G3の過去データと予想

ファルコンステークス-過去データと予想

日程 2020年3月14日(土曜)
開催 中京競馬場11R
距離 芝1400m
格付け G3
条件 3歳
斤量 別定
出走数 18頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

ファルコンステークス2020

3歳重賞、ファルコンステークス2020です。過去の上位馬を見る限り、あまり出世レースという印象がありません。とはいえ中京競馬場が改修された2012年以降では、インパルスヒーロー(2013年)、タガノブルグ(2015年)、ボンセルヴィーソ(2017年)の3頭がNHKマイルカップで好走しており、春のG1に向けて注目したいレースだと思います。

中京競馬場の芝1400mコース

配当

過去8年のファルコンステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが3回あります。馬連や3連複も好配当となる年が多く、3連複は過去7回で万馬券が出ています。波乱傾向のレースといえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 2,270円 3,660円 24,470円
2018 5,480円 11,120円 61,560円
2017 1,610円 11,320円 60,680円
2016 1,960円 12,960円 42,480円
2015 24,640円 66,990円 638,950円
2014 850円 12,840円 47,980円
2013 8,170円 29,040円 150,580円
2012 19,180円 53,360円 320,140円

では過去8年のファルコンステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

スポンサーリンク

過去8年の1~3着馬の前走データ

ファルコンステークス2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 15 56 ハッピーアワー 4 シンザン記念(G3) 5着(0.4) 3
2 13 56 グルーヴィット 3 500万(東京ダ1400m) 1着(-0.2) 1
3 4 54 ローゼンクリーガー(牝) 2 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1) 12着(1.2) 13
2018 1 10 56 ミスターメロディ 3 500万(東京ダ1400m) 1着(-0.4) 1
2 7 57 アサクサゲンキ 7 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 10着(1.5) 8
3 8 57 フロンティア 5 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 8着(1.1) 6
2017 1 9 56 コウソクストレート 3 シンザン記念(G3) 14着(3.1) 6
2 10 56 ボンセルヴィーソ 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 3着(0.4) 12
3 5 56 メイソンジュニア 6 全日本2歳優駿(G1) 5着(2.0) 6
2016不良 1 5 57 トウショウドラフタ 2 クロッカスステークス(OP) 1着(-0.5) 3
2 15 57 ブレイブスマッシュ 3 京成杯(G3) 12着(1.3) 9
3 1 56 シゲルノコギリザメ 9 アーリントンカップ(G3) 12着(0.6) 6
2015稍重 1 1 56 タガノアザガル 14 クロッカスステークス(OP) 9着(1.6) 6
2 3 57 アクティブミノル 4 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 5着(0.4) 9
3 8 56 ヤマカツエース 5 アーリントンカップ(G3) 6着(0.2) 10
2014 1 13 56 タガノグランパ 1 アーリントンカップ(G3) 2着(0.6) 3
2 6 56 サトノルパン 3 500万(東京芝1400m) 1着(-0.3) 1
3 4 56 アルマエルナト 11 朱竹賞(500万) 1着(-0.0) 3
2013 1 2 56 インパルスヒーロー 2 500万(東京芝1400m) 1着(-0.2) 1
2 8 56 カシノピカチュウ 11 500万(阪神芝1400m) 4着(0.1) 4
3 9 56 エールブリーズ 5 500万(阪神芝1400m) 6着(0.3) 1
2012 1 15 56 ブライトライン 4 アーリントンカップ(G3) 7着(0.4) 5
2 8 56 レオンビスティー 12 シンザン記念(G3) 8着(0.9) 10
3 17 56 サドンストーム 3 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 6着(0.6) 5
1番人気

過去8年のファルコンステークス3着以内24頭中1頭を占めます。タガノグランパ(2014年1着)のみで、1番人気が凡走傾向のレースといえそうです。

1~4枠

過去8年のファルコンステークス3着以内24頭中14頭を占めます。3着以内に来た6番人気以下の7頭すべてが内枠(1~4枠)でした。

前走1400~1600m戦

過去8年のファルコンステークス3着以内24頭中22頭を占めます。

前走重賞レース

過去8年のファルコンステークス3着以内24頭中15頭を占めます。前走G1レース出走馬やシンザン記念組の好走が目立ちます。

牝馬

過去8年のファルコンステークス3着以内24頭中1頭を占めます。牝馬の出走自体が少ないこともありますが、劣勢傾向にあると言えるかもしれません。昨年3着ローゼンクリーガーは、11番人気の4着馬と僅かクビ差でした。

予想

今年のファルコンステークス2020は、例年通り難解なレースになりそうです。1番人気の凡走が多いことに加え、何が来てもおかしくないメンバー構成。ざっと出走予定馬を見た感じでは、カスりもしない決着もありそうです。

以下、簡単な考察と予想です。過去データの傾向から差し追い込みの牡馬を中心に狙ったものの、全く当たる気がしません。

◎10ラウダシオン

後ろで脚を溜める競馬から一転、前走クロッカスステークスは、逃げて後続を突き放す完勝でした。前からでも後ろからでも対応できる脚質は魅力です。大混戦のメンバー構成なので、3勝してる実績に期待して本命にしました。

○9アブソルティスモ

過去、差し追い込み馬の活躍が多いレース。後ろ過ぎない位置で脚を溜める脚質は良さそうです。前走クロッカスステークスは、外からの追い込みで4着。逃げ馬が優勝、2~3着馬が好位だったことを考えると、向かないレースだったかもしれません。デビューから好メンバーと戦ってきて崩れてないのも魅力です。

▲2ヴェスターヴァルト

好走例が多い1~4枠の穴馬(6番人気以下)。外から追い込んで差し切った前走の1勝クラスの勝ちっぷりも良かったですし、人気しないなら押さえておいても…。

△7ゼンノジャスタ

好走例が多い1~4枠の穴馬(6番人気以下)。1400m戦は、3戦して2勝3着1回の安定した走りを見せています。中京コースはデビュー戦を勝った舞台ですし、条件は良さそうです。

(無印)13ビアンフェ

好走例が多い前走朝日杯FS組。ただ過去、逃げ馬が馬券圏内に来ていないレースというのは、買い難い要素になりそうです。前走朝日杯FSは、直線で差し追い込み勢に交わされて7着。敗れたものの、粘り強さを感じるものでした。距離短縮の1400m戦も合うと思いますし、前が残る馬場なら勝ち負けがあっても良さそうですが…。

3連複4頭ボックス◎○▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、8着、11着でした。本命◎ラウダシオンは、2着でした。

ファルコンステークス2020結果
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 6 54 シャインガーネット(牝) 6 フェアリーステークス(G3) 4着(0.6) 2
2 10 57 ラウダシオン 1 クロッカスSステークス(LR) 1着(-0.3) 3
3 2 56 ヴェスターヴァルト 8 1勝クラス(東京芝1400m) 1着(-0.2) 3

夜中に録画を見ました。

重馬場としてはハイペースの中、最後は差し追い込み馬が突っ込んで来る決着。過去、逃げ馬が劣勢のレースですし、ほぼ例年通りのレースとなりました。優勝シャインガーネット。牝馬の好走が少ないレースということもあってスルーしてました。オルフェーヴル産ですし、タフな馬場も味方したかもしれません。

スポンサーリンク
深く考えない競馬