阪神カップ 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年12月23日(土曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝1400m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳以上
斤量 定量
出走数 18頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

阪神カップ 2017

G2「阪神カップ 2017」です。例年、翌年の高松宮記念 2018に向かう馬が多く出走するレース。スプリンターの活躍が目立つ一方、同年のマイルチャンピオンシップを使ったマイラーも多く出走し、バラエティ豊かなメンバーが揃います。

コース形態

神競馬場の芝1400mコース
神競馬場の芝1400mコース

過去10年の阪神カップの配当を見ると、3連単10万馬券超えは8回あります。かなり波乱傾向のレースといえそうです。直近2年は、10万円を切る払い戻しとなっていますが、ガチガチの決着というわけでも無いので、基本的には、穴馬に注意したいレースになると思います。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 3,280円 11,220円 80,280円
2015 5,940円 6,830円 49,650円
2014 9,230円 31,640円 213,360円
2013 13,870円 47,050円 328,560円
2012 13,120円 39,050円 284,680円
2011 5,660円 89,650円 490,330円
2010 3,080円 131,400円 438,250円
2009 4,690円 54,400円 123,100円146,420円
2008 3,040円 15,920円 121,970円
2007 6,010円 21,650円 111,090円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
阪神カップ 2017
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2016稍重 1 2 牡3 シュウジ 7 スプリンターズステークス(G1) 4着(0.1) 5
2 6 牡5 イスラボニータ 2 マイルチャンピオンシップ(G1) 2着(0.0) 2
3 15 牡7 フィエロ 5 マイルチャンピオンシップ(G1) 6着(0.3) 5
2015稍重 1 13 牡4 ロサギガンティア 3 オーロカップ(OP) 1着(-0.0) 2
2 15 牡5 ダンスディレクター 5 CBC賞(G3) 2着(0.1) 1
3 1 牡4 ビッグアーサー 1 京阪杯(G3) 2着(0.0) 1
2014 1 8 牡6 リアルインパクト 8 キャピタルステークス(OP) 6着(0.2) 4
2 18 牡4 コパノリチャード 3 JBCスプリント(G1) 16着(2.9) 3
3 3 牡5 ダイワマッジョーレ 5 チャレンジカップ(G3) 5着(0.3) 7
2013 1 10 牡5 リアルインパクト 8 マイルチャンピオンシップ(G1) 10着(0.8) 13
2 14 牡6 ガルボ 10 マイルチャンピオンシップ(G1) 14着(1.2) 17
3 7 牡4 クラレント 7 マイルチャンピオンシップ(G1) 11着(0.9) 4
2012 1 13 牡6 サンカルロ 3 マイルチャンピオンシップ(G1) 7着(0.5) 17
2 10 牡5 ガルボ 14 マイルチャンピオンシップ(G1) 16着(1.3) 12
3 15 牡3 ファイナルフォーム 2 マイルチャンピオンシップ(G1) 12着(0.8) 3
2011 1 13 牡5 サンカルロ 4 スワンステークス(G2) 4着(0.6) 5
2 16 牡3 グランプリボス 5 マイルチャンピオンシップ(G1) 13着(1.0) 6
3 8 牡4 フラガラッハ 13 スワンステークス(G2) 10着(1.2) 7
2010 1 14 牡7 キンシャサノキセキ 2 マイルチャンピオンシップ(G1) 13着(0.7) 3
2 13 牡4 レッドスパーダ 5 フェブラリーステークス(G1) 12着(3.5) 3
3 4 牡6 マイネルフォーグ 15 アンドロメダステークス(OP) 12着(1.8) 12
2009 1 2 牡6 キンシャサノキセキ 1 スワンステークス(G2) 1着(-0.0) 4
2 13 牡6 プレミアムボックス 7 京阪杯(G3) 1着(-0.0) 7
2 17 牡3 サンカルロ 11 マイルチャンピオンシップ(G1) 12着(0.6) 15
2008 1 3 牡4 マルカフェニックス 8 京阪杯(G3) 5着(0.2) 5
2 14 牡3 ファリダット 1 京阪杯(G3) 2着(0.1) 3
3 15 牡5 リザーブカード 7 マイルチャンピオンシップ(G1) 10着(0.6) 15
2007 1 17 牡5 スズカフェニックス 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 3着(0.1) 5
2 4 牝6 ジョリーダンス 10 マイルチャンピオンシップ(G1) 10着(0.8) 14
3 16 牝4 ブルーメンブラット 5 オーロカップ(OP) 1着(-0.1) 1
前走マイルチャンピオンシップ

