ダイヤモンドステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年2月18日(土曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝3400m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 15頭
天気 曇り参考 東京競馬場 – Yahoo!天気・災害

「ダイヤモンドステークス2017」です。この後の阪神大賞典2017や天皇賞春2017へ向けた長距離重賞です。

ハンデ戦ということもあり、硬い決着というのは、あまりありません。過去10年のダイヤモンドステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは5回あります。10万馬券超えの過去5回ともに、二桁人気馬が馬券圏内に入り、波乱を演出しています。

  • 2016年 58,400円
  • 2015年 26,090円
  • 2014年 11,770円
  • 2013年 32,050円
  • 2012年 947,270円
  • 2011年 41,740円
  • 2010年 151,370円
  • 2009年 307,420円
  • 2008年 174,080円
  • 2007年 102,020円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
ダイヤモンドステークス2017
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走
2016稍重 1 10 牡5 54 トゥインクル 4 万葉ステークス(G2) 5着(0.4)
2 16 牡6 58.5 フェイムゲーム 2 Melbourne Cup(G1) 13着
3 3 セ8 56 ファタモルガーナ 8 ステイヤーズステークス(G2) 7着(1.2)
2015 1 16 牡5 58 フェイムゲーム 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 12着(0.8)
2 15 セ7 56 ファタモルガーナ 2 ステイヤーズステークス(G2) 2着(0.1)
3 7 牡6 51 カムフィー 8 早春ステークス(1600万) 4着(0.9)
2014 1 1 牡4 55 フェイムゲーム 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 3着(0.1)
2 4 牡8 56 セイクリッドバレー 5 白富士ステークス(OP) 4着(0.4)
3 10 牡7 55 タニノエポレット 3 万葉ステークス(OP) 1着(-0.6)
2013 1 15 牡5 56 アドマイヤラクティ 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 3着(0.5)
2 6 牡9 58.5 ジャガーメイル 4 香港ヴァーズ(G1) 2着
3 16 牡4 54 メイショウカドマツ 6 松籟ステークス(1600万) 1着(-0.1)
2012 1 5 牡6 55 ケイアイドウソジン 15 師走ステークス(OP) 14着(1.3)
2 16 牡4 55 ギュスターヴクライ 1 早春S(1600万) 1着(-0.1)
3 7 牡4 55 スマートロビン 2 日経新春杯(G2) 5着(0.6)
2011 1 4 牡4 53 コスモメドウ 2 万葉ステークス(OP) 1着(-0.3)
2 7 牡4 56 コスモヘレノス 4 日経新春杯(G2) 12着(2.5)
3 14 牡5 54 キタサンアミーゴ 6 松籟ステークス(1600万) 1着(-0.0)
2010 1 13 牡4 57 フォゲッタブル 1 有馬記念(G1) 4着(0.8)
2 1 牡4 52 ベルウッドローツェ 6 グッドラックハンデキャップ(1000万) 1着(-0.2)
3 2 牡6 50 ドリームフライト 10 日経新春杯(G2) 9着(1.9)
2009 1 9 牡4 53 モンテクリスエス 2 迎春ステークス(1600万) 2着(0.0)
2 14 牡7 53 ブレーヴハート 12 万葉ステークス(OP) 4着(0.1)
3 11 牡4 52 スノークラッシャー 7 初咲賞(1000万) 1着(-0.2)
2008 1 8 牡7 57.5 アドマイヤモナーク 1 日経新春杯(G2) 1着(-0.2)
2 1 牡6 55 コンラッド 2 迎春ステークス(1600万) 1着(-0.1)
3 13 牡6 50 レーザーズエッジ 12 許波多特別(1000万) 4着(0.7)
2007 1 2 牡5 57 トウカイトリック 1 万葉ステークス(OP) 2着(0.0)
2 13 牡4 53 エリモエクスパイア 6 オリオンステークス(1600万) 4着(0.2)
3 5 牡4 52 アドバンテージ 10 迎春ステークス(1600万) 4着(1.1)

