富士ステークス-過去10年のデータと予想

日程 2019年10月19日(土曜)
開催 東京競馬場11R
距離 芝1600m
格付け G3
条件 3歳以上
斤量 別定
出走数 16頭
天気 曇り(ヤフー天気)

富士ステークス2019

G1マイルチャンピオンシップに向けた一戦、富士ステークス2019です。1着馬には優先出走権が与えられます。例年、富士ステークスをステップにマイルチャンピオンシップで好走する馬が多く、秋の大一番に向けて注目のレースとなっています。

東京競馬場の芝1600mコース

配当

過去10年の富士ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは5回あります。以前は荒れるレースという印象でしたが、近年は大きな波乱が少なくなってきています。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 1,110円 2,620円 9,650円
2017 1,080円 12,820円 50,980円
2016 1,960円 3,340円 19,900円
2015 1,330円 4,780円 28,720円
2014 14,780円 46,230円 266,760円
2013 3,930円 74,840円 250,420円
2012 4,990円 95,330円 468,140円
2011 2,320円 7,610円 33,270円
2010 22,000円 309,520円 1,718,480円
2009 25,590円 160,550円 2,192,750円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

富士ステークス2019過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 8 牡5 56 ロジクライ 2 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 3着(0.2) 2
2 11 牝5 54 ワントゥワン 3 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 2着(0.1) 3
3 14 牝5 54 レッドアヴァンセ 5 ヴィクトリアマイル(G1) 3着(0.0) 7
2017不良 1 6 牡4 57 エアスピネル 1 札幌記念(G2) 5着(0.4) 2
2 15 牡6 58 イスラボニータ 4 安田記念(G1) 8着(0.4) 1
3 13 牡5 57 クルーガー 11 マイラーズカップ(G2) 10着(0.9) 8
2016 1 3 牡4 57 ヤングマンパワー 3 関屋記念(G3) 1着(-0.0) 3
2 4 牡5 58 イスラボニータ 4 安田記念(G1) 5着(0.3) 4
3 2 牡4 57 ダノンプラチナ 2 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 3着(0.3) 2
2015 1 3 牡3 54 ダノンプラチナ 4 皐月賞(G1) 11着(1.3) 5
2 11 牡4 56 サトノアラジン 1 エプソムカップ(G3) 2着(0.0) 1
3 14 牡5 58 ロゴタイプ 3 オールカマー(G2) 4着(0.5) 2
2014 1 16 牡3 54 ステファノス 2 セントライト記念(G2) 4着(0.2) 5
2 7 牡4 56 シャイニープリンス 12 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 6着(0.3) 10
3 11 牡4 56 レッドアリオン 5 西宮ステークス(1600万) 1着(-0.3) 2
2013 1 9 牡5 57 ダノンシャーク 1 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 2着(0.2) 2
2 12 牡5 58 リアルインパクト 9 ダービー卿チャレンジT(G3) 12着(0.7) 7
3 4 牡3 54 シャイニープリンス 14 信越ステークス(OP) 14着(0.5) 4
2012 1 18 牡3 54 クラレント 5 ポートアイランドステークス(OP) 8着(0.3) 6
2 10 牡3 55 ファイナルフォーム 3 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.3) 2
3 11 牡5 56 ヒットジャポット 14 六甲ステークス(OP) 6着(0.8) 2
2011不良 1 13 牡4 56 エイシンアポロン 1 毎日王冠(G2) 4着(0.1) 10
2 8 牝4 54 アプリコットフィズ 6 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 2着(0.1) 7
3 5 牡3 54 マイネルラクリマ 5 オールカマー(G2) 6着(0.6) 3
2010 1 9 牡4 56 ダノンヨーヨー 2 ポートアイランドステークス(OP) 1着(-0.4) 1
2 3 セ6 57 ライブコンサート 14 安田記念(G1) 15着(1.4) 18
3 14 牡3 55 ガルボ 13 ラジオNIKKEI賞(G3) 8着(0.7) 13
2009 1 3 牡5 57 アブソリュート 6 安田記念(G1) 13着(1.4) 8
2 17 牡6 56 マルカシェンク 11 チャレンジカップ(G3) 14着(1.0) 8
3 10 牡8 56 マイケルバローズ 15 朱鷺ステークス(OP) 1着(-0.1) 14
外枠(二桁馬番)

