小倉2歳ステークス2020-過去データと予想

日程 2020年9月6日(日曜)
開催 小倉競馬場11R
距離 芝1200m
格付け G3
条件 2歳
斤量 馬齢(54kg)
出走数 10頭
天気 雨(ヤフー天気)

小倉2歳ステークス2020

2歳重賞、小倉2歳ステークス2020です。過去の上位馬を見る限り、早熟傾向の馬が活躍するレース。以後は、結果を出せない馬が多い傾向にあります。ただ牝馬(レーヌミノル、ベルカント、エピセアロームなど)は、3歳以降の重賞戦線でも活躍しており、ここで好走する牝馬は、今後に向けて注目かもしれません。

小倉競馬場の芝1200mコース

配当

過去10年の小倉2歳ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが3回あります。何年かに一度大きく荒れる傾向にあります。高配当は少ないものの、馬連や3連複は、毎年ように好配当が出ているため、穴馬の活躍が目立つ波乱含みのレースといえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 1,310円 3,190円 17,400円
2018 29,650円 115,730円 627,690円
2017 3,170円 13,240円 66,780円
2016 4,990円 12,530円 57,690円
2015 1,590円 5,600円 16,700円
2014 21,630円 38,210円 472,690円
2013 720円 1,280円 6,010円
2012 3,540円 25,340円 103,020円
2011 560円 11,200円 36,690円
2010 790円 6,370円 23,440円

では過去10年の小倉2歳ステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:小倉2歳ステークス 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

小倉2歳ステークス2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 10 マイネルグリット 3 フェニックス賞(OP) 1着(-0.2) 1
2 5 トリプルエース 2 新馬戦(阪神芝1200m) 1着(-0.0) 4
3 3 ラウダシオン 4 新馬戦(阪神芝1200m) 1着(-0.0) 1
2018 1 6 ファンタジスト 3 新馬戦(中京芝1200m) 1着(-0.0) 2
2 9 アズマヘリテージ(牝) 13 新馬戦(小倉芝1200m) 1着(-0.0) 3
3 8 ミヤジシルフィード 9 新馬戦(小倉芝1200m) 1着(-0.1) 1
2017 1 17 アサクサゲンキ 3 未勝利(小倉芝1200m) 1着(-0.7) 1
2 14 アイアンクロー 5 フェニックス賞(OP) 3着(0.2) 1
3 10 バーニングペスカ 7 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.0) 2
2016 1 4 レーヌミノル(牝) 1 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.3) 1
2 2 ダイイチターミナル 10 未勝利(福島芝1200m) 1着(-0.8) 1
3 3 カシノマスト 4 ひまわり賞(OP) 1着(-1.2) 1
2015稍重 1 3 シュウジ 1 中京2歳ステークス(OP) 1着(-0.5) 1
2 13 サイモンゼーレ 7 未勝利(小倉芝1200m) 1着(-0.5) 1
3 4 レッドラウダ 6 未勝利(小倉芝1200m) 1着(-0.2) 1
2014 1 8 オーミアリス(牝) 15 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.0) 4
2 16 レオパルディナ(牝) 1 フェニックス賞(OP) 1着(-0.1) 3
3 13 スノーエンジェル(牝) 2 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.7) 1
2013 1 3 ホウライアキコ(牝) 2 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.4) 3
2 12 ベルカント(牝) 1 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.8) 1
3 1 ラブリープラネット 3 新馬(中京芝1200m) 1着(-0.3) 1
2012 1 5 マイネルエテルネル 2 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.6) 1
2 6 クラウンレガーロ 6 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.4) 1
3 10 ラヴァーズポイント(牝) 7 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.5) 3
2011稍重 1 10 エピセアローム(牝) 2 新馬(京都芝1600m) 1着(-1.0) 1
2 11 マコトリヴァーサル 1 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.8) 1
3 13 ハギノコメント 12 新馬(京都ダ1200m) 1着(-0.1) 4
2010 1 8 ブラウンワイルド 1 フェニックス賞(OP) 2着(0.4) 1
2 14 シゲルキョクチョウ 2 フェニックス賞(OP) 1着(-0.4) 3
3 7 スギノエンデバー 9 新馬(小倉芝1200m) 1着(-0.3) 1
前走小倉芝1200m

