ジャパンカップ2020-過去データと予想

日程 2020年11月29日(日曜)
開催 東京競馬場12R
距離 芝2400m
格付け G1
条件 3歳以上
斤量 定量3歳55kg,4歳以上57kg,牝馬-2kg
出走数 17頭
天気 曇り(ヤフー天気)
クッション値

ジャパンカップ2020

G1ジャパンカップ2020です。毎年ハイレベルなメンバーが揃うレース。国際招待競走に指定されており、以前は多くの外国馬が活躍していましたが、近年は外国馬の出走自体が少なくなり、上位争いはG1実績(好走歴)のある日本馬が占める傾向にあります。

東京競馬場の芝2400mコース

配当

過去10年のジャパンカップの配当を見ると、3連単10万馬券超えが2回あります。近年は、大きな波乱が少ないものの、中穴(4~7番人気前後)が好走するため、馬連や3連複ともに好配当になる傾向があります。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 2,900円 2,900円 19,850円
2018 590円 960円 2,690円
2017 1,770円 1,300円 13,340円
2016 2,570円 8,050円 36,260円
2015 10,160円 6,350円 53,920円
2014 4,120円 19,750円 91,790円
2013 2,500円 63,800円 224,580円
2012 700円 1,010円 5,550円
2011 2,300円 80,880円 324,680円
2010 710円 4,940円 25,110円

では過去10年のジャパンカップで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:ジャパンカップ 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

ジャパンカップ2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 5 牡5 スワーヴリチャード 3 天皇賞秋(G1) 7着(0.9) 5
2 1 牝3 カレンブーケドール 5 秋華賞(G1) 2着(0.3) 2
3 2 牡4 ワグネリアン 2 天皇賞秋(G1) 5着(0.6) 4
2018 1 1 牝3 アーモンドアイ 1 秋華賞(G1) 1着(-0.2) 1
2 8 牡4 キセキ 4 天皇賞(秋)(G1) 3着(0.2) 6
3 11 牡4 スワーヴリチャード 2 天皇賞(秋)(G1) 10着(1.5) 1
2017 1 1 牡5 シュヴァルグラン 5 京都大賞典(G2) 3着(0.1) 1
2 2 牡3 レイデオロ 2 神戸新聞杯(G2) 1着(-0.3) 1
3 4 牡5 キタサンブラック 1 天皇賞秋(G1) 1着(-0.0) 1
2016 1 1 牡4 キタサンブラック 1 京都大賞典(G2) 1着(-0.0) 1
2 12 牡5 サウンズオブアース 5 京都大賞典(G2) 4着(0.2) 3
3 17 牡4 シュヴァルグラン 6 アルゼンチン共和国杯(G2) 1着(-0.1) 2
2015 1 15 牝4 ショウナンパンドラ 4 天皇賞秋(G1) 4着(0.2) 5
2 6 牡5 ラストインパクト 7 天皇賞秋(G1) 12着(0.8) 9
3 1 牡5 ラブリーデイ 1 天皇賞秋(G1) 1着(-0.1) 1
2014 1 4 牡4 エピファネイア 4 天皇賞秋(G1) 6着(0.2) 4
2 1 牡5 ジャスタウェイ 3 凱旋門賞(G1) 8着
3 15 牡5 スピルバーグ 6 天皇賞秋(G1) 1着(-0.1) 5
2013 1 7 牝4 ジェンティルドンナ 1 天皇賞秋(G1) 2着(0.7) 1
2 9 牝3 デニムアンドルビー 7 エリザベス女王杯(G1) 5着(0.5) 3
3 5 牡7 トーセンジョーダン 11 天皇賞秋(G1) 11着(2.3) 10
2012 1 15 牝3 ジェンティルドンナ 3 秋華賞(G1) 1着(-0.0) 1
2 17 牡4 オルフェーヴル 1 凱旋門賞(G1) 2着
3 13 牡5 ルーラーシップ 2 天皇賞秋(G1) 3着(0.3) 2
2011 1 2 牝5 ブエナビスタ 2 天皇賞秋(G1) 4着(0.3) 1
2 16 牡5 トーセンジョーダン 6 天皇賞秋(G1) 1着(-0.1) 7
3 1 牡7 ジャガーメイル 14 天皇賞秋(G1) 9着(1.3) 9
2010 1 6 牡3 ローズキングダム 4 菊花賞(G1) 2着(0.2) 1
2(降) 16 牝4 ブエナビスタ 1 天皇賞秋(G1) 1着(-0.3) 1
3 2 牡3 ヴィクトワールピサ 8 凱旋門賞(G1) 7着
前走天皇賞秋

過去10年のジャパンカップ3着内30頭中17頭を占めます。そのうち前走天皇賞秋で4着以下だった馬が計9頭いますが、ラストインパクト(2015年)を除く8頭に前年度のG1レースでの連対経験がありました。

