京王杯2歳ステークス 2016 過去10年のデータと予想

日程 2016年11月5日(土曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1400m
格付け GⅡ
条件 サラ系2歳
斤量 馬齢(牝馬1kg減)
出走数 13頭
天気 晴れ参考 東京競馬場 – Yahoo!天気・災害

朝日杯フューチュリティステークス2016と阪神ジュベナイルフィリーズ2016の前哨戦として行われる「京王杯2歳ステークス2016」です。2012年2着ラブリーデイ、2010年1着グランプリボス、2着リアルインパクトなど、後のG1戦線で活躍する馬もいますが、あまり出世レースという印象を受けません。

過去10年では、かなりの波乱含みのレースとなっています。過去10年の京王杯2歳ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは7回に及びます。直近3年は10万馬券を超えていませんが、傾向としては、かなり荒れやすいレースだと思います。

  • 2015年 39,680円
  • 2014年 89,780円
  • 2013年 97,470円
  • 2012年 246,630円
  • 2011年 185,220円
  • 2010年 515,710円
  • 2009年 128,660円
  • 2008年 156,340円
  • 2007年 170,230円
  • 2006年 198,370円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
京王杯2歳ステークス2016
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走
2015 1 18 ボールライトニング 2 新馬(京都芝1400m) 1着(-0.2)
2 15 アドマイヤモラール 6 未勝利(中山芝1600m) 1着(-0.1)
3 4 シャドウアプローチ 1 ききょうS(OP) 1着(-0.0)
2014 1 3 セカンドテーブル 11 小倉2歳S(G3) 7着(0.7)
2 1 サフィロス 4 カンナS(OP) 1着(-0.1)
3 9 ニシノラッシュ 1 くるみ賞(500万) 1着(-0.0)
2013 1 13 カラダレジェンド 5 新馬(東京芝1400m) 1着(-0.3)
2 7 クインズハリジャン 6 未勝利(京都芝1400m) 1着(-0.1)
3 6 ラブリープラネット 2 小倉2歳S(G3) 3着(0.2)
2012 1 12 エーシントップ 5 中京2歳S(OP) 1着(-0.1)
2 1 ラブリーデイ 7 野路菊S(OP) 1着(-0.0)
3 15 カオスモス 8 デイリー杯2歳S(G2) 5着(0.3)
2011 1 7 レオアクティブ 5 くるみ賞(500万) 2着(0.2)
2 3 サドンストーム 9 すずらん賞(OP) 5着(0.6)
3 4 オリービン 4 未勝利(阪神芝1800m) 1着(-0.1)
2010 1 6 グランプリボス 7 デイリー杯2歳S(G2) 7着(1.3)
2 3 リアルインパクト 2 新馬(東京芝1400m) 1着(-0.5)
3 1 テイエムオオタカ 13 未勝利(東京芝1400m) 1着(-0.3)
2009稍重 1 2 エイシンアポロン 3 デイリー杯2歳S(G2) 2着(0.0)
2 3 アニメイトバイオ(牝) 4 サフラン賞(500万) 1着(-0.0)
3 8 ツルマルジュピター 8 いちょうS(OP) 12着(1.2)
2008 1 2 ゲットフルマークス 14 すずらん賞(OP) 6着(0.3)
2 6 フィフスペトル 1 函館2歳S(G3) 1着(-0.4)
3 7 エイシンタイガー 3 かえで賞(500万) 3着(0.0)
2007稍重 1 14 アポロドルチェ 1 いちょうS(OP) 3着(0.1)
2 7 ドリームシグナル 12 未勝利(京都芝1600m) 1着(-0.2)
3 12 レッツゴーキリシマ 4 かえで賞(500万) 1着(-0.5)
2006 1 10 マイネルレーニア 3 新潟2歳S(G3) 3着(0.3)
2 4 マイネルフォーグ 6 未勝利(京都芝1600m) 1着(-0.2)
3 2 アロマンシェス 11 いちょうS(OP) 5着(0.4)
前走新馬戦、未勝利戦

