G2の過去データと予想

フローラステークス-過去データと予想

日程 2020年4月26日(日曜)
開催 東京競馬場11R
距離 芝2000m
格付け G2
条件 3歳牝馬
斤量 馬齢(54kg)
出走数 17頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

フローラステークス2020

オークス前哨戦、フローラステークス2020です。過去10年では、フローラステークスをステップにオークス優勝を果たしたのは、サンテミリオン(2010年1着同着)のみ。ただ2~3着にフローラステークス組が好走する例は多いので、今年もオークスを考える上で、重要な一戦になりそうです。

東京競馬場の芝2000mコース

配当

過去10年のフローラステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが6回あります。偶然にも2年連続で10万馬券を下回る決着が無いので、今年は波乱決着があるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 1,690円 13,580円 57,340円
2018 13,300円 20,750円 113,290円
2017 32,010円 35,940円 397,370円
2016 1,920円 53,680円 228,510円
2015 1,120円 1,970円 10,710円
2014 5,970円 189,600円 1,088,940円
2013 870円 6,880円 24,620円
2012 730円 47,900円 163,970円
2011 103,540円 179,170円 1,131,690円
2010 1,070円 1,660円 6,830円

では過去10年のフローラステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:サンケイスポーツ賞フローラステークス 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

フローラステークス2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 4 ウィクトーリア 3 500万(中山芝1800m) 1着(-0.3) 2
2 2 シャドウディーヴァ 2 フラワーカップ(G3) 4着(0.7) 3
3 9 ジョディー 9 フラワーカップ(G3) 5着(0.9) 8
2018 1 4 サトノワルキューレ 1 ゆきやなぎ賞(500万) 1着(-0.1) 4
2 15 パイオニアバイオ 13 未勝利戦(中山芝2000m) 1着(-0.2) 1
3 16 ノームコア 5 フラワーカップ(G3) 3着(0.3) 4
2017 1 1 モズカッチャン 12 500万(中山芝1800m) 1着(-0.0) 2
2 7 ヤマカツグレース 10 君子蘭賞(500万) 2着(0.0) 4
3 14 フローレスマジック 2 クイーンカップ(G3) 3着(0.4) 2
2016 1 18 チェッキーノ 3 アネモネステークス(OP) 1着(-0.2) 3
2 11 パールコード 2 ミモザ賞(500万) 1着(-0.2) 1
3 6 アウェイク 13 フリージア賞(500万) 8着(1.8) 6
2015 1 5 シングウィズジョイ 2 君子蘭賞(500万) 1着(-0.1) 2
2 6 ディアマイダーリン 1 フラワーカップ(G3) 3着(0.2) 2
3 1 マキシマムドパリ 3 君子蘭賞(500万) 2着(0.1) 1
2014 1 2 サングレアル 4 福寿草特別(500万) 4着(0.6) 2
2 5 ブランネージュ 6 君子蘭賞(500万) 1着(-0.2) 2
3 17 マイネオーラム 13 フラワーカップ(G3) 6着(0.5) 11
2013稍重 1 12 デニムアンドルビー 1 未勝利(阪神芝2000m) 1着(-0.3) 1
2 10 エバーブロッサム 2 フラワーカップ(G3) 2着(0.0) 3
3 6 ブリュネット 9 未勝利(阪神芝1800m) 1着(-0.2) 5
2012 1 6 ミッドサマーフェア 1 君子蘭賞(500万) 1着(-0.6) 1
2 10 アイスフォーリス 2 ミモザ賞(500万) 2着(0.0) 5
3 5 ダイワデッセー 18 梅花賞(500万) 6着(2.7) 7
2011 1 8 バウンシーチューン 9 未勝利(中山芝1800m) 1着(-0.2) 1
2 1 マイネソルシエール 15 500万(阪神芝1800m) 9着(0.9) 13
3 5 ピュアブリーゼ 3 500万(阪神芝1800m) 2着(0.1) 2
2010 1 15 サンテミリオン 1 フラワーカップ(G3) 3着(0.4) 1
2 5 アグネスワルツ 4 白菊賞(500万) 1着(-0.3) 5
3 14 ブルーミングアレー 2 クイーンカップ(G3) 5着(0.8) 3
1~3枠

