京都新聞杯-過去10年のデータと予想

スポンサーリンク
日程 2019年5月4日(土曜)
開催 京都競馬場 11R
距離 芝2200m
格付け G2
条件 サラ系3歳
斤量 馬齢(牡56kg)
出走数 14頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

京都新聞杯2019

日本ダービー2019の前哨戦、京都新聞杯2019です。近年は、京都新聞杯優勝馬のディープインパクト産が日本ダービーでも好走する傾向にあり、本番に向けて注目したい一戦です。(2016~2018年は、ディープインパクト産が優勝していません。)

  • 2015年1着サトノラーゼン→日本ダービー2着
  • 2013年1着キズナ→日本ダービー優勝
  • 2012年1着トーセンホマレボシ→日本ダービー3着

京都競馬場の芝2200mコース

配当

過去10年の京都新聞杯の配当を見ると、大きな波乱は少ない傾向にあります。ただ馬連や3連複が好配当になる年が多く、穴馬の好走には注意したいと言えそうです。昨年は、1~3番人気馬が馬券圏外となり、穴馬による決着となりました。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 15,710円 42,640円 269,100円
2017 880円 3,690円 15,190円
2016 4,120円 7,230円 33,810円
2015 1,110円 2,860円 13,160円
2014 3,700円 9,240円 55,130円
2013 2,470円 16,100円 52,030円
2012 2,380円 2,340円 21,000円
2011 1,810円 18,180円 113,100円
2010 1,060円 1,270円 7,580円
2009 900円 2,840円 10,560円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

京都新聞杯2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 13 ステイフーリッシュ 7 共同通信杯(G3) 10着(1.1) 2
2 8 アドマイヤアルバ 11 500万(阪神芝1600m) 1着(-0.0) 1
3 15 シャルドネゴールド 4 毎日杯(G3) 7着(0.7) 4
2017 1 11 プラチナムバレット 2 はなみずき賞(500万) 1着(-0.0) 3
2 3 サトノクロニクル 1 水仙賞(500万) 2着(0.1) 1
3 2 ダノンディスタンス 6 すみれステークス(OP) 5着(1.7) 2
2016 1 2 スマートオーディン 1 毎日杯(G3) 1着(-0.2) 1
2 11 アグネスフォルテ 9 はなみずき賞(500万) 6着(0.5) 5
3 9 ロイカバード 4 きさらぎ賞(G3) 3着(0.6) 2
2015 1 4 サトノラーゼン 2 はなみずき賞(500万) 1着(-0.3) 3
2 2 ポルトドートウィユ 1 若葉ステークス(OP) 4着(0.3) 1
3 15 アルバートドック 6 毎日杯(G3) 4着(0.1) 6
2014 1 3 ハギノハイブリッド 3 新緑賞(500万) 1着(-0.5) 1
2 11 サウンズオブアース 8 はなみずき賞(500万) 1着(-0.0) 1
3 5 ガリバルディ 5 500万(阪神芝1600m) 2着(0.2) 2
2013 1 5 キズナ 1 毎日杯(G3) 1着(-0.5) 1
2 8 ペプチドアマゾン 9 あずさ賞(500万) 1着(-0.4) 1
3 12 ジャイアントリープ 11 山桜賞(500万) 2着(0.3) 5
2012 1 2 トーセンホマレボシ 5 大寒桜賞(500万) 1着(-0.1) 1
2 10 ベールドインパクト 2 皐月賞(G1) 7着(0.8) 13
3 6 エキストラエンド 1 弥生賞(G2) 5着(0.4) 6
2011 1 5 クレスコグランド 3 ムーニーバレーレーシングクラブ賞(500万) 1着(-0.0) 2
2 11 ユニバーサルバンク 2 若葉ステークス(OP) 4着(0.6) 1
3 10 サウンドバスター 10 フリージア賞(500万) 1着(-0.0) 13
2010 1 11 ゲシュタルト 3 皐月賞(G1) 7着(0.5) 12
2 8 コスモファントム 2 ラジオNIKKEI杯(G3) 2着(0.0) 2
3 1 レーヴドリアン 1 皐月賞(G1) 9着(0.6) 9
2009 1 8 ベストメンバー 1 皐月賞(G1) 5着(0.9) 5
2 5 デルフォイ 3 ムーニーバレーレーシングクラブ賞(500万) 1着(-0.7) 2
3 6 ロードロックスター 4 はなみずき賞(500万) 1着(-0.2) 3
外枠(馬番12番以降)

過去10年の京都新聞杯3着以内30頭中4頭を占めます。そのうち2頭が波乱決着となった昨年と考えれば、真ん中より内が狙い目と言えるかもしれません。

前走500万クラス

過去10年の京都新聞杯3着以内30頭中15頭を占めます。2010年を除く過去9回で前走500万クラスに出走していた馬が連対しています。穴をあける年も目立ちます。

関西馬

過去10年の京都新聞杯3着以内30頭中30頭を占めます。昨年は、関東馬グローリーヴェイズ(2番人気)が4着に敗れています。

予想

やや混戦模様の京都新聞杯2019。重賞好走歴のある馬が何頭かいますが、抜けた馬は不在のため、何が来てもおかしくないレースと言っても良さそうです。

以下、簡単な考察と予想です。2勝馬と皐月賞組を狙いましたが、全く当たる気がしません…。

◎3ロジャーバローズ

2勝馬が少ないメンバー構成。2走前の福寿草特別(500万)を完勝しているのは魅力になるでしょうか。京都コースがプラスに働けば…。

○7タガノディアマンテ

前走皐月賞6着。実績でいえば、勝ち負けがあってもおかしくないところでしょうか。2走前のスプリングステークスでは、ロジャーバローズに先着していますし、人気を落とすようなら狙ってみても良いかもしれません。

▲13ヒーリングマインド

好走例の多い前走500万クラス優勝馬。前走アザレア賞は、最後方から進め、直線で内を捌いての追い込み(上がり最速)で勝ち切っています。前走の勝ちっぷりに期待したいですが、速い時計の決着になると未知数な感じはしますね。

ワイド◎-○▲ 3連複◎-○-▲合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、5着、7着でした。本命◎ロジャーバローズは、2着でした。

京都新聞杯2019 結果
着順 馬番 馬名 人気 前走 前走人気
1 12 レッドジェニアル 11 アザレア賞(500万) 4着(0.3) 5
2 3 ロジャーバローズ 2 スプリングステークス(G2) 7着(0.4) 2
3 6 サトノソロモン 7 大寒桜賞(500万) 7着(0.8) 1

録画を見ました。

3連単214,830円の波乱決着でした。優勝馬レッドジェニアルは気になってはいたものの、3着サトノソロモンやハナ差4着ナイママあたりは、完全に検討すらしませんでした。

押し出されるかたちで、ロジャーバローズが逃げる展開。そのまま中団ぐらいまでで進めた馬が上位争いを演じることになりました。

押さえていたヒーリングマインドは、まくって行ったものの、直線伸び切れず。対抗タガノディアマンテは、先行したため、いつもの末脚を出すことなく、最後垂れてしまいました。これは難しいですね。

深く考えない競馬