京都牝馬ステークス 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年2月18日(土曜日)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝1400m
格付け GⅢ
条件 サラ系4歳以上牝馬
斤量 別定
出走数 18頭
天気 晴れ参考 京都競馬場 – Yahoo!天気・災害

「京都牝馬ステークス2017」です。昨年から芝1400m戦に変更となりましたが、後の牝馬重賞戦線を占う上で、重要なレースになることには変わりないでしょう。

過去10年の京都牝馬ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えは2回あります。一昨年は280万馬券が炸裂しましたが、傾向的には3連単1~3万円台の決着が多い印象です。

  • 2016年 36,210円
  • 2015年 2,865,560円
  • 2014年 11,080円
  • 2013年 14,580円
  • 2012年 10,930円
  • 2011年 125,740円
  • 2010年 28,940円
  • 2009年 96,550円
  • 2008年 68,280円
  • 2007年 14,020円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
京都牝馬ステークス2017
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 14 牝4 56 クイーンズリング 1 エリザベス女王杯(G1) 8着(0.3)
2 10 牝5 54 マジックタイム 6 節分ステークス(1600万) 1着(-0.0)
3 11 牝6 55 ウインプリメーラ 3 京都金杯(G3) 1着(-0.1)
2015 1 13 牝6 56 ケイアイエレガント 9 中山金杯(G3) 13着(1.4)
2 12 牝6 54 ゴールデンナンバー 15 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 除外
3 2 牝7 54 パワースポット 8 愛知杯(G3) 5着(0.3)
2014 1 14 牝4 52 ウリウリ 2 衣笠特別(1000万) 1着(-0.1)
2 3 牝6 56 ドナウブルー 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 5着(0.6)
3 10 牝6 54 ノーブルジュエリー 5 仲秋ステークス(1600万) 1着(-0.0)
2013 1 4 牝4 54 ハナズゴール 1 リゲルステークス(OP) 1着(-0.2)
2 8 牝5 55 エーシンメンフィス 2 愛知杯(G3) 1着(-0.2)
3 10 牝6 53 ベストクルーズ 10 新春ステークス(1600万) 3着(0.2)
2012 1 3 牝4 52 ドナウブルー 2 1000万(京都芝1800m) 1着(-0.5)
2 4 牝5 54 ショウリュウムーン 1 京都金杯(G3) 4着(0.3)
3 11 牝5 54 アスカトップレディ 3 愛知杯(G3) 10着(1.0)
2011 1 5 牝4 53 ショウリュウムーン 5 京都金杯(G3) 9着(1.3)
2 8 牝5 54 ヒカルアマランサス 1 愛知杯(G3) 3着(0.2)
3 6 牝4 53 サングレアズール 9 六甲アイランドステークス(1600万) 1着(-0.4)
2010稍重 1 8 牝4 52 ヒカルアマランサス 1 愛知杯(G3) 4着(0.1)
2 15 牝5 54 ベストロケーション 7 市川ステークス(1600万) 1着(-0.2)
3 6 牝6 56 ザレマ 2 阪神カップ(G2) 9着(0.7)
2009稍重 1 6 牝4 53 チェレブリタ 6 愛知杯(G3) 2着(0.0)
2 11 牝5 54 レインダンス 7 愛知杯(G3) 7着(0.4)
3 5 牝5 54 ザレマ 1 ターコイズステークス(OP) 1着(-0.0)
2008 1 3 牝5 56 アドマイヤキッス 2 愛知杯(G3) 3着(0.1)
2 5 牝4 54 ザレマ 9 仲冬S(1600万) 5着(0.3)
3 6 牝5 55 キストゥヘヴン 6 ターコイズステークス(OP) 13着(1.1)
2007 1 4 牝5 54 ディアデラノビア 1 香港カップ(G1) 7着
2 13 牝6 55 ウイングレット 8 ターコイズステークス(OP) 2着(0.3)
3 11 牝6 54 アグネスラズベリ 3 淀短距離ステークス(OP) 6着(0.3)
人気

