フェアリーステークス 2018 過去9年のデータと予想

日程 2018年1月7日(日曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳牝馬
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

フェアリーステークス 2018

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い致します。

3歳牝馬のマイル重賞「フェアリーステークス 2018」です。春のクラシック桜花賞に向けた一戦ですが、フェアリーステークス組が活躍する例は、とても少ないです。(´・ω・`;) 桜花賞のことは考えず、予想した方が良いかもしれないですね。

コース形態

中山競馬場の芝1600mコース
中山競馬場の芝1600mコース

過去9年のフェアリーステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは6回あります。波乱傾向のレースですね。穴馬の激走が多いレースで、馬連も高配当が続いています。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 5,990円 34,060円 275,620円
2016 5,600円 15,380円 79,270円
2015 32,220円 53,320円 482,170円
2014 9,130円 22,500円 132,210円
2013 39,140円 42,370円 515,610円
2012 33,120円 61,660円 509,720円
2011 1,890円 2,750円 13,600円
2010 9,020円 7,320円 87,200円
2009 1,960円 25,990円 132,980円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去9年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
フェアリーステークス 2018
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 15 54 ライジングリーズン 10 アルテミスステークス(G3) 13着(1.6) 12
2 3 54 アエロリット 1 サフラン賞(500万) 2着(0.0) 1
3 8 54 モリトシラユリ 7 未勝利(中山ダ1800m) 1着(-0.7) 1
2016 1 6 54 ビービーバーレル 3 赤松賞(500万) 3着(0.3) 4
2 4 54 ダイワドレッサー 10 葉牡丹賞(500万) 9着(0.5) 12
3 5 54 ダイワダッチェス 7 未勝利(東京芝1400m) 1着(-0.2) 1
2015 1 4 54 ノットフォーマル 11 赤松賞(500万) 8着(0.7) 6
2 15 54 ローデッド 8 未勝利(中京芝2000m) 1着(-0.1) 4
3 1 54 テンダリーヴォイス 3 赤松賞(500万) 2着(0.0) 3
2014 1 7 54 オメガハートロック 1 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.1) 1
2 15 54 ニシノアカツキ 10 ベゴニア賞(500万) 11着(0.8) 10
3 3 54 リラヴァティ 4 未勝利(阪神芝1600m) 1着(-0.1) 3
2013 1 8 54 クラウンロゼ 10 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.2) 10
2 11 54 ウキヨノカゼ 5 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.4) 10
3 14 54 サンブルエミューズ 2 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 8着(0.8) 2
2012 1 8 54 トーセンベニザクラ 3 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 10着(0.7) 9
2 5 54 マイネエポナ 14 未勝利(小倉芝1800m) 1着(-0.3) 6
3 4 54 ダイワミストレス 5 黒松賞(500万) 2着(0.0) 1
2011 1 4 54 ダンスファンタジア 1 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 9着(0.8) 2
2 13 54 スピードリッパー 7 サフラン賞(500万) 3着(0.2) 3
3 1 54 アドマイヤセプター 2 エリカ賞(500万) 7着(0.7) 1
2010 1 9 54 コスモネモシン 11 未勝利(中山芝1800m) 1着(-0.2) 1
2 13 54 アプリコットフィズ 2 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.7) 1
3 16 54 テイラーバートン 1 500万(阪神芝1600m) 1着(-0.1) 2
2009 1 1 54 ジェルミナル 1 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 6着(1.1) 2
2 3 54 アイアムネオ 4 新馬(中山芝1600m) 1着(-0.5) 1
3 4 54 グッデーコパ 10 ホープフルステークス(OP) 11着(2.2) 10
前走阪神ジュベナイルフィリーズ

過去9年のフェアリーステークスでは、計4頭が馬券圏内に来ています。下位着順だった馬よりは、中位だった馬の巻き返しが多い印象です。

  • 2009年1着ジェルミナル(前走阪神ジュベナイルフィリーズ6着)
  • 2011年1着ダンスファンタジア(前走阪神ジュベナイルフィリーズ9着)
  • 2012年1着トーセンベニザクラ(前走阪神ジュベナイルフィリーズ10着)
  • 2013年3着サンブルエミューズ(前走阪神ジュベナイルフィリーズ8着)
前走未勝利戦

