フェブラリーステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年2月19日(日曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 ダート1600m
格付け GⅠ
条件 サラ系4歳以上
斤量 定量
出走数 16頭
天気 曇り参考 東京競馬場 – Yahoo!天気・災害

G1「フェブラリーステークス2017」です。毎年、国内ダートトップクラスの馬が集まるダートの一戦です。4歳馬の出走が少なくなりそうなのは少し残念ですが、昨年のフェブラリーステークス2016上位馬に加え、根岸ステークス2017や川崎記念2017の上位馬が出走を予定しており、メンバー的には楽しみな一戦になりそうです。

過去10年のフェブラリーステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。2014年は、最低人気のコパノリッキーが優勝し大波乱を演出しました。過去、硬い決着というのも殆ど無いので、馬券的には穴馬まで検討する必要がありそうです。

  • 2016年 16,010円
  • 2015年 12,370円
  • 2014年 949,120円
  • 2013年 111,130円
  • 2012年 141,910円
  • 2011年 12,240円
  • 2010年 4,190円
  • 2009年 57,720円
  • 2008年 17,550円
  • 2007年 54,210円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
フェブラリーステークス2017
年度 着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
2016 1 14 牡4 モーニン 2 根岸ステークス(G3) 1着(-0.1)
2 7 牡4 ノンコノユメ 1 チャンピオンズカップ(G1) 2着(0.2)
3 4 牡5 アスカノロマン 7 東海ステークス(G2) 1着(-0.3)
2015 1 4 牡5 コパノリッキー 1 東海ステークス(G2) 1着(-0.7)
2 14 牡5 インカンテーション 5 東海ステークス(G2) 3着(0.7)
3 10 牡5 ベストウォーリア 3 チャンピオンズカップ(G1) 11着(1.0)
2014 1 13 牡4 コパノリッキー 16 フェアウェルステークス(OP) 9着(1.4)
2 15 牡5 ホッコータルマエ 2 川崎記念(G1) 1着(-0.1)
3 11 牡6 ベルシャザール 1 ジャパンカップダート(G1) 1着(-0.0)
2013 1 2 牡5 グレープブランデー 3 東海ステークス(G2) 1着(-0.5)
2 6 牡8 エスポワールシチー 9 東京大賞典(G1) 5着(1.7)
3 10 牡7 ワンダーアキュート 7 川崎記念(G1) 2着(0.1)
2012 1 16 牡6 テスタマッタ 7 根岸ステークス(G3) 3着(0.2)
2 3 牡6 シルクフォーチュン 4 根岸ステークス(G3) 1着(0.2)
3 10 牡6 ワンダーアキュート 2 東京大賞典(G1) 2着(0.0)
2011 1 12 牡5 トランセンド 1 ジャパンカップダート(G1) 1着(-0.0)
2 13 牡7 フリオーソ 3 川崎記念(G1) 1着(-1.1)
3 5 牡4 バーディバーディ 4 東京大賞典(G1) 3着(1.0)
2010 1 4 牡5 エスポワールシチー 1 ジャパンカップダート(G1) 1着(-0.6)
2 3 牡4 テスタマッタ 5 川崎記念(G1) 3着(0.4)
3 6 牡5 サクセスブロッケン 2 東京大賞典(G1) 1着(-0.0)
2009稍重 1 15 牡4 サクセスブロッケン 6 川崎記念(G1) 3着(0.7)
2 14 牡4 カジノドライヴ 3 アレキサンドライトステークス(1600万) 1着(-0.6)
3 2 牡7 カネヒキリ 1 川崎記念(G1) 1着(-0.1)
2008 1 16 牡6 ヴァーミリアン 1 川崎記念(G1) 出走取消
2 10 牡8 ブルーコンコルド 7 東京大賞典(G1) 5着(1.8)
3 16 牡6 ワイルドワンダー 3 根岸ステークス(G3) 1着(-0.2)
2007不良 1 12 牡5 サンライズバッカス 3 平安ステークス(G3) 2着(0.0)
2 7 牡7 ブルーコンコルド 2 東京大賞典(G1) 1着(-0.7)
3 15 牡6 ビッググラス 9 根岸ステークス(G3) 1着(-0.2)
関西馬

過去10年のフェブラリーステークス3着以内30頭中27頭に及びます。関東馬は、以下3頭のみです。3頭とも人気を集めた馬でした。穴馬は、関西馬から検討するのも良さそうです。

  • 2016年2着ノンコノユメ(1番人気)
  • 2009年2着カジノドライヴ(3番人気)
  • 2008年3着ワイルドワンダー(3番人気)
前走川崎記念

2008年のヴァーミリアン(川崎記念出走取消)も加えると、過去10年のフェブラリーステークス3着以内30頭中7頭を占めます。出走取消だったヴァーミリアンを除く6頭が3着以内に好走していました。

