G3の過去データと予想

共同通信杯-過去データと予想

日程 2020年2月16日(日曜)
開催 東京競馬場11R
距離 芝1800m
格付け G3
条件 3歳
斤量 別定
出走数 9頭
天気 曇一時雨(ヤフー天気)

共同通信杯2020

3歳クラシックに向けた一戦、共同通信杯2020です。過去の共同通信杯上位馬を見ると、後のG1馬が多数。かなりの出世レースとなっています。今年もこの先のG1戦線に向けて注目のレースになりそうです。

東京競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年の共同通信杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは一昨年の1回だけです。好配当の年と順当な年の差が激しく、傾向が読めないレースだと思います。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 330円 390円 2,170円
2018 5,080円 77,670円 566,290円
2017 3,410円 2,260円 16,620円
2016 9,650円 10,020円 98,880円
2015 710円 2,380円 10,870円
2014 680円 740円 3,190円
2013 1,140円 16,010円 79,330円
2012 210円 640円 3,790円
2011 2,090円 5,690円 30,970円
2010 1,440円 590円 6,750円

では過去10年の共同通信杯で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

共同通信杯2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 1 56 ダノンキングリー 3 ひいらぎ賞(500万) 1着(-0.6) 2
2 4 57 アドマイヤマーズ 1 朝日フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.3) 2
3 6 57 クラージュゲリエ 4 京都2歳ステークス(G3) 1着(-0.1) 1
2018 1 6 56 オウケンムーン 6 500万(中山芝2000m) 1着(-0.2) 1
2 1 56 サトノソルタス 3 新馬戦(東京芝1800m) 1着(-0.0) 1
3 4 56 エイムアンドエンド 10 京成杯(G3) 10着(1.0) 5
2017 1 1 56 スワーヴリチャード 2 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 2着(0.0) 4
2 8 56 エトルディーニュ 6 セントポーリア賞(500万) 2着(0.3) 7
3 4 56 ムーヴザワールド 1 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 3着(0.0) 1
2016稍重 1 4 56 ディーマジェスティ 6 ホープフルステークス(G2) 出走取消
2 9 56 イモータル 5 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 9着(1.0) 5
3 6 56 メートルダール 3 京成杯(G3) 3着(0.2) 2
2015 1 1 56 リアルスティール 3 新馬(阪神芝1800m) 1着(-0.6) 1
2 8 56 ドゥラメンテ 1 セントポーリア賞(500万) 1着(-0.9) 1
3 10 56 アンビシャス 4 千両賞(500万) 1着(-0.1) 1
2014 1 7 57 イスラボニータ 1 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.0) 2
2 2 56 ベルキャニオン 3 ホープフルステークス(OP) 2着(0.1) 1
3 5 56 サトノアラジン 2 ラジオNIKKEI杯(G3) 3着(0.3) 1
2013 1 8 56 メイケイペガスター 4 若駒ステークス(OP) 3着(0.2) 4
2 7 56 ゴットフリート 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 3着(0.4) 3
3 4 56 マイネルストラーノ 9 京成杯(G3) 8着(0.7) 6
2012 1 3 57 ゴールドシップ 2 ラジオNIKKEI杯(G3) 2着(0.2) 3
2 2 57 ディープブリランテ 1 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.5) 1
3 8 56 スピルバーグ 3 500万(東京芝2000m) 2着(0.3) 4
2011 1 2 56 ナカヤマナイト 3 ホープフルステークス(OP) 2着(0.0) 2
2 6 56 ユニバーサルバンク 6 若駒ステークス(OP) 2着(0.0) 3
3 13 56 ディープサウンド 5 ホープフルステークス(OP) 10着(1.8) 1
2010 1 6 56 ハンソデバンド 3 ジュニアカップ(OP) 1着(-0.1) 1
2 3 56 ダノンシャンティ 2 ラジオNIKKEI杯(G3) 3着(0.2) 7
3 5 56 アリゼオ 1 ホープフルステークス(OP) 1着(-0.3) 1
8枠

過去10年の共同通信杯3着以内30頭中2頭を占めます。二桁馬番で見ても、3着以内には2頭のみで、外枠が劣勢傾向にありそうです。近年は、1~4枠あたりの好走例が目立ちます。

前走3着以内

過去10年の共同通信杯3着以内30頭中25頭を占めます。前走好走馬が狙い目になりそうです。前走4着以下の5頭中4頭(そのうち出走取消が1頭)が前走2000m戦の重賞レースでした。

1~6番人気

過去10年の共同通信杯3着以内30頭中28頭を占めます。人気馬の凡走はあるものの、大穴の好走は少ない傾向にありそうです。

前走新馬戦、未勝利戦

過去10年の共同通信杯3着以内30頭中2頭を占めます。2頭は、後に海外G1ドバイターフ2016を優勝するリアルスティール(2015年)、波乱決着となったサトノソルタス(2018年)です。買い難い傾向にありそうです。

予想

今年の共同通信杯2020は、やや例年よりも小粒なメンバーでしょうか。ざっと見た感じでは、マイラプソディ一強。マイラプソディを除くと、何が来てもおかしくないという印象を受けます。少頭数ながら、予想的中ともに難解なレースだと思います。

以下、簡単な考察と予想です。2ビターエンダーや6ダーリントンホールが気になりますが、上位人気決着もつまらないのでスルーしています。

◎7フィリオアレグロ

8年連続で馬券圏内に来ているディープインパクト産。今年はフィリオアレグロが唯一の候補です。前走の新馬戦は、3着以下を突き放す完勝でした。兄サトノクラウンという血統も魅力ですし、ここは上位争いを期待しても良さそう…。

○8マイラプソディ

過去好走例の少ない8枠。データ傾向からは買い難いところでしょうか。ただ少頭数のこのメンバーなら勝ち負けを期待したい実績馬。他に抜けた飛び抜けた馬がいるわけではないので、勝ち負けがあっても良いかもしれません。

△3ココロノトウダイ

前走きんもくせい特別は、2着エヴァーガーデンを抑えての優勝。着差は半馬身と僅かですが、余裕を感じさせる内容でした。エヴァーガーデンから比較すると、今回人気を集めるだろうダーリントンホールとの力差も殆どないと思うので、ここで人気が落ち着くなら狙ってみても面白そうです。

3連複◎-○-△3連単◎○→◎○→△合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、4着、5着でした。本命◎フィリオアレグロは、3着でした。

共同通信杯2020結果
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 6 56 ダーリントンホール 3 葉牡丹賞(1勝クラス) 3着(0.2) 1
2 2 56 ビターエンダー 4 京成杯(G3) 4着(0.5) 4
3 7 56 フィリオアレグロ 2 新馬戦(東京芝2000m) 1着(-0.1) 1

夜中に録画を見ました。京都記念から一転、こちらは人気馬2頭が苦戦する決着となりました。最近、難しすぎます…。

前に行った馬が止まらない決着。ロスなく内目を通ってきたことも好走につながったと思います。人気を集めたマイラプソディとフィリオアレグロは、後方からの外に出す追い込み。かなりスローでで流れたこともあり、今日の馬場と展開ではノーチャンスだったかもしれません。

優勝馬ダーリントンホールの父New Approachは、ガリレオの子。2着ビターエンダーは、オルフェーヴルの子。3着フィリオアレグロは、サトノクラウンの弟。上位3頭ともにタフな馬場でこそ強さを見せそうな印象を受けました。そういう意味では、マイラプソディは向かなかった可能性はありそうです。

深く考えない競馬