G3の過去データと予想

小倉大賞典-過去データと予想

日程 2020年2月23日(日曜)
開催 小倉競馬場11R
距離 芝1800m
格付け G3
条件 4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 14頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

小倉大賞典2020

ハンデ重賞、小倉大賞典2020です。抜けた実力馬の出走が少ないものの、骨っぽいオープン馬の出走が多い一戦。そのため例年、大混戦のレースが繰り広げられます。

小倉競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年の小倉大賞典の配当を見ると、3連単10万馬券超えが6回あります。馬連、3連複ともに高配当が出ており、波乱傾向のレースと言えそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 1,840円 79,120円 379,540円
2018 9,790円 34,380円 163,430円
2017 9,790円 34,780円 141,970円
2016 2,700円 8,620円 45,220円
2015 4,670円 21,520円 93,800円
2014 2,760円 9,000円 34,990円
2013 2,260円 8,050円 52,270円
2012 12,720円 13,600円 127,400円
2011 19,100円 16,620円 179,710円
2010 3,580円 48,560円 344,930円

では過去10年の小倉大賞典で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

小倉大賞典2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 12 牡5 57 スティッフェリオ 3 福島記念(G3) 1着(-0.2) 1
2 3 牡4 54 タニノフランケル 1 中山金杯(G3) 3着(0.1) 9
3 1 牡9 53 サイモンラムセス 14 チャレンジカップ(G3) 8着(1.1) 11
2018 1 13 セ4 54 トリオンフ 1 寿ステークス(1600万) 1着(-0.6) 3
2 16 牝6 53 クインズミラーグロ 15 愛知杯(G3) 16着(1.7) 9
3 1 牡7 56.5 スズカデヴィアス 4 白富士ステークス(OP) 2着(0.9) 4
2017 1 7 牡5 56 マルターズアポジー 4 有馬記念(G1) 15着(2.4) 12
2 14 牡8 57 ヒストリカル 8 チャレンジカップ(G3) 6着(0.2) 6
3 11 牡5 57.5 クラリティスカイ 5 アメリカジョッキーカップ(G2) 10着(1.8) 8
2016 1 2 牡4 55 アルバートドック 2 リゲルステークス(OP) 3着(0.3) 2
2 1 牡8 58 ダコール 6 日経新春杯(G2) 4着(0.4) 9
3 11 牡5 55 ネオリアリズム 5 中山金杯(G3) 7着(0.5) 4
2015 1 6 牡6 58 カレンブラックヒル 3 金鯱賞(G2) 5着(0.5) 5
2 2 牡7 56 コスモソーンパーク 6 ニューイヤーステークス(OP) 1着(-0.0) 8
3 1 牡7 57 ダコール 11 日経新春杯(G2) 5着(0.5) 8
2014 1 4 牡4 55 ラストインパクト 1 松籟ステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
2 1 牡6 57 カフナ 8 目黒記念(G2) 3着(0.3) 3
3 6 牡5 55 ブレイズアトレイル 4 京都金杯(G3) 4着(0.3) 11
2013 1 5 牡5 57 ヒットザターゲット 6 中山金杯(G3) 10着(0.6) 6
2 2 牡5 55 ダコール 2 日経新春杯(G2) 10着(0.7) 2
3 12 牡4 55 ダローネガ 5 京都金杯(G3) 13着(1.3) 5
2012 1 7 牡7 56 エーシンジーライン 5 中山金杯(G3) 4着(0.5) 6
2 3 牡7 56 スマートギア 10 日経新春杯(G2) 8着(1.2) 7
3 12 牡5 57.5 コスモファントム 1 中山金杯(G3) 3着(0.4) 5
2011 1 10 牡7 55 サンライズベガ 6 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 11着(1.5) 5
2 14 牡7 57 バトルバニヤン 9 京都金杯(G3) 10着(1.6) 10
3 3 牡4 56 リルダヴァル 1 2010ファイナルステークス(OP) 8着(0.8) 1
2010中京 1 16 牡5 54 オースミスパーク 7 新春ステークス(1600万) 1着(-0.2) 5
2 14 牡4 54 ナリタクリスタル 2 逆瀬川ステークス(1600万) 1着(-0.0) 1
3 10 牡9 54 マヤノライジン 13 中山金杯(G3) 14着(1.0) 14
関東馬

