フラワーカップ 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年3月20日(月曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳牝馬
斤量 別定
出走数 14頭
天気 晴れ参考 中山競馬場 – Yahoo!天気・災害

「フラワーカップ2017」です。桜花賞やオークスの前哨戦として行われていますが、ステップレースとしてはあまり良い成績を残せていません。フラワーカップの上位馬の多くは、古馬になってからの牝馬重賞で活躍する馬が多い印象です。

過去10年のフラワーカップの配当を見ると、3連単10万馬券超えは1回だけで、大波乱の傾向はありません。ただ直近2年連続で、二桁人気馬が馬券圏内に来ているので、穴馬には注意したいところです。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 1,120円 24,920円 82,600円
2015 12,520円 14,380円 83,850円
2014 1,830円 7,750円 20,200円23,570円
2013 1,420円 8,080円 28,720円
2012 2,190円 21,570円 114,060円
2011 1,740円 6,180円 34,770円
2010 2,830円 1,360円 15,350円
2009 2,950円 7,440円 79,110円
2008 2,830円 3,660円 18,680円
2007 1,440円 11,660円 43,140円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
フラワーカップ2017
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 9 54 エンジェルフェイス 1 未勝利(阪神芝1800m) 1着(-0.2)
2 3 54 ゲッカコウ 2 500万(中山芝1800m) 1着(-0.2)
3 10 54 ウインクルサルーテ 14 水仙賞(500万) 7着(1.3)
2015 1 1 54 アルビアーノ 1 500万(東京芝1400m) 1着(-0.3)
2 5 54 アースライズ 12 未勝利(阪神芝1800m) 1着(-0.0)
3 12 54 ディアマイダーリン 2 赤松賞(500万) 1着(-0.0)
2014 1 7 54 バウンスシャッセ 3 寒竹賞(500万) 1着(-0.2)
2 9 54 マイネグレヴィル 4 京成杯(G3) 5着(0.5)
2 13 54 パシフィックギャル 6 アルテミスステークス(G) 2着(0.1)
2013 1 4 54 サクラプレジール 2 新馬(東京芝1600m) 1着(-0.2)
2 11 54 エバーブロッサム 3 未勝利(中山芝2000m) 1着(-0.0)
3 6 54 リラコサージュ 6 未勝利(京都ダ1400m) 1着(-0.5)
2012 1 13 54 オメガハートランド 6 クイーンカップ(G3) 9着(0.7)
2 7 54 メイショウスザンナ 1 セントポーリア賞(500万) 1着(-0.0)
3 9 54 サンキューアスク 10 500万(中山芝1800m) 7着(0.5)
2011(阪神) 1 5 54 トレンドハンター 5 500万(京都ダ1800m) 1着(-0.2)
2 11 54 ハブルバブル 1 500万(阪神芝1400m) 4着(0.5)
3 3 54 マヒナ 7 菜の花賞(500万) 12着(降着)(0.0)
2010 1 12 54 オウケンサクラ 3 チューリップ賞(G3) 4着(0.4)
2 11 55 コスモネモシン 4 フェアリーステークス(G3) 1着(-0.0)
3 9 54 サンテミリオン 1 若竹賞(500万) 1着(-0.4)
2009 1 4 54 ヴィーヴァヴォドカ 11 黄梅賞(500万) 13着(2.1)
2 16 55 ディアジーナ 1 クイーンカップ(G3) 1着(-0.0)
3 3 54 マジックシアター 2 500万(中山ダ1800m) 7着(0.9)
2008 1 1 54 ブラックエンブレム 1 きんせんか賞(500万) 1着(-0.7)
2 8 54 レッドアゲート 8 500万(東京芝2400m) 4着(0.7)
3 10 54 シングライクバード 2 つばき賞(500万) 1着(-0.0)
2007 1 5 54 ショウナンタレント 1 きんせんか賞(500万) 1着(-0.1)
2 15 54 ホクレレ 6 500万(東京ダ1600m) 1着(-0.0)
3 4 54 クロコレーヌ 12 チューリップ賞(G3) 7着(1.3)
前走1着

過去10年のフラワーカップ3着以内30頭中18頭を占めます。

3着以内で見ると、前走1着馬か前走馬券圏外の馬かという感じで、例外は2014年3着パシフィックギャル(前走2着)のみです。

人気

過去10年のフラワーカップでは、1番人気馬結果を残しており、複勝率80%(4-3-1-2)となっています。一方で、二桁人気馬の好走も多く、過去10年では計5頭が馬券圏内に来ています。

