小倉大賞典2024過去データと予想

日程 2024年2月18日(日曜)
開催 小倉競馬場11R
距離 芝1800m
格付け G3
条件 4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
クッション値 9.6(2月18日)

小倉大賞典2024

ハンデ重賞、小倉大賞典2024です。抜けて強い実力馬の出走は少ないものの、骨っぽいオープン馬が集うレースです。大混戦のメンバーのハンデ戦ということもあり、難解なレースだと思います。

小倉競馬場の芝1800mコース

小倉競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年の小倉大賞典の配当を見ると、3連単10万馬券超えは6回あります。高配当の馬連と3連複も続いており、波乱必死のレースといって良いと思います。

年度 馬連 3連複 3連単
2023 3,750円 23,680円 101,440円
2022 1,580円 10,670円 39,610円
2021 3,150円 32,190円 231,750円
2020 22,460円 35,750円 323,980円
2019 1,840円 79,120円 379,540円
2018 9,790円 34,380円 163,430円
2017 9,790円 34,780円 141,970円
2016 2,700円 8,620円 45,220円
2015 4,670円 21,520円 93,800円
2014 2,760円 9,000円 34,990円

では過去10年の小倉大賞典で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

小倉大賞典2024過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2023 1 6 セ7 57.5 ヒンドゥタイムズ 2 チャレンジカップ(G3) 6着(0.5) 2
2 1 牡7 58 カテドラル 9 福島記念(G3) 13着(1.3) 6
3 7 牡5 55 バジオウ 10 関門橋ステークス(OP) 4着(0.8) 4
2022稍重 1 16 牡4 54 アリーヴォ 1 壇之浦ステークス(3勝クラス) 1着(-0.0) 1
2 12 牝6 55.5 ランブリングアレー 3 エリザベス女王杯(G1) 9着(0.7) 6
3 7 牡8 57.5 カデナ 8 東海ステークス(G2) 5着(0.5) 12
2021 1 3 牡7 56.5 テリトーリアル 11 中山金杯(G3) 6着(0.5) 3
2 15 牡5 57 ボッケリーニ 1 中日新聞杯(G3) 1着(-0.1) 2
3 16 牝5 53 ディアンドル 12 愛知杯(G3) 10着(1.3) 18
2020 1 2 牡6 57 カデナ 4 中山金杯(G3) 11着(0.6) 7
2 12 牡7 52 ドゥオーモ 10 玄海特別(2勝クラス) 1着(-0.2) 7
3 13 牡5 55 ジナンボー 2 ジャパンカップ(G1) 13着(3.2) 11
2019 1 12 牡5 57 スティッフェリオ 3 福島記念(G3) 1着(-0.2) 1
2 3 牡4 54 タニノフランケル 1 中山金杯(G3) 3着(0.1) 9
3 1 牡9 53 サイモンラムセス 14 チャレンジカップ(G3) 8着(1.1) 11
2018 1 13 セ4 54 トリオンフ 1 寿ステークス(1600万) 1着(-0.6) 3
2 16 牝6 53 クインズミラーグロ 15 愛知杯(G3) 16着(1.7) 9
3 1 牡7 56.5 スズカデヴィアス 4 白富士ステークス(OP) 2着(0.9) 4
2017 1 7 牡5 56 マルターズアポジー 4 有馬記念(G1) 15着(2.4) 12
2 14 牡8 57 ヒストリカル 8 チャレンジカップ(G3) 6着(0.2) 6
3 11 牡5 57.5 クラリティスカイ 5 アメリカジョッキーカップ(G2) 10着(1.8) 8
2016 1 2 牡4 55 アルバートドック 2 リゲルステークス(OP) 3着(0.3) 2
2 1 牡8 58 ダコール 6 日経新春杯(G2) 4着(0.4) 9
3 11 牡5 55 ネオリアリズム 5 中山金杯(G3) 7着(0.5) 4
2015 1 6 牡6 58 カレンブラックヒル 3 金鯱賞(G2) 5着(0.5) 5
2 2 牡7 56 コスモソーンパーク 6 ニューイヤーステークス(OP) 1着(-0.0) 8
3 1 牡7 57 ダコール 11 日経新春杯(G2) 5着(0.5) 8
2014 1 4 牡4 55 ラストインパクト 1 松籟ステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
2 1 牡6 57 カフナ 8 目黒記念(G2) 3着(0.3) 3
3 6 牡5 55 ブレイズアトレイル 4 京都金杯(G3) 4着(0.3) 11
7歳以上

過去10年の小倉大賞典3着以内30頭中11頭を占めます。穴馬の好走が目立ちます。あまり年齢を意識しないで良いレースといえそうです。

前走重賞レース

過去10年の小倉大賞典3着以内30頭中22頭を占めます。前走の着順や人気に関係なく、好走が目立ちます。特に前走G1レースや京都金杯、中山金杯、日経新春杯、チャレンジカップ出走馬など、昨年12月から今年1月の重賞レースに出走して、馬券圏外だった馬の巻き返しが多く見られます。

外枠(二桁馬番)

過去10年の小倉大賞典3着以内30頭中12頭を占めます。重馬場の昨年は内枠決着でしたが、近年は外枠の好走が増えています。

予想

小倉大賞典2024は、例年同様、大混戦のメンバーが集まりました。何が来てもおかしくなメンバーのハンデ戦です。高配当が続いている傾向を考えると、今年も考えたところで当たらないレースだと思います。

以下、簡単な考察と予想です。後ろから進めそうな馬を選びました。前が残るなら、真逆に近い決着もありそうです。

◎11ロングラン

好走例が多い外枠から選びました。昨年の小倉大賞典は小差4着。芝1800m戦で大崩れしていないので、この条件は良さそうです。後ろの馬が来る展開になれば…。

○12エピファニー

好メンバーが揃った2走前のチャレンジカップは、小差の4着でした。チャレンジカップのメンバーと比べると、ここは手薄な印象を受けます。外目の枠ですし、チャレンジカップのような外差しに期待して対抗評価にしました。

▲3ダンディズム

近走を見る限り、最後の脚は堅実なタイプです。3走前の福島記念では、追い込み予想(対抗評価)でうまく的中することが出来ました。ここも末脚がハマれば…。

△2カテドラル

ムラがあるタイプで買いにくいところですが、小倉芝1800m戦の安定感に期待して押さえました。

3連複4頭ボックス◎○▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、7着、8着でした。本命◎ロングランは、2着でした。

小倉大賞典2024結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 12 牡5 57 エピファニー 3 中山金杯(G3) 11着(0.6) 1
2 11 セ6 57 ロングラン 4 ディセンバーステークス(LR) 1着(-0.1) 6
3 9 牡5 57 セルバーグ 10 京都金杯(G3) 13着(1.2) 11

想定していたの展開。速い流れのからの追い込み決着でした。本命と対抗は中団後方から早めに動いて、直線まとめて差し切ることになりました。3着には大逃げから粘ったセルバーグ。この組み合わせは難解だったと思います。

押さえていた2頭ダンディズムとカテドラル。最後は良い脚で詰めてきてはいますが、2~3頭ほど前で進めないと、圏内まで届くのは厳しそうでした。

タイトルとURLをコピーしました