平安ステークス 2017 過去7年のデータと予想

日程 2017年5月20日(土曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 ダート1900m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴れ参考 京都競馬場 – Yahoo!天気・災害

ダート重賞「平安ステークス2017」です。出世レースという印象はありませんが、例年骨っぽいメンバーが集います。このあと地方交流G1帝王賞2017を使う有力馬もいると思うので、前哨戦としても面白いレースになりそうです。

平安ステークスは、2013年から5月開催となり、距離も京都ダート1900m戦に変更となりました。ちょうど2010年~2012年の東海ステークスが同時期に同条件(京都ダート1900m)で行われていたので、今回の過去データは過去7年平安ステークス2013~2016東海ステークス2010~2012)になります。

過去7年の平安ステークスの配当を見ると、10万馬券が2回あります。2014年に3連単146万馬券という高配当が出ていますが、昨年は硬い決着となり、傾向が掴めないレースです。ただ穴馬の好走が目立つレースですので、人気薄の馬にも注意したいです。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 840円 1,770円 6,130円
2015 1,810円 5,380円 27,260円
2014 50,430円 155,660円 1,468,650円
2013 1,930円 4,510円 15,630円
2012 2,410円 35,710円 159,380円
2011 3,280円 10,650円 62,720円
2010 750円 13,220円 49,090円

では過去7年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去7年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
平安ステークス2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 14 牡5 58 アスカノロマン 1 アンタレスステークス(G3) 2着(0.1)
2 11 牡6 56 クリノスターオー 3 マーチステークス(G3) 5着(0.5)
3 6 牡6 58 クリソライト 4 アンタレスステークス(G3) 4着(0.6)
2015 1 1 牡5 57 インカンテーション 4 フェブラリーステークス(G1) 2着(0.1)
2 11 牡5 57 クリノスターオー 3 アンタレスステークス(G3) 1着(-0.1)
3 12 牡7 58 ローマンレジェンド 5 アンタレスステークス(G3) 6着(0.8)
2014 1 10 牡4 56 クリノスターオー 12 アンタレスステークス(G3) 16着(2.1)
2 6 牡4 57 ソロル 7 アンタレスステークス(G3) 12着(1.3)
3 16 牝5 55 ワイルドフラッパー 4 マリーンカップ(G3) 1着(-1.4)
2013 1 1 牡6 59 ニホンピロアワーズ 1 アンタレスステークス(G3) 2着(0.1)
2 7 牡6 57 ナイスミーチュー 8 アンタレスステークス(G3) 5着(0.7)
3 6 牡7 56 ナムラタイタン 5 ブリリアントステークス(OP) 4着(0.4)
2012東海S 1 4 牡5 56 ソリタリーキング 4 ブリリアントステークス(OP) 1着(-0.8)
2 10 牡5 57 ニホンピロアワーズ 3 アンタレスステークス(G3) 5着(0.6)
3 1 牡5 56 サイレントメロディ 11 マーチステークス(G3) 1着(-0.0)
2011不良東海S 1 8 牡5 57 ワンダーアキュート 2 アンタレスステークス(G3) 2着(0.3)
2 15 牡5 57 ランフォルセ 6 エスペランサステークス(OP) 1着(-0.4)
3 2 牡5 58 シルクメビウス 5 フェブラリーステークス(G1) 8着(0.9)
2010不良東海S 1 2 牡4 57 シルクメビウス 3 アンタレスステークス(G3) 5着(0.5)
2 6 牡4 57 トランセンド 1 アンタレスステークス(G3) 8着(0.8)
3 16 牡5 57 アルトップラン 10 両国ステークス(1600万) 1着(-0.5)
前走アンタレスステークス

過去7年の平安ステークス3着以内21頭中12頭を占めます。人気やアンタレスステークスでの着順に関係なく、好走例が多いローテです。

上位人気

過去7年の平安ステークスでは、不振傾向にあります。上位人気だけで決着したのは、昨年だけです。

  • 1番人気(2-1-0-4)複勝率42%
  • 2番人気(1-0-0-6)複勝率14%
  • 3番人気(1-3-0-3)複勝率57%
外枠

直近3年の平安ステークスでは、外枠(二桁馬番)の好走例が多く、3着以内9頭中6頭を占めます。

前走条件戦

過去7年の平安ステークスでは、2010年3着アルトップラン(前走両国ステークス、1600万)のみです。

馬券予想

過去10年の傾向から「前走アンタレスステークス」「外枠」に注目です。

平安ステークス2017は、重賞実績馬が多く、高いレベルの混戦という感じです。好ローテの前走アンタレスステークス2017組が上位争いの候補になりそうですが、出走予定馬も多く、取捨に悩みことになりそうです。

