阪急杯-過去10年のデータと予想

日程 2019年2月24日(日曜)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝1400m
格付け G3
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 18頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

阪急杯2019

高松宮記念2019に向けた一戦、阪急杯2019です。ステップレースとしては相性が良く、多くの高松宮記念好走馬を出しています。昨年2着モズアスコットは、後に安田記念を優勝しており、この先のG1戦線を占う上でも重要なレースだと思います。

神競馬場の芝1400mコース

配当

過去10年の阪急杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。2017年の248万馬券は異例の決着だと思いますが、それでも例年、中穴程度の馬が馬券に絡み、馬連や3連複が好配当となることが多いです。やや波乱含みと考えて良いかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 2,840円 4,270円 32,160円
2017 13,090円 239,760円 2,483,180円
2016 1,510円 4,070円 18,050円
2015 3,390円 48,690円 236,350円
2014 3,610円 13,480円 66,530円
2013 590円 7,060円 20,500円
2012 4,280円 5,160円 40,960円
2011 1,270円 3,500円 22,840円
2010 2,770円 11,570円 48,640円
2009 3,330円 5,290円 39,640円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

阪急杯2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 13 牝5 54 ダイアナヘイロー 7 シルクロードステークス(G3) 16着(1.4) 1
2 17 牡4 56 モズアスコット 1 阪神カップ(G2) 4着(0.4) 1
3 6 牡7 58 レッドファルクス 2 マイルチャンピオンシップ(G1) 8着(0.4) 3
2017 1 2 牡7 56 トーキングドラム 7 洛陽ステークス(OP) 4着(0.4) 5
2 4 牡6 56 ヒルノデイバロー 4 シルクロードステークス(G3) 4着(0.3) 8
3 12 牡8 56 ナガラオリオン 12 大和ステークス(OP) 5着(0.3) 3
2016 1 13 牡5 57 ミッキーアイル 1 香港スプリント(G1) 7着
2 11 セ5 56 オメガヴェンデッタ 4 京都金杯(G3) 12着(0.8) 2
3 3 牡4 56 ブラヴィッシモ 5 タンザナイトステークス(OP) 5着(0.3) 1
2015不良 1 13 牡6 56 ダイワマッジョーレ 2 阪神カップ(G2) 3着(0.0) 5
2 5 牡4 58 ミッキーアイル 4 阪神カップ(G2) 7着(0.4) 1
3 6 牝5 54 ローブティサージュ 9 京阪杯(G3) 14着(1.1) 4
2014 1 1 牡4 57 コパノリチャード 2 阪神カップ(G2) 10着(0.6) 2
2 6 牡8 56 サンカルロ 8 阪神カップ(G2) 4着(0.4) 6
3 7 牝4 54 レッドオーヴァル 5 マイルチャンピオンシップ(G1) 8着(0.6) 11
2013 1 3 牡5 58 ロードカナロア 1 香港スプリント(G1) 1着
2 2 牡6 56 マジンプロスパー 2 シルクロードステークス(G3) 4着(0.1) 6
3 6 牡4 56 オリービン 11 阪神カップ(G2) 15着(0.8) 7
2012 1 11 牡5 56 マジンプロスパー 4 シルクロードステークス(G3) 8着(0.5) 6
2 2 牝5 54 スプリングサンダー 3 京都牝馬ステークス(G3) 13着(1.4) 9
3 16 牡6 57 サンカルロ 1 阪神カップ(G2) 1着(-0.0) 4
2011 1 15 牡5 57 サンカルロ 4 阪神カップ(G2) 6着(0.4) 7
2 2 牡4 56 ガルボ 1 京都金杯(G3) 2着(0.0) 3
3 4 牡4 56 フラガラッハ 5 東京新聞杯(G3) 11着(0.8) 3
2010 1 2 牡5 56 エーシンフォワード 2 東京新聞杯(G3) 3着(0.2) 6
2 4 牝4 55 ワンカラット 5 京都牝馬ステークス(G3) 4着(0.1) 5
3 6 牡4 58 サンカルロ 7 阪神カップ(G2) 2着(0.2) 11
2009 1 4 牡5 56 ビービーガルダン 7 京阪杯(G3) 6着(0.3) 1
2 13 牡5 57 ローレルゲレイロ 3 東京新聞杯(G3) 13着(1.8) 2
3 3 牡4 56 ドラゴンファング 2 雲雀ステークス(1600万) 1着(-0.3) 1
1~3枠

