アイビスサマーダッシュ 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年7月30日(日曜日)
開催 新潟競馬場 11R
距離 芝1000m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 16頭
天気 曇り(Yahoo!天気・災害)

サマースプリントシリーズ第三戦「アイビスサマーダッシュ2017」です。JRA唯一の直線競馬の重賞ということもあって、夏で一番面白い重賞ではないかと思っています。

過去10年のアイビスサマーダッシュの配当を見ると、近年は荒れなくなってきているという感じがします。昨年は、少頭数(13頭立て)に加え、1~3番人気で決着したため、トリガミしそうなほど安い配当となっています。

そう考えて、上位人気を中心に狙った時に限って波乱になるのがギャンブルですが…。 (;´・ω・`p

年度 馬連 3連複 3連単
2016 360円 480円 1,800円
2015 4,710円 9,520円 47,230円
2014 2,320円 4,000円 21,450円
2013 1,000円 2,840円 10,140円
2012 3,450円 12,280円 80,960円
2011 1,410円 11,870円 45,750円
2010 4,800円 153,890円 848,340円
2009 4,150円 9,460円 67,570円
2008 6,140円 21,110円 120,810円
2007 22,990円 50,310円 404,290円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
アイビスサマーダッシュ2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 4 牝5 55 ベルカント 1 CBC賞(G3) 3着(0.1)
2 13 牡5 56 ネロ 2 韋駄天ステークス(OP) 2着(0.2)
3 6 牝6 54 プリンセスムーン 3 韋駄天ステークス(OP) 1着(-0.2)
2015 1 13 牝4 54 ベルカント 1 CBC賞(G3) 取消
2 9 牡5 56 シンボリディスコ 9 テレビユー福島賞(1600万) 3着(0.2)
3 12 牡6 56 アースソニック 4 函館スプリントステークス(G3) 2着(0.4)
2014 1 2 牡7 56 セイコーライコウ 1 函館スプリントステークス(G3) 4着(0.2)
2 11 牝3 51 フクノドリーム 5 バーデンバーデンカップ(OP) 5着(0.4)
3 10 牡5 56 アースソニック 3 函館スプリントステークス(G3) 5着(0.3)
2013 1 13 牡4 56 ハクサンムーン 1 CBC賞(G3) 2着(0.0)
2 4 牝5 54 フォーエバーマーク 3 函館スプリントステークス(G3) 3着(0.1)
3 14 牝4 54 リトルゲルダ 6 知多特別(1000万) 1着(-0.0)
2012 1 16 牡5 56 パドトロワ 7 函館スプリントステークス(G3) 4着(0.6)
2 17 牡5 56 エーシンダックマン 5 CBC賞(G3) 7着(0.9)
3 4 牝5 55 エーシンヴァーゴウ 4 Al Quoz Sprint(G1) 12着
2011 1 3 牝4 54 エーシンヴァーゴウ 1 ルミエールステークス(OP) 1着(-0.1)
2 12 牡5 56 エーブダッチマン 5 バーデンバーデンカップ(OP) 2着(0.2)
3 13 牡6 56 アポロフェニックス 11 バーデンバーデンカップ(OP) 4着(0.5)
2010 1 9 牝6 54 ケイティラブ 8 テレビユー福島賞(1600万) 3着(0.3)
2 12 セ6 56 ジェイケイセラヴィ 3 バーデンバーデンカップ(OP) 5着(0.7)
3 3 牡5 56 マルブツイースター 16 米子ステークス(OP) 12着(1.0)
2009 1 17 牝5 55 カノヤザクラ 3 CBC賞(G3) 11着(0.7)
2 18 牡4 56 アポロドルチェ 6 バーデンバーデンカップ(OP) 8着(0.4)
3 12 牝5 54 アルティマトゥーレ 2 テレビユー福島賞(1600万) 1着(-0.4)
2008 1 18 牝4 54 カノヤザクラ 2 CBC賞(G3) 5着(0.4)
2 5 牡6 57 シンボリグラン 10 函館スプリントステークス(G3) 7着(0.7)
3 1 牡3 53 アポロドルチェ 6 バーデンバーデンカップ(OP) 1着(-0.2)
2007 1 13 牝5 54 サンアディユ 13 京葉ステークス(OP) 12着(1.3)
2 16 牡4 56 ナカヤマパラダイス 1 CBC賞(G3) 2着(0.1)
3 3 牝3 51 クーヴェルチュール 5 バーデンバーデンカップ(OP) 1着(-0.0)

過去10年のアイビスサマーダッシュ3着以内では、外枠(6~8枠)好走が目立ちます。3着以内の30頭中19頭を占めます。外枠から外ラチ沿いにロス無くという馬が狙い目となっています。

