京王杯スプリングカップ 過去10年のデータと予想

日程 2019年5月11日(土曜)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1400m
格付け G2
条件 サラ系4歳以上
斤量 別定
出走数 16頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

京王杯スプリングカップ2019

安田記念2019に向けた一戦、京王杯スプリングカップ2019です。波乱決着が多いレースですが、過去の上位馬には、後にG1レースを優勝する実力馬(レッドファルクス、サトノアラジン、サダムパテック、ストロングリターン)が名を連ねています。今後のG1戦線に向けて、注目のレースと言えそうです。

東京競馬場の芝1400mコース

配当

過去10年の京王杯スプリングカップの配当を見ると、3連単10万馬券が4回あります。ちょうど2~3年周期で波乱決着となっており、今年~来年あたりは波乱の可能性がありそうですね。さらに3連複万馬券が7回、馬連も好配当が続いており、波乱傾向のレースと言えそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 6,000円 11,860円 76,780円
2017 19,230円 29,390円 179,770円
2016 4,380円 6,590円 39,380円
2015 2,630円 16,010円 83,940円
2014 6,900円 16,300円 162,220円
2013 2,630円 10,170円 47,540円
2012 22,590円 327,420円 1,794,700円
2011 2,990円 5,390円 37,790円
2010 18,300円 48,720円 416,260円
2009 4,500円 8,250円 64,590円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

京王杯スプリングカップ2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 5 セ5 56 ムーンクエイク 4 洛陽ステークス(OP) 5着(0.2) 3
2 17 牡6 56 キャンベルジュニア 7 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 2着(0.1) 6
3 1 牡4 56 サトノアレス 2 東京新聞杯(G3) 2着(0.2) 5
2017 1 10 牡6 58 レッドファルクス 2 高松宮記念(G1) 3着(0.3) 1
2 12 牡8 56 クラレント 11 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 10着(0.7) 10
3 9 牡5 56 グランシルク 4 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 3着(0.1) 2
2016 1 10 牡5 56 サトノアラジン 3 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 3着(0.2) 2
2 13 牡7 56 サンライズメジャー 7 マイラーズカップ(G2) 6着(0.4) 6
3 1 牡5 57 ロサギガンティア 2 阪神カップ(G2) 1着(-0.0) 3
2015 1 11 牡7 56 サクラゴスペル 5 高松宮記念(G1) 8着(1.1) 12
2 15 牡6 56 ヴァンセンヌ 2 東京新聞杯(G3) 1着(-0.0) 3
3 8 セ4 56 オメガヴェンデッタ 7 谷川岳ステークス(OP) 6着(0.2) 4
2014 1 9 牡8 56 レッドスパーダ 10 高松宮記念(G1) 17着(2.5) 18
2 10 牡5 56 クラレント 2 東京新聞杯(G3) 3着(0.2) 5
3 5 牡4 56 エールブリーズ 7 マイラーズカップ(G2) 11着(1.3) 8
2013稍重 1 15 牡4 56 ダイワマッジョーレ 1 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 2着(0.0) 1
2 3 牡7 56 トライアンフマーチ 5 東京新聞杯(G3) 3着(0.1) 4
3 4 牡6 56 ガルボ 6 ダービー卿チャレンジトロフィー(G3) 5着(0.2) 6
2012 1 12 牡4 56 サダムパテック 4 東京新聞杯(G3) 13着(1.4) 3
2 4 牡5 56 レオプライム 11 心斎橋ステークス(1600万) 1着(-0.1) 3
3 13 牡5 56 インプレスウィナー 13 晩春ステークス(1600万) 1着(-0.1) 11
2011 1 5 牡5 57 ストロングリターン 4 難波ステークス(1600万) 1着(-0.2) 2
2 11 牡6 58 シルポート 3 マイラーズカップ(G2) 1着(-0.3) 7
3 7 牡5 58 ジョーカプチーノ 2 高松宮記念(G1) 10着(1.0) 1
2010 1 15 牝5 55 サンクスノート 10 阪神牝馬ステークス(G2) 10着(0.6) 11
2 9 牡6 57 マルカフェニックス 5 オーストラリアトロフィー(OP) 8着(0.4) 9
3 7 牡6 57 アーバニティ 3 オーストラリアトロフィー(OP) 6着(0.3) 4
2009 1 11 牡5 57 スズカコーズウェイ 8 朱雀ステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
2 2 牡7 57 トウショウカレッジ 3 高松宮記念(G1) 4着(0.3) 10
3 4 牡4 57 ファリダット 2 高松宮記念(G1) 6着(0.4) 2
人気