馬券予想

過去10年の傾向から「前走1着馬」「1番人気」に注目です。

フラワーカップ2017は、重賞好走歴のある馬や前走500万勝ちの馬が集まり、3着以内と考えると、かなりの混戦模様だと思います。

中でも注目は、ファンディーナでしょうか。デビュー戦が9馬身差の圧勝。2戦目のつばき賞がノーステッキで上がり33.0秒の脚を使って楽勝していました。波乱がないとすれば、ファンディーナの相手探しという競馬になりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。時間的な都合で、買い目を中心に取り上げます(;´д`)

◎⑫ファンディーナ

2戦2勝、デビュー戦の内容からも、ここは勝ち負けを期待したいです。ただ過去の傾向では、フラワーカップ自体がクラシックに直結するレースではないので、素質馬であれば何故ここを使うのか…という疑問が残りますね。

○④サンティール

デビュー戦と未勝利戦ともに、今回と同コースの中山芝1800mでした。未勝利戦は好位からの競馬で、直線抜け出してアッサリという内容でした。一転、前走京成杯2017は、出負けして後方からの競馬となり、7着に破れています。ただ最後の直線に入ってから、良い脚で伸びていたので、0.4秒差の7着は悲観するようなものでは無いと思いました。

毎度、父ハービンジャー産は、重賞での買い時が難しいですが、昨年のフラワーカップ2016 3着のウインクルサルーテもハービンジャー産でした。わりと中山の重賞は走るイメージがある産駒です。今回、人気薄になるのは確実だと思うので、人気とオッズ次第では…と思っています。

▲③モリトシラユリ

土日の中山が少し時計のかかるタフな馬場という印象で、小柄な馬格の⑩ハナレイムーンや①ディーパワンサではなく、ダートでの好走歴のあるモリトシラユリを押さえました。

大敗した前走のクイーンカップ2017を除くと、戦ってきたメンバーは低調という感じですが、馬場適正、距離適性、フェアリーステークス2017での好走歴と紐候補として考えれば、十分に有り得そうな気がします。

△⑤デアレガーロ

モリトシラユリと同様、少し馬格のしっかりしたデアレガーロを押さえました。

中山コース2戦2勝ですが、前走の500万クラスは辛勝という印象で、追って追って何とか差し切ったというように見えました。メンバーが一回り強くなるここでは、能力的に少し不安が残りますが、鞍上にルメール騎手を迎え、新味が出ることに期待したいですね。

(無印)⑩ハナレイムーン

前走クイーンカップ2017 5着。3着フローレスマジック、4着レーヌミノルとは通ったコースの差という感じで、前走のメンバーを見れば、ここでは上位候補の1頭ではないでしょうか。

過去のフラワーカップでは、意外と差し追い込み馬の好走が多いので、脚質的にも期待したいです。小柄な馬なので、内で包まれる可能性があるよりは外枠も良いかもしれません。

(無印)①ディーパワンサ

前走阪神ジュベナイルフィリーズ2016 4着、前々走デイリー杯2歳ステークス2016 4着。接戦を演じてきた相手を見ると、ここでは能力上位でしょうか。ただ過去10年では、阪神ジュベナイルフィリーズ好走馬が馬券圏外に敗れるケースが多いレースなので、押さえまでという感じです。

3連複 ◎ – ○▲△ – ○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、7着、9着、11着でした。

本命◎ファンディーナは1着でした。

フラワーカップ2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 12 ファンディーナ 1 つばき賞(500万) 1着(-0.3)
2 6 シーズララバイ 8 フリージア賞(500万) 6着(0.4)
3 8 ドロウアカード 7 白菊賞(500万) 3着(0.5)

紐荒れですね…。全くカスリもせずでした(・Θ・;)

やはりファンディーナは強かったです。ただまわってきて圧勝という感じがしました。例年、フラワーカップ好走馬はクラシックではなく、古馬になってからというイメージですが、ファンディーナからは例外的強さを感じますね。

最初の1000mが61.1秒というスローで流れ、2着以下もまわってきただけというようなレースに見えてしまいました…。押さえていたサンティール、モリトシラユリ、デアレガーロが抜けてくる気配もなく、何の興奮もなく終わってしまいました(´・ω・`) 内で包まれた馬や後方から進めた馬にはノーチャンスだったように思います。

1~3着馬の次走情報