G3の過去データと予想

京成杯-過去データと予想

日程 2020年1月19日(日曜)
開催 中山競馬場11R
距離 芝2000m
格付け G3
条件 3歳
斤量 別定
出走数 12頭
天気 曇り(ヤフー天気)

京成杯2020

3歳重賞、京成杯2020です。皐月賞と同コースの中山芝2000mで行われる一戦。しかし京成杯の結果が皐月賞には結びつき難い傾向にあり、過去10年では、皐月賞で3着以内に好走したのがエイシンフラッシュ(2011年)、ジェネラーレウーノ(2018年)の僅か2頭のみとなっています。

中山競馬場の芝2000mコース

配当

過去10年の京成杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは2回あります。3連複は好配当になる傾向があるものの、近年は大きな波乱決着がありません。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 970円 5,490円 22,140円
2018 780円 3,130円 12,290円
2017 2,580円 4,660円 23,040円
2016 7,460円 11,280円 78,050円
2015 1,350円 3,700円 16,830円
2014 2,040円 7,430円 43,250円
2013 4,590円 27,420円 166,910円
2012 1,820円 1,640円 10,720円
2011 6,600円 24,700円 156,000円
2010 670円 780円 3,170円

では過去10年の京成杯で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の前走データ

京成杯2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 7 56 ラストドラフト 4 新馬戦(東京芝1600m) 1着(-0.0) 1
2 5 56 ランフォザローゼス 2 葉牡丹賞(500万) 2着(0.2) 1
3 2 56 ヒンドゥタイムズ 7 新馬戦(阪神芝2000m) 1着(-0.6) 3
2018 1 15 56 ジェネラーレウーノ 1 葉牡丹賞(500万) 1着(-0.0) 4
2 5 56 コズミックフォース 2 未勝利戦(東京芝2000m) 1着(-0.2) 1
3 1 56 イェッツト 6 新馬戦(中山芝1800m) 1着(-0.1) 6
2017 1 8 56 コマノインパルス 1 葉牡丹賞(500万) 2着(0.2) 9
2 11 56 ガンサリュート 7 未勝利(京都芝1800m) 1着(-0.2) 1
3 2 56 マイネルスフェーン 2 ホープフルステークス(G2) 2着(0.2) 8
2016 1 4 56 プロフェット 5 萩ステークス(OP) 5着(0.3) 2
2 3 56 ケルフロイデ 7 京都2歳ステークス(G3) 5着(0.3) 4
3 1 56 メートルダール 2 葉牡丹賞(500万) 1着(-0.0) 3
2015 1 17 56 ベルーフ 3 エリカ賞(500万) 1着(-0.1) 2
2 7 56 ブラックバゴ 1 ホープフルステークス(G2) 3着(0.2) 9
3 5 56 クルーガー 6 エリカ賞(500万) 2着(0.1) 6
2014 1 12 56 プレイアンドリアル 5 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 7着(0.5) 2
2 16 56 キングズオブザサン 1 葉牡丹賞(500万) 1着(-0.4) 3
3 11 56 アデイインザライフ 4 新馬(中山芝2000m) 1着(-0.3) 1
2013 1 6 56 フェイムゲーム 7 未勝利(中山芝2000m) 1着(-0.4) 6
2 11 56 アクションスター 5 ラジオNIKKEI杯(G3) 4着(0.3) 4
3 7 56 ケイアイチョウサン 9 未勝利(東京芝1800m) 1着(-0.3) 6
2012 1 8 56 ベストディール 2 百日草特別(500万) 1着(-0.3) 1
2 15 57 マイネルロブスト 5 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 2着(0.3) 4
3 7 56 アドマイヤブルー 1 ホープフルステークス(OP) 1着(-0.0) 5
2011 1 2 56 フェイトフルウォー 2 ホープフルステークス(OP) 3着(0.5) 3
2 10 56 デボネア 8 未勝利(小倉芝2000m) 1着(-0.2) 3
3 5 56 プレイ 7 ホープフルステークス(OP) 5着(0.6) 5
2010 1 13 56 エイシンフラッシュ 1 エリカ賞(500万) 1着(-0.0) 1
2 4 56 アドマイヤテンクウ 3 ラジオNIKKEI杯(G3) 5着(0.2) 10
3 1 56 レッドスパークル 2 東スポ杯2歳ステークス(G3) 3着(0.3) 9
前走新馬戦、未勝利戦