過去10年のフローラステークス3着以内30頭中16頭を占めます。特に3枠は、2010~2016年の7年連続で好走馬を出しています。穴馬の好走も目立ちます。

前走重賞レース

過去10年のフローラステークス3着以内30頭中9頭を占めます。そのうち7頭が前走フラワーカップに出走していました。残る2頭はともにクイーンカップ組で、2番人気の支持を集めていました。

前走芝1800m~2000m

過去10年のフローラステークスで3着以内30頭中24頭を占めます。500万クラス連対馬(特に君子蘭賞とミモザ賞)やフラワーカップ組の好走例が多い傾向にあります。

予想

今年のフローラステークス2020は、ほぼ例年並みのメンバーだと思います。好走例が多いフラワーカップ組のレッドルレーヴや京成杯で牡馬相手に好走したスカイグルーヴが上位争いの中心になるでしょうか。ただ過去、人気馬の凡走と大穴の好走が多い波乱含みのレース。今年も大穴の激走があるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。過去データから、好走例の多いローテと枠を中心に選びました。ただ全く当たる気がしません。

◎11レッドルレーヴ

過去好走例がフラワーカップ好走馬。前走は、外枠から外々を周っての追い込みでした。見せ場のある2着だったと思います。ただ人気馬が凡走し、優勝は12番人気の波乱決着だっただけに、評価が難しいところ…。ここは好ローテに期待して狙っています。

〇3ウインマリリン

過去好走例が多い内枠(1~3枠)。1勝クラス(旧500万クラス)勝ち馬の好走例も目立ちますし、データ傾向からは狙い目になるでしょうか。前走の勝ちっぷりの良さにも期待して…。

▲9スカイグルーヴ

今回と同じ東京芝2000mの新馬戦を逃げて楽勝。その後、牡馬相手に京成杯2着とイレギュラーなローテだと思います。流石に前走並みに走れば、ここでは無視できない一頭になるでしょうか。休養明け&イレギュラーなローテということで、やや評価は下げています。

△1エレヴァテッツァ

穴候補として16フアナと迷ってエレヴァテッツァを押さえました。大穴というわけではありませんが、過去1枠の好走例も目立つレースなので、紐荒れに期待して…。全兄フェルメッツァ、兄フラガラッハ、姉エスティタートという血統を見ると、やや距離が長いかもしれません。

3連複4頭ボックス◎〇▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、5着、7着、11着でした。本命◎レッドルレーヴは、7着でした。

フローラステークス2020結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 3 ウインマリリン 4 ミモザ賞(1勝クラス) 1着(-0.3) 4
2 7 ホウオウピースフル 2 クイーンカップ(G3) 6着(0.6) 3
3 16 フアナ 5 未勝利戦(阪神芝1800m) 1着(-0.2) 1

波乱があるかも…と思っていたレースですが、上位人気馬が結果を残すかたちになりました。

直線半ば、一瞬的中を期待する場面がありましたが、1番人気スカイグルーヴ、3番人気レッドルレーヴが失速…。強風の影響もあるでしょうか。抜け出したタイミングが早かった可能性はありそうです。

インコースをロスなく進めたウインマリリンが優勝。スカイグルーヴとレッドルレーヴが垂れる中、粘り切ったのはポテンシャルの高さを感じる内容だったと思います。2着ホウオウピースフル。クイーンカップ組ですが、偶然か否か過去データと同じ2番人気でした。人気を集めたクイーンカップ組は狙い目といえるかもしれません。3着には押さえ候補として迷ったフアナ。この先も楽しみが大きい3着だったと思います。ちなみに過去の3着以内に来た前走未勝利戦組は、前走3月のレースに出走していました。

押さえていたエレヴァテッツァは、出遅れて後方から周ってきただけという内容。参考外のレースになるとはいえ、残念過ぎるレースでした。

深く考えない競馬