神戸新聞杯2018-過去10年のデータと予想

日程 2018年9月23日(日曜)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝2400m
格付け G2
条件 サラ系3歳
斤量 馬齢(牡56kg)
出走数 10頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

神戸新聞杯2018

菊花賞トライアル神戸新聞杯2018です。3着馬までに、G1菊花賞2018の優先出走権が与えられます。過去10年では、神戸新聞杯組が菊花賞で好走する例が多く、上位争いの中心になっています。恐らく今年も神戸新聞杯2018好走馬が菊花賞2018の馬券候補になると思います。

阪神競馬場の芝2400mコース

過去10年の神戸新聞杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは、イコピコ(7番人気)が優勝した2009年のみとなっています。1~3番人気の3頭による決着も3回あり、順当な傾向のレースといえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 460円 890円 3,180円
2016 1,160円 3,070円 8,010円
2015 910円 5,170円 28,170円
2014 2,420円 24,720円 70,380円
2013 1,760円 2,720円 10,410円
2012 5,230円 3,350円 26,300円
2011 270円 510円 1,430円
2010 240円 770円 2,570円
2009 3,790円 15,610円 132,480円
2008 550円 860円 3,240円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

神戸新聞杯2018 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 8 レイデオロ 1 日本ダービー(G3) 1着(-0.1) 2
2 5 キセキ 2 信濃川特別(1000万) 1着(-0.2) 1
3 2 サトノアーサー 3 日本ダービー(G3) 10着(0.7) 5
2016 1 14 サトノダイヤモンド 1 日本ダービー(G1) 2着(0.0) 2
2 15 ミッキーロケット 6 HTB賞(1000万) 1着(-0.1) 1
3 12 レッドエルディスト 4 日本ダービー(G1) 9着(0.8) 8
2015 1 6 リアファル 3 マレーシアカップ(1600万) 1着(-0.3) 5
2 5 リアルスティール 1 日本ダービー(G1) 4着(0.6) 2
3 9 トーセンバジル 7 白百合ステークス(OP) 4着(0.3) 2
2014 1 10 ワンアンドオンリー 1 日本ダービー(G1) 1着(-0.1) 3
2 11 サウンズオブアース 8 日本ダービー(G1) 11着(1.2) 11
3 2 トーホウジャッカル 9 玄海特別(1000万) 2着(0.0) 3
2013 1 10 エピファネイア 1 日本ダービー(G1) 2着(0.1) 3
2 15 マジェスティハーツ 7 長久手特別(1000万) 1着(-0.0) 4
3 4 サトノノブレス 2 信濃川特別(1000万) 2着(0.0) 1
2012 1 14 ゴールドシップ 1 日本ダービー(G1) 5着(0.2) 2
2 6 ロードアクレイム 8 ラジオNIKKEI賞(G3) 8着(0.8) 7
3 11 マウントシャスタ 2 宝塚記念(G3) 5着(0.8) 12
2011 1 7 オルフェーヴル 1 日本ダービー(G1) 1着(-0.3) 4
2 5 ウインバリアシオン 2 日本ダービー(G1) 2着(0.3) 10
3 11 フレールジャック 3 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.1) 2
2010 1 3 ローズキングダム 2 日本ダービー(G1) 2着(0.0) 5
2 5 エイシンフラッシュ 1 日本ダービー(G1) 1着(-0.0) 7
3 1 ビッグウィーク 5 玄海特別(1000万) 1着(-0.1) 1
2009 1 4 イコピコ 7 ラジオNIKKEI賞(G3) 4着(0.2) 3
2 13 リーチザクラウン 3 日本ダービー(G1) 2着(0.7) 5
3 11 セイウンワンダー 5 日本ダービー(G1) 13着(2.6) 3
2008 1 1 ディープスカイ 1 日本ダービー(G1) 1着(-0.2) 1
2 10 ブラックシェル 3 日本ダービー(G1) 3着(0.3) 6
3 12 オウケンブルースリ 2 阿賀野川特別(1000万) 1着(-0.4) 1
前走日本ダービー

過去10年の神戸新聞杯3着以内30頭中17頭を占めます。毎年1~2頭が馬券圏内に好走しています。ただ前走ダービー組の3頭で決着した年もありません。

前走1000万~1600万クラス連対馬

過去10年の神戸新聞杯3着以内30頭中8頭を占めます。そのうち6頭が前走1着、2頭が前走2着でした。前走2着の2頭は、ともに1着馬と時計差の無い2着に好走していました。ちなみに前走1000万~1600万クラス連対から神戸新聞杯で3着以内に好走した馬は、菊花賞でも好走する傾向にあります。