その他、何故か2枠の好走も多いです。過去10年で計6頭が馬券圏内に来ています。

牝馬

過去10年のアイビスサマーダッシュ3着以内30頭中14頭を占めます。そのうち計7頭が優勝馬となっています。

前走福島芝1200m

過去10年のアイビスサマーダッシュ3着以内30頭中10頭を占めます。バーデンバーデンカップ好走馬が中心ですが、条件戦だった馬の好走例も見られます。

前走サマースプリントシリーズ

過去10年のアイビスサマーダッシュ3着以内30頭中13頭を占めます。特に近年は、前走函館スプリントステークスやCBC賞の好走馬(5着以内)が毎年のように馬券圏内に好走しています。

年齡

過去10年のアイビスサマーダッシュ3着以内では、7歳以上の馬が以下の1頭のみで、劣勢な傾向にあります。セイコーライコウは、1番人気の支持を集めていたので、例外的なケースかもしれません。

  • 2014年1着セイコーライコウ(前走函館スプリントステークス2014 4着)

馬券予想

過去10年の傾向から「外枠(6~8枠)」「牝馬」「前走福島芝1200m」「前走CBC賞好走馬」「3~6歳馬」に注目です。

アイビスサマーダッシュ2017は、傾向から外枠が中心のレースになると思いますが、出走馬だけを見ると、混戦という感じがします。

以下、簡単な考察と予想です。

週初めに狙っていたシンボリディスコは、4枠なのでスルーという方向で…。(;´・ω・`A “` 新潟1000m実績馬が多く、紐候補で狙いたい馬が多いですが、今回は3頭に絞りました。
◎⑩フィドゥーシア

前走韋駄天ステークス2017 1着。前走は同コースの新潟1000m戦。重賞では結果を残せていませんが、前走の勝ちっぷり5歳牝馬というのもデータ傾向からは面白い1頭になると思います。傾向から枠順は、欲を言えばもう少し外が理想だと思いますが、悪くはないところでしょうか。

は、スプリンターズステークス2002・高松宮記念2003を制したスプリンターのビリーヴで、重賞勝ち負けがあっても良さそうな血統です。

○⑯アクティブミノル

前走CBC賞2017 3着。前走CBC賞好走馬・5歳馬・外枠とデータ傾向からは「買い」の馬だと思います。成績にムラがある点やデータ的な買い要素が揃いすぎているので、地雷を疑ってしまいます…。

過去の成績を見ると、逃げた時に最も良いパフォーマンスを残しています。出負けしたり、中途半端に控えてしまうと、崩れる危険性もありそうです。

▲⑭レジーナフォルテ

前走さくらんぼ特別2017 1着(1000万)。前走1000万クラスというのは、買い難いですが、前走福島芝1200m・外枠・牝馬・3歳と買い要素が揃っています。

アクティブミノルと同様、成績にムラがある点は、いまいち信用できないところでしょうか。

(無印)⑦シンボリディスコ

前走韋駄天ステークス2017 2着。前走は、約4ヵ月休養明けの一戦。

一昨年のアイビスサマーダッシュ2015 2着など、新潟1000mは相性が良く、(0-3-1-0)と馬券圏内を外していません。母父はサクラバクシンオー。過去、サクラバクシンオーやサクラユタカオーの血が入った馬の好走が多く、実績と血統からは、ここに合わせてきたという感じがします。

ただ、データ的に劣勢の7歳馬です。データを重用する予想では、積極的な狙い方は出来ないので、押さえ候補という感じでしょうか…。

馬連◎-○▲ 3連複◎-○-▲合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、4着でした。

本命◎フィドゥーシアは2着でした。

アイビスサマーダッシュ2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 15 牡7 ラインミーティア 8 韋駄天ステークス(OP) 4着(0.3)
2 10 牝5 フィドゥーシア 1 韋駄天ステークス(OP) 1着(-0.2)
3 14 牝3 レジーナフォルテ 4 さくらんぼ特別(1000万) 1着(-0.1)

晩に録画を見たんですが…、何にこれーー!!(´;ω;`)

本当、途中まで当たったと…。ノーマークのラインミーティアがキレッキレの脚で突っ込んできての優勝劇でした。

道中レジーナフォルテが内に進路を変えガラ空きとなったコースをラインミーティアが突っ込んできました。レジーナフォルテは、そのまま真っすぐ追った方が良かったのではないかと素人ながら思ってしまいました。

しかしラインミーティアは買えないですね。前走は、斤量52kg&大外16番という絶好条件で4着でした。確かに近走は、上がり31秒台のキレッキレの脚を使っており、上のクラスで前がやりあってくれた方が末脚が活きるというのは分かります。それでもここでの勝ち負けは想像できませんでした。

西田ジョッキーあっぱれです。

1~3着馬の次走情報