過去10年の京王杯2歳ステークス3着以内30頭中9頭を占めます。コースに特徴はありませんが、京都や東京の芝コースが多いです。

  • 東京芝1400m 3頭
  • 京都芝1600m 2頭
  • 京都芝1400m 2頭
  • 阪神芝1800m 1頭
  • 中山芝1600m 1頭
前走1着馬

過去10年の京王杯2歳ステークス3着以内30頭中17頭に及びます。前走が馬券圏外だった馬は7頭いますが、7頭とも前走でオープンクラス以上のレースに出走していました。

2008~2011年は内枠が優勢でしたが、近年は外枠の好走も目立つようになってきています。ただ内枠(1~4枠)の馬が馬券に絡まなかった年はないので、内枠は押さえておいた方が良さそうな傾向です。

馬券予想

過去データから「前走新馬戦、未勝利戦(東京や京都芝コース)」「前走1着馬」に注目です。

今年の出走馬では、レーヌミノルが最注目馬でしょうか。前走小倉2歳ステークス2016が全く底を見せないほど楽勝&圧勝でした。波乱含みのレースではありますが、レーヌミノルが話題の中心になりそうです。

ただ波乱決着の多いレースだけに、馬券的には、何が来てもおかしくない如何にも当たら無さそうなメンバーです。

以下、簡単な考察と予想です。

①タイセイブレーク

前走もみじステークス2016は、勝ったレッドアンシェルが強すぎました。終始、楽な手応えで完勝という感じでした。3着のタイセイブレークは、外をまわしての競馬になりましたが、VTRを見る限り外差しが決まっていたので、展開的には向いたレースだったと思います。

デビューから2戦連続で乗っていたルメール騎手が⑬モンドキャンノに乗るようなので、評価的には押さえまででしょうか。

②ダノンハイパワー、⑦タイムトリップ

好走例の少ない前走カンナステークス2016組です。馬券圏内に来たのは、2014年2着サフィロスのみです。

前走カンナステークス2016は、勝ったタイムトリップと4着コロラトゥーレが直線でやり合う中、道中後方から進めていたダノンハイパワーが上がり最速で追い込むという競馬でした。ただ中山でこの脚が使える馬を東京でも狙うというのは難しいですね。出走馬を見ると、追い込みしそうな馬はダノンハイパワーぐらいなので、前が潰れる展開なら…という感じでしょうか。

確かに前走のタイムトリップは強かったですが、カンナステークス組が不振のレースだけに、軸には出来ないところでしょう。同じ先行馬であれば、函館2歳ステークス2016で先着を許した⑫レヴァンテライオンや⑬モンドキャンノの方を選びたいですね。

③ジョーストリクトリ

ジョーカプチーノ産です。ジョーカプチーノはNHKマイルカップ2009で本命馬でした。好きな馬だったので、息子のジョーストリクトリも押さえたいですね。

データ的には、前走新馬戦(東京芝1400m)は、無くはないでしょう。デビュー戦の前走は、荒削な競馬に見えましたが、残り200mを切ったところから急激にグンっと伸びて差し切り、あとは流すように完勝していました。あくまで穴馬としてなら…。

④ドウディ

コンデュイット産の傾向などは分かりませんが、コンデュイットが欧州のG1馬なので、力のいる馬場の方が向いているかもしれません。

重馬場の前走未勝利戦(東京芝1400m)は、楽な手応えで抜け出して押し切りました。馬場適正が出たのかもしれません。ただ京王杯2歳ステークスは、前走東京芝1400mの馬の相性が良いですし、人気薄になりそうな今回はオッズ的に面白そうです。

