エリザベス女王杯 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年11月13日(日曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝2200m
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳以上牝馬
斤量 定量(3歳54kg,4歳以上56kg)
出走数 15頭
天気 晴れ参考 京都競馬場 – Yahoo!天気・災害

牝馬限定G1「エリザベス女王杯2016」です。例年、国内のトップクラスの牝馬が集います。

今年は、桜花賞2016馬ジュエラー、オークス2016馬シンハライト、秋華賞2016馬ヴィブロスが揃って回避したため、3歳勢は寂しいメンバーとなりそうです。

思い出に残るレースは、アイルランドのスノーフェアリーが二連覇した2010年~2011年です。2年連続で3連単的中しました。その他、2009年は印象に残っています。11番人気クィーンスプマンテと12番人気テイエムプリキュアがワンツーフィニッシュし、3連単150万馬券の演出しました。2009年のエリザベス女王杯の録画は未だに保存しています。o ○(´・ω・`)

過去10年のエリザベス女王杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは、前述の1回のみです。波乱は少なめという傾向です。

  • 2015年 23,590円
  • 2014年 15,570円
  • 2013年 64,840円
  • 2012年 50,810円
  • 2011年 9,430円
  • 2010年 10,170円
  • 2009年 1,545,760円
  • 2008年 12,690円
  • 2007年 6,290円
  • 2006年 92,970円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
エリザベス女王杯2016
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走
2015稍重 1 12 牝4 マリアライト 6 オールカマー(G2) 5着(0.8)
2 18 牝4 ヌーヴォレコルト 1 オールカマー(G2) 2着(0.2)
3 8 牝3 タッチングスピーチ 4 秋華賞(G1) 6着(0.3)
2014 1 1 牝4 ラキシス 3 オールカマー(G2) 2着(0.1)
2 5 牝3 ヌーヴォレコルト 1 秋華賞(G1) 2着(0.0)
3 15 牝4 ディアデラマドレ 6 府中牝馬S(G2) 1着(-0.1)
2013 1 3 牝3 メイショウマンボ 2 秋華賞(G1) 1着(-0.2)
2 18 牝3 ラキシス 6 鳴滝特別(1000万) 1着(-0.1)
3 7 牝4 アロマティコ 5 府中牝馬S(G2) 7着(0.3)
2012 1 15 牝5 レインボーダリア 7 府中牝馬S(G2) 4着(0.4)
2 12 牝3 ヴィルシーナ 1 秋華賞(G1) 2着(0.0)
3 6 牝4 ピクシープリンセス 5 1000万(京都芝2400m) 1着(-0.7)
2011 1 18 牝4 スノーフェアリー 1 Champion Stakes(G1) 3着
2 1 牝3 アヴェンチュラ 2 秋華賞(G1) 1着(-0.2)
3 4 牝4 アパパネ 4 府中牝馬S(G2) 14着(1.0)
2010 1 6 牝3 スノーフェアリー 4 St. Leger Stakes(G1) 4着
2 9 牝5 メイショウベルーガ 2 京都大賞典(G2) 1着(-0.1)
3 5 牝3 アパパネ 1 秋華賞(G1) 1着(-0.1)
2009 1 7 牝5 クィーンスプマンテ 11 京都大賞典(G2) 9着(1.0)
2 11 牝6 テイエムプリキュア 12 京都大賞典(G2) 14着(3.2)
3 16 牝3 ブエナビスタ 1 秋華賞(G1) 3着(0.0)
2008 1 16 牝3 リトルアマポーラ 4 秋華賞(G1) 6着(0.3)
2 15 牝5 カワカミプリンセス 1 府中牝馬S(G3) 2着(0.1)
3 13 牝4 ベッラレイア 2 府中牝馬S(G3) 3着(0.3)
2007 1 7 牝3 ダイワスカーレット 1 秋華賞(G1) 1着(-0.2)
2 12 牝4 フサイチパンドラ 3 エルムS(G3) 11着(1.8)
3 4 牝6 スイープトウショウ 2 スワンS(G2) 4着(0.4)
2006 1 15 牝3 フサイチパンドラ 7 秋華賞(G1) 3着(0.3)
2 8 牝5 スイープトウショウ 2 天皇賞秋(G1) 5着(0.4)
3 11 牝4 ディアデラノビア 4 府中牝馬S(G3) 3着(0.0)
前走オールカマー