過去10年の阪急杯3着以内30頭中18頭を占めます。例年1頭以上が馬券圏内に好走しており、内枠の好走例が多いと言えそうです。

前走阪神カップ

過去10年の阪急杯3着以内30頭中9頭を占めます。阪神カップの着順に関係なく、好走例が目立ちます。

前走重賞レース以外

過去10年の阪急杯3着以内30頭中4頭を占めます。そのうちナガラオリオン(2017年3着)を除く3頭が2枠でした。

予想

波乱傾向という印象の阪急杯2019。前走阪神カップ好走馬が上位争いの中心になりそうですが、馬券圏内には何が来てもおかしくないメンバーだと思います。例年、中穴の好走が見られるレースだけに、馬券の取捨が難しいレースになりそうですね。

以下、簡単な考察と予想です。差し追い込み馬を中心に狙いました。…が、全く当たる気がしません。

◎6スターオブペルシャ

わりと好走例の多い2~3枠に加え、阪神カップ組というのは魅力です。前走阪神カップは、後方からの競馬。内でじっくり脚を溜めて、上がり最速の脚で3着まで突っ込んできました。前に行った2頭が止まらず捕まえきれませんでしたが、見せ場は作ったように見えました。直近3戦の安定した成績を見ると、末脚が活きる流れになれば、今回も上位争いに突っ込んできそうです。

○11ロードクエスト

好位での競馬を予想していた4走前のスワンステークスは、出負けして後方からの競馬でした。それでも最後は、上がり最速の脚を使ってモズアスコットを差し切る強い内容。斤量2kg差があったとはいえ、あの脚を見ると、やはりマイル未満が合うのかもしれません。前走から距離が短くなる今回、伏兵扱いなら狙ってみても面白そうです。

▲17スマートオーディン

休養明け3戦目。前走京都金杯は、後方から大外を回しての直線一気で10着でした。10着と言っても、上位15頭近くが殆ど差のない競馬で、着順はあまり気にしないで良いかもしれません。前走の上がり最速の脚を見る限りは、復調を感じさせるものがありましたし、差し追い込み馬の活躍が目立つ阪急杯なら、上位争い食い込みがあっても良さそうです。人気しないようなら…。

△7リライアブルエース

外過ぎない枠の馬を適当に押さえました。前走東京新聞杯は、直線で若干の不利(垂れてきたショウナンアンセムを避けるため、追うのを止めて進路変更していました。)があっての7着。ただスムーズでも上位争いしたようには見えませんでしたが…。1400m戦の相性は良さそうなので、今回は距離短縮に期待して。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、4着、9着、10着でした。本命◎スターオブペルシャは、9着でした。

阪急杯2019 結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 17 牡6 56 スマートオーディン 11 京都金杯(G3) 10着(0.4) 14
2 1 牝7 54 レッツゴードンキ 4 JBCスプリント(G1) 5着(0.6) 2
3 3 牡6 56 ロジクライ 2 東京新聞杯(G3) 9着(0.6) 3

3連単207,070円の波乱決着。レッツゴードンキもロジクライも気になってはいましたが、評価的には、あと3頭(ミスターメロディ、ロジクライ、レッツゴードンキ)は押さえないと、買い目に入れることが出来ない馬でした。仕方ないですね。(むしろ適当に押さえたリライアブルエースが要らなかったかもしれません。)

レースは、内の好位で脚を溜めていた馬が上位争いする中、スマートオーディンの追い込みが決まる波乱。前走京都金杯で見せた末脚は本物という印象でした。上手く折り合えば、良い脚を持っているようなので、あとは距離が延長したときにどうなるか…でしょうか。藤岡騎手の好騎乗だったと思います。

本命スターオブペルシャは、向正面でやや掛かり気味。加えて直線は内が混雑していたこともあって、不発という印象でした。前走阪神カップは、直線で内が空いていたので、前走と真逆のレースになってしまったと思います。

深く考えない競馬