京都大賞典2020-過去データと予想

日程 2020年10月11日(日曜)
開催 京都競馬場11R
距離 芝2400m
格付け G2
条件 3歳以上
斤量 別定
出走数 17頭
天気 晴れ(ヤフー天気)
クッション値 9.4(11日)

京都大賞典2020

秋G1戦線に向けた一戦、京都大賞典2020です。例年、天皇賞秋やジャパンカップの前哨戦として実力馬が集い、ハイレベルなレースが繰り広げられます。毎日王冠ほどG1戦線に結び付かないレースですが、近年は京都大賞典をステップにジャパンカップや有馬記念で活躍する馬が増加傾向にあります。

京都競馬場の芝2400mコース

配当

過去10年の京都大賞典の配当を見ると、3連単10万馬券超えが3回あります。2019年と2013年で超高配当が出ていますが、高配当の3回を除くと、近年は順当な決着が続いています。実力馬が結果を残しやすい舞台とも言えるかもしれません。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 53,720円 234,720円 1,811,410円
2018 1,730円 5,900円 19,420円
2017 4,300円 2,950円 31,790円
2016 1,420円 1,520円 7,400円
2015 680円 1,510円 6,540円
2014 2,890円 2,540円 17,470円
2013 90,240円 161,330円 3,619,290円
2012 15,750円 11,380円 128,790円
2011 690円 1,140円 4,360円
2010 600円 870円 3,880円

では過去10年の京都大賞典で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:京都大賞典 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

京都大賞典2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 7 セ6 56 ドレッドノータス 11 丹頂ステークス(OP) 5着(0.8) 10
2 14 牡5 57 ダンビュライト 6 大阪杯(G1) 9着(0.6) 11
3 6 牡4 56 シルヴァンシャー 5 御堂筋ステークス(1600万) 1着(-0.0) 1
2018 1 2 牡5 57 サトノダイヤモンド 2 宝塚記念(G1) 6着(0.8) 1
2 4 牝4 54 レッドジェノヴァ 4 2018ワールドAJ第2戦(1600万) 1着(-0.3) 1
3 5 牡7 57 アルバート 3 宝塚記念(G1) 13着(1.8) 15
2017 1 4 牝7 54 スマートレイアー 4 鳴尾記念(G3) 2着(0.0) 1
2 8 牡5 56 トーセンバジル 6 新潟記念(G3) 7着(0.2) 2
3 3 牡5 57 シュヴァルグラン 1 宝塚記念(G1) 8着(1.2) 6
2016 1 1 牡4 58 キタサンブラック 1 宝塚記念(G1) 3着(0.0) 2
2 3 牡5 56 アドマイヤデウス 6 天皇賞春(G1) 9着(0.6) 11
3 10 牡6 58 ラブリーデイ 2 宝塚記念(G1) 4着(0.2) 4
2015 1 1 牡5 58 ラブリーデイ 1 宝塚記念(G1) 1着(-0.0) 6
2 10 牡4 56 サウンズオブアース 2 天皇賞春(G1) 9着(0.7) 4
3 7 セ7 56 カレンミロティック 5 宝塚記念(G1) 13着(1.0) 5
2014 1 7 牡4 56 ラストインパクト 3 新潟記念(G3) 3着(0.0) 3
2 10 牡4 56 タマモベストプレイ 6 丹頂ステークス(OP) 1着(-0.0) 1
3 2 牡6 58 トーセンラー 1 安田記念(G1) 14着(1.9) 8
2013 1 2 牡5 56 ヒットザターゲット 11 宝塚記念(G1) 11着(2.4) 9
2 1 牡4 56 アンコイルド 7 札幌記念(G2) 3着(1.7) 14
3 11 牡5 57 トーセンラー 2 宝塚記念(G1) 5着(1.0) 4
2012 1 14 牡5 56 メイショウカンパク 5 オールカマー(G2) 6着(0.8) 10
2 9 牡7 57 オウケンブルースリ 7 阪神大賞典(G2) 8着(2.6) 7
3 6 牡4 57 ギュスターヴクライ 2 天皇賞春(G1) 5着(1.3) 4
2011 1 7 牡4 59 ローズキングダム 1 宝塚記念(G1) 4着(0.3) 5
2 8 牡4 57 ビートブラック 4 宝塚記念(G1) 11着(1.5) 12
3 4 牡6 58 オウケンブルースリ 3 天皇賞春(G1) 10着(1.3) 12
2010 1 2 牝5 56 メイショウベルーガ 2 新潟記念(G3) 4着(0.1) 2
2 9 牡5 58 オウケンブルースリ 1 ジャパンカップ2009(G1) 2着(0.0) 2
3 6 牝5 55 プロヴィナージュ 4 チャレンジカップ(G3) 2着(0.3) 3
前走G1レース