過去10年のエリザベス女王杯では、特に好ローテだったわけではありませんが、直近2年連続で馬券圏内に来ています。

  • 2014年1着ラキシス(前走オールカマー2着)
  • 2015年1着マリアライト(前走オールカマー5着)
  • 2015年2着ヌーヴォレ(前走オールカマー2着)
前走秋華賞

過去10年のエリザベス女王杯3着以内30頭中10頭を占めます。過去10年では馬券圏内に来なかった年はなく、毎年1頭ずつ馬券圏内に入っています。

前走府中牝馬ステークス

過去10年のエリザベス女王杯3着以内30頭中7頭を占めます。そのうち府中牝馬ステークス優勝馬は1頭のみでした。

  • 2014年3着ディアデラマドレ(前走府中牝馬ステークス1着)
3~4歳馬

過去10年のエリザベス女王杯3着以内30頭中23頭が3~4歳馬でした。直近3年では、3~4歳馬だけで決着しています。

馬券予想

過去データからエリザベス女王杯2016は、「前走オールカマー」「前走秋華賞」「前走府中牝馬ステークス」「3~4歳馬」に注目です。

メンバー的には少し層が薄いように思うので、マリアライトの二連覇も期待できそうですね。例年好成績を残している3歳馬は、パールコードとデンコウアンジュの2頭にも注目です。

以下、簡単な考察と予想です。

①ミッキークイーン

休養明けになりますが、実績からは押さえておきたい馬でしょう。キャリアで連対を外したのは、0.3秒差の8着に敗れたジャパンカップ2015のみで、今回のメンバーであれば上位争い必死ではないでしょうか。

ヴィクトリアマイル2016の叩きだった阪神牝馬ステークス2016も休養明けからの出走でしたが、久々のマイル戦を上がり最速で2着に好走しています。休養明けも苦にしないと期待しています。

②マリアライト

エリザベス女王杯は3~4歳が優勢ですが、5歳以上の馬から1頭だけ押さえるとすればマリアライトでしょうか。

昨年のエリザベス女王杯2015優勝からの勢いが凄まじく、有馬記念2015 4着→日経賞2016 3着→目黒記念2016 2着→宝塚記念2016 1着という実績とローテは、今年の出走馬では一番だと思います。今年も昨年と同じく前走オールカマー2016 5着からの出走で、衰えた印象もありません。

何頭か強い馬も出走しますが、ここは好走を期待したいですね。

③クイーンズリング

枠も良いですし、G1でミルコ騎乗というのも一発ありそうですね。

前走の府中牝馬ステークス2016は、先団グループを追走、残り200m辺りから抜け出し、そのまま押し切るという内容でした。距離不安を感じさせない競馬で、もう少し長くても問題無さそうに見えました。

最初の1000mは60.6秒で、例年と比べると少し遅めの流れでした。前目に付けたクイーンズリングとマジックタイムのワンツーフィニッシュは、流れと馬場が向いた可能性もありそうです。

④ヒルノマテーラ

2走前のマーメイドステークス2016では3頭に印を付け▲評価でした。結果3着(7番人気)。残り200mからの追い込みは凄いものがあったので、展開次第では面白いと思います。

中1週&前走オープン特別は、過去データ的には買い難いところですが、前走カシオペアステークスは見ものでした。大外から追い込み(上がり2位)、まとめて差し切っていました。

