小倉大賞典 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年2月19日(日曜日)
開催 小倉競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 晴れ参考 小倉競馬場 – Yahoo!天気・災害

「小倉大賞典2017」です。この時期のハンデ重賞ということもあり、例年メンバー的には重賞で少し足りない馬が多くなっています。

ハンデ戦なので、傾向としては、上位人気だけで決まったことが無く、穴馬の好走が多々見られます。過去10年の小倉大賞典の配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回あります。

  • 2016年 45,220円
  • 2015年 93,800円
  • 2014年 34,990円
  • 2013年 52,270円
  • 2012年 127,400円
  • 2011年 179,710円
  • 2010年 344,930円
  • 2009年 35,500円
  • 2008年 64,610円
  • 2007年 68,950円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
小倉大賞典2017
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 2 牡4 55 アルバートドック 2 リゲルステークス(OP) 3着(0.3)
2 1 牡8 58 ダコール 6 日経新春杯(G2) 4着(0.4)
3 11 牡5 55 ネオリアリズム 5 中山金杯(G3) 7着(0.5)
2015 1 6 牡6 58 カレンブラックヒル 3 金鯱賞(G2) 5着(0.5)
2 2 牡7 56 コスモソーンパーク 6 ニューイヤーステークス(OP) 1着(-0.0)
3 1 牡7 57 ダコール 11 日経新春杯(G2) 5着(0.5)
2014 1 4 牡4 55 ラストインパクト 1 松籟ステークス(1600万) 1着(-0.2)
2 1 牡6 57 カフナ 8 目黒記念(G2) 3着(0.3)
3 6 牡5 55 ブレイズアトレイル 4 京都金杯(G3) 4着(0.3)
2013 1 5 牡5 57 ヒットザターゲット 6 中山金杯(G3) 10着(0.6)
2 2 牡5 55 ダコール 2 日経新春杯(G2) 10着(0.7)
3 12 牡4 55 ダローネガ 5 京都金杯(G3) 13着(1.3)
2012 1 7 牡7 56 エーシンジーライン 5 中山金杯(G3) 4着(0.5)
2 3 牡7 56 スマートギア 10 日経新春杯(G2) 8着(1.2)
3 12 牡5 57.5 コスモファントム 1 中山金杯(G3) 3着(0.4)
2011 1 10 牡7 55 サンライズベガ 6 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 11着(1.5)
2 14 牡7 57 バトルバニヤン 9 京都金杯(G3) 10着(1.6)
3 3 牡4 56 リルダヴァル 1 2010ファイナルステークス(OP) 8着(0.8)
2010(中京) 1 16 牡5 54 オースミスパーク 7 新春ステークス(1600万) 1着(-0.2)
2 14 牡4 54 ナリタクリスタル 2 逆瀬川ステークス(1600万) 1着(-0.0)
3 10 牡9 54 マヤノライジン 13 中山金杯(G3) 14着(1.0)
2009 1 2 牡5 57 サンライズマックス 7 毎日王冠(G2) 14着(1.4)
2 5 牡4 57 ヤマニンキングリー 1 中山金杯(G3) 2着(0.0)
3 7 牡6 55 ミヤビランベリ 5 中山金杯(G3) 3着(0.1)
2008 1 15 セ10 57.5 アサカディフィート 6 中山金杯(G3) 7着(0.5)
2 4 牡5 57 マルカシェンク 1 ニューイヤーステークス(OP) 1着(-0.1)
3 13 牡6 56 シルクネクサス 2 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 8着(0.8)
2007 1 4 セ9 57.5 アサカディフィート 10 中山金杯(G3) 2着(1.2)
2 5 牡5 56 エイシンドーバー 2 京都金杯(G3) 2着(0.2)
3 8 牡6 56 マヤノライジン 3 中山金杯(G3) 14着(1.0)
関西馬