過去9年のフェアリーステークス3着以内27頭中6頭を占めます。では、計5頭が馬券圏内に来ています。前走から距離短縮した人気薄の激走が目立ちます。

  • 2010年1着コスモネモシン(11番人気、前走中山芝1800m)
  • 2012年2着マイネエポナ(14番人気、前走小倉芝1800m)
  • 2014年3着リラヴァティ(4番人気、前走阪神芝1600m)
  • 2015年2着ローデッド(8番人気、前走中京芝2000m)
  • 2016年3着ダイワダッチェス(7番人気、前走東京芝1400m)
  • 2017年3着モリトシラユリ(7番人気、前走中山ダート1800m)

過去9年のフェアリーステークス3着以内27頭中18頭が内枠(1~4枠)でした。一方、外枠(7~8枠)の馬の好走も多く、3着以内27頭中7頭を占めます。真ん中あたりの枠よりも、内か外という極端な枠の方が良い傾向にありそうです。

二桁人気馬

過去9年のフェアリーステークスでは、計7頭が馬券圏内に来ています。2011年を除いて、毎年、馬券圏内に好走しています。

馬券予想

フェアリーステークス 2018は、全く候補が絞れないほど、かなりの混戦模様です。波乱傾向のレースですし、考えた所で当たりそうに無いですね…。差のないメンバーだと思うので、内でロス無く進めそうな馬が狙い目になるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。内枠を中心に選びましたが、全く当たる気がしないです…。(´・ω・`;) 前走の内容と勝ちっぷりだけで言えば、外枠の3頭(レッドベルローズ、プリモシーン、テトラドラクマ)が強そうですね。

◎⑧グランドピルエット

前走ひいらぎ賞2017は、前に行った2頭を交わせず3着。ジリジリ伸びていたものの、前が止まらない決着でした。中山コースの相性は良さそうなので、前走のように内の好位で進めることが出来れば…。

○⑦トロワゼトワル

前走アルテミスステークス2017 4着。2着サヤカチャン&3着ラテュロスの前に行った2頭が残るレースだったことを考えると、新馬戦後4ヶ月の休養明けの一戦で、中団から差して4着に来たのは、ポテンシャルの高さを感じます。

▲⑥ジョブックコメン

前走は、中山マイルの未勝利戦。外枠&後方からの競馬で、最後は外をぶん回しての直線一気でまとめて差し切りました。1頭だけ脚が違うような勝ちっぷりでした。ロス無く進めることが出来れば、一発あっても…。

△⑤ライレローズ

前走は、東京マイルの未勝利戦。先行してそのまま押し切っての優勝でした。内の前残りに期待して、適当に押さえ。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、5着、7着、8着、9着でした。

本命◎グランドピルエットは、8着でした。

フェアリーステークス 2018
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 14 プリモシーン 2 未勝利戦(東京芝1600m) 1着(-0.0) 1
2 10 スカーレットカラー 6 白菊賞(500万) 2着(0.2) 6
3 13 レッドベルローズ 7 新馬戦(東京芝1600m) 1着(-0.0) 3

カスリもせず。(´・ω・`;)

前走の内容が良く見えた3頭がそれぞれ1着プリモシーン、3着レッドベルローズ、6着テトラドラクマに好走したので、殆ど力通りの決着だったようです。過去の傾向から内枠に絞って狙ったのですが、データ無視の決着となりました。京都金杯2018に続いて、例年とは違う傾向となりました。

トロワゼトワルは大きく出遅れて、最後方から。スタートで終わった感じですね…。それでも最後は、上がり最速の脚で5着まで詰めてきています。

優勝したプリモシーンは、このメンバーでは力が上という内容でした。ただ桜花賞2018となると、例年チューリップ賞組やクイーンステークス優勝馬が中心。フェアリーステークスは、出世レースでは無いので、この先のローテと成績は気になるところですね。