エプソムカップ2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年6月10日(日曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 16頭
天気 弱雨(ヤフー天気)

エプソムカップ2018

G3「エプソムカップ2018」です。秋のG1戦線に向け、夏前にここを使うという馬が多いレース。出世レースの印象はないものの、近年の上位馬には、ルージュバック(2016年)、エイシンヒカリ(2015年)、サトノアラジン(2015年)、ジャスタウェイ(2013年)など、秋競馬で活躍した馬が名を連ねています。

コース形態

東京競馬場の芝1800mコース

過去10年のエプソムカップの配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回ありますが、馬連・3連複ともに落ち着いた金額になることが多く、順当な決着が多い傾向といえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 1,640円 6,890円 47,120円
2016 750円 4,550円 15,090円
2015 380円 790円 2,750円
2014 2,360円 11,930円 49,400円
2013 2,100円 8,380円 34,300円
2012 770円 43,850円 147,390円
2011 1,820円 2,910円 13,000円
2010 1,090円 7,650円 30,780円
2009 320円 890円 2,720円
2008 1,240円 27,200円 132,040円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。

エプソムカップ2018
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 12 牡5 56 ダッシングブレイズ 5 京王杯スプリングカップ(G2) 7着(0.4) 5
2 10 牡4 56 アストラエンブレム 1 メイステークス(OP) 2着(0.0) 1
3 7 牡4 56 マイネルハニー 6 小倉大賞典(G3) 16着(2.1) 3
2016 1 18 牝4 54 ルージュバック 1 ヴィクトリアマイル(G1) 5着(0.6) 4
2 16 牡6 58 フルーキー 3 新潟大賞典(G3) 2着(0.3) 1
3 13 牡6 56 マイネルミラノ 6 新潟大賞典(G3) 5着(0.7) 9
2015 1 6 牡4 56 エイシンヒカリ 2 都大路ステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 2 牡4 56 サトノアラジン 1 モンゴル大統領賞(OP) 1着(-0.3) 1
3 12 牡6 57 ディサイファ 4 中日新聞杯(G3) 1着(-0.2) 5
2014 1 1 牡5 56 ディサイファ 2 都大路ステークス(OP) 2着(0.9) 1
2 5 牡6 57 マイネルラクリマ 4 The Champions Mile(G1) 10着
3 4 牡7 59 ダークシャドウ 8 中山記念(G2) 11着(1.3) 12
2013 1 3 牡4 56 クラレント 4 マイラーズカップ(G2) 8着(0.3) 2
2 13 牡4 56 ジャスタウェイ 3 中日新聞杯(G3) 8着(0.7) 2
3 1 牡4 56 サンレイレーザー 7 マイラーズカップ(G2) 2着(0.1) 8
2012 1 6 牡4 56 トーセンレーヴ 1 マイラーズカップ(G2) 8着(0.7) 2
2 14 牡4 56 ダノンシャーク 2 マイラーズカップ(G2) 2着(0.2) 6
3 3 牡7 57 マイネルスターリー 15 新潟大賞典(G3) 8着(0.5) 14
2011 1 3 牡4 56 ダークシャドウ 1 大阪杯(G2) 2着(0.0) 8
2 7 牡4 56 エーブチェアマン 6 きぼう賞(1600万) 1着(-0.0) 3
3 6 牡5 56 セイクリッドバレー 2 新潟大賞典(G3) 1着(-0.0) 2
2010 1 2 牡4 57 セイウンワンダー 1 マイラーズカップ(G2) 4着(0.3) 4
2 8 牡5 56 シルポート 3 メイステークス(OP) 2着(0.3) 3
3 4 牡7 56 キャプテンベガ 9 都大路ステークス(OP) 9着(1.3) 6
2009 1 8 牡6 57 シンゲン 2 新潟大賞典(G3) 1着(-0.5) 5
2 12 牡5 56 ヒカルオオゾラ 1 マイラーズカップ(G2) 6着(0.4) 2
3 11 牡6 56 キャプテンベガ 3 都大路ステークス(OP) 2着(0.0) 2
2008 1 12 牡4 56 サンライズマックス 4 新潟大賞典(G3) 8着(0.6) 2
2 7 牡4 56 ヒカルオオゾラ 1 朱雀ステークス(1600万) 1着(-0.5) 1
3 17 牡8 56 グラスボンバー 12 新潟大賞典(G3) 10着(0.9) 14
前走新潟大賞典

