京都大賞典 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年10月9日(月曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝2400m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 15頭
天気 晴れ(Yahoo!天気・災害)

京都大賞典 2017

G2「 京都大賞典 2017 」です。秋G1の前哨戦として、毎年実力馬が集います。近年は、キタサンブラック(2016年)やラブリーデイ&サウンズオブアース(2015年)、トーセンラー(2013年)と秋冬のG1で好走した馬を輩出しています。

コース形態

京都競馬場の芝コース
京都競馬場の芝コース

過去10年の京都大賞典の配当を見ると、3連単10万馬券超えは3回、そのうち1回は360万馬券という高配当が出ています。一方で、数千円という決着も多く、全く傾向が読めないレースといえそうです。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 1,420円 1,520円 7,400円
2015 680円 1,510円 6,540円
2014 2,890円 2,540円 17,470円
2013 90,240円 161,330円 3,619,290円
2012 15,750円 11,380円 128,790円
2011 690円 1,140円 4,360円
2010 600円 870円 3,880円
2009 1,810円 8,780円 43,670円
2008 5,830円 16,340円 114,270円
2007 210円 1,070円 2,870円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
京都大賞典 2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2016 1 1 牡4 58 キタサンブラック 1 宝塚記念(G1) 3着(0.0) 2
2 3 牡5 56 アドマイヤデウス 6 天皇賞春(G1) 9着(0.6) 11
3 10 牡6 58 ラブリーデイ 2 宝塚記念(G1) 4着(0.2) 4
2015 1 1 牡5 58 ラブリーデイ 1 宝塚記念(G1) 1着(-0.0) 6
2 10 牡4 56 サウンズオブアース 2 天皇賞春(G1) 9着(0.7) 4
3 7 セ7 56 カレンミロティック 5 宝塚記念(G1) 13着(1.0) 5
2014 1 7 牡4 56 ラストインパクト 3 新潟記念(G3) 3着(0.0) 3
2 10 牡4 56 タマモベストプレイ 6 丹頂ステークス(OP) 1着(-0.0) 1
3 2 牡6 58 トーセンラー 1 安田記念(G1) 14着(1.9) 8
2013 1 2 牡5 56 ヒットザターゲット 11 宝塚記念(G1) 11着(2.4) 9
2 1 牡4 56 アンコイルド 7 札幌記念(G2) 3着(1.7) 14
3 11 牡5 57 トーセンラー 2 宝塚記念(G1) 5着(1.0) 4
2012 1 14 牡5 56 メイショウカンパク 5 オールカマー(G2) 6着(0.8) 10
2 9 牡7 57 オウケンブルースリ 7 阪神大賞典(G2) 8着(2.6) 7
3 6 牡4 57 ギュスターヴクライ 2 天皇賞春(G1) 5着(1.3) 4
2011 1 7 牡4 59 ローズキングダム 1 宝塚記念(G1) 4着(0.3) 5
2 8 牡4 57 ビートブラック 4 宝塚記念(G1) 11着(1.5) 12
3 4 牡6 58 オウケンブルースリ 3 天皇賞春(G1) 10着(1.3) 12
2010 1 2 牝5 56 メイショウベルーガ 2 新潟記念(G3) 4着(0.1) 2
2 9 牡5 58 オウケンブルースリ 1 ジャパンカップ2009(G1) 2着(0.0) 2
3 6 牝5 55 プロヴィナージュ 4 チャレンジカップ(G3) 2着(0.3) 3
2009 1 2 牡4 59 オウケンブルースリ 3 阪神大賞典(G2) 7着(1.2) 1
2 3 牡4 57 スマートギア 4 西宮ステークス(1600万) 2着(0.0) 1
3 1 牡5 57 トーセンキャプテン 7 オールカマー(G2) 7着(0.8) 6
2008 1 5 牡5 57 トーホウアラン 4 チャレンジカップ(G3) 2着(0.1) 4
2 9 牡7 58 アドマイヤモナーク 6 天皇賞春(G1) 6着(0.9) 7
3 3 牡8 57 アイポッパー 7 目黒記念(G2) 5着(0.6) 4
2007 1 6 牡5 57 インティライミ 2 チャレンジカップ(G3) 1着(-0.2) 1
2 3 牡6 58 ポップロック 1 宝塚記念(G1) 3着(0.4) 4
3 5 牡3 54 アルナスライン 6 すみれステークス(OP) 1着(-0.0) 6

