エリザベス女王杯 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年11月12日(日曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝2200m
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳以上牝馬
斤量 定量
出走数 18頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

エリザベス女王杯 2017

G1「エリザベス女王杯2017」です。過去の上位馬には、牝馬のトップホースが名を連ね、まさに国内牝馬の頂上決戦といえるでしょう。昨年は、牝馬三冠(ジュエラー、シンハライト、ヴィブロス)が揃って回避したため、3歳勢は寂しいメンバーでした。ただ今年はレベルが高いと言われる3歳世代。秋華賞2017優勝ディアドラを中心に、レベルの高いレースになりそうです。

コース形態

京都競馬場の芝コース
京都競馬場の芝コース

過去10年のエリザベス女王杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは2回あります。2009年は、154万馬券の波乱決着となりましたが、逃げた人気薄の2頭が揃って残る特殊な展開のレースでした。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 13,710円 20,680円 158,930円
2015 1,860円 3,770円 23,590円
2014 970円 3,030円 15,570円
2013 2,780円 14,440円 64,840円
2012 1,790円 6,110円 50,810円
2011 700円 2,520円 9,430円
2010 1,430円 1,320円 10,170円
2009 102,030円 157,480円 1,545,760円
2008 1,010円 1,660円 12,690円
2007 850円 1,610円 6,290円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
エリザベス女王杯 2017
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2016 1 3 牝4 クイーンズリング 3 府中牝馬ステークス(G2) 1着(-0.2) 3
2 9 牝4 シングウィズジョイ 12 府中牝馬ステークス(G2) 8着(0.9) 8
3 1 牝4 ミッキークイーン 2 ヴィクトリアマイル(G1) 2着(0.4) 1
2015稍重 1 12 牝4 マリアライト 6 オールカマー(G2) 5着(0.8) 4
2 18 牝4 ヌーヴォレコルト 1 オールカマー(G2) 2着(0.2) 1
3 8 牝3 タッチングスピーチ 4 秋華賞(G1) 6着(0.3) 2
2014 1 1 牝4 ラキシス 3 オールカマー(G2) 2着(0.1) 7
2 5 牝3 ヌーヴォレコルト 1 秋華賞(G1) 2着(0.0) 1
3 15 牝4 ディアデラマドレ 6 府中牝馬ステークス(G2) 1着(-0.1) 4
2013 1 3 牝3 メイショウマンボ 2 秋華賞(G1) 1着(-0.2) 3
2 18 牝3 ラキシス 6 鳴滝特別(1000万) 1着(-0.1) 1
3 7 牝4 アロマティコ 5 府中牝馬ステークス(G2) 7着(0.3) 1
2012 1 15 牝5 レインボーダリア 7 府中牝馬ステークス(G2) 4着(0.4) 9
2 12 牝3 ヴィルシーナ 1 秋華賞(G1) 2着(0.0) 2
3 6 牝4 ピクシープリンセス 5 1000万(京都芝2400m) 1着(-0.7) 1
2011 1 18 牝4 スノーフェアリー 1 Champion Stakes(G1) 3着
2 1 牝3 アヴェンチュラ 2 秋華賞(G1) 1着(-0.2) 2
3 4 牝4 アパパネ 4 府中牝馬ステークス(G2) 14着(1.0) 1
2010 1 6 牝3 スノーフェアリー 4 St. Leger Stakes(G1) 4着
2 9 牝5 メイショウベルーガ 2 京都大賞典(G2) 1着(-0.1) 2
3 5 牝3 アパパネ 1 秋華賞(G1) 1着(-0.1) 1
2009 1 7 牝5 クィーンスプマンテ 11 京都大賞典(G2) 9着(1.0) 11
2 11 牝6 テイエムプリキュア 12 京都大賞典(G2) 14着(3.2) 9
3 16 牝3 ブエナビスタ 1 秋華賞(G1) 3着(0.0) 1
2008 1 16 牝3 リトルアマポーラ 4 秋華賞(G1) 6着(0.3) 6
2 15 牝5 カワカミプリンセス 1 府中牝馬ステークス(G3) 2着(0.1) 1
3 13 牝4 ベッラレイア 2 府中牝馬ステークス(G3) 3着(0.3) 3
2007 1 7 牝3 ダイワスカーレット 1 秋華賞(G1) 1着(-0.2) 2
2 12 牝4 フサイチパンドラ 3 エルムステークス(G3) 11着(1.8) 4
3 4 牝6 スイープトウショウ 2 スワンステークス(G2) 4着(0.4) 4

前走オールカマー

近年のエリザベス女王杯では、3頭が馬券圏内に好走しています。遡ると、好ローテだったというわけではありませんが、注意したいローテの一つになる思います。今年は、ルージュバックが出走を予定しています。