過去10年の小倉大賞典3着以内30頭中5頭を占めます。長く関東馬の好走が無いレースでしたが、近年(2015年~2018年)穴馬が馬券圏内に好走しています。

7歳以上

過去10年の小倉大賞典3着以内30頭中11頭を占めます。穴馬の好走が目立ちます。あまり年齢を意識しないで良いレースかもしれません。

前走重賞レース

過去10年の小倉大賞典3着以内30頭中22頭を占めます。前走の着順や人気に関係なく、例年上位争いの中心となっています。特に京都金杯、中山金杯、日経新春杯、チャレンジカップ組など、昨年12月~今年の1月の重賞レースで馬券圏外だった馬の好走が目立ちます。

予想

今年の小倉大賞典2020は、例年通り、何が来てもおかしくないメンバー構成だと思います。実績面ではヴェロックスの一強ですが、3着以内と考えれば、かなり多くの馬に可能性がありそうです。過去10年では、3着以内に1~3番人気から2頭以上来たのが昨年のみ。ヴェロックスから穴馬を狙うのも面白いかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。ヴェロックスから穴馬を狙いました。

追記修正:△テリトーリアルが想像以上に人気を集めているため、無印に変更しました。代わりに△アロハリリーを追加しています。

◎6ヴェロックス

ハンデ戦ですが、このメンバーなら楽勝を期待したいところでしょうか。ここは深く考えず本命です。

△11タニノフランケル

近走は、勝ち馬から1秒以上離される大敗が続いていますが、3走前の小倉記念は0.1秒差の4着に好走。昨年の小倉大賞典は2着と小倉コースでの安定感が目立ちます。1800m戦も良さそうなので、自分のペースで逃げることが出来れば、粘りこむシーンがあって良いかもしれません。

1アロハリリー

何頭か前に行く馬がいるので、前に行く馬を見るかたちで内の好位からの競馬になるでしょうか。コース適性はありそうなので、ロスなく進めることが出来れば…。

(無印)3テリトーリアル

3走前のカシオペアステークスの強さを見て、9番人気で狙ったチャレンジカップを大敗。スルーした中山金杯で3着に好走。買い時が難しい馬です…。1800m戦では強さを見せているので、中穴の好走が多いレースで中穴扱いなら押さえても良いかもしれません。

(無印)8アンノートル

近年好走例が多い伏兵の関東馬。ここでは足りないような印象も荒れるハンデ戦と考えれば、無くは無い1頭でしょうか。前走中山金杯では、今回人気を集めそうなカデナに先着。追い込み勢不発のレースでしたが、最後は詰めて来ていましたし、良い脚を使っていたと思います。ここで人気薄になるなら、波乱に期待して押さえておいても…。

ワイド◎-△△3連複◎-△-△合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、8着、9着、12着でした。本命◎ヴェロックスは、9着でした。

小倉大賞典2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 2 牡6 57 カデナ 4 中山金杯(G3) 11着(0.6) 7
2 12 牡7 52 ドゥオーモ 10 玄海特別(2勝クラス) 1着(-0.2) 7
3 13 牡5 55 ジナンボー 2 ジャパンカップ(G1) 13着(3.2) 11

晩に録画を見ましたが、まさかヴェロックスが飛ぶとは…。そしてまたしても波乱決着(3連単323,980円)でした。最近難しすぎます。

直線一気のカデナが優勝。馬場も味方した印象ですが、上手く脚を溜めると最後は強いですね。本命ヴェロックスは、大きく崩れて9着。馬場の影響もあったのかもしれませんが、恐らく勝ちに来たレースでこの内容は残念過ぎます…。次走以降の取捨が難しいところでしょうか。

押さえていたアロハリリー。ほぼ期待していた内枠の好位からの競馬で、これで負けたら仕方ないという印象を受けました。良馬場ながら、かなり時計がかかる馬場みたいなので、こういう馬場は合わないのかもしれません。

深く考えない競馬