前走G1

過去10年の京都大賞典3着以内30頭中16頭を占めます。そのうち9頭前走宝塚記念に出走していました。

  • 前走宝塚記念9頭
  • 前走天皇賞春5頭
  • 前走安田記念1頭
  • 前走ジャパンカップ1頭

年齢

過去10年の京都大賞典3着以内30頭中22頭4~5歳馬でした。その他、優勝馬10頭全てが4~5歳馬でした。

人気

過去10年の京都大賞典3着以内では、二桁人気馬が1頭のみ、残る30頭中29頭1~7番人気馬でした。

前走着順

過去10年の京都大賞典3着以内では、前走二桁着順だった馬が5頭いますが、ともに前走G1レースに出走していました。

馬券予想

過去10年の傾向から「前走G1」「4~5歳馬」「1~7番人気馬」「前走二桁着順軽視(前走G1を除く)」に注目です。

今年の 京都大賞典 2017 は、何頭かG1で好走歴のある馬がいますが、上位争いは混戦という感じがします。その中で、 京都大賞典 2017 の注目は、前走宝塚記念2017組のシュヴァルグランミッキーロケットでしょうか。ともに人気を集めそうな4~5歳馬で、データ傾向からも上位争いを期待できそうな2頭です。

以下、簡単な考察と予想です。

2~3着ならという馬がかなり多いですね。 (;´・ω・`A “`  上位人気馬では、サウンズオブアースだけ買わず。吉と出るか凶と出るか…。
◎⑤ミッキーロケット

前走宝塚記念2017 6着。近年、好走例の多い宝塚記念組。データ傾向からは押さえておきたい1頭だと思います。京都芝2400mは、今年の日経新春杯2017優勝の舞台。コース相性も問題無さそうです。深く考えず、ここは本命で。

○④スマートレイアー

前走鳴尾記念2017 2着。緩いペースで逃げた優勝馬ステイインシアトルを差し切れずの2着。決して力負けという印象ではありませんでした。

直近2年以上に渡り、G1以外では全て馬券圏内という安定感のある走りを見せています。7歳牝馬になりましたが、昨年の香港ヴァーズ2016 5着以降、衰えを感じさせることのない結果を残しています。芝2400m戦が不安な点ですが、大崩れのない安定感に期待して…。

▲③シュヴァルグラン

前走宝塚記念2017 8着。近年、好走例の多い宝塚記念組。一昨年の日経新春杯2016 2着、昨年のジャパンカップ2016 3着と芝2400m戦でも結果を残していますが、近走で使ってきたレースを見ると、やはりもう少し長い距離の方が合うのかもしれません。とは言いつつ、相手関係と鞍上デムーロ騎手から、ここは上位争い必死でしょうか。

△⑮マキシマムドパリ

前走クイーンステークス2017 7着。前走時は、中間にフレグモーネがありました。ただすぐ治まり、調教も普通に行えたということで、押さえていました。結果は7着。しかし上位陣は、中団より前インコースをロス無く通った馬が占めるような馬場で、後方から外をブン回してという競馬だったマキシマムドパリの7着は仕方ない印象でした。

今回、このクラスの牡馬と対戦するるのは未知数な部分もありますが、4~5歳で重賞好走歴のある中穴の馬ということで、データ傾向からも無くはないかも…と思っています。

3連複◎-○▲△-○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、3着、4着、9着でした。

本命◎ミッキーロケットは8着でした。

京都大賞典 2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 4 牝7 スマートレイアー 4 鳴尾記念(G3) 2着(0.0)
2 8 牡5 トーセンバジル 6 新潟記念(G3) 7着(0.2)
3 3 牡5 シュヴァルグラン 1 宝塚記念(G1) 8着(1.2)

晩に録画を見ましたが、残念な結果でした。トーセンバジルが想像以上に前で粘っていた為、シュヴァルグランやミッキーロケットは差しきれずという内容でした。それにしても、ミッキーロケットはこのメンバーで馬券圏内外すとは…。秋G1に向かうとすれば、厳しい気がしますね。

トーセンバジルは、後方からの大外ブン回しだった前走新潟記念2017から一転、先行して前目でで脚を溜める競馬。陣営の意向なのか、岩田騎手の判断なのか分かりませんが、これは全く読めませんでした…。

優勝したスマートレイアーは7歳牝馬。データ傾向外の優勝という感じですが、やはりまだまだ衰えを感じさせない末脚でした。次は、エリザベス女王杯2017だと思いますが、G1で馬券圏内に来れるかどうか注目ですね。

1~3着馬の次走情報