過去10年の小倉2歳ステークス3着以内30頭中22頭を占めます。昨年こそ前走阪神芝1200m戦の出走馬が2〜3着に好走したものの、近年は、毎年2~3頭程度が前走小倉芝1200m戦に出走しています。穴馬の好走例も目立つので、主要ローテといって良いと思います。

前走3着以内

過去10年の小倉2歳ステークス3着以内30頭中30頭を占めます。そのうち28頭が前走1着馬でした。なお前走2~3着だった2頭は、ともに前走フェニックス賞に出走していました。

前走1〜4番人気

過去10年の小倉2歳ステークス3着以内30頭中30頭を占めます。そのうち20頭が前走1番人気でした。前走4番人気は僅か2頭だけだったことを考えると、前走人気に応えて勝ち切っていた馬が狙い目といえそうです。

牝馬

過去10年の小倉2歳ステークス3着以内30頭中9頭を占めます。そのうち8頭が前走小倉芝1200m戦に出走していました。

予想

今年の小倉2歳ステークス2020は、例年以上に混戦模様のレースになりそうです。未勝利馬を除く、出走予定馬ほぼ全頭が馬券候補というメンバーだと思います。前走逃げて楽勝している馬が多く、何を買うべきなのかさえ分かりません。さらに、台風の影響もあり通常通り開催されるとしても、予想が難しいことになりそうです…。

以下、簡単な考察と予想です。

◎9モントライゼ

稍重場で行われた前走新馬戦(阪神芝1200m)を逃げて楽勝。最後は持ったまま後続を突き放していましたし、抜けた一頭という印象を受けました。前走小倉芝レース出走馬が馬券候補というレースですが、前走の勝ちっぷりに期待して、本命にしました。

〇6セレッソフレイム

かなり時計がかかる馬場だった新馬戦を優勝。その後フェニックス賞で2着に好走しています。前走小倉芝1200m出走馬の好走例が目立つレースですし、さらにタフな馬場を経験している点を考えると、馬券に加えても良さそうです。

▲8メイケイエール

前走新馬戦(小倉芝1200m)を好位からの抜け出しで楽勝。もったまま楽に加速していました。力のいる馬場をこなすことが出来れば…。

△10フリード

前未勝利戦(小倉芝1200m)をレコードで快勝。2着以下の馬に詰められながらも、勝ち切ったのは評価して良いかもしれません。アイルランド産馬ですし、時計のかかる馬場もこなせそうです。

3連複4頭ボックス◎〇▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、5着、8着でした。本命◎モントライゼは、2着でした。

札幌2歳ステークス2020結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 メイケイエール(牝) 2 新馬戦(小倉芝1200m) 1着(-0.8) 2
2 9 モントライゼ 1 未勝利戦(阪神芝1200m) 1着(-1.7) 1
3 2 フォドラ(牝) 5 函館2歳ステークス(G3) 4着(0.1) 5

優勝メイケイエール。道中掛かりながらも後方で脚を溜めるレースをしていました。モントライゼの勝ちパターンかと思ったところを楽に差し切ったメイケイエールが強すぎたというレースでした。勝利ジョッキーインタビューを見ると、元気が良く前に行きたがる馬みたいで、どうにか抑えて…という競馬だったようです。

押さえていたフリードは、フォドラに並ばれて失速…。セレッソフレイムは中団から見せ場なく失速という内容でした。フリードもセレッソフレイムも血統的には、力のいる馬場をこなしそうな馬なのですが、良馬場の方が良いのかもしれません。

スポンサーリンク