G2の過去データと予想

金鯱賞-過去データと予想

日程 2020年3月15日(日曜)
開催 中京競馬場11R
距離 芝2000m
格付け G2
条件 4歳以上
斤量 別定
出走数 12頭
天気 曇り(ヤフー天気)

金鯱賞2020

大阪杯に向けた一戦、金鯱賞2020です。現行の金鯱賞となった2017年以降では、ヤマカツエース(2017年)、スワーヴリチャード(2018年)と2年連続で金鯱賞組が大阪杯3着以内に好走しています。昨年は、エアウィンザーが小差の5着に好走。今年も大阪杯に向けて注目の前哨戦になりそうです。

中京競馬場の芝2000mコース

金鯱賞は、有馬記念の前哨戦として2012年(中京競馬場改修後)から12月に開催されていましたが、2017年より中日新聞杯と入れ替わるかたちで、3月開催に変更となりました。同時期の同コース開催の重賞という意味で、過去データは、中日新聞杯(2012~2016年)と金鯱賞(2017年~2019年)の過去8年のデータを扱っています。

配当

過去8年の金鯱賞(中日新聞杯2012~2016年)の配当を見ると、3連単10万馬券超えが3回あります。昨年や2013年が順当な決着となっていますが、例年人気薄の好走が見られ、好配当に年が多い傾向にあります。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 1,700円 1,880円 11,040円
2018 5,860円 4,000円 50,360円
2017 3,800円 56,390円 192,050円
2016 4,140円 52,450円 251,670円
2015 1,810円 9,580円 50,580円
2014 6,010円 17,600円 141,450円
2013 1,470円 2,920円 17,230円
2012 5,510円 6,690円 54,410円

では過去8年の金鯱賞で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去8年の1~3着馬の前走データ

金鯱賞2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019稍重現行 1 1 牡4 56 ダノンプレミアム 2 日本ダービー(G1) 6着(0.2) 1
2 11 牝5 55 リスグラシュー 5 香港ヴァーズ(G1) 2着 2
3 8 牡5 56 エアウィンザー 1 チャレンジカップ(G3) 1着(-0.5) 2
2018稍重現行 1 9 牡4 57 スワーヴリチャード 1 有馬記念(G1) 4着(0.2) 2
2 4 牡8 56 サトノノブレス 8 凱旋門賞(G1) 16着 11
3 5 牡5 57 サトノダイヤモンド 2 凱旋門賞(G1) 15着 2
2017現行 1 6 牡5 57 ヤマカツエース 1 有馬記念(G1) 4着(0.3) 8
2 15 牡4 56 ロードヴァンドール 7 小倉大賞典(G3) 4着(0.4) 11
3 8 牡6 56 スズカデヴィアス 13 白富士ステークス(OP) 1着(-0.0) 3
2016 1 5 牡6 58 サトノノブレス 1 日経新春杯(G2) 3着(0.3) 4
2 15 牡7 55 ファントムライト 9 白富士ステークス(OP) 2着(0.0) 1
3 13 牡6 55 レコンダイト 13 アルゼンチン共和国杯(G2) 10着(1.0) 5
2015 1 1 牡6 57 ディサイファ 5 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 5着(0.4) 11
2 10 セ7 55 デウスウルト 2 中山金杯(G3) 3着(0.3) 5
3 4 牡5 55 マイネルミラノ 6 小倉大賞典(G3) 5着(0.7) 7
2014 1 17 牡5 54 マーティンボロ 10 飛鳥ステークス(1600万) 1着(0.0) 3
2 6 牝4 54 ラキシス 3 京都記念(G2) 4着(0.3) 3
3 13 牡4 56 ラブリーデイ 4 有馬記念(G1) 12着(3.2) 14
2013 1 13 牡5 55 サトノアポロ 5 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 4着(0.6) 4
2 7 牡6 55 アドマイヤタイシ 1 中山金杯(G3) 2着(0.3) 4
3 2 牡6 56 トウカイパラダイス 3 日経新春杯(G2) 3着(0.2) 4
2012 1 11 牡7 56 スマートギア 6 小倉大賞典(G3) 2着(0.0) 10
2 3 牡7 56 ダンツホウテイ 9 小倉大賞典(G3) 4着(0.1) 12
3 17 牡4 57 ダノンバラード 1 日経新春杯(G2) 2着(0.2) 3
前走重賞レース(5着以内)

過去8年の金鯱賞(中日新聞杯)3着以内24頭中16頭を占めます。6着以下だった5頭中4頭が前走G1レースに出走していました。

5番人気以下

過去8年の金鯱賞(中日新聞杯)3着以内24頭中12頭を占めます。毎年1頭以上が馬券圏内に好走しています。

予想

今年の金鯱賞2020は、直近2年と比べると、やや層が薄いメンバーだと思います。実績面では、サートゥルナーリアの一強でしょうか。ただサートゥルナーリアを除くと、何が来てもおかしくないメンバー構成。毎年1~2頭程度の穴馬(5番人気以下)が馬券圏内に好走しているので、穴馬の取捨がポイントになりそうです。

以下、簡単な考察と予想です。5連勝中のロードマイウェイが気になりつつ、紐荒れを期待した組み合わせにしました。

◎6サートゥルナーリア

実績面では優勝候補になるでしょうか。少なくとも馬券圏内を外したくないレースだと思います。ここは深く考えず本命です。

○4ダイワキャグニー

他の逃げが不在、先行しそうな馬も少ない今回は、楽な逃げが出来るかもしれません。逃げ粘って6着に好走したジャパンカップを考えれば、このメンバーが相手なら粘り込むレース展開になっても良さそうです。

▲2ラストドラフト

直近2戦の重賞は、マーフィー騎手が騎乗して好走。前走AJCCは、故障馬の影響を受けて大外をまわしての追い込みでした。内に拘って勝ち負けしたブラストワンピースとステイフーリッシュとは、通ってきたコースの差も大きかったと思います。コース適性も問題無さそうですし、近走のレースで見せた強さを出すことが出来れば…。

△8サトノソルタス

前走重賞5着以内の穴馬と考えると、候補になるでしょうか。外からの追い込み決着となった前走中日新聞杯は、中団の馬群で脚を溜めて内を突く追い込みでした。最後の最後で外を通ってきた馬がかなり伸びていたので、通ってきたコースの差という印象も受けます。人気が落ち着くようなら押さえておいても…。

3連複◎-○▲△-○▲△合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、5着でした。本命◎サートゥルナーリアは、1着でした。

金鯱賞2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 6 牡4 58 サートゥルナーリア 1 有馬記念(G1) 2着(0.8) 3
2 8 牡5 56 サトノソルタス 8 中日新聞杯(G3) 5着(0.4) 5
3 4 牡6 56 ダイワキャグニー 6 白富士ステークス(LR) 7着(0.6) 1

晩に録画を見ましたが、的中でした!久しぶりにまとまった額の払い戻しなので、すごいホクホクです。少点数買いの醍醐味ですね。

力上位の馬がしっかり結果を残したような印象のレース。逃げたダイワキャグニー、好位にサトノソルタスとサートゥルナーリア。中団ラストドラフトとほぼ想定通りの展開でした。押さえていたラストドラフトは、卒なく周ってきたようなレースになりましたが、やや位置取りが後ろ過ぎたかもしれません。サートゥルナーリアよりも前にいないと上位争いは厳しかったように見えます。

深く考えない競馬