  • 2017年1着キセキ(前走1000万)→菊花賞1着
  • 2016年2着ミッキーロケット(前走1000万)→菊花賞5着
  • 2015年1着リアファル(前走1600万)→菊花賞3着
  • 2014年3着トーホウジャッカル(前走1000万)→菊花賞1着
  • 2013年2着マジェスティハーツ(前走1000万)→菊花賞13着
  • 2013年3着サトノノブレス(前走1000万)→菊花賞2着
  • 2010年3着ビッグウィーク(前走1000万)→菊花賞1着
  • 2008年3着オウケンブルースリ(前走1000万)→菊花賞1着

※ 今年は、前走条件クラスに出走していた馬の出走が無くなりました。

人気

過去10年の神戸新聞杯では、二桁人気馬の好走例がありません。一方、上位人気馬の好走例が多く、特に1~2番人気は安定した成績を残しています。

  • 1番人気(7-2-0-1)連対率90%
  • 1番人気(1-2-3-4)複勝率60%

予想

今年の神戸新聞杯2018は、少頭数(10頭)ながら、日本ダービー2018の1~2着馬(ワグネリアン、エポカドーロ)が揃う豪華なメンバー。前哨戦としてはハイレベルなレースになりそうです。菊花賞に直結するレースですし、ここでは崩れたくない2頭になると思います。順当ならこの2頭軸で良さそうですが、どうなるでしょうか…。例年、穴をあける傾向にある前走1000~1600万クラスの連対馬の出走が無く、今年は、日本ダービー組が中心になるかもしれませんね。

以下、簡単な考察と予想です。人気のワグネリアン&エポカドーロが馬券圏内に来たとしても、残る1頭は大混戦になりそうですね。紐抜け必死という感じがします。

◎3ワグネリアン

今年のダービー優勝馬。このメンバーなら勝ち負けを期待したい1頭になるでしょうか。例年、神戸新聞杯は、差し追い込みが決まる傾向にあるので、前に行きそうなエポカドーロよりも買いやすいと言えるかもしれません。

○8エポカドーロ

今年のダービー2着馬。差し追い込みが決まりやすい神戸新聞杯とはいえ、このメンバーが相手なら、大崩れはないのではないでしょうか。

△6メイショウテッコン

過去10年では、ダービー組だけで決まっていないレースと考えると、この馬が候補になるでしょうか。前に行く脚質だけに、エポカドーロとやり合うことになれば、厳しい展開になるかもしれません。ただ2走前の白百合ステークスでは、サラキア(先週のローズステークスで2着)を破り、デビュー3戦目梅花賞では、エタリオウ(ダービー4着馬)を破っています。ハマれば一発ありそうですね。

△5タイムフライヤー

G1に昇格したホープフルステークス出走馬の評価が難しいところですね。ただ2歳時には、京都2歳ステークスでも2着に好走しています。先週のセントライト記念で3着に好走したグレイルと差のない内容だったことを考えると、もう一度、期待してみるのも良いかもしれません。

3連複◎-○-△△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、4着、6着でした。本命◎ワグネリアンは、1着でした。

神戸新聞杯2018 結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 3 ワグネリアン 2 日本ダービー(G1) 1着(-0.1) 5
2 2 エタリオウ 3 日本ダービー(G1) 4着(0.2) 13
3 6 メイショウテッコン 6 ラジオNIKKEI賞(G3) 1着(-0.1) 2

録画を見ました。残り100mぐらいまでは、的中がチラつきました。しかしそれを嘲笑うかのようなエタリオウの末脚…(´・ω・`) たしかに例年差し追い込みが決まるレースですが、人気サイド決着を嫌って、エタリオウ完全にスルーしてました。

エポカドーロは、躓いて後方から。前に行くタイプだけに、スタートで終わってしまった感じはありますね…。前にエポカドーロがいない分、メイショウテッコンは、レースがしやすくなったと思います。

最初の1000mが61.9秒というスローながら、最後はワグネリアンが格の違い見せるような差し切り。菊花賞に行くかどうかは不透明のようですが、どちらにしろ次走以降の楽しみが大きいですね。

深く考えない競馬