例年エリザベス女王杯は、追い込み馬が1~2頭ほど馬券圏内に来るので、人気薄であればヒルノマテーラやシュンドルボンあたりは面白そうです。

⑧タッチングスピーチ

ムラのある成績で、昨年のエリザベス女王杯2015 3着馬ということを除くと、少々手が出しにくい印象です。

前走宝塚記念2016では、最後方から大外をまわしてという競馬でしたが、外をまわした馬は届きそうもない馬場だったので度外視しても良いでしょう。

軸に出来るような実績馬では無いので、ムーア騎手に期待して、押さえまでだと思います。

⑩シュンドルボン

前走府中牝馬ステークス2016では、外をまわしての上がり最速の追い込みで5着に入りました。

府中牝馬ステークス2016の上位陣は、シュンドルボンが通った馬場より内側を好位から運んだ馬が独占していました。そういう意味では、5着に敗れたものの強さは示した内容だったと思います。

昨年のエリザベス女王杯2015は、差のない7着(0.2秒差)に好走してますし、中山牝馬ステークス2016でルージュバックを差し切った能力には期待したいです。

⑮パールコード

大外になりました。少し買いにくいですが、過去のエリザベス女王杯では、外枠からも上位食い込みが多いので、あまり気にしないでも良さそうです。

毎年馬券圏内に来ている前走秋華賞組を押さえるとすれば、パールコードでしょうか。2走前の紫苑ステークス2016は不利があっての5着、秋華賞2016では2着に好走しています。最後はディープインパクト産のヴィブロスの切れに負けた感じでした。

重賞では勝てないレースが続いていますが、今回は「ジュエラー、シンハライト、ヴィブロス、ビッシュ、チェッキーノ」など、今年の3歳牝馬重賞で優勝してきた馬が1頭も出走していません。空き巣感が漂いますが、他に強い3歳牝馬のいないここでは期待したいですね。

買い方

◎②マリアライト

○①ミッキークイーン

▲⑮パールコード

△④ヒルノマテーラ

本命はG1実績馬マリアライトにしました。流石にこのメンバーであれば、3着は外さないだろうと予想しています。

その他、休養明けのG1実績馬ミッキークイーン、好走例の多い秋華賞2016組からパールコード、過去データを無視して穴馬のヒルノマテーラの3頭を押さえました。

無印では、デムーロ騎手のクイーンズリング、ムーア騎手のタッチングスピーチ、府中牝馬ステークス2016組のシュンドルボンの3頭は気になります。少点数狙いなので、スルーです…(´・ω・`)

3連複 ◎ – ○▲△ – ○▲△ 計3点

3連単 ◎ → ○▲ → ○▲ 計2点

合計5点

結果

馬券的には、3着、4着、6着、13着でした。

本命◎マリアライトは6着でした。

エリザベス女王杯2016
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 3 牝4 クイーンズリング 3 府中牝馬S 1着(-0.2)
2 9 牝4 シングウィズジョイ 12 府中牝馬S 8着(0.9)
3 1 牝4 ミッキークイーン 2 ヴィクトリアマイル(G1) 2着(0.4)

全く駄目でした…。終わってみたら、ミルコ&ルメール決着でした。もしも沢山押さえていたとしてもシングウィズジョイは買えないですね…(´ε`;)

スロー気味の流れになり、前に行った馬が残る展開となりました。外をまわした馬や後方から進めた馬には厳しそうでした。2着のルメール騎手あっぱれです。

データ的には、過去10年で初めて3歳馬が馬券に絡みませんでした。確かに今年の3歳牝馬で3歳重賞の勝ち経験のある馬が全頭回避したこともあるかもしれません。一方でパールコードは8枠から先行し4着に粘っているので、3歳牝馬の能力は示した格好だと思います。

マリアライトの敗因は分かりませんが、時計のかかる渋った馬場を得意としている馬なので、馬場が合わなかったのかもしれません。

次走情報