⑥ダイイチターミナル

前走の小倉2歳ステークス2016では、福島芝1200mからのローテを嫌って軽視しました。結果2着に好走しているので、能力を示した決着となりました。

ただ小倉2歳ステークス2016は勝ったレーヌミノルが強すぎました。今回敢えてダイイチターミナルまで狙うというのは難しいですね。

⑧レーヌミノル

デビュー戦のときから、余裕を感じさせる勝ちっぷりの馬でした。直線で鞭を一発。あとは持ったままの楽勝でした。そして前走小倉2歳ステークス2016も強すぎる勝ちっぷりとなりました。持ったままの圧勝。浜中ジョッキーも最後の直線で後ろを振り返っていました。

血統的には、ダイワメジャー産なので1400mでも1600mでもこなせそうです。京王杯2歳ステークスは、牝馬が来るイメージの無いレースですが(2009年2着アニメイトバイオのみ)、ここを勝って、年末のG1に進めてほしいですね。

⑨ディバインコード

デビュー戦から1800m~1400m~1600mと使ってきて、まだ底を見せてないのは面白いですね。2走前の未勝利戦では、④ドウディに勝っています。

ただ前走アスター賞で2着だったサクセスムーンは、その後サフラン賞2016 5着~サウジアラビアロイヤルカップ2016 8着という成績に終わっているので、相手関係を考えると少し厳しい感じもします。

⑪コウソクストレート

前走くるみ賞2016は、鞭を使うこと無く完勝していました。残り400mあたりから、余力を感じさせるほど、持ったままでジワーッと抜け出し、そのまま差し切っていました。500万クラスでこの内容の勝ち方をするぐらいなので、当然にここでも楽しみな1頭でしょう。

⑫レヴァンテライオン、⑬モンドキャンノ

前走函館2歳ステークス2016組です。函館2歳ステークス2016はレコード決着という時計でしたし、2頭とも強いレースでした。

ただ過去10年の京王杯2歳ステークスでは、前走1200m戦の馬が優勢ではありません。前走がスプリント戦だった馬だけで決着するとも思えないですし、取捨が難しいですね。

  • 前走小倉2歳ステークス2頭
  • 前走函館2歳ステークス1頭
  • 前走カンナステークス1頭
  • 前走すずらん賞2頭

買い目

◎⑧レーヌミノル

○⑪コウソクストレート

▲③ジョーストリクトリ

△⑬モンドキャンノ

だいぶ適当な予想になってしまいました。本命は、前走が強すぎたレーヌミノルにしました。牝馬は劣勢という印象のレースですが、前走のパフォーマンスを見ると、ここでも期待してしまいます。

その他、前走が東京芝1400mコースだったコウソクストレートとジョーストリクトリ、函館スプリントステークス2016 2着モンドキャンノを押さえました。レヴァンテライオンも押さえたいところですが、波乱傾向の京王杯2歳ステークスで、上位人気決着は無いだろうと踏みました。

3連複 ◎ – ○▲△ – ○▲△ 合計3点

結果

馬券的には、1着、2着、4着、6着でした。

本命◎レーヌミノルは2着でした。

京王杯2歳ステークス2016
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 13 モンドキャンノ 3 函館2歳S(G3) 2着(0.1)
2 8 レーヌミノル(牝) 1 小倉2歳S(G3) 1着(-1.0)
3 9 ディバインコード 4 アスター賞(500万) 1着(-0.2)

晩に録画を見ましたが、かなり惜しい結果になりました。

3着ディバインコードと4着コウソクストレートはハナ差で、クビの上げ下げの差だけでした。コウソクストレートが外をぶん回してる分、ディバインコードに利があったように思いました。東京の結果一覧を見ると、今日の戸崎ジョッキーは冴えない印象でした。

勝ったモンドキャンノは前走の函館2歳ステークス2016から、もうひと回り強くなった印象でした。内心レーヌミノルが楽勝するのではないかと思っていたので、レーヌミノルを抑えての優勝は、価値がある1勝だと思います。

レーヌミノルも牝馬が劣勢のレースだと考えれば、2着は健闘したということかもしれません。アニメイトバイオ(2009年2着)のように、次走以降が楽しみになりそうです。

1~3着馬の次走情報