過去10年の京都大賞典3着以内30頭中18頭を占めます。前走の着順に関係なく、宝塚記念組や天皇賞春組を中心に好走例が目立ちます。

4~5歳馬

過去10年の京都大賞典3着以内30頭中22頭を占めます。連対馬では20頭中17頭に及びます。

1~7番人気

過去10年の京都大賞典3着以内30頭中28頭を占めます。二桁人気馬が好走したのは、高配当決着となった2019年と2013年のみです。近年は、中穴(4~6番人気)が馬券圏内に好走し、好配当を演出する傾向にあります。

予想

今年の京都大賞典2020は、前走G1レース出走馬を中心に好メンバーが揃ったと思います。前走G1レース出走馬4頭で決着しても良さそうな感じですが、過去、伏兵穴馬の好走が目立つレースですし、多くの馬が馬券候補といえるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。過去好走例が多い前走G1レース出走馬や4~5歳馬を中心に狙いました。

◎2キセキ

4~5歳馬の好走例が多いレースとはいえ、実績を考えれば上位争いの候補になるでしょうか。前走宝塚記念は、タフな馬場かつ前が流れたこともあり、先行勢が総崩れの追い込み決着でした。後方からスムーズに外目を追走したことが好走要因という印象でした。馬場も問題ないタイプだと思うので、あとはスムーズなレース運びができるかどうかだと思います。

〇13グローリーヴェイズ

追い込み決着となった前走宝塚記念は、直線で伸びを欠き13着。海外帰り初戦だったということもあると思いますが、全く見せ場なく…というレースでした。ただ力のいる馬場が合わなかったとすると、今回もそういう馬場になる可能性が高いので、馬場悪化は買い難い要素といえるかもしれません。

▲3シルヴァンシャー

大波乱となった昨年の京都大賞典3着馬。ダンビュライトと迷って、紐荒れ期待で押さえました。

△8カセドラルベル

直近2年連続で馬券圏内に好走している前走3勝クラス(旧1600万クラス)優勝馬(前走1番人気)。4歳馬というのも魅力ですし、穴馬扱いなら押さえても面白そうです。ただ前走博多ステークスのメンバーを見ると、流石にここでは格下だと思います。連勝の勢いと紐荒れに期待して…。

3連複4頭ボックス◎〇▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、4着、10着でした。本命◎キセキは、2着でした。

京都大賞典2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 13 牡5 58 グローリーヴェイズ 3 宝塚記念(G1) 17着(5.3) 5
2 2 牡6 57 キセキ 1 宝塚記念(G1) 2着(1.0) 6
3 17 牡7 55 キングオブコージ 2 目黒記念(G2) 1着(-0.1) 1

人気馬の差し追い込み決着。中団から抜け出したグローリーヴェイズ、後方から捲くって行ったキセキの勝ち負けとなりました。G1馬2頭が強さを見せたと言っても良さそうです。

3着争いは、押さえていたシルヴァンシャーと大外から突っ込んできたキングオブコージ。シルヴァンシャーは、クビ差4着…。ラスト50mあたりは、的中を期待してしまう争いだっただけに、馬券的には歯痒いレースでした。