阪神大賞典 過去10年のデータと予想

日程 2019年3月17日(日曜)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝3000m
格付け G2
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 11頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

阪神大賞典2019

天皇賞春2019の前哨戦、阪神大賞典2019です。近年は、阪神大賞典をステップに天皇賞春で3着以内に好走する馬が多く、本番に直結するレースと言えるかもしれません。昨年の優勝馬レインボーラインは、その後、天皇賞春を優勝しています。

阪神競馬場の芝3000mコース

配当

過去10年の阪神大賞典の配当を見ると、大きな波乱が無く、平穏な決着が続いています。ただ例年、4番人気以下の中穴が1頭ほど馬券に絡み、若干の好配当を演出しています。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 1,290円 760円 6,530円
2017 140円 470円 740円
2016 670円 810円 3,310円
2015 1,720円 2,050円 8,090円
2014 940円 1,120円 4,060円
2013 320円 1,880円 3,010円
2012 400円 1,860円 18,590円
2011 790円 2,120円 11,690円
2010 1,820円 2,910円 21,070円
2009 2,990円 6,470円 29,520円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

阪神大賞典2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 7 牡4 56 レインボーライン 3 有馬記念(G1) 8着(0.7) 9
2 6 牡8 56 サトノクロニクル 4 有馬記念(G1) 9着(0.7) 11
3 8 牡5 57 クリンチャー 1 京都記念(G2) 1着(-0.2) 4
2017 1 9 牡4 57 サトノダイヤモンド 1 有馬記念(G1) 1着(-0.0) 1
2 3 牡5 57 シュヴァルグラン 2 有馬記念(G1) 6着(0.5) 5
3 4 牡5 56 トーセンバジル 5 ジャパンカップ(G1) 11着(1.1) 12
2016 1 11 牡4 55 シュヴァルグラン 1 日経新春杯(G2) 2着(0.3) 1
2 6 牡4 55 タンタアレグリア 4 ダイヤモンドステークス(G3) 4着(1.7) 1
3 2 牡5 57 アドマイヤデウス 3 京都記念(G2) 3着(0.5) 4
2015 1 8 牡6 58 ゴールドシップ 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 7着(0.5) 1
2 2 牝5 54 デニムアンドルビー 7 有馬記念(G1) 9着(0.4) 16
3 1 牡5 57 ラストインパクト 2 有馬記念(G1) 7着(0.2) 7
2014 1 1 牡5 58 ゴールドシップ 1 有馬記念(G1) 3着(1.5) 2
2 8 牡6 56 アドマイヤラクティ 5 有馬記念(G1) 11着(3.0) 3
3 2 牡4 55 バンデ 3 御堂筋ステークス(1600万) 1着(-0.4) 1
2013 1 7 牡4 57 ゴールドシップ 1 有馬記念(G1) 1着(-0.2) 1
2 6 牡5 56 デスペラード 3 万葉ステークス(OP) 1着(-0.0) 1
3 3 牡7 56 フォゲッタブル 5 ダイヤモンドステークス(G3) 7着(1.2) 9
2012稍重 1 1 牡4 55 ギュスターヴクライ 3 ダイヤモンドステークス(G3) 2着(0.1) 1
2 12 牡4 57 オルフェーヴル 1 有馬記念(G1) 1着(-0.1) 1
3 6 牡7 57 ナムラクレセント 5 日経新春杯(G2) 10着(1.5) 6
2011 1 3 牡6 57 ナムラクレセント 3 日経新春杯(G2) 4着(0.5) 7
2 2 牡4 56 コスモメドウ 1 ダイヤモンドステークス(G3) 1着(-0.3) 2
3 10 牡6 57 モンテクリスエス 6 ダイヤモンドステークス(G3) 5着(0.9) 5
2010 1 13 牡8 57 トウカイトリック 5 ダイヤモンドステークス(G3) 5着(0.4) 4
2 6 牡4 56 ジャミール 4 迎春ステークス(1600万) 1着(-0.1) 1
3 11 牝5 56 メイショウベルーガ 1 日経新春杯(G2) 1着(-0.5) 2
2009 1 7 牡5 58 アサクサキングス 2 京都記念(G2) 1着(-0.0) 3
2 8 牡4 56 ヒカルカザブエ 6 日経新春杯(G2) 7着(0.9) 1
3 11 牡4 56 ナムラクレセント 4 御堂筋ステークス(1600万) 2着(0.4) 3
人気