平安ステークス2017の注目は、グレイトパールでしょうか。ダート転向後、無敗の4連勝という成績です。前走仁川ステークス2017で、勝ち負け争いをしたコスモカナディアンがマーチステークス2017で大敗したのは気になるところですが、まだ底を見せていない未知の魅力は十分にありますね。

以下、簡単な考察と予想です。

上位争いしそうな馬が多すぎるので、深く考えず、58kg背負う4歳馬(グレンツェント、ケイティブレイブ)をバッサリ消しました。(;´・ω・`p
◎⑨グレイトパール

前走仁川ステークス2017 1着。ダート転向後4戦4勝。大物期待を込めて本命にしました。

戦ってきた相手は、今回のメンバーよりも格下でしょうか。前走も緩いメンバーで、コスモカナディアンと2強というレースでしたが、勝ち時計は、例年と遜色のない時計でした。

過去の仁川ステークス優勝馬を見る限り、仁川ステークスを優勝する能力があれば、重賞で勝ち負けするポテンシャルは十分にありそうです。

○⑪ロンドンタウン

前走アンタレスステークス2017 2着。前走は、外を通った馬が直線で失速していく中で、インコースで脚を溜めていたことが功を奏した印象のレースでした。

とはいえ、直近4走の重賞では、大きく崩れることなく安定しているので、今年に入って力をつけてきているのは間違い無さそうです。あくまで伏兵という扱いですが、他の上位人気馬とも大きな力差はないと思うので、期待したいですね。

▲⑥クリノスターオー

前走コリアカップ2016 2着。平安ステークスは、2014年優勝・2015年2着・2016年2着と、抜群の相性を誇ります。

例年、平安ステークスは、逃げ先行馬の好走例が多く、上位3頭中2頭が逃げ先行馬という決着が続いています。約8ヶ月超の休養明けのコンディションは気になるところですが、条件が揃っているわりに、人気も落ち着きそうなので、ここは押さえておきたいです。

△⑫マイネルクロップ

前走アンタレスステークス2017 10着。前走は、前に行った馬とギリギリまでインコースで脚を溜めて差した馬が上位を占める決着となりました。その中で、終始外をまわることになってしまったので、10着という結果は度外視しても良いかもしれません。

3走前のアルデバランステークス2017(京都ダート1900m、OP)は、アンタレスステークス2017を優勝したモルトベーネより1kg重い斤量で差のない2着に好走。ムーア騎手騎乗だった同斤量のピオネロには先着しました。

昨年の平安ステークス2016は、圧勝したアスカノロマンを除けば、2着クリノスターオーとは差のない5着。京都ダート1900m戦という条件は良さそうなので、人気薄になりそうなら、紐に入れても面白そうな1頭です。

3連複 ◎ – ○▲△ – ○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、11着、12着、14着でした。

本命◎グレイトパールは1着でした。

平安ステークス2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 9 牡4 グレイトパール 1 仁川ステークス(OP) 1着(-0.1)
2 4 牡7 クリソライト 6 ダイオライト記念(G2) 1着(-1.3)
3 1 牡8 マイネルバイカ 15 ブリリアントステークス(OP) 5着(1.0)

カスリもせずでした。(;´ω`)φ

押さえていた馬は、届かないと確信したのか、最後流しているようなレースになってしまいました。特にクリノスターオーは、昨年と比べると、スタートしてからの行きっぷりもいまいちで、向こう正面では手応えがなくなっているように見えました。いかにも長期休養明けという感じでした。

グレイトパールの圧勝という結果に終わりましたが、それにしても強かったです。1頭だけ格上(G1クラス)というような勝ちっぷりでした。同じ川田ジョッキー騎乗のゴルトブリッツ (2012年)を思い出しました。ゴルトブリッツは、仁川ステークス2012圧勝→アンタレスステークス2012優勝→帝王賞2012優勝で引退となりました。この強さを見てしまうと、グレイトパールの次走も期待してしまいます。

2着以下は混戦で、流れ次第で着順がガラッと変わりそうな印象でした。特に2着クリソライトの追い込み劇には驚きました。中央では前に行けずに中団かな…と思っていましたが、まさかの最後方からの追い込み。武豊ジョッキーの読みの鋭さには驚くばかりです…。

1~3着馬の次走情報
  • 2着クリソライトは、帝王賞2017に向かいました。