前走東京大賞典

過去10年のフェブラリーステークス3着以内30頭中6頭を占めます。6頭とも5着以内に好走していました。ちなみに、2008年のヴァーミリアンの前々走は東京大賞典1着でした。

前走根岸ステークス

前走根岸ステークスは、過去10年で5頭が馬券圏内に来ています。5頭とも3着以内に好走していました。そのうち5頭中4頭が1着馬でした。

前走東海ステークス

東海ステークスが現行の条件となった2013年以降では、4頭が馬券圏内に来ています。4頭とも3着以内に好走していました。そのうち4頭中3頭が1着馬でした。

馬券予想

過去10年の傾向から「前走川崎記念(3着以内)」「前走東京大賞典(5着以内)」「前走根岸ステークス(3着以内)」「前走東海ステークス(3着以内)」に注目です。その他、穴馬は、関西馬から検討しても良いかもしれません。

フェブラリーステークス2017は、実績馬が多く、高いレベルで混戦という印象です。注目は、昨年末のG1チャンピオンズカップ2016を優勝したサウンドトゥルーでしょうか。その他、前走根岸ステークス2017で強烈な追い込みを決めたカフジテイクも有力馬になると思います。

以下、簡単な考察と予想です。時間的な都合で、買い目を中心に取り上げます(;´д`)

◎③ゴールドドリーム

前走チャンピオンズカップ2016は12着に敗れていますが、相性の良い東京マイルになるのはプラスに働くでしょう。能力だけで言えば、他のG1実績馬より一枚下という印象ですが、前走からの上積みがありそうな4歳馬ミルコ騎乗に期待しています。脚質的に、追い込みの有力馬より前で進めることができそうなのは良いと思います。

○⑨ベストウォーリア

前走根岸ステークス2017は、58kg背負っての強い競馬でした。1着カフジテイクと3着エイシンバッケンと4着キングズガードが最終コーナーで後方にいた馬だったことを考えると、好位から抜け出して2着に粘ったのは、能力の高さを再認識するものでした。

東京コース&戸崎ジョッキーの相性の良い馬なので、ここでも大崩れすることはないのではないかと思っています。

▲④コパノリッキー

外枠の方が良さそうな印象ですが、マイル戦の実績を考えると、無視もできない馬でしょう。中央では、前に行けなくなっているようにも感じますが、今年は他に強い逃げ馬もいないですし、スムーズな逃げができるかもしれません。

ダートマイル戦で馬券圏外となったのは、レコード決着となった昨年のフェブラリーステークス2016だけです。昨年は、中団グループからの競馬になってしまいましたし、時計的にも例外的な年だったと思います。

△⑤アスカノロマン

前走東海ステークス2017 8着。データ的には、東海ステークス組は3着以内だった馬を狙いたいところですが、3走前みやこステークス2016~2走前チャンピオンズカップ2016の流れを見ると、無視もできないところです。前哨戦を叩いてからの本番という感じがします。

昨年のフェブラリーステークス2016は、追い込みからの3着で、前目で粘った方が強さが活きてるように思いました。

①サウンドトゥルー⑩カフジテイクなど、強い追い込み馬が揃っているので、出来ることなら前目の競馬を見てみたいですね。

3連複4頭ボックス ◎○▲△ 合計4点

中団から前に行きそうな4頭を選びました。⑩カフジテイク①サウンドトゥルー⑪ノンコノユメあたりの強い追い込み馬が差して来る馬場と流れになったら、サッと諦めます…(´;ω;`)

⑥モーニンは好きな馬なので気になってますが、中間にフレグモーネを発症したというニュースがあったので、様子見したいと思います。(2日程度で治まったようですが…)

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、14着、15着でした。

本命◎ゴールドドリームは1着でした。

フェブラリーステークス2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 3 牡4 ゴールドドリーム 2 チャンピオンズカップ(G1) 12着(1.3)
2 9 牡7 ベストウォーリア 5 根岸ステークス(G3) 2着(0.2)
3 10 牡5 カフジテイク 1 根岸ステークス(G3) 1着(-0.2)

何とも言えない結果でした(・Θ・;)

前半は結構速い流れで、それでいて隊列も長くはなかったので、これはカフジテイクの勝ち負けかも…と思って見ていました。ところが、抜け出したゴールドドリームとベストウォーリアが強すぎました

「ゴールドドリームとベストウォーリアが来てる!あと何番だっけ??」と思って馬群を探すと、④(コパノリッキー)と⑤(アスカノロマン)がズルズル後退。「あかーん!」全く手応えが無さそうだったので、馬券的にはそこで終わりました。

追い込み馬すべて無印にしましたが、カフジテイクは順当の好走という感じがしました。カフジテイクは、最後の直線に入るまで、押しても前のポジションに行けないそうなので、直線一気のこの競馬がべストでしょう。

それにしても、ゴールドドリームとベストウォーリアの最後の叩き合いはしびれました。流石、中央のG1という見応えでした。

次走情報