過去10年の阪神大賞典では、1番人気の好走例が多く、複勝率90%(5-2-2-1)を誇ります。馬券圏外となった2009年は重馬場で行われており、1番人気オウケンブルースリは7着に敗れました。レース後オウケンブルースリは、腰部不安で休養することになったため、例外的な年と言って良いかもしれません。

そのほか、直近8年連続で1番人気+2~3番人気+中穴(4~7番人気)という決着が続いています。中穴の取捨が馬券のポイントになりそうです。

前走有馬記念

過去10年の阪神大賞典3着以内30頭中10頭を占めます。直近2年の連対馬4頭ともに有馬記念組でした。

前走二桁着順

過去10年の阪神大賞典3着以内30頭中3頭を占めます。2017年3着トーセンバジルを除く2頭は、ともに長距離重賞優勝の経験がありました。

  • 2012年3着ナムラクレセント(前走10着)※阪神大賞典2011優勝
  • 2014年2着アドマイヤラクティ(前走11着)※ダイヤモンドステークス2013優勝

予想

やや寂しいメンバーの阪神大賞典2019。例年、G1実績のある馬がここを使って天皇賞春に向かいますが、今年はG1馬が不在となりました。硬い決着の多いレースですが、混戦メンバーですし、今年は波乱の可能性もありそうですね。

以下、簡単な考察と予想です。相性の良い1番人気(シャケトラ)をスルーしましたがどうなるでしょうか。スルーした馬が勝ち負けなんてことも十分ありえそうです。

◎2リッジマン

好走例の多い有馬記念組。加えて長距離戦の好騎乗が多い蛯名ジョッキーとなると、押さえておいて方が良いかもしれません。完勝したステイヤーズステークスのパフォーマンスを出すことが出来れば、上位争い濃厚という感じがしますが…。

○9アドマイヤエイカン

前走万葉ステークスは、直線失速して大敗。不可解な負け方は気になるところですね。とはいえステイヤーズステークス2着の実績は、無視できず…。

△6ソールインパクト

オーストラリア遠征で喉鳴りがあったとのことで、積極的には狙い難い馬だと思います。それでも前走ダイヤモンドステークスは、3着馬と半馬身差ですから、長距離戦では安定していると言えるかもしれません。

△7カフジプリンス

前走1600万クラス3着というのは買い難い要素ですが、今年のメンバーなら…という感じはします。重賞好走実績も十分にありますし、紐荒れがあれば…。

3連複◎-○△△-○△△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、4着、5着、6着でした。本命◎リッジマンは、6着でした。

阪神大賞典2019 結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 10 牡6 57 シャケトラ 1 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 1着(-0.0) 7
2 7 牡6 56 カフジプリンス 6 尼崎ステークス(1600万) 3着(0.9) 4
3 1 牡6 56 ロードヴァンドール 10 日経新春杯(G2) 13着(3.0) 11

晩に録画を見ました。

カスリもせず…。人気を嫌ったシャケトラの楽勝でした。1番人気が強いレースなので、順当と言えば順当ですね。

本命リッジマンは凡走。かなり層が薄いメンバーですし、凡走した理由も評価も難しいです。3着には、ダイワメジャー産のロードヴァンドール。1800m以上の重賞では極端に成績を落とす産駒だけに、完全に買えない馬でした。

例年と比べると層が薄いメンバー。シャケトラの楽勝とはいえ、天皇賞春での取捨に悩むことになりそうです…。

スポンサーリンク
深く考えない競馬