川崎記念 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年2月1日(水曜日)
開催 川崎競馬場 11R
距離 ダート2100m
格付け J.GⅠ
条件 サラ系4歳以上
斤量 定量
出走数 14頭
天気 晴れ参考 川崎競馬場 – Yahoo!天気・災害

交流G1「川崎記念2017」です。川崎記念3連覇を果たしたホッコータルマエが引退し、今年はどの馬が優勝するのか注目になりますね。

過去10年の川崎記念の配当を見ると、順当な決着が続いていて、波乱はありません。3連単数百円~千円程度の決着が多く、今年も上位人気を中心に狙いたいレースになると思います。

  • 2016年 1,160円
  • 2015年 1,640円
  • 2014年 880円
  • 2013年 950円
  • 2012年 3,220円
  • 2011年 1,350円
  • 2010年 1,770円
  • 2009年 900円
  • 2008年 800円
  • 2007年 2,080円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。なお結果の追記予定はありません。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
川崎記念2017
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走
2016 1 12 牡7 ホッコータルマエ 1 東京大賞典(G1) 2着(0.3)
2 1 セ6 サウンドトゥルー 2 東京大賞典(G1) 1着(-0.3)
3 2 牝5 アムールブリエ 3 名古屋グランプリ(G2) 1着(-0.2)
2015 1 5 牡6 ホッコータルマエ 1 東京大賞典(G1) 1着(-0.8)
2 11 牡4 カゼノコ 3 チャンピオンズカップ(G1) 7着(0.6)
3 10 牡7 サミットストーン 6 東京大賞典(G1) 3着(1.1)
2014 1 5 牡5 ホッコータルマエ 1 東京大賞典(G1) 1着(-0.3)
2 4 牡6 ムスカテール 3 金鯱賞(G2) 6着(1.0)
3 3 牡7 トウショウフリーク 2 名古屋グランプリ(G2) 2着(0.7)
2013稍重 1 3 牡4 ハタノヴァンクール 2 東京大賞典(G1) 2着(0.1)
2 11 牡7 ワンダーアキュート 1 東京大賞典(G1) 3着(0.1)
3 1 牡5 グラッツィア 3 みやこステークス(G3) 5着(0.3)
2012不良 1 5 牡7 スマートファルコン 1 東京大賞典(G1) 1着(-0.0)
2 1 牡6 ランフォルセ 5 マイルCS南部杯(G1) 6着(1.0)
3 4 牡8 フリオーソ 2 日本テレビ盃(G2) 競走除外
2011 1 4 牡7 フリオーソ 1 東京大賞典(G1) 2着(0.3)
2 2 牡6 メイショウタメトモ 3 師走ステークス(OP) 3着(0.5)
3 7 牡7 ボランタス 2 報知オールスターカップ(OP) 1着(-0.9)
2010 1 2 牡8 ヴァーミリアン 1 東京大賞典(G1) 2着(0.0)
2 3 牡6 フリオーソ 3 JBCクラシック(G1) 2着(1.3)
3 5 牡4 テスタマッタ 4 浦和記念(G2) 3着(0.8)
2009稍重 1 3 牡7 カネヒキリ 1 東京大賞典(G1) 1着(-0.0)
2 11 牡5 フリオーソ 3 東京大賞典(G1) 5着(1.0)
3 2 牡4 サクセスブロッケン 2 東京大賞典(G1) 3着(0.5)
2008稍重 1 1 牡6 フィールドルージュ 1 名古屋グランプリ(G2) 1着(-0.3)
2 2 牡4 フリオーソ 2 東京大賞典(G1) 2着(0.7)
3 9 牡6 シャドウゲイト 3 香港カップ(G1) 5着
2007 1 7 牡5 ヴァーミリアン 1 名古屋グランプリ(G2) 1着(-1.3)
2 5 牡6 アジュディミツオー 2 東京大賞典(G1) 5着(1.1)
3 13 牡5 ドンクール 6 名古屋グランプリ(G2) 3着(1.4)
前走東京大賞典

過去10年の川崎記念3着以内30頭中15頭を占めます。そのうち13頭が東京大賞典で3着以内に好走していました。東京大賞典で4着以下だったのは、以下2頭になります。

  • 2009年2着フリオーソ(前走東京大賞典5着)
  • 2007年2着アジュディミツオー(前走東京大賞典5着)
前走名古屋グランプリ

過去10年の川崎記念3着以内30頭中5頭を占めます。5頭とも名古屋グランプリで3着以内に好走していました。

人気

過去10年の川崎記念では、上位人気馬が結果を残しています。

  • 1番人気(9-1-0-0)勝率90%、連対率100%
  • 2番人気(1-3-4-2)複勝率80%
  • 3番人気(0-5-3-2)複勝率80%

馬券予想

過去10年の傾向から「前走東京大賞典」「前走名古屋グランプリ」「上位人気馬」に注目です。

川崎記念2017は、上位人気馬を中心に狙いたいです。注目はJRA勢になると思います。グレンツェントとケイティブレイブとサウンドトゥルーの2強、データ外ではミツバが馬券候補という感じでしょうか。グレンツェント回避で3着以内のチャンスがありそうな馬が一気に増えた印象ですね。地方所属馬は、ケイアイレオーネやハッピースプリントあたりが有力馬になりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。アッサリした内容になります。すいません(;´д`)

⑦ミツバ

2走連続でオープン特別を優勝。勢いはありますね。重賞では少し足りない印象もありますが、このメンバー相手で3着以内と考えれば無視できないでしょう。

2走前のブラジルカップ2016は逃げ切り勝ちしましたが、本来は後方で脚を溜めてというタイプだと思います。今回は地方競馬場なので、前に行くのか後ろで脚を溜めるのか気になるところですね。

⑧ケイティブレイブ

前走名古屋グランプリ2016 2着。戦ってきた相手を見ると、古馬G1戦線では少し足りない気がしますが、サウンドトゥルーが後ろから行きそうなタイプということを考えると、無視できないところでしょう。

⑪バスタータイプ

前走ポルックスステークス2017は5着に終わりましたが、長期休養明けの一戦だったことを考えれば仕方ないところでしょう。戦ってきた相手を見ると、重賞では少し足りない印象もありますが、大崩れのない安定感に期待したいですね。

⑫サウンドトゥルー

前走東京大賞典2016 3着、上位人気(推定)となると、データ的には軸にしたい馬でしょう。脚質的には、中団グループで脚を溜めてというタイプだと思うので、地方競馬場だと前を差しきれずというのもありえそうです。

買い方

◎⑧ケイティブレイブ

○⑫サウンドトゥルー

▲⑪バスタータイプ

△⑦ミツバ

本命は、ケイティブレイブにしました。逃げ先行馬&地方競馬場&武豊ジョッキーと交流G1では、勝ち負けしそうな要素が揃っていると思います。能力では、サウンドトゥルーが一番だと思いますが、逃げ先行の押し切りを期待したいです。その他、JRA勢のサウンドトゥルー、バスタータイプ、ミツバの3頭を押さえました。

3連複 ◎ – ○ – ▲△

3連単 ◎ → ○ → ▲

合計3点

川崎記念2017出走馬の次走情報