過去10年の富士ステークス3着以内30頭中16頭を占めます。2016年を除く過去9回で、毎年1頭以上が馬券圏内に好走しています。伏兵、穴馬の好走例も目立ちます。

1~5番人気

過去10年の富士ステークス3着以内30頭中19頭を占めます。過去、二桁人気馬の好走劇が目立つレースですが、近年(直近5年)は1~5番人気馬が上位争いの中心になっています。直近5年の3着以内15頭中13頭が1~5番人気でした。

6歳以上

過去10年の富士ステークス3着以内30頭中4頭を占めます。そのうち1頭はG1馬イスラボニータ(2017年2着)、残る3頭が大波乱となった2009年~2010年の2~3着馬と考えると、6歳以上の馬は買い難い傾向にあるかもしれません。

予想

好メンバーが揃った今年の富士ステークス2019。前走G1レース勝ちのアドマイヤマーズとノームコアを中心に、重賞実績のある馬が集まりました。ただ有力馬は休養明けになるため、コンディション次第では波乱の可能性もありそうですね。

以下、簡単な考察と予想です。中穴ぐらいまでに馬を狙いましたが、全く当たる気がしません。

◎2レッドオルガ

ディープインパクト産。近年の富士ステークスでは好走例が多く、過去7年で9頭のディープインパクト産が3着以内に好走しています。東京マイルも好成績を残していますし、押さえて良いかもしれません。ただ台風後、月曜と火曜の東京競馬場の結果を見る限り、結構速い時計が出る馬場状態。週末、雨予報が出ていますが、それでも速い時計の決着となる可能性はありそうです。速い時計の実績があるわけでは無いので、馬場次第では買い難いところですが…。

○7アドマイヤマーズ

実績では無視できない1頭。休養明けに加えて、3歳で斤量57kgとハードルは高そうですが…。共同通信杯では、毎日王冠を楽勝したダノンキングリーの2着。距離適性の差という印象もあったので、マイル戦のここなら上位争いの候補になると思います。

△15ロジクライ

過去、好走例の少ない6歳馬というのは、買い難い要素になるでしょうか。昨年の富士ステークス優勝馬ですが、前に行く有力馬がいなかった為、先行脚質がハマったような印象でした。とはいえ重賞実績や東京コースの相性を考えれば、上位争いの候補といえそうです。

△10カテドラル

NHKマイルカップでは、アドマイヤマーズの3着(0.1秒差)。さらに今回は、アドマイヤマーズよりも斤量が3kg軽いですし、アドマイヤマーズを買うならカテドラルもセットで押さえて良いかもしれません。末脚が活きる展開でこそというタイプなので、極端な前残りにならなければ…。

3連複4頭ボックス◎○△△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、5着、9着、17着でした。本命◎レッドオルガは、3着でした。

富士ステークス2019結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 16 牝4 56 ノームコア 2 ヴィクトリアマイル(G1) 1着(-0.0) 5
2 9 牡4 57 レイエンダ 3 新潟記念(G3) 10着(0.9) 1
3 2 牝5 54 レッドオルガ 4 ヴィクトリアマイル(G1) 11着(0.9) 3

上位人気決着も、1番人気アドマイヤマーズなど、3歳馬が全て飛ぶ小波乱でした。

骨折明けでスルーしていたノームコアの完勝。叩きの一戦かと思いきや、きっちり差し切っての優勝でした。56kg背負っていましたし、強い内容だったと思います。逆に、次が買い難いパターンなのかどうかと考えすぎてしまいますね。

出遅れたカテドラルは、そのままインコース後方で脚を溜める追い込みでした。内が上手く空いていたそうで、そのまま直線でジリジリと伸びての5着でした。末脚を活かす競馬になると、堅実に走る印象です。

深く考えない競馬