川崎記念-過去データと予想

日程 2020年1月29日(水曜)
開催 川崎競馬場11R
距離 ダート2100m
格付け Jpn1
条件 4歳以上
斤量 定量4歳56kg,5歳以上57kg,牝馬-2kg
出走数 12頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

川崎記念2020

地方交流G1、川崎記念2020です。例年、G1チャンピオンズカップ~東京大賞典で活躍した馬を中心に、国内ダートトップクラスの馬が集う一戦。今年も好レースを期待できそうです。

川崎競馬場のダート2100mコース

配当

過去10年の川崎記念の配当を見ると、順当なレースといえそうです。波乱決着は2017年のみ。少点数で当てないとトリガミになる年が続いています。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 270円 220円 2,960円
2018 810円 220円 4,680円
2017 1,760円 9,410円 70,890円
2016 180円 340円 1,160円
2015 450円 720円 1,640円
2014 540円 280円 880円
2013 140円 200円 950円
2012 860円 1,060円 3,220円
2011 450円 440円 1,350円
2010 250円 780円 1,770円

では過去10年の川崎記念で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

川崎記念2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 6 牡7 ミツバ 3 名古屋グランプリ(G2) 2着(0.1) 3
2 2 牡6 ケイティブレイブ 1 東京大賞典(G1) 3着(0.4) 2
3 8 牡7 オールブラッシュ 2 浦和記念(G2) 1着(-0.9) 4
2018稍重 1 6 牡5 ケイティブレイブ 1 東京大賞典(G1) 3着(1.1) 1
2 7 牡6 アポロケンタッキー 4 東京大賞典(G1) 4着(1.3) 6
3 3 牡8 アウォーディー 3 チャンピオンズカップ(G1) 5着(0.4) 4
2017 1 9 牡5 オールブラッシュ 5 観月橋ステークス(1600万) 1着(-0.1) 1
2 12 セ7 サウンドトゥルー 1 東京大賞典(G1) 3着(0.3) 2
3 4 牡4 コスモカナディアン 6 招福ステークス(1600万) 1着(-0.3) 1
2016 1 12 牡7 ホッコータルマエ 1 東京大賞典(G1) 2着(0.3) 1
2 1 セ6 サウンドトゥルー 2 東京大賞典(G1) 1着(-0.3) 3
3 2 牝5 アムールブリエ 3 名古屋グランプリ(G2) 1着(-0.2) 2
2015 1 5 牡6 ホッコータルマエ 1 東京大賞典(G1) 1着(-0.8) 1
2 11 牡4 カゼノコ 3 チャンピオンズカップ(G1) 7着(0.6) 14
3 10 牡7 サミットストーン 6 東京大賞典(G1) 3着(1.1) 8
2014 1 5 牡5 ホッコータルマエ 1 東京大賞典(G1) 1着(-0.3) 1
2 4 牡6 ムスカテール 3 金鯱賞(G2) 6着(1.0) 4
3 3 牡7 トウショウフリーク 2 名古屋グランプリ(G2) 2着(0.7) 5
2013稍重 1 3 牡4 ハタノヴァンクール 2 東京大賞典(G1) 2着(0.1) 3
2 11 牡7 ワンダーアキュート 1 東京大賞典(G1) 3着(0.1) 1
3 1 牡5 グラッツィア 3 みやこステークス(G3) 5着(0.3) 12
2012不良 1 5 牡7 スマートファルコン 1 東京大賞典(G1) 1着(-0.0) 1
2 1 牡6 ランフォルセ 5 マイルCS南部杯(G1) 6着(1.0) 4
3 4 牡8 フリオーソ 2 日本テレビ盃(G2) 競走除外
2011 1 4 牡7 フリオーソ 1 東京大賞典(G1) 2着(0.3) 2
2 2 牡6 メイショウタメトモ 3 師走ステークス(OP) 3着(0.5) 7
3 7 牡7 ボランタス 2 報知オールスターカップ(川崎ダ2100m) 1着(-0.9) 3
2010 1 2 牡8 ヴァーミリアン 1 東京大賞典(G1) 2着(0.0) 1
2 3 牡6 フリオーソ 3 東京大賞典(G1) 7着(0.9) 4
3 5 牡4 テスタマッタ 4 浦和記念(G2) 3着(0.8) 3
前走東京大賞典

