G3の過去データと予想

京都牝馬ステークス-過去データと予想

日程 2020年2月22日(土曜)
開催 京都競馬場11R
距離 芝1400m(外回り)
格付け G3
条件 4歳以上牝馬
斤量 別定
出走数 17頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

京都牝馬ステークス2020

牝馬限定重賞、京都牝馬ステークス2020です。G1ヴィクトリアマイルに向けた一戦。2016年に阪神牝馬ステークスと施行距離が入れ替わる1400m戦となってからはヴィクトリアかたちで、芝1400m(外回り)戦で行われるようになりました。以降、ヴィクトリアマイルでの好走馬が出ておらず、本番に結び付きにくいレースと言えるかもしれません。

京都競馬場の芝1400mコース

配当

過去10年の京都牝馬ステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが3回あります。そのうち2015年と2019年は、1~6番人気が馬券圏外になる大波乱。例外的な年だと思いますが、全く傾向の読めないレースと言えるかもしれません。波乱の3回を除くと、3連単は1~3万円程の比較的順当な決着となっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 20,300円 284,790円 1,536,660円
2018 860円 2,930円 10,260円
2017 3,070円 6,510円 33,820円
2016 3,500円 6,220円 36,210円
2015 86,460円 451,980円 2,865,560円
2014 880円 2,470円 11,080円
2013 690円 5,690円 14,580円
2012 1,070円 2,270円 10,930円
2011 2,120円 21,460円 125,740円
2010 2,790円 5,210円 28,940円

では過去10年の京都牝馬ステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

京都牝馬ステークス2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 10 牝5 54 デアレガーロ 9 スワンステークス(G2) 6着(0.7) 5
2 15 牝5 54 リナーテ 7 ターコイズステークス(G3) 7着(0.3) 9
3 13 牝4 53 アマルフィコースト 12 石清水ステークス(1600万) 8着(0.8) 3
2018 1 8 牝4 55 ミスパンテール 1 ターコイズステークス(G3) 1着(-0.0) 5
2 10 牝4 54 デアレガーロ 4 市川ステークス(1600万) 1着(-0.1) 5
3 12 牝5 53 エスティタート 5 石清水ステークス(1600万) 2着(0.2) 8
2017稍重 1 10 牝5 55 レッツゴードンキ 1 ターコイズステークス(G) 2着(0.2) 6
2 15 牝4 54 ワンスインナムーン 7 サンライズステークス(1600万) 1着(-0.2) 1
3 6 牝6 54 スナッチマインド 5 六甲アイランドステークス(1600万) 1着(-0.0) 3
2016 1 14 牝4 56 クイーンズリング 1 エリザベス女王杯(G1) 8着(0.3) 5
2 10 牝5 54 マジックタイム 6 節分ステークス(1600万) 1着(-0.0) 1
3 11 牝6 55 ウインプリメーラ 3 京都金杯(G3) 1着(-0.1) 3
2015 1 13 牝6 56 ケイアイエレガント 9 中山金杯(G3) 13着(1.4) 17
2 12 牝6 54 ゴールデンナンバー 15 京成杯オータムハンデキャップ(G3) 除外
3 2 牝7 54 パワースポット 8 愛知杯(G3) 5着(0.3) 14
2014 1 14 牝4 52 ウリウリ 2 衣笠特別(1000万) 1着(-0.1) 1
2 3 牝6 56 ドナウブルー 1 マイルチャンピオンシップ(G1) 5着(0.6) 10
3 10 牝6 54 ノーブルジュエリー 5 仲秋ステークス(1600万) 1着(-0.0) 1
2013 1 4 牝4 54 ハナズゴール 1 リゲルステークス(OP) 1着(-0.2) 2
2 8 牝5 55 エーシンメンフィス 2 愛知杯(G3) 1着(-0.2) 7
3 10 牝6 53 ベストクルーズ 10 新春ステークス(1600万) 3着(0.2) 9
2012 1 3 牝4 52 ドナウブルー 2 1000万(京都芝1800m) 1着(-0.5) 1
2 4 牝5 54 ショウリュウムーン 1 京都金杯(G3) 4着(0.3) 4
3 11 牝5 54 アスカトップレディ 3 愛知杯(G3) 3着(0.2) 10
2011 1 5 牝4 53 ショウリュウムーン 5 京都金杯(G3) 9着(1.3) 6
2 8 牝5 54 ヒカルアマランサス 1 愛知杯(G3) 3着(0.2) 2
3 6 牝4 53 サングレアズール 9 六甲アイランドステークス(1600万) 1着(-0.4) 8
2010稍重 1 8 牝4 52 ヒカルアマランサス 1 愛知杯(G3) 4着(0.1) 3
2 15 牝5 54 ベストロケーション 7 市川ステークス(1600万) 1着(-0.2) 3
3 6 牝6 56 ザレマ 2 阪神カップ(G2) 9着(0.7) 9
5番人気以下