過去10年の阪神カップ3着以内30頭中14頭を占めます。2~3走前にマイルチャンピオンシップに出走していた馬も多いです。マイルチャンピオンシップでの着順や人気に関係なく、大敗からの巻き返しも目立っています。

外枠

過去10年の阪神カップ3着以内では、好走が目立ちます。外枠(7~8枠)が馬券圏内に来なかった年は無く、毎年1~2頭が3着以内に好走しています。

その他、真ん中あたりの枠の好走例が少なく、3着以内は内枠と外枠に偏っています。

馬券予想

阪神カップ 2017は、やや混戦という感じはありますが、前走マイルチャンピオンシップ2017上位馬が出走を予定しており、上位争いの候補になりそうです。とはいえ、例年穴馬の好走が目立つ波乱傾向の一戦。前走二桁着順だった穴馬の激走も多く、馬券は凄く難解になりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。全く当たる気がしないですね…。(´・ω・`;)

◎⑰シュウジ

昨年の阪神カップ2016優勝馬。その後、崩れて一度も馬券圏内に来ていない馬ですが、前走スプリンターズステークス2017は、復調を感じるものがありました。離れた最後方から進め、直線は上がり最速で詰めてきての10着(0.4秒差)。レッドファルクスを除くと、内でロス無く進めていた馬が上位争いしていたので、見せ場を作ったのではないかと思います。

過去、好走例の多い外枠(8枠)に期待したいですね。

○②イスラボニータ

好相性の前走マイルチャンピオンシップ組。4歳以降は僅か1勝と勝ちきれないタイプの馬ですが、3着以内と考えると堅実な1頭になるでしょうか。昨年も優勝馬シュウジと時計差のない2着に来ているので、コース適性も問題無さそうです。

▲⑩サングレーザー

2走前スワンステークス2017は、3歳馬が劣勢傾向にあり軽視してしまったんですが、データ傾向を壊しての優勝。その後、G1マイルチャンピオンシップ2017も強いメンバーを相手に3着。この勢いは無視できないですね。ただ夏からコンスタントに使い続けているのは、不安点になるでしょうか。

△⑥キャンベルジュニア

直近2戦は重馬場。人気もしないと思うので、良馬場で見直したいですね。

(無印)⑫ダンスディレクター

例年より層が薄いメンバーではありましたが、2走前セントウルステークス2017は、骨折明けの一戦で3着。前走スプリンターズステークスも8着ながら僅か0.3秒差。衰えている感じは全くしません。

阪神カップは、2015年2着、2016年4着(0.1秒差)という相性の良い舞台。怪我復帰後3戦目となる今回、ここで結果を残して、来年こそ高松宮記念に出走できると良いですね。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、11着、12着でした。

本命◎シュウジは12着でした。

阪神カップ 2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走 前走人気
1 2 牡6 イスラボニータ 2 マイルチャンピオンシップ(G1) 5着(0.3) 1
2 12 牡7 ダンスディレクター 7 スプリンターズステークス(G1) 8着(0.3) 9
3 10 牡3 サングレーザー 3 マイルチャンピオンシップ(G1) 3着(0.1) 7

これは悔しいです…。週の半ばに取り上げていたダンスディレクターを昨日ギリギリでキャンベルジュニアと入れ替えました。深く考えないがスタンスなので、過去6枠が来てないという理由で適当に入れ替えたんです。昨日に戻りたい…。( ´・ω・` ) 来週からは、週の半ばに取り上げた馬は、買い目には加えるようにします。後味が悪いので…。

レースは、最初の1000mが56.3秒というかなり速い流れレコード決着。後ろ過ぎない位置で、上手く脚を溜めた馬が上位争いを演じた決着でした。本命シュウジは、前走同様、離れた最後方から直線勝負という競馬。こういうレースをすることは想定していたので、追い込みが決まらなかったと思って諦めるしか無いですね。

そしてイスラボニータは引退レースだったようです。3歳時の天皇賞秋2014で、かなり強い馬だと思いました。その後、古馬になってからG1を勝てそうで勝てないレースが続いて…。引退レースでレコード決着の重賞優勝。これは格好良かったです。