過去10年の川崎記念3着以内30頭中15頭を占めます。そのうち13頭が東京大賞典で3着以内に好走していました。

1~6番人気

過去10年の川崎記念3着以内では、上位人気馬が結果を残しています。特に1番人気は連対率100%の安定感を誇ります。波乱決着となった2017年を除いて、上位3頭は1番人気+2~3番人気+3~6番人気の組み合わせで決着しています。

  • 1番人気(7-3-0-0)勝率70%、連対率100%
  • 2番人気(1-1-4-4)複勝率60%
  • 3番人気(1-4-3-2)複勝率80%

予想

今年の川崎記念2020は、やや層が薄いメンバー構成かもしれません。東京大賞典好走馬が不在のため、例年よりも多くの馬にチャンスがあるように見えます。実績面では、チュウワウィザードやケイティブレイブが勝ち負け候補になるでしょうか。ただ上位争いは混戦模様。近年の川崎記念の中では、難解なメンバーだと思います。

以下、簡単な考察と予想です。スルーした上位人気馬2頭が来てもおかしくないほどの混戦。全く当たる気がしません。

◎1ケイティブレイブ

好走例の多い東京大賞典組。前走東京大賞典は、先団グループが総崩れというレースで8着。展開が向かなかったといえそうです。とはいっても前走の失速を見ると、不安は残ります…。

○12チュウワウィザード

順当なら勝ち負けになるでしょうか。展開問わず、大崩れしていない安定感は魅力です。

△8オールブラッシュ

前走報知オールスターカップを逃げ切って優勝。最後は2~3着馬に詰められていましたし、何とか押し切ったという印象でした。ただ前走の勝ち時計2:14.7だけ見れば、例年の川崎記念と比べても遜色がない勝ち時計。このコースの相性の良さを考えれば、押さえても良いかもしれません。

△11ミューチャリー

デルマルーヴル、アナザートゥルース、ヒカリオーソと迷って、ミューチャリーを押さえました。3着に好走した3走前ジャパンダートダービーでは、馬群を割って凄い脚で突っ込んで来ていました。優勝馬はクリソベリル(6戦無敗でチャンピオンズカップ優勝)でしたし、あと少しで2着デルマルーヴルを交わしそうなほどの脚を見せたことを考えれば、ここでも見せ場があるかもしれません。紐荒れに期待して…。

3連複4頭ボックス◎○△△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、4着、6着、9着でした。本命◎ケイティブレイブは、6着でした。

川崎記念2020結果
着順 馬番 性齢 馬名 人気 前走 前走人気
1 12 牡5 チュウワウィザード 1 チャンピオンズカップ(G1) 4着(0.3) 5
2 9 牡4 ヒカリオーソ 7 報知オールスターカップ(川崎ダ2100m) 3着(0.1) 1
3 4 牡4 デルマルーヴル 3 名古屋グランプリ(G2) 1着(-0.0) 1

晩に録画を見ました。

チュウワウィザードの楽勝。このメンバーでは、一枚上という勝ちっぷりでした。本命ケイティブレイブ。4コーナーあたりで手応え悪く、直線粘ることなく後続勢に交わされてしまいました。流石に衰えもありそうです。

いつも末脚を活かす競馬をしていたミューチャリーが先行策をとった一方、いつも前に行っていたヒカリオーソが控える競馬。真逆の策をとるのは、想定できないですね…。それでもミューチャリーは、このクラスでも十分に上位争いする力がありそうな内容でした。チュウワウィザードが抜けて強かっただけで、2着以下の上位は小差だと思います。

押さえていたオールブラッシュ。スタートから前に行けず後方から…。ただ周ってきただけという内容で、逃げないとこのクラスでは、全く通用しない印象でした。仕方ないです。