菊花賞 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年10月22日(日曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝3000m
格付け GⅠ
条件 サラ系3歳
斤量 馬齢
出走数 18頭
天気 雨(Yahoo!天気・災害)

菊花賞 2017

3歳クラシック最終戦「菊花賞2017」です。過去の上位馬は、後に国内G1戦線で活躍した馬が名を連ねており、今後の日本競馬を占う一戦でもあります。以前は長距離血統が重要な要素でしたが、近年は長距離血統の馬の出走自体が少なくなってきたこともあり、「ロス無く、掛からず、上手く乗った馬」が上位に来る傾向にあります。

コース形態

京都競馬場の芝コース
京都競馬場の芝コース

過去10年の菊花賞の配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。波乱決着は全て2010年以前に集中しており、近年は波乱傾向がなくなってきています。とはいえ、直近3年は、馬連や3連複も高配当となっているので、穴馬の好走には注意したいレースだと思います。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 3,510円 17,550円 69,380円
2015 3,870円 4,640円 38,880円
2014 2,640円 13,340円 59,220円
2013 950円 3,910円 11,750円
2012 960円 4,830円 12,450円
2011 330円 1,050円 2,190円
2010 2,170円 46,410円 338,840円
2009 9,410円 46,070円 316,950円
2008 17,820円 92,720円 523,990円
2007 2,930円 3,630円 27,890円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
菊花賞 2017
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2016 1 3 サトノダイヤモンド 1 神戸新聞杯(G2) 1着(-0.0) 1
2 11 レインボーライン 9 札幌記念(G2) 3着(-0.0) 4
3 13 エアスピネル 6 神戸新聞杯(G2) 5着(0.7) 2
2015 1 4 キタサンブラック 5 セントライト記念(G2) 1着(-0.1) 6
2 11 リアルスティール 2 神戸新聞杯(G2) 2着(0.3) 1
3 17 リアファル 1 神戸新聞杯(G2) 1着(-0.3) 3
2014 1 2 トーホウジャッカル 3 神戸新聞杯(G2) 3着(0.0) 9
2 4 サウンズオブアース 4 神戸新聞杯(G2) 2着(0.0) 8
3 10 ゴールドアクター 7 支笏湖特別(1000万) 1着(-0.2) 1
2013不良 1 3 エピファネイア 1 神戸新聞杯(G2) 1着(-0.4) 1
2 14 サトノノブレス 5 神戸新聞杯(G2) 3着(0.5) 2
3 10 バンデ 3 兵庫特別(1000万) 1着(-1.0) 1
2012 1 1 ゴールドシップ 1 神戸新聞杯(G2) 1着(-0.4) 1
2 16 スカイディグニティ 5 セントライト記念(G2) 2着(0.2) 14
3 15 ユウキソルジャー 7 神戸新聞杯(G2) 4着(1.1) 9
2011 1 14 オルフェーヴル 1 神戸新聞杯(G2) 1着(-0.4) 1
2 13 ウインバリアシオン 2 神戸新聞杯(G2) 2着(0.4) 2
3 1 トーセンラー 3 セントライト記念(G2) 2着(0.2) 3
2010 1 6 ビッグウィーク 7 神戸新聞杯(G2) 3着(0.5) 5
2 10 ローズキングダム 1 神戸新聞杯(G2) 1着(-0.0) 2
3 12 ビートブラック 13 兵庫特別(1000万) 1着(-0.1) 5
2009 1 1 スリーロールス 8 野分特別(1000万) 1着(-0.7) 3
2 3 フォゲッタブル 7 セントライト記念(G2) 3着(0.1) 7
3 12 セイウンワンダー 6 神戸新聞杯(G2) 3着(0.4) 5
2008 1 14 オウケンブルースリ 1 神戸新聞杯(G2) 3着(0.1) 2
2 1 フローテーション 15 神戸新聞杯(G2) 12着(1.2) 14
3 5 ナムラクレセント 9 神戸新聞杯(G2) 6着(0.5) 7
2007 1 10 アサクサキングス 4 神戸新聞杯(G2) 2着(0.1) 5
2 12 アルナスライン 6 京都大賞典(G2) 3着(0.3) 6
3 4 ロックドゥカンブ 1 セントライト記念(G2) 1着(-0.2) 1

過去10年の菊花賞優勝馬10頭中7頭が内枠(1~3枠)でした。直近5年連続で、1~2枠の馬が優勝しています。また内枠の優勝が多い一方で、毎年二桁馬番の馬も馬券圏内に好走しています。

前走神戸新聞杯

過去10年の菊花賞3着以内30頭中19頭を占めます。2007年と2009年を除く過去8回で、毎年2~3頭が馬券圏内に来ています。また神戸新聞杯組が馬券圏内に来なかった年はありません。

前走セントライト記念

過去10年の菊花賞3着以内30頭中5頭を占めます。5頭すべて前走3着以内に好走していました。

前走3着以内

過去10年の菊花賞3着以内30頭中26頭を占めます。前走4着以下だった4頭は、ともに前走神戸新聞杯組でした。

  • 2012年3着ユウキソルジャー(前走神戸新聞杯4着)
  • 2008年2着フローテーション(前走神戸新聞杯12着)
  • 2008年3着ナムラクレセント(前走神戸新聞杯6着)
  • 2006年3着アドマイヤメイン(前走神戸新聞杯7着)

