー 7 初咲賞(1000万) 1着(-0.2) 1
7~8枠

過去10年のダイヤモンドステークス3着以内30頭中12頭を占めます。馬券圏内に来なかった年がありません。

前走1000万~1600万クラス

過去10年のダイヤモンドステークス3着以内30頭中7頭を占めます。主に軽ハンデ馬の好走が目立っていましたが、近年は好走例が極端に少なくなってきています。

前走日経新春杯、前走アメリカジョッキークラブカップ、前走万葉ステークス

3レースを合わせると、過去10年のダイヤモンドステークス3着以内30頭中14頭を占めます。前走の着順に関係なく、好走例の多いローテとなっています。

予想

今年のダイヤモンドステークス2019は、上位争いに何が来てもおかしくないメンバー構成になりそうです。ユーキャンスマイルの一強という感じもしますが、ハンデ次第では、前走条件クラスの馬にもチャンスがあるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。

◎10ユーキャンスマイル

2走前の菊花賞で押えていた馬。その後の万葉ステークスでも2着に好走しており、このクラスの長距離戦なら馬券圏内を外したくないところでしょうか。深く考えず本命で。

○2カフェブリッツ

好走例の多い万葉ステークス組。ユーキャンスマイルを除くと、何が来てもおかしくないメンバーだけに、上位争いも十分にありそうです。長距離戦の好騎乗が目立つ蛯名ジョッキーにも注目です。

△5ブライトバローズ

毎年1頭以上が馬券圏内に来ている関東馬。オーストラリアの重賞後、のど鳴りが判明したソールインパクトではなく、こちらを押さえました。東京芝2400mの六社ステークス(1600万)を勝っていますし、コース相性は問題なさそうです。あとは、休養明けと3400mの適性だけになるでしょうか。

馬連◎-○△ 3連複◎-○-△合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、10着でした。本命◎ユーキャンスマイルは、1着でした。

ダイヤモンドステークス2019 結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 10 牡4 54 ユーキャンスマイル 1 万葉ステークス(OP) 2着(0.0) 1
2 8 牡5 50 サンデームーティエ 8 箱根特別(1000万) 9着(0.8) 6
3 2 牡6 54 カフェブリッツ 3 万葉ステークス(OP) 4着(0.5) 4

ゆったりとした流れ。ノーマークのサンデームーティエが楽に逃げて粘っての2着でした。1000万クラスでも勝負になっていない馬だっただけに、手が出せず…。ユーキャンスマイルの完勝というレースでしたが、メンバーがメンバーだけに、評価が難しいところです。

押さえていたブライトバローズは後方からの競馬。直線で動いていく様子もなく、最後は流しているようでした。距離が合わないというより、重賞で勝負できる状態にないように見えました。仕方ないですね。

深く考えない競馬