過去10年の京都牝馬ステークスでは、1~2人気馬が好成績を残しています。

  • 1番人気(4-3-1-2)複勝率80%
  • 2番人気(3-1-1-5)複勝率50%
4歳馬

過去10年の京都牝馬ステークスでは、2007年と2008年と2015を除く過去7回で優勝しています。

過去10年の京都牝馬ステークスでは、1枠と8枠がそれぞれ1頭ずつと極端に少ない傾向にあります。2枠~7枠の馬は人気に関係なく3着以内に来ているので、「内枠過ぎず、外枠過ぎず」が狙い目かもしれません。

  • 2015年3着パワースポット(1枠2番)
  • 2010年2着ベストロケーション(8枠15番)

馬券予想

過去10年の傾向から「4歳馬」「上位人気馬」に注目です。

京都牝馬ステークス2017は、かなり混戦という印象です。抜けた馬が不在で、ほとんど全頭に3着以内のチャンスがありそうに思えます。

以下、簡単な考察と予想です。時間的な都合で、買い目を中心に取り上げます(;´д`)

◎⑩レッツゴードンキ

昨夏の北海道のスプリント戦線から復調し、前走ターコイズステークス2016では2着に好走しました。洋芝やダートのJBCレディスクラシック2016での好走歴があるので、今の時計のかかる京都の馬場も苦にしないかもしれません。

もともとG1でも差のない競馬をしてきた馬です。能力は、このメンバーであればトップクラスでしょう。

○⑬ナックビーナス

昨年から京都牝馬ステークスは1400m戦に変更となったので、そろそろ前走スプリント戦を使った馬が馬券に絡むのでは…ということで押さえました。

直近3戦は、オープンクラス特別で勝ち負けしていますし、昨年のキーンランドカップ2016でも上位陣と差のない5着に好走しています。4歳馬の相性が良いレースですし、能力的にも十分に上位争いの候補になると思います。

▲④アルビアーノ

ムラがある成績なので、軸としては狙い難いですが、実績的には無視できない馬でしょう。同コースのスワンステークス2015は3歳牝馬ながら優勝、昨年のスワンステークス2016は6着に敗れていますが、長期休養明けの一戦で度外視しても良いかもしれません。

恐らく目標は高松宮記念2017で、ここは叩きかも…という感じがしますが、高松宮記念2017で上位争いを狙うようであれば、ここでも好走を期待したいところです。

△⑤エテルナミノル

前走ターコイズステークス2016では本命馬でしたが、7着に敗れました。

2走前のユートピアステークス2016(1600万)は、渋った馬場を先行し、人気馬を抑えての完勝でした。3歳時はダート戦を使っていますし、時計のかかる馬場を苦にしないと思います。実績的には一枚下という感じですが、大崩れのない成績ですし、今のタフな京都の馬場での激走を期待したいですね。

3連複 ◎ – ○▲△ – ○▲△ 合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、7着、15着、17着でした。

本命◎レッツゴードンキは1着でした。

京都牝馬ステークス2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 10 牝5 レッツゴードンキ 1 ターコイズステークス(G) 2着(0.2)
2 15 牝4 ワンスインナムーン 7 サンライズステークス(1600万) 1着(-0.2)
3 6 牝6 スナッチマインド 5 六甲アイランドステークス(1600万) 1着(-0.0)

紐争いカスリもせずという結果でした(´・ω・`)

タフな馬場だったと思いますが、勝ち時計は1:22.5で、それほど遅い印象はありません。ただ最後の直線で内を通った馬は伸びてこなかったですね。外をまわした馬が良さそうな馬場でした。

優勝したレッツゴードンキは馬場適正も高そうでしたし、復調を感じさせる完勝でした。このままヴィクトリアマイル2017を目指すようであれば、注目したいです。

2~3着には、前走1600万クラスのワンスインナムーンとスナッチマインドが来ました。特にワンスインナムーンは手が出せないです。ナックビーナスが飛んで、ワンスインナムーンが2着に来るとは…本当に難しいレースでした。

アットザシーサイドやアルビアーノは、この後の取捨が難しくなりそうですね。叩きだとしても負け過ぎな感じがします。次走は様子見も…と思っています。

1~3着馬の次走情報
  • 1着レッツゴードンキ、2着ワンスインナムーンは、高松宮記念2017に向かいました。