過去10年の京王杯スプリングカップでは、1番人気が不振傾向にあります。3着以内は、中穴(4~7番人気)の好走例が目立ちます。

  • 1番人気(1-0-0-9)複勝率10%
前走重賞レース

過去10年の京王杯スプリングカップ3着以内30頭中22頭を占めます。近年は、高松宮記念組やダービー卿チャレンジトロフィー組、東京新聞杯組の好走例が目立ちます。

前走1600万クラス

過去10年の京王杯スプリングカップ3着以内30頭中4頭を占めます。4頭ともに、5歳の差し追い込み馬で、前走で着差(0.1~0.2秒)をつけて優勝していました。

  • 2012年2着レオプライム(前走心斎橋ステークス1着、上がり最速)
  • 2012年3着インプレスウィナー(前走晩春ステークス1着、上がり2位)
  • 2011年1着ストロングリターン(前走難波ステークス1着、上がり2位)
  • 2009年1着スズカコーズウェイ(前走朱雀ステークス1着、上がり最速)
外枠(6~8枠)

過去10年の京王杯スプリングカップ3着以内30頭中14頭を占めます。特に穴馬の好走例が目立ちます。

予想

やや混戦模様の京王杯スプリングカップ2019。実績面で抜けた馬は不在ですが、重賞好走歴のある馬が多く、どの馬もここで好走する力があると思います。有力馬は、安田記念に向けて使うことになると思うので、状態面がポイントになりそうですね。

以下、簡単な考察と予想です。

◎6ロジクライ

今回逃げそうな馬が重賞初挑戦のトゥザクラウンと1600万クラスでも通用していないブロワの2頭。前がやり合うことは無いかもしれません。そう考えると、先行~好位で進めることができそうな脚質は魅力です。有力馬の殆どが追い込み馬ですし、前々で粘り込みがあれば…。

○9タワーオブロンドン

もともと京王杯2歳ステークスの頃、ルメール騎手がマイルは長いことを言っていた馬。その後、マイル重賞でも活躍していますが、ベストは今回の距離かもしれません。東京新聞杯組の好走例も多いですし、上位争いに加わっても良さそうです。

▲16スマートオーディン

前走阪急杯は、内の好位で進めていた馬が上位争いする中、後方からの大外一気を決めて完勝しました。上手く折り合えば良い脚を使える馬で、前走は距離短縮がハマったと言えそうです。極端な前残りになると分が悪そうですが、1400m戦なら押さえておいても…。

△3サトノアレス

好走例の多い東京新聞杯組。昨年も最内枠から差のない3着に好走しており、コース相性は良さそうです。後ろで脚を溜める馬だけに、あとは極端な前残りにならない事と直線でスムーズに捌けるかがポイントになるでしょうか。

3連複4頭ボックス◎○▲△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、7着、競走除外でした。本命◎ロジクライは、3着でした。

京王杯スプリングカップ2019 結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 9 牡4 56 タワーオブロンドン 1 東京新聞杯(G3) 5着(0.4) 2
2 7 牝5 54 リナーテ 6 京都牝馬ステークス(G3) 2着(0.1) 7
3 6 牡6 56 ロジクライ 2 高松宮記念(G1) 8着(0.5) 4

録画を見ました。サトノアレスが除外だったみたいですね。

レコード決着。かなり速い時計が出る馬場のようです。京王杯スプリングカップとしては珍しい比較的上位人気馬による決着でした。

極端な追い込みが決まりにくい馬場だったようで、直線入り口で中団より前にいた馬が上位争いをしていました。押さえていたスマートオーディンは、伸びてきているものの、前が止まらずという印象。仕方ない敗戦だと思います。

スポンサーリンク
深く考えない競馬