キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス-過去10年のデータと予想

スポンサーリンク
日程 日本時間2019年7月27日(土曜)23時40分 予定
開催 イギリス アスコット競馬場
距離 芝2390m
格付け G1
条件 3歳以上
斤量 3歳牡馬 約55.5kg4歳以上牡馬 約60kg牝馬 約-1kg

キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス2019

イギリスのアスコット競馬場で開催されるG1キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス2019です。欧州最高峰のレースのうちのひとつとされています。今年は、日本馬シュヴァルグランが出走を予定しており、JRAから馬券が発売されます。なお、馬券の購入(インターネット投票とUMACA投票)は、発走予定時刻の4分前までとなっていますので、ご注意ください。

では以下、過去10年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。馬名背景色は、調教国を表します。赤色はイギリス、緑はアイルランド、オレンジ色はドイツです。
年度 着順 ゲート 馬番 性齢 馬名 前走
2018 1 1 2 牡5 ポエッツワード プリンスオブウェールズステークス(G1) 1着
2 3 8 牡4 クリスタルオーシャン ハードウィックステークス(G2) 1着
3 4 1 牝4 コロネット サンクルー大賞(G1) 2着
2017 1 7 10 牝3 エネイブル アイルランドオークス(G1) 1着
2 8 7 牡4 ユリシーズ エクリプスステークス(G1) 1着
3 3 3 牡4 アイダホ ハードウィックステークス(G2) 1着
2016 1 3 3 牡4 ハイランドリール ハードウィックステークス(G2) 2着
2 2 7 牡3 ウイングオブデザイアー イギリスダービー(G1) 4着
3 5 1 牡4 ダートマス ハードウィックステークス(G2) 1着
2015 1 9 5 牡4 ポストポンド ハードウィックステークス(G2) 3着
2 3 3 牡4 イーグルトップ ハードウィックステークス(G2) 2着
3 7 6 牡4 ロムスダール ヨークシャーカップ(G2) 4着
2014 1 7 9 牝3 タグルーダ イギリスオークス(G1) 1着
2 2 5 牡4 テレスコープ ハードウィックステークス(G2) 1着
3 1 4 牡5 ムカドラム エクリプスステークス(G1) 1着
2013 1 3 3 牡4 ノヴェリスト サンクルー大賞(G1) 1着
2 6 8 牡3 トレーディングレザー アイルランドダービー(G3) 1着
3 8 7 牡3 ヒルスター キングエドワード7世ステークス(G2) 1着
2012 1 4 9 牝4 デインドリーム サンクルー大賞(G1) 4着
2 3 4 牡4 ナサニエル エクリプスステークス(G1) 1着
3 8 8 牡5 セントニコラスアビー コロネーションカップ(G1) 1着
2011 1 3 5 牡3 ナサニエル キングエドワード7世ステークス(G2) 1着
2 4 4 牡4 ワークフォース エクリプスステークス(G1) 2着
3 2 3 牡4 セントニコラスアビー コロネーションカップ(G1) 1着
2010 1 2 2 牡4 ハービンジャー ハードウィックステークス(G2) 1着
2 1 6 牡3 ケープブランコ アイルランドダービー(G1) 1着
3 3 3 牡7 ユームザイン サンクルー大賞(G1) 2着
2009 1 8 2 牡4 コンデュイット エクリプスステークス(G1) 3着
2 6 5 牡4 タータンベアラー プリンスオブウェールズステークス(G1) 2着
3 3 1 牡6 アスク コロネーションカップ(G1) 1着
調教国

過去10年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス3着以内は、イギリス調教馬、アイルランド調教馬、ドイツ調教馬が占めています。ドイツ調教馬は2頭のみで、上位争いは、イギリスとアイルランドのG1馬が中心となっています。

3~5歳馬

過去10年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス3着以内30頭中28頭を占めます。6歳以上の馬の好走例が少なく、直近8年連続で馬券圏内に来ていません。

前走ハードウィックステークス

過去10年のプリンスオブウェールズステークス3着以内30頭中8頭を占めます。近年好走例が目立ちます。8頭はともに前走3着以内に好走していました。

前走G1レース

過去10年のプリンスオブウェールズステークス3着以内30頭中18頭を占めます。ダービーやオークス、コロネーションカップ、エクリプスステークス、サンクルー大賞の好走馬が中心となっています。

日本調教馬の成績(過去10年)

年度 着順 ゲート 馬番 性齢 馬名 前走
2012 8 7 10 牡3 ディープブリランテ 日本ダービー(G1) 1着

過去10年で、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスに出走した日本調教馬ディープブリランテのみで、8着に敗れています。時計のかかるタフな馬場のため、日本馬には厳しいレース傾向にありそうです。

遡ると、ハーツクライ(2006年3着)、エアシャカール(2000年5着)の2頭が出走していますが、日本馬には厳しいレースという印象を受けます。

予想

以下、簡単な考察と予想です。馬券は、ゲート番号ではなく馬番です。ご注意ください。

◎8エネイブル

過去、外枠があまり来ていないレースというのは不安要素になるでしょうか。とはいえ、現役世界ナンバー1と言っても過言ではない実績馬。深く考え本命です。

○3デフォー

過去、好走例の多い前走ハードウィックステークス組。前走は、後方からの追い込みを決めての優勝でした。好ローテに加え、2連勝の勢いにも期待して…。

▲2クリスタルオーシャン

昨年の同レース2着馬。適性は問題なさそうです。前走プリンスオブウェールズステークスが豪雨&タフな馬場で行われた一戦だったことを考えると、やや心配なところですが…。重賞戦線で3着を外していない安定感は魅力です。

△10アンソニーヴァンダイク

過去10年の3着以内では、アイルランドダービー優勝馬しか来ていないと考えると、やや買い難いところでしょうか。一応の押さえです。

3連複◎-○▲△-○▲△3連単◎→○▲→○▲ 合計5点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、5着、9着でした。本命◎エネイブルは、1着でした。

キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス2019 結果
着順 ゲート 馬番 人気 馬名 前走 前走人気
1 11 8 エネイブル 1 エクリプスステークス(G1) 1着
2 9 2 クリスタルオーシャン 2 プリンスオブウェールズステークス(G1) 1着 2
3 4 7 ヴァルトガイスト 6 プリンスオブウェールズステークス(G1) 3着 4

夜中に録画を見ました。

最後の直線、クリスタルオーシャンとの叩き合いを制してエネイブルの優勝でした。ちょっとこれは強すぎますね…。凱旋門賞でも本命候補になりそうです。

3着には、抜けた2頭の少し後ろでヴァルトガイスト。プリンスオブウェールズステークスを思い出す位置でした。しれっと馬券圏内に…。過去データでは、3着以内に来ていないフランス調教馬に加え、リンスオブウェールズステークス3着も買い難い要素でした。

深く考えない競馬