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中7頭を占めます。その7頭すべてに芝2000mの重賞連対経験がありました。

前走オープン特別

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中7頭を占めます。2010年3着キャプテンベガを除く6頭が前走連対馬でした。ちなみにキャプテンベガは、2009年のエプソムカップでも3着に好走したリピーターでした。

年齢

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中15頭4歳馬でした。優勝馬では、6歳以上の馬がシンゲン(2009年)1頭のみとなっており、キャリアのある馬よりも若い馬の方が活躍する傾向にあります。3着以内に好走した6歳以上10頭のうち、キャプテンベガ(2009年3着&2010年3着)を除く8頭に、芝2000mの重賞連対経験がありました。

人気

過去10年のエプソムカップ3着以内30頭中25頭1~6番人気でした。3着以内に好走した7番人気以下だった5頭は、ともに重賞連対経験がありました。

予想

順当な決着が多いエプソムカップ。今年のエプソムカップ2018も上位人気馬(特に1~6番人気)を中心に考えたいレースになるでしょうか。今年は、人気を集めそうな4歳馬(ダイワキャグニーサトノアーサー)が出走を予定しており、データ傾向からは注目の2頭になりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑩ダイワキャグニー

4歳馬、前走メイステークス2018優勝、重賞好走歴ありとデータ傾向&実績ともに狙い目になるでしょうか。深く考えず本命。

○⑯サトノアーサー

過去のレースを見ると、直線広いところに出して直線一気というタイプ。前走メイステークス2018は、通ってきたコースの差と思えるほどの僅差で3着となりました。前走オープン特別3着馬は、データ傾向からは狙い難いものの、能力でダイワキャグニーに大きく劣っているとも思えないので…。

▲⑧サーブルオール

人気馬騎乗のルメール騎手ということで、適当に押さえました。前走美浦ステークス2018は、2着馬レッドローゼスに並ばれてからもう一度伸びての完勝でした。ただその後、レッドローゼスは、降級初戦(1000万クラス)で3着に敗れており、やや評価が難しい感じがします。

△⑬アデイインザライフ

約1年4ヵ月の長期休養明けから3戦目。直近2戦は中山のマイル戦を使っていますが、実績を見る限りは、1800~2000m戦の方が合いそうですね。データ傾向からは、芝2000m戦の重賞(新潟記念2016優勝)連対経験がありますし、6歳以上の馬の中では、押さえても良さそうな1頭かもしれません。

馬連◎-○ 3連複◎-○-▲△合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、4着、14着、15着でした。本命◎ダイワキャグニーは、14着でした。

エプソムカップ2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 16 牡4 56 サトノアーサー 2 メイステークス(OP) 3着(0.2) 2
2 6 牡5 56 ハクサンルドルフ 4 新潟大賞典(G3) 8着(0.4) 4
3 5 牡6 56 グリュイエール 5 府中ステークス(1600万) 1着(-0.1) 3

晩に録画を見ました。手堅くダイワキャグニーとサトノアーサーの馬連を狙っていたのですが、まさかダイワキャグニーが飛ぶとは…。ダイワキャグニーは、コーナーで既に手応えが怪しい感じでした。さらに雨の重馬場で外が伸びる中、内を突いていたので、全く伸びることも無く、最後は流していました。

2着ハクサンルドルフは、データ傾向から狙えず。過去新潟大賞典組は、芝2000m戦の重賞連対経験がありました。不良馬場や重馬場での好走歴があるので、馬場が味方した2着だったといえるかもしれません。

いつも後方から直線一気という競馬の優勝馬サトノアーサー。今回はスタートが良く中団から進めていました。最後は、外の馬場が良いところに出して差し切り勝ち。2着馬以下との着差が大きいわけではありませんが、かなり強くなった印象でした。これは秋が楽しみだと思います。

深く考えない競馬