その他、過去10年の菊花賞優勝馬10頭全て前走3着以内に好走していました。

前走1000万勝ち

過去10年の菊花賞3着以内30頭中4頭を占めます。バンデ(2013年)を除くと、人気薄からの好走劇が目立ちます。

  • 2014年3着ゴールドアクター(7番人気)
  • 2013年3着バンデ(3番人気)
  • 2010年3着ビートブラック(12番人気)
  • 2009年1着スリーロールス(9番人気)

馬券予想

過去10年の傾向から「内枠(優勝馬候補)」「前走神戸新聞杯」「前走セントライト記念」「前走3着以内(神戸新聞杯除く)」「前走1000万勝ち(穴馬候補)」に注目です。

神戸新聞杯2017優勝のレイデオロがジャパンカップ2017に向い、ダービー馬不在の中で行われます。日本ダービー2017 2~3着馬も不在で、菊花賞2017の上位争いは大混戦になりそうです。メンバーの中では、アルアインが実績トップですが、ディープインパクト産というのは少し不安な要素になるでしょうか。過去、ディープインパクト産の長距離戦優勝馬は、サトノダイヤモンドのみとなっています。

以下、簡単な考察と予想です。【追記】馬券予想を若干変更しました。

不良馬場になりそうですね。本命馬不在の重馬場の長距離戦。全く当たる気がしないです…。今回は波乱想定で予想しました。
◎⑥マイネルヴンシュ

前走九十九里特別2017 1着。内枠&前走3着以内ということで…、消去法で本命にしました。前走は1000万クラスのレース。今回のメンバーの中では格下という感じですが、九十九里特別からは、2004年にデルタブルースが出走し菊花賞を優勝しています。

父ステイゴールド、母父Lyphard系。タフな馬場になっても対応できそうな血統ではあります。あくまで消去法ですが、無くはないという感じでしょうか。(;´・ω・`A “`

○⑩ベストアプローチ

前走神戸新聞杯2017 6着。特に理由はありませんが、青葉賞2017後に、菊花賞2017に出走するなら押さえておきたいと思っていました。前走は、優勝したレイデオロが強すぎただけで、2着以下は大きな力差を感じませんでした。神戸新聞杯組の相性良さから、深く考えずに期待。

⑪サトノクロニクル

前走セントライト記念2017 3着。不良馬場ということで、ミッキースワローからサトノクロニクルに変更しました。切れる脚は無さそうですが、こういう馬場なのでその方が良いかもしれません。京都コースは相性が良いですし、長距離戦に強い産駒の多いハーツクライ産に期待して…。

△④クリンチャー

前走セントライト記念2017 9着。日本ダービー2017から狙っていた馬ですが、懲りずに押さえました。

テンが遅く、前走はスタートから押して押してやっと先行。さらにズブそうな印象で、変わり身があるとすれば、プラス18kgの前走を叩いた距離延長の今回でしょうか。母父ブライアンズタイムスタミナが期待できそうな血統ですので、タフなレースになれば…。

(無印)⑫ミッキースワロー

前走セントライト記念2017 1着。アルアインやサトノクロニクルを抑えての差し切り勝ち。テレビ番組上で、ルメール騎手とデムーロ騎手が(菊花賞のライバルとして)ミッキースワローが強いということを言っていました。名手2人が名前を出すぐらいですから、当然に注目したい1頭です。

血統的には、父トーセンホマレボシ、母父ジャングルポケット。ジャングルポケットはスタミナを感じさせますが、トーセンホマレボシ産の傾向が分かりませんね。トーセンホマレボシは、京都新聞杯2012(勝ち時計2:10.0)で京都芝2200mコースのレコードを更新した馬で、速い時計の出る馬場の方が合いそうなタイプでした。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、4着、10着、13着でした。

本命◎マイネルヴンシュは4着でした。

菊花賞 2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 13 キセキ 1 神戸新聞杯(G2) 2着(0.3)
2 4 クリンチャー 10 セントライト記念(G2) 9着(1.1)
3 14 ポポカテペトル 13 阿賀野川特別(1000万) 1着(-0.2)

本命馬不在の不良馬場、想定通りの波乱決着(3連単559,700円)でした。当然のごとく、カスリもせずでした。(;´・ω・`p

血統で選んだ2頭(クリンチャー、マイネルヴンシュ)が2着と4着に好走しましたが、予想的には全くダメでした。勝ち時計は3:18.9かなりタフなレースだったと思います。(タフなレースの後は、各馬コンディションが不安ですね…。)

クリンチャーは、前走のスタートから押して押してという競馬が合わない感じだったので、無理に前に行かないのも良かったです。長距離戦、ゆったり流れて時計のかかる馬場。この馬にとっては、ベストな条件だったと思います。ブライアンズタイムの血を感じさせるスタミナを見せたのは、流石でした。

直線で既にベストアプローチとサトノクロニクルはダメそうだったので、クリンチャーを応援。外からはマイネルヴンシュの猛追。個人的には、藤岡兄ジョッキーと四位ジョッキーが好きなので、「クリンチャー勝っちまえー!」と応援していました。(´・ω・`) 結果、キセキ&デムーロ騎手のコンビに差されてしまいましたが、見せ場たっぷり&力を出し切った2着だったと思います。マイネルヴンシュの猛追も凄いものがあったので、タフなレースになればなるほど血統が活きるみたいですね。

これほどのベスト条件は中々無いと思いますが、父サンデー系&母父ブライアンズタイムだったビートブラックのように、天皇賞春でクリンチャー&藤岡兄ジョッキーのコンビをまた見ていたいです。