京成杯 2018 過去10年のデータと予想

日程 2018年1月14日(日曜日)
開催 中山競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳
斤量 別定
出走数 15頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

京成杯 2018

3歳重賞「京成杯 2018」です。皐月賞と同コースの中山芝2000mの一戦。しかし近年は、皐月賞に直結していません。京成杯優勝馬からは、後に皐月賞2010で3着に好走したエイシンフラッシュまで遡ります。

昨年末のホープフルステークス、京成杯、弥生賞と皐月賞まで3戦も中山芝2000m戦の重賞が続くのは、少しバラエティに欠ける気がします…。

コース形態

中山競馬場の芝2000mコース
中山競馬場の芝2000mコース

過去10年の京成杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。近年は波乱決着がないものの、中穴程度の馬が馬券に絡み、馬連&3連系の馬券ともに、そこそこの高配当を演出しています。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 2,580円 4,660円 23,040円
2016 7,460円 11,280円 78,050円
2015 1,350円 3,700円 16,830円
2014 2,040円 7,430円 43,250円
2013 4,590円 27,420円 166,910円
2012 1,820円 1,640円 10,720円
2011 6,600円 24,700円 156,000円
2010 670円 780円 3,170円
2009 730円 24,680円 103,580円
2008 8,380円 12,800円 86,870円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
京成杯 2018
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 8 56 コマノインパルス 1 葉牡丹賞(500万) 2着(0.2) 9
2 11 56 ガンサリュート 7 未勝利(京都芝1800m) 1着(-0.2) 1
3 2 56 マイネルスフェーン 2 ホープフルステークス(G2) 2着(0.2) 8
2016 1 4 56 プロフェット 5 萩ステークス(OP) 5着(0.3) 2
2 3 56 ケルフロイデ 7 京都2歳ステークス(G3) 5着(0.3) 4
3 1 56 メートルダール 2 葉牡丹賞(500万) 1着(-0.0) 3
2015 1 17 56 ベルーフ 3 エリカ賞(500万) 1着(-0.1) 2
2 7 56 ブラックバゴ 1 ホープフルステークス(G2) 3着(0.2) 9
3 5 56 クルーガー 6 エリカ賞(500万) 2着(0.1) 6
2014 1 12 56 プレイアンドリアル 5 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 7着(0.5) 2
2 16 56 キングズオブザサン 1 葉牡丹賞(500万) 1着(-0.4) 3
3 11 56 アデイインザライフ 4 新馬(中山芝2000m) 1着(-0.3) 1
2013 1 6 56 フェイムゲーム 7 未勝利(中山芝2000m) 1着(-0.4) 6
2 11 56 アクションスター 5 ラジオNIKKEI杯(G3) 4着(0.3) 4
3 7 56 ケイアイチョウサン 9 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.3) 6
2012 1 8 56 ベストディール 2 百日草特別(500万) 1着(-0.3) 1
2 15 57 マイネルロブスト 5 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 2着(0.3) 4
3 7 56 アドマイヤブルー 1 ホープフルステークス(OP) 1着(-0.0) 5
2011 1 2 56 フェイトフルウォー 2 ホープフルステークス(OP) 3着(0.5) 3
2 10 56 デボネア 8 未勝利(小倉芝2000m) 1着(-0.2) 3
3 5 56 プレイ 7 ホープフルステークス(OP) 5着(0.6) 5
2010 1 13 56 エイシンフラッシュ 1 エリカ賞(500万) 1着(-0.0) 1
2 4 56 アドマイヤテンクウ 3 ラジオNIKKEI杯(G3) 5着(0.2) 10
3 1 56 レッドスパークル 2 東スポ杯2歳ステークス(G3) 3着(0.3) 9
2009 1 6 56 アーリーロブスト 2 エリカ賞(500万) 1着(-0.5) 4
2 2 57 ナカヤマフェスタ 1 東スポ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.0) 9
3 11 56 モエレビクトリー 13 ディクタット賞(OP)(門別) 1着(-0.0) 2
2008 1 11 56 マイネルチャールズ 1 ホープフルステークス(OP) 1着(-0.1) 2
2 5 56 ベンチャーナイン 12 東スポ杯2歳ステークス(G3) 6着(0.7) 6
3 15 56 アイティトップ 4 寒竹賞(500万) 1着(-0.3) 7
前走芝2000m

過去10年の京成杯3着以内30頭中20頭を占めます。そのうち前走中山芝2000m戦だった馬が12頭を占めます。前走のクラスを問わず、好走例が多いです。

一方、前走1600m以下は僅か2頭で、2頭ともに前走朝日杯フューチュリティステークス組でした。

前走5着以内

過去10年の京成杯3着以内30頭中28頭を占めます。その他、前走が馬券圏外だった計7頭は、ともに前走でオープンクラスのレースに出走していました。

予想

京成杯 2018は、やや混戦模様でという感じですね。(´・ω・`;) 前走の新馬戦&未勝利戦を勝ち上がってきた1勝馬が多く、評価が難しいです…。データ傾向からは、前走芝1800m~2000m戦5着以内に好走した馬前走着差をつけて新馬戦&未勝利戦組を勝ち上がった馬が狙い目になるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。

◎⑮ジェネラーレウーノ

前走葉牡丹賞2017は、少頭数(9頭)ながら辛勝でした。ただ直線で並ばれてから、もう一度伸びて逃げ切りる強い内容。その後、2着シャルドネゴールドは、次走で500万クラスを勝ち切っており、決して層の薄いメンバーだったというわけでは無さそうです。今回、大外枠だけが気になる点ですが、他に積極的に狙える馬がいるわけではないので、ここは期待したいですね。

○⑤コズミックフォース

前走は、東京芝2000mの未勝利戦1着。道中は、好位で脚を溜め、直線内を捌いての差し切り勝ちでした。ややズブそうな印象も、伸びてからは余力を感じる脚に見えました。今回、戸崎ジョッキー重賞4勝目なるか…という一戦。アーモンドアイもコズミックフォースもデビューからルメール騎手が騎乗していました。外国人騎手はいい馬が集まりますね…。

△⑪ライトカラカゼ

前走は、中山芝2000mの未勝利戦1着。過去、前走が未勝利戦だった馬は、前走着差をつけて勝っていただけに、やや狙い難い印象はあります。ただ、全兄クリールカイザーという血統は魅力ですね。クリールカイザーは、中山コースの相性が良い馬でした。

△⑦エイムアンドエンド

前走は、東京芝2000mの未勝利戦1着。3着以下を引き離し、2着ニシノマメフクとの接戦を制しての優勝でした。ライトカラカゼ同様、積極的には狙い難いところですが、紐荒れ期待で…。

馬連◎-○ 3連複◎-○-△△合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、4着、10着でした。

本命◎ジェネラーレウーノは、1着でした。

京成杯 2018
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 15 56 ジェネラーレウーノ 1 葉牡丹賞(500万) 1着(-0.0) 4
2 5 56 コズミックフォース 2 未勝利戦(東京芝2000m) 1着(-0.2) 1
3 1 56 イェッツト 6 新馬戦(中山芝1800m) 1着(-0.1) 6

的中でした。3連複も惜しかったです。4着ライトカラカゼさえ…。(´・ω・`;)

最後は、中団からの差しが決まる中、外から先行して勝ち切ったジェネラーレウーノは、かなり強かったといえるかもしれません。ソラを使うところがあるそうですが、そこが改善すれば、後の重賞戦線でも期待できそうです。

しかし3着イェッツトは、手が出せず…。6番手評価だったため、少点数では狙えないタイプの馬でした。