共同通信杯-過去10年のデータと予想

日程 2019年2月10日(日曜)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け G3
条件 サラ系3歳
斤量 別定
出走数 7頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

共同通信杯2019

3歳クラシックに向けた一戦、共同通信杯2019です。過去の共同通信杯上位馬には、ディーマジェスティ、リアルスティール、ドゥラメンテ、イスラボニータ、ゴールドシップ、ディープブリランテ、スピルバーグなど、後のG1馬が多数。かなりの出世レースとなっています。

東京競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年の共同通信杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは1回のみです。大きな波乱が少ない印象のレースですが、昨年は1~2番人気が飛び、二桁人気馬が3着に入る波乱決着となっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 5,080円 77,670円 566,290円
2017 3,410円 2,260円 16,620円
2016 9,650円 10,020円 98,880円
2015 710円 2,380円 10,870円
2014 680円 740円 3,190円
2013 1,140円 16,010円 79,330円
2012 210円 640円 3,790円
2011 2,090円 5,690円 30,970円
2010 1,440円 590円 6,750円
2009 610円 5,670円 19,920円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

共同通信杯2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 6 56 オウケンムーン 6 500万(中山芝2000m) 1着(-0.2) 1
2 1 56 サトノソルタス 3 新馬戦(東京芝1800m) 1着(-0.0) 1
3 4 56 エイムアンドエンド 10 京成杯(G3) 10着(1.0) 5
2017 1 1 56 スワーヴリチャード 2 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 2着(0.0) 4
2 8 56 エトルディーニュ 6 セントポーリア賞(500万) 2着(0.3) 7
3 4 56 ムーヴザワールド 1 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 3着(0.0) 1
2016稍重 1 4 56 ディーマジェスティ 6 ホープフルステークス(G2) 出走取消
2 9 56 イモータル 5 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 9着(1.0) 5
3 6 56 メートルダール 3 京成杯(G3) 3着(0.2) 2
2015 1 1 56 リアルスティール 3 新馬(阪神芝1800m) 1着(-0.6) 1
2 8 56 ドゥラメンテ 1 セントポーリア賞(500万) 1着(-0.9) 1
3 10 56 アンビシャス 4 千両賞(500万) 1着(-0.1) 1
2014 1 7 57 イスラボニータ 1 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.0) 2
2 2 56 ベルキャニオン 3 ホープフルステークス(OP) 2着(0.1) 1
3 5 56 サトノアラジン 2 ラジオNIKKEI杯(G3) 3着(0.3) 1
2013 1 8 56 メイケイペガスター 4 若駒ステークス(OP) 3着(0.2) 4
2 7 56 ゴットフリート 2 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 3着(0.4) 3
3 4 56 マイネルストラーノ 9 京成杯(G3) 8着(0.7) 6
2012 1 3 57 ゴールドシップ 2 ラジオNIKKEI杯(G3) 2着(0.2) 3
2 2 57 ディープブリランテ 1 東京スポーツ杯2歳ステークス(G3) 1着(-0.5) 1
3 8 56 スピルバーグ 3 500万(東京芝2000m) 2着(0.3) 4
2011 1 2 56 ナカヤマナイト 3 ホープフルステークス(OP) 2着(0.0) 2
2 6 56 ユニバーサルバンク 6 若駒ステークス(OP) 2着(0.0) 3
3 13 56 ディープサウンド 5 ホープフルステークス(OP) 10着(1.8) 1
2010 1 6 56 ハンソデバンド 3 ジュニアカップ(OP) 1着(-0.1) 1
2 3 56 ダノンシャンティ 2 ラジオNIKKEI杯(G3) 3着(0.2) 7
3 5 56 アリゼオ 1 ホープフルステークス(OP) 1着(-0.3) 1
2009 1 5 56 ブレイクランアウト 1 朝日杯フューチュリティステークス(G1) 3着(0.1) 1
2 3 56 トーセンジョーダン 2 ホープフルステークス(OP) 1着(-0.4) 1
3 9 56 トップカミング 9 シンザン記念(G3) 3着(0.3) 10
外枠

過去10年の共同通信杯3着以内では、劣勢傾向にあります。8枠からは2頭、二桁馬番も2頭のみ。近年は、1~4枠あたりの好走例が目立ちます。

前走3着以内

過去10年の共同通信杯3着以内30頭中25頭を占めます。そのうち前走4着以下の5頭中4頭が前走2000m戦に出走していました。

1~6番人気

過去10年の共同通信杯3着以内30頭中27頭を占めます。大穴の好走例が少ない傾向にありそうです。

前走新馬戦、未勝利戦

過去10年の共同通信杯3着以内30頭中2頭を占めます。後に海外G1ドバイターフ2016を優勝するリアルスティール(2015年)、波乱決着となった昨年2着サトノソルタスのみです。

予想

少数精鋭という印象の共同通信杯2019。前走重賞優勝馬2頭(アドマイヤマーズ、クラージュゲリエ)が上位争いの中心になるでしょうか。ただ実績面で抜けた2頭を除くと、3着以内は全頭にチャンスがありそうなので、馬券の取捨が難しいレースになりそうです…。

以下、簡単な考察と予想です。

◎1ダノンキングリー

前走ひいらぎ賞は、外枠から外々を周り、直線では楽に後続を突き放しての楽勝でした。1頭だけクラスが上のような内容だったことを考えれば、ここでも上位争いを期待できそうです。

○4アドマイヤマーズ

デビューから4戦4勝。底を見せていないのは魅力ですね。あとは芝1800m以上の重賞では極端に成績を落とすダイワメジャー産だけに、距離をこなせるかがポイントになりそうです。ここを完勝すれば、皐月賞も楽しみになりますが…。

▲6クラージュゲリエ

前走京都2歳ステークスは、直線の切れ味勝負が向いた優勝に見えました。とはいえ2戦連続で重賞を好走した力は確かですし、このメンバーが相手なら上位争いを期待できそうです。

△3ナイママ

過去、中山芝2000m戦(京成杯やホープフルステークス)で馬券圏外だった馬が穴をあけるケースが目立つため、適当に押さえました。紐荒れがあれば…。

3連複◎-○▲△-○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、7着でした。本命◎ダノンキングリーは、1着でした。

共同通信杯2019 結果
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 56 ダノンキングリー 3 ひいらぎ賞(500万) 1着(-0.6) 2
2 4 57 アドマイヤマーズ 1 朝日フューチュリティステークス(G1) 1着(-0.3) 2
3 6 57 クラージュゲリエ 4 京都2歳ステークス(G3) 1着(-0.1) 1

的中でした。

スローながら、インコースで上手く脚を溜めたダノンキングリーの差し切り勝ち。直線の脚はキレッキレでした。アドマイヤマーズは、切れ味勝負になると分が悪い印象で、流れが向かなかったといえるかもしれません。

2着アドマイヤマーズは、距離不安があったようには見えないものの、皐月賞2019は、ここからさらに200m長くなると考えると、取捨に悩むことになりそうですね。

深く考えない競馬