前走天皇賞秋4着以下(ジャパンカップ3着以内)
年度 着順 馬番 性齢 馬名 前年に連対したG1レース
2019 1 5 牡5 スワーヴリチャード 大阪杯優勝
3 2 牡4 ワグネリアン 日本ダービー優勝
2018 3 11 牡4 スワーヴリチャード 日本ダービー2着
2015 1 15 牝4 ショウナンパンドラ 秋華賞優勝
2014 1 4 牡4 エピファネイア 菊花賞優勝、皐月賞2着、日本ダービー2着
2013 3 5 牡7 トーセンジョーダン 天皇賞春2着
2011 1 2 牝5 ブエナビスタ 天皇賞秋優勝、ヴィクトリアマイル優勝
3 1 牡7 ジャガーメイル 天皇賞春優勝
前走G1レース

過去10年のジャパンカップ3着内30頭中25頭を占めます。前走がG1レース以外だった馬が計5頭いますが、5頭すべてにG1レースで3着以内に好走した経験がありました。

前走G1レース以外の馬(ジャパンカップ3着以内)
年度 着順 馬番 性齢 馬名 G1レース好走歴
2017 1 1 牡5 シュヴァルグラン 2017天皇賞春2着、2016ジャパンカップ3着、2016天皇賞春3着
2 2 牡3 レイデオロ 日本ダービー優勝
2016 1 1 牡4 キタサンブラック 2016宝塚記念3着、2016天皇賞春優勝2015有馬記念3着、2015菊花賞優勝、2015皐月賞3着
2 12 牡5 サウンズオブアース 有馬記念2着、菊花賞2着
3 17 牡4 シュヴァルグラン 天皇賞春3着
3~5歳馬

過去10年のジャパンカップ3着内30頭中28頭を占めます。6歳以上が極端に不振傾向にあります。3着以内に好走した3歳馬は計7頭いますが、7頭すべてに同コースで行われる日本ダービーやオークスでの好走歴がありました。

3歳馬(ジャパンカップ3着以内)
年度 着順 馬番 性齢 馬名 実績
2019 2 1 牝3 カレンブーケドール オークス2着
2018 1 1 牝3 アーモンドアイ オークス優勝
2017 2 2 牡3 レイデオロ 日本ダービー優勝
2013 2 9 牝3 デニムアンドルビー オークス3着
2012 1 15 牝3 ジェンティルドンナ オークス優勝
2010 1 6 牡3 ローズキングダム 日本ダービー2着
3 2 牡3 ヴィクトワールピサ 日本ダービー3着
前走大敗(勝ち馬から1秒以上離されていた馬)

過去10年のジャパンカップ3着内では、前走大敗していた馬が計6頭いますが、ともに前走天皇賞秋組もしくは凱旋門賞組でした。そのほか、2018年3着スワーヴリチャードを除く5頭が内枠(1~3枠)でした。

前走大敗していた馬(ジャパンカップ3着以内)
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走
2018 3 11 牡4 スワーヴリチャード 2 天皇賞秋(G1) 10着
2015 2 6 牡5 ラストインパクト 7 天皇賞秋(G1) 12着
2014 2 1 牡5 ジャスタウェイ 3 凱旋門賞(G1) 8着
2013 3 5 牡7 トーセンジョーダン 11 天皇賞秋(G1) 11着
2011 3 1 牡7 ジャガーメイル 14 天皇賞秋(G1) 9着
2010 3 2 牡3 ヴィクトワールピサ 8 凱旋門賞(G1) 7着

予想

今年のジャパンカップ2020は、ハイレベルなレースを期待できそうです。言うまでも無く、注目はアーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクトの3頭になるでしょうか。この3頭の決着が濃厚という感じはしますが、3頭以外も無視できないほどの実力馬が出走します。紐荒れの可能性も十分にありそうです。

※後日、馬券予想などの追記を予定しています。

前走天皇賞秋(3~5歳馬)
  • アーモンドアイ(前走1着)
前走G1レース(3~5歳馬、前走好走馬)
  • コントレイル(前走菊花賞1着)
  • デアリングタクト(前走秋華賞1着)
  • ラヴズオンリーユー(前走エリザベス女王杯3着)
  • ワールドプレミア(前走有馬記念3着)※長期休養明け
前走G1レース以外(3~5歳馬、前走好走馬)
  • カレンブーケドール(前走オールカマー2着)※G1レース好走歴あり
  • グローリーヴェイズ(前走京都大賞典1着)※G1レース好走歴あり
その他
  • キセキ(前走天皇賞秋5着)※6歳馬、前年のG1レース連対経験あり
  • サートゥルナーリア(前走宝塚記念4着)※前年勝ち馬と2.1秒差