過去10年の京成杯3着以内30頭中9頭を占めます。近年、好走例が増加傾向にあります。

前走芝2000m戦

過去10年の京成杯3着以内30頭中21頭を占めます。そのうち12頭が中山芝2000m戦に出走していました。

前走3着以内

過去10年の京成杯3着以内30頭中24頭を占めます。前走4着以下だった6頭中5頭が前走オープンクラスのレースで5着以内に好走していました。

1~7番人気

過去10年の京成杯3着以内30頭中28頭を占めます。2010年を除く9回で、中穴(5~7番人気)が馬券圏内に好走しています。

予想

今年の京成杯2020は、混戦模様という印象を受けます。特に近年好走例が目立つ前走新馬戦、未勝利戦勝ち馬の出走が多く、取捨に悩むことになりそうです。ただ過去、1~7番人気の好走が目立つレースなので、中穴ぐらいまでの馬が狙い目になるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。1~7番人気ぐらいまでの差し追い込み馬を中心に狙いました。

◎6ゼノヴァース

前走未勝利戦(中山芝2000m)を好位からの抜け出しで快勝。ほどほどの人気に加え、過去わりと好走例が多い真ん中あたりの枠(4~6枠)ですし、上位争いがあっても良さそうです。ここは深く考えず本命です。

○12スカイグルーヴ

前走新馬戦(東京芝2000m)を逃げて楽勝。昨年の新馬未勝利戦(東京芝)を逃げて圧勝した2歳馬が次走の重賞で崩れているイメージがあります。そう考えると前走の圧勝は疑いたくなりますが、勝ちっぷり自体は良かったので無視することもできず…。牝馬の取捨も悩みます。ここは一応の対抗評価です。

▲1クリスタルブラック

前走新馬戦(中山芝1800m)は、後方から捲って快勝。最後は余力を残したままという印象を受けました。今回、前に行く馬が揃っていることを考えると、展開が向く可能性はありそうです。

△10ビターエンダー

過去10年では1頭も3着以内に来ていない7枠。やや不安要素になるでしょうか。前走未勝利戦(東京芝2000m)は、好位からの抜け出しで完勝。楽に後続を突き放していました。今回、前々で進めるだろう馬が揃っているため、その後ろで脚を溜める展開になれば、穴をあけるシーンがあっても良さそうです。過去、未勝利戦勝ち馬が穴をあける傾向にありますし、人気しないようなら狙ってみても…。

3連複4頭ボックス◎○▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、4着、9着でした。本命◎ゼノヴァースは、9着でした。

京成杯2020結果
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 56 クリスタルブラック 7 新馬戦(中山芝1800m) 1着(-0.2) 3
2 12 54 スカイグルーヴ(牝) 1 新馬戦(東京芝2000m) 1着(-0.9) 1
3 7 56 ディアスティマ 6 エリカ賞(1勝クラス) 3着(0.2) 2

夜中に録画を見ました。

クリスタルブラックの完勝。前半かかりながらもどうにか抑えて、後方で脚を溜める競馬でした。逃げ先行馬が揃っていましたが、結局ゆったりとした流れ。それでも前にいた馬は、スカイグルーヴ以外が垂れてるので、逃げ先行勢には厳しいレースだったのかもしれません。最後は、クリスタルブラックがまとめて交わしての優勝でした。

3着争いには、押さえていたビターエンダーが突っ込んで来る中、ディアスティマが粘ってクビ差3着。日経新春杯に続いて僅差の3~4着で馬券的中ならず…でした。僅差の時が一番悔しいですね。