過去10年の小倉大賞典3着以内30頭中28頭を占めます。過去、関東馬の好走例が無いレースでしたが、直近2年連続で関東馬が馬券圏内に来ています。

  • 2016年3着ネオリアリズム
  • 2015年2着コスモソーンパーク
内枠

過去10年の小倉大賞典では、内枠(1~4枠)が優勢です。特に近年はその傾向が顕著で、直近5年連続で外枠(7~8枠)の馬が馬券圏内に来ていません。

高齢馬

過去10年の小倉大賞典では、7歳以上の高齢馬の活躍が目立ちます。過去10年の3着以内30頭中10頭を占めます。

斤量

過去10年の小倉大賞典では、54kg未満の馬が1頭も馬券圏内に来ていません。

年明け後の重賞

過去10年の小倉大賞典では、前走が1月の重賞(京都金杯、中山金杯、アメリカジョッキークラブカップ、日経新春杯)だった馬の好走が目立ちます。この4レースを合わせると、過去10年の3着以内30頭中20頭を占めます。

馬券予想

過去10年の傾向から「関西馬」「内枠」「斤量54kg以上」「前走が1月の重賞の馬」に注目です。

小倉大賞典2017は、波乱含みのレースになりそうです。抜けた馬が不在のハンデ戦です。3着以内では、多くの馬にチャンスがありそうです。

注目は、前走中山金杯2017のストロングタイタンやダノンメジャー、前走京都金杯2017のマイネルハニーなど、前走で1月の重賞レースを使った馬でしょうか。いずれも伏兵という印象の馬で、積極的には狙い難い感じもします。

以下、簡単な考察と予想です。時間的な都合で、買い目を中心に取り上げます(;´д`)

◎②ストロングタイタン

内枠&前走中山金杯2017はデータ的には「買い」です。小倉は3戦3勝と相性の良い舞台ですし、ハンデ戦なら一発あっても…と思います。

小倉大賞典は、例年差し追い込みの好走が多いレースです。今年は③ダノンメジャー⑥マイネルハニー⑦マルターズアポジー⑯ロードヴァンドールと逃げ馬が揃っているので、流れが速くなるようであれば、差しが決まりやすいかもしれません。内で上手く脚を溜めることが出来れば…。

○⑧ベルーフ

前走チャレンジカップ2016 2着馬。内枠の差し追い込み馬の実績馬と考えると、ベルーフも上位候補の1頭になるでしょう。

勝ち切れないレースが続いていますが、大崩れが無いのは魅力ですね。小倉の相性は良いので、好走を期待したいです。

▲⑫フルーキー

前走チャレンジカップ2016 4着馬。前走は上位15頭が僅差で、もう一度レースをすれば着順がガラッと変わるようなレースでした。その中で57.5kg背負い4着に食い込んだのは、まさに能力の高さ故だと思います。

勝ち切れないレースが続いていますが、1800m戦の相性が良く未だ5着以下が無いので、ここは押さえておきたい1頭だと思います。

(無印)⑮ダコール

9歳馬になりますが、外枠でなければ押さえておきたい1頭でした。小倉大賞典の相性が良く、過去3回走って3回とも馬券圏内に来ています。過去、9歳~10歳で小倉大賞典を連覇したアサカディフィートに近いものを感じるので、押さえておいても良さそうですが…。

3連複 ◎ – ○ – ▲ 計1点3連単 ◎ → ○▲ → ○▲ 計2点合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、5着、6着、12着でした。

本命◎ストロングタイタンは5着でした。

小倉大賞典2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 7 牡5 マルターズアポジー 4 有馬記念(G1) 15着(2.4)
2 14 牡8 ヒストリカル 8 チャレンジカップ(G3) 6着(0.2)
3 11 牡5 クラリティスカイ 5 アメリカジョッキーカップ(G2) 10着(1.8)

カスリもせず…(´・ω・`)

データ的には完全に真逆の結果となりました。過去、差し追い込み馬が好走しているレースですが、逃げ馬マルターズアポジーが優勝。2~3着には外枠の馬が来ました。1着と3着は関東馬でした。

しかしストロングタイタンは1番人気になっていたんですね…。買ったときは、たしか3~4番人気位だったので、押し出されるかたちで徐々に人気を集めたようです。上手く内で脚を溜めているように見えましたが、伸びてこなかったですね。仕方ないです。

フルーキーは太め残り。ベルーフは届くはずもない感じがしました。ベルーフはコース相性が良いはずなので、今週の馬場が合わなかったのか、逃げ馬が揃いすぎている流れが合わなかったのか…でしょうか。敗因が分からないと、次走の取捨が難しくなりそうです。

1~3着馬の次走情報