富士ステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年10月21日(土曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1600m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 15頭
天気 弱雨(Yahoo!天気・災害)

富士ステークス 2017

マイル重賞「富士ステークス2017」です。G1マイルチャンピオンシップ2017の前哨戦(1着馬に優先出走権)として行われます。富士ステークス組の好走例はわりと多く、およそ2年に1度の周期でマイルチャンピオンシップで好走する馬を輩出しています。

コース形態

東京競馬場の芝コース
東京競馬場の芝コース

過去10年の菊花賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えは6回あります。直近2年は硬めの決着となっていますが、過去171万馬券(2010年)や219万馬券(2009年)という高配当が炸裂しており、波乱傾向の重賞といえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 1,960円 3,340円 19,900円
2015 1,330円 4,780円 28,720円
2014 14,780円 46,230円 266,760円
2013 3,930円 74,840円 250,420円
2012 4,990円 95,330円 468,140円
2011 2,320円 7,610円 33,270円
2010 22,000円 309,520円 1,718,480円
2009 25,590円 160,550円 2,192,750円
2008 5,230円 17,210円 96,570円
2007 4,350円 27,460円 171,660円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
富士ステークス 2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2016 1 3 牡4 57 ヤングマンパワー 3 関屋記念(G3) 1着(-0.0) 3
2 4 牡5 58 イスラボニータ 4 安田記念(G1) 5着(0.3) 4
3 2 牡4 57 ダノンプラチナ 2 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 3着(0.3) 2
2015 1 3 牡3 54 ダノンプラチナ 4 皐月賞(G1) 11着(1.3) 5
2 11 牡4 56 サトノアラジン 1 エプソムカップ(G3) 2着(0.0) 1
3 14 牡5 58 ロゴタイプ 3 オールカマー(G2) 4着(0.5) 2
2014 1 16 牡3 54 ステファノス 2 セントライト記念(G2) 4着(0.2) 5
2 7 牡4 56 シャイニープリンス 12 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 6着(0.3) 10
3 11 牡4 56 レッドアリオン 5 西宮ステークス(1600万) 1着(-0.3) 2
2013 1 9 牡5 57 ダノンシャーク 1 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 2着(0.2) 2
2 12 牡5 58 リアルインパクト 9 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 12着(0.7) 7
3 4 牡3 54 シャイニープリンス 14 信越ステークス(OP) 14着(0.5) 4
2012 1 18 牡3 54 クラレント 5 ポートアイランドステークス(OP) 8着(0.3) 6
2 10 牡3 55 ファイナルフォーム 3 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.3) 2
3 11 牡5 56 ヒットジャポット 14 六甲ステークス(OP) 6着(0.8) 2
2011不良 1 13 牡4 56 エイシンアポロン 1 毎日王冠(G2) 4着(0.1) 10
2 8 牝4 54 アプリコットフィズ 6 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 2着(0.1) 7
3 5 牡3 54 マイネルラクリマ 5 オールカマー(G2) 6着(0.6) 3
2010 1 9 牡4 56 ダノンヨーヨー 2 ポートアイランドステークス(OP) 1着(-0.4) 1
2 3 セ6 57 ライブコンサート 14 安田記念(G1) 15着(1.4) 18
3 14 牡3 55 ガルボ 13 ラジオNIKKEI賞(G3) 8着(0.7) 13
2009 1 3 牡5 57 アブソリュート 6 安田記念(G1) 13着(1.4) 8
2 17 牡6 56 マルカシェンク 11 チャレンジカップ(G3) 14着(1.0) 8
3 10 牡8 56 マイケルバローズ 15 朱鷺ステークス(OP) 1着(-0.1) 14
2008 1 5 牡5 57 サイレントプライド 4 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 1着(-0.0) 4
2 1 牡5 56 リザーブカード 5 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 6着(0.8) 1
3 15 牡4 56 バトルバニヤン 7 ポートアイランドステークス(OP) 2着(0.6) 3
2007 1 4 牡3 54 マイネルシーガル 4 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 3着(0.4) 1
2 15 牡6 56 マイケルバローズ 7 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 4着(0.5) 6
3 5 牡5 56 トウショウカレッジ 8 ポートアイランドステークス(OP) 9着(0.9) 3