前走秋華賞

過去10年のエリザベス女王杯3着以内30頭中9頭を占めます。昨年は、牝馬三冠の3歳馬の出走がなく、馬券圏内に秋華賞組の好走はありませんでした。ただ昨年を除く2007~2015年では、毎年1頭が馬券圏内に入っていました。今年は、ディアドラリスグラシューモズカッチャンの3頭が出走を予定しています。

前走府中牝馬ステークス

過去10年のエリザベス女王杯3着以内30頭中8頭を占めます。着順に関係なく、好走例の多いローテです。今年は、クロコスミアヴィブロスクイーンズリングトーセンビクトリーハッピーユニバンスデンコウアンジュクインズミラーグロの3頭が出走を予定しています。

3~4歳馬

過去10年のエリザベス女王杯3着以内30頭中24頭を占めます。直近4年連続、3~4歳馬だけで決着しており、若い実力馬が結果を残す傾向にあります。

馬券予想

過去10年の傾向から「前走オールカマー」「前走秋華賞」「前走府中牝馬ステークス」「3~4歳馬」に注目です。

今年のエリザベス女王杯2017は、ハイレベルなメンバーが揃いました。秋華賞2017組3頭のほか、G1実績のある古馬も多数集い、まさに国内牝馬戦線のトップを決める戦いになりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。【追記】買い目を少し変更しました。

難しすぎるので、適当にバッサリいってます。(´・ω・`;) 馬券は、近年好走例の多い3~4歳馬に絞りました。

◎⑯ヴィブロス

前走府中牝馬ステークス2017 2着。好走例の多い4歳馬府中牝馬ステークス組。さらに5年連続で馬券圏内に好走しているディープインパクト産(計7頭)と、データ的にも実績的にも狙いたい要素が集まっています。本命で期待しています。

○⑪ディアドラ

前走秋華賞2017 1着。1頭だけ格上というような勝ちっぷりの良さでした。3着モズカッチャンもハービンジャー産で、2頭揃って重馬場があった可能性もありますね。

ただ2走前の紫苑ステークス2017も強い内容で、鞍上の岩田騎手も「着差以上に強い内容」ということを言っていました。データ的にも好走例に多い秋華賞組。強い古馬が揃っていますが、近走の勢いに期待して…。

▲⑤モズカッチャン

前走秋華賞2017 3着。重馬場と枠が向いたのかもという疑念は残りますが…。とはいえ、オークス2017では、ディアドラ、リスグラシュー、アドマイヤミヤビに先着しており、現状、3歳牝馬世代の中ではトップクラスの実力馬だと思います。鞍上デムーロ騎手が3戦連続で乗り続けているのも心強いですね。

△⑥リスグラシュー

前走秋華賞2017 2着。なかなか勝ちきれていないものの、安定した末脚で大崩れのないレースを見せています。鞍上が福永ジョッキーに代わり、同じような競馬をするのか不確かですが、安定感に期待したいです。

しかしスマートレイアーなど何頭か強い追い込み馬がいるため、同タイプの中では、やや分が悪そうに感じてしまいますね。データ傾向からは、3~4歳馬の相性は良いので、そこに期待でしょうか。

3連複◎-○▲△-○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、5着、8着、12着でした。

本命◎ヴィブロスは5着でした。

エリザベス女王杯 2017
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走
1 3 牝3 54 モズカッチャン 5 秋華賞(G1) 3着(0.2)
2 13 牝4 56 クロコスミア 9 府中牝馬ステークス(G2) 1着(-0.0)
3 10 牝5 56 ミッキークイーン 3 宝塚記念(G1) 3着(0.3)

3連単127,540円の波乱決着。カスリもせずでした。(;´・ω・`A “`

最初の1000mが62.0秒のスロー。内でロス無く進めた馬前に行った馬が残る競馬でした。最近、このパターンが多い気がします。

モズカッチャンが優勝。この内容を見ると、オークス2017を楽勝したソウルスターリングが天皇賞秋2017ではなく、エリザベス女王杯2017に出走していれば、勝てたんじゃないかと思ってしまいます。

対抗ディアドラは、離れた後方二番手。実況の62秒という声を聞いた時に、これは届かないと思いました。行かなかったのか行けなかったのか分かりませんが、あの位置からでは…という結果でした。前走秋華賞2017のルメール騎手のまくりが上手すぎたこともありそうですし、台風の重馬場でタフなレースをした反動もありそうです。

しかし前が残る展開の中、後方からの直線一気で3着に来たミッキークイーンは強かったです。怪我明け(4ヶ月半)でこのパフォーマンス。近年の傾向から5歳馬を軽視してしまいましたが、もう少し流れていれば、差し切っていたように感じました。