過去10年の京都牝馬ステークス3着以内30頭中15頭を占めます。1~3番人気で決着した2012年を除いて、毎年穴馬の好走例が見られます。

4歳馬

過去10年の京都牝馬ステークス3着以内30頭中11頭を占めます。そのうち連対馬が9頭、優勝馬は7頭。4歳馬が強いレースと言えそうです。

外枠(5~8枠)

芝1400m戦となった2016年以降の過去4年の京都牝馬ステークス3着以内12頭中11頭を占めます。そのうち先行馬はアマルフィコースト(2019年3着)のみ。外枠の差し追い込み馬が狙い目と言えそうです。

前走大敗(勝ち馬から0.9秒以上離されていた馬)

前走が出走取消だったゴールデンナンバー(2015年2着)を除く、過去10年の京都牝馬ステークス3着以内29頭中2頭を占めます。前走崩れていた馬は買い難い傾向にあります。

予想

今年の京都牝馬ステークス2020は、近年と比べると層が厚い印象を受けます。好走例の多い4歳の実力馬を中心に、好メンバーが揃いました。過去、波乱を考えれば、多くの馬にチャンスがあるレースと言っても良さそうです。タフな京都の馬場に加え、土曜の午前中に雨予報が出ているため、馬場適性の有無もポイントになるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。外枠の馬を押さえました。人気を集めるサウンドキアラが気になりつつスルーしたものの、とにかく全く当たる気がしません。

◎14ドナウデルタ

好走例の多い前走3勝クラス(旧1600万クラス)出走馬。京都牝馬ステークスが1400m戦になった2016年以降では、毎年馬券圏内に好走しています。今年のメンバーなら、ドナウデルタが候補になるでしょうか。1400m戦のレースで崩れていない安定感に加え、前走の勝ちっぷりも良く、重賞でも上位争いに加わっても良さそうです。

○13シゲルピンクダイヤ

直近3年連続で馬券に絡んでいるターコイズステークス組。3歳以降、勝ち切れていないのは気になるところですが、このメンバーなら勝ち負けがあっても良さそうです。

△12アマルフィコースト

昨年の京都牝馬ステークス3着馬。差し追い込み馬が上位を占めた昨年は、先行して粘り強さを見せていました。コース適性と外枠を考えれば、押さえておいても…。

△9プールヴィル

1400m戦6戦6連対。戦ってきた相手を見ると、一枚下という感じもありますが、人気が落ち着くと思いますし、紐荒れ期待なら押さえておいても…。

(無印)2ビーチサンバ

外枠の好走が目立つレースなので、今回はスルーしました。好走例の多い4歳馬。阪神牝馬ステークスの方が良いんじゃないかと思いつつ、ここでも上位争いの候補になりそうです。前走秋華賞5着。前走クビ差4着シャドウディーヴァは、後に東京新聞杯で2着に好走しています。戦ってきた相手を考えれば、勝ち負けまであっても良いかもしれません。

3連複4頭ボックス◎○△△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、4着、7着、13着でした。本命◎ドナウデルタは、13着でした。

京都牝馬ステークス2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 17 牝5 55 サウンドキアラ 1 京都金杯(G3) 1着(-0.2) 3
2 9 牝4 55 プールヴィル 6 オーロカップ(LR) 2着(0.0) 3
3 6 牝6 54 メイショウグロッケ 13 ターコイズステークス(G3) 5着(0.6) 9

3連単145,450円の波乱決着でした。

本命ドナウデルタは出負けして後方から。ややゆったりとした流れの中、ドナウデルタも対抗シゲルピンクダイヤも後方から大外をぶん回す追い込みでした。優勝馬サウンドキアラが中団、2着プールヴィルが先行、3着メイショウグロッケが好位だったことを考えると、本命対抗は全くのノーチャンスと言って良い位置取りだったかもしれません。

3着メイショウグロッケ。好走例の多いターコイズステークス組でしたが、流石にシゲルピンクダイヤとどちらか一頭と考えると手が回らない馬でした。