外枠

過去10年の富士ステークス3着以内30頭中14頭二桁馬番(外枠)でした。昨年は、内枠の人気馬で決着していますが、例年外枠の馬が好走しており、毎年1頭以上が馬券圏内にきていました。

前走京成杯オータムハンデキャップ

過去10年の富士ステークス3着以内30頭中7頭を占めます。鉄板というわけではありませんが、好走例の多いローテとなっています。京成杯オータムハンデキャップで負けた馬の巻き返しが目立つ一方、京成杯オータムハンデキャップ優勝馬は、以下の2頭が富士ステークスに出走し、ともに馬券圏外に敗れています。

  • 2016年9着ロードクエスト
  • 2009年5着ザレマ

人気

過去10年の富士ステークス3着以内では、計7頭二桁人気馬が馬券圏内に好走しています。5~9番人気の伏兵・中穴も計10頭が馬券圏内に好走するなど、人気薄の激走が目立ちます。2015~2016年と2年連続で上位人気決着していますが、人気薄に注意したい傾向のレースだと思います。

馬券予想

過去10年の傾向から「外枠(二桁馬番)」「前走京成杯オータムハンデキャップ」「人気薄」に注目です。

今年の富士ステークス2017は、層の厚いメンバーが揃いました。イスラボニータエアスピネルなど国内マイルG1実績馬のほか、サマーマイルシリーズを戦ってきた実績馬が上位争いの中心になるでしょうか。ペルシアンナイトなど3歳馬の取捨も含め、馬券的には難関な一戦になりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。

評価が難しい3歳馬を深く考えず軽視。人気実力馬から好走例の多い京成杯オータムハンデキャップ2017組を押さえました。
◎⑥エアスピネル

前走札幌記念2017 5着。マイル路線に進むと思いきや、再び2000m戦の札幌記念へ。力のあるところは見せたものの、5着に敗れました。

今回は、相性の良いマイル戦。加えて、緩い流れになりそうなメンバーなので、好位で競馬ができそうなのは、プラスに働きそうです。期待の本命。

○⑮イスラボニータ

前走安田記念2017 8着。マイル以下では安定した成績を残しており、昨年の富士ステークス2016も2着に好走しています。エアスピネルと同様、好位で競馬ができるのは良さそうです。

▲⑪グランシルク

前走京成杯オータムハンデキャップ2017 1着。楽勝といって良い程の勝ちっぷり。過去10年では、京成杯オータムハンデキャップ勝ち馬の好走例が無いですが、前走の内容なら…。ただやはり東京マイルの成績が悪いのも気掛かりではあります。

△⑦マイネルアウラート

前走京成杯オータムハンデキャップ2017 15着。近走は崩れていますが、東京のマイル重賞は大崩れがなく安定した成績を残しています。

  • 東京新聞杯2016 3着(11番人気)
  • 富士ステークス2016 4着(11番人気)
  • 東京新聞杯2017 4着(4番人気)

今回は、強い逃げ馬が不在に加えて、先行馬も少なく緩い流れになりそうなメンバー構成。過去好走した東京のマイル重賞のように、上手く先行出来れば、粘り込みもあるのでは…と思っています。人気もしないと思うので、ここは紐に押さえておきたいです。

3連複◎-○-▲△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、9着、11着でした。

本命◎エアスピネルは1着でした。

富士ステークス 2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 6 牡4 エアスピネル 1 札幌記念(G2) 5着(0.4)
2 15 牡6 イスラボニータ 4 安田記念(G1) 8着(0.4)
3 13 牡5 クルーガー 11 マイラーズカップ(G2) 10着(0.9)

歯がゆい結果でした。(;´・ω・`p

馬場状態が悪く(不良馬場)、差し追い込み馬も後ろ過ぎない位置での競馬が目立ちました。この馬場で、最初の1000mが59.8秒ですから、やや速い流れだったかもしれません。

押さえていた穴馬のマイネルアウラートは、直線手前でズルズル…。既に手応えが無さそうでした。ステイゴールド産ですが、良馬場の方が良いタイプかもしれません。代わりに武豊ジョッキーのエアスピネルが進出。力の差を見せつける楽勝劇となりました。本命対抗がそのまま来たので、力のある馬が力を示したレースだったと思います。

しかし3着クルーガーは買えないですね…。グランシルクなど差し追込み馬が苦戦する馬場で上がり最速の3着ですから、馬場適性が高かったのかもしれません。

1~3着馬の次走情報