過去10年のダイヤモンドステークスでは、外枠(7~8枠)の馬が馬券圏内に来なかったことがありません。その他、1~4枠の内枠も好走の傾向があります。

前走条件戦

過去10年のダイヤモンドステークスでは、前走条件戦に出走していた軽ハンデ馬の好走が目立ちます。過去10年の3着以内30頭中11頭を占めます。馬券圏内に来なかったのは、昨年と2014年のみです。

前走日経新春杯、前走アメリカジョッキークラブカップ、前走万葉ステークス

過去10年のダイヤモンドステークスでは、前走この3レースに出走していた好走馬が多いです。一方、同じ長距離戦の前走ステイヤーズステークス組は、昨年3着&一昨年2着のファタモルガーナだけとなっています。ステイヤーズステークスとは、あまり直結しない傾向があります。

馬券予想

過去10年の傾向から「外枠(7~8枠)」「前走条件戦(軽ハンデ馬)」「前走日経新春杯、前走アメリカジョッキークラブカップ、前走万葉ステークス」に注目です。

ダイヤモンドステークス2017は、3着以内と考えると、かなり混戦だと思います。能力的にはアルバート1強という印象ですが、ハンデ戦なので、多くの馬に3着以内のチャンスがありそうです。

以下、簡単な考察と予想です。時間的な都合で、買い目を中心に取り上げます(;´д`)

◎⑫アルバート

データ的には絶好枠の7枠に入りました。

近走では、ステイヤーズステークス2016優勝の他、シュヴァルグラン相手にアルゼンチン共和国杯2016で2着に好走しています。ハンデ戦だけに波乱含みではありますが、能力だけで言えば、勝ち負けだと思います。

○①ファタモルガーナ

昨年のダイヤモンドステークス2016 3着、一昨年は2着と相性の良いレースです。9歳馬になりますが、長距離戦ですし、そこまで気にする必要は無いと思っています。前走ステイヤーズステークスは、アルバートとクビ差2着、モンドインテロ に先着。実績的には、ここでも上位争いの1頭でしょう。

▲⑦フェイムゲーム

ダイヤモンドステークスは、2014年1着、2015年1着、2016年2着と、かなりの相性の良さを誇ります。昨年は、稍重とは思えないほどの泥んこ馬場で、馬場が合わなかったのではないかと思います。雨の予報もないですし、良馬場なら今年も勝ち負けを期待したいですね。

△④ラブラドライト

⑧カフジプリンスと悩んで、内枠のこちらを選びました。キングカメハメハ産は長距離に強いイメージがありませんが、昨年のダイヤモンドステークス2016では4着に好走しています。昨年よりハンデが1kg重くなりますが、前走の万葉ステークス2017も昨年より1kg増で好走しているので、問題ないでしょう。

軸に出来るような実績馬ではありませんが、例年中穴ぐらいの馬が馬券に絡むので、とりあえずは押さえておきたいです。

3連複 ◎ – ○▲△ – ○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、6着、7着でした。

本命◎アルバートは1着でした。

ダイヤモンドステークス2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 12 牡6 アルバート 1 有馬記念(G1) 7着(0.7)
2 4 セ8 ラブラドライト 6 万葉ステークス(OP) 2着(0.1)
3 8 牡4 カフジプリンス 2 日経新春杯(G2) 5着(0.5)

カフジプリンスが来てしまいました…(´・ω・`)

アルバートの楽勝、ラブラドライトの粘りと1~2着は予想がハマった感じですが、ファタモルガーナとフェイムゲームが伸びてこなかったですね。ラスト200mあたりでは、ワクワクしたんですが…。

最後は切れ味勝負という感じで、ファタモルガーナはズルズル後退。フェイムゲームはジワジワ伸びてきたものの間に合わずという印象でした。

それにしてもアルバートは長距離戦に強いですね。ダイヤモンドステークス優勝馬が天皇賞春に繋がるかどうかは微妙なところですが、春以降も楽しみな馬だと思います。

1~3着馬の次走情報
  • 1着アルバート、2着ラブラドライトは、天皇賞春2017に向かいました。