レパードステークス 2017 過去8年のデータと予想

日程2017年8月6日(日曜日)
開催新潟競馬場 11R
距離ダート1800m
格付けGⅢ
条件サラ系3歳
斤量馬齢(56kg 牝馬2kg減)
出走数15頭
天気晴れ(Yahoo!天気・災害)

3歳ダート重賞「 レパードステークス 2017 」です。過去の上位馬は、古馬になってからもダート重賞戦線で活躍する馬が多く、ダートの出世レースと言って良いかもしれません。

コース形態

レパードステークスが創設された2009年以降の過去8年の配当を見ると、硬めの決着が5回あり、荒れ難いレースという印象です。2014年を除くと、馬連は数百円~千円台の決着が占め、3連単は3着に人気薄が突っ込んできて万馬券になるケースが多いです。

年度馬連3連複3連単
2016260円1,940円6,040円
20151,050円15,320円49,790円
20145,050円41,840円134,570円
2013780円1,320円4,970円
20121,230円1,170円7,580円
2011570円16,610円61,470円
20101,720円1,680円9,470円
2009920円3,680円10,050円

では過去8年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去8年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
レパードステークス 2017
年度着順馬番馬名人気前走
201616グレンツェント2ユニコーンステークス(G3) 3着(0.5)
25ケイティブレイブ1ジャパンダートダービー(G1) 2着(0.9)
31レガーロ6兵庫チャンピオンシップ(G2) 4着(1.8)
201519クロスクリーガー1ジャパンダートダービー(G1) 2着(0.5)
212ダノンリバティ3白百合ステークス(OP) 8着(0.3)
313タマノブリュネット(牝)11スパーキングナイトチャレンジ(川崎) 1着(-0.3)
2014稍重113アジアエクスプレス1ユニコーンステークス(G3) 12着(1.7)
29クライスマイル7500万(東京ダ1600m) 1着(-0.3)
34ランウェイワルツ9ジャパンダートダービー(G1) 5着(0.2)
2013稍重15インカンテーション1濃尾特別(1000万) 1着(-0.3)
27サトノプリンシパル4御嶽特別(1000万) 1着(-0.1)
311ケイアイレオーネ2ジャパンダートダービー(G1) 3着(1.3)
2012112ホッコータルマエ2ジャパンダートダービー(G1) 5着(1.0)
214ナムラビクター3御嶽特別(1000万) 1着(-0.6)
32イジゲン1彦星賞(1000万) 1着(-0.1)
2011稍重17ボレアス1ジャパンダートダービー(G1) 2着(0.0)
25タカオノボル2麒麟山特別(1000万) 1着(-0.1)
310タナトス12バルーンカップ(佐賀) 1着(-1.2)
2010111ミラクルレジェンド(牝)2ジャパンダートダービー(G1) 4着(0.1)
23グリッターウイング6瀬波温泉特別(1000万) 2着(0.5)
36ソリタリーキング1鷹取特別(1000万) 1着(-0.0)
2009110トランセンド1麒麟山特別(1000万) 1着(-1.3)
24スーニ3ジャパンダートダービー(G1) 6着(1.9)
36スタッドジェルラン7瀬波温泉特別(1000万) 3着(0.8)

前走ジャパンダートダービー

過去8年のレパードステークス3着以内24頭中8頭を占めます。毎年1頭が馬券圏内に来ています。

前走1000万クラス

過去8年のレパードステークス3着以内24頭中9頭を占めます。9頭とも前走3着以内に好走していました。そのうち8頭が前走1800m戦、残る1頭が前走1700m戦に出走していました。

直近3年は、前走1000万クラスだった馬の好走は無く、代わりに前走JRAのオープンクラスのレース(ユニコーンステークスや白百合ステークス)に出走していた馬が馬券圏内に来ています。

1番人気

過去8年のレパードステークス3着以内では、複勝率100%(5-1-2-0)と好成績を残しています。

レパードステークス 2017 馬券予想

過去8年の傾向から「前走ジャパンダートダービー」「前走1000万クラス(3着以内)」「1番人気」に注目です。

レパードステークス 2017 は、例年よりもメンバーが揃ったような気がします。エピカリスを中心に、重賞好走歴のある馬が出走を予定しており、かなりの混戦模様だと思います。

以下、簡単な考察と予想です。

結局、上位人気馬中心になってしまいました…。(;´・ω・`A “`
◎⑮タガノディグオ

大外枠というのは、少し心配ですね。

前走ジャパンダートダービー2017 3着。前走は外をぶん回して、上がり最速の3着。上位陣は混戦という中、能力は十分に示したと思いました。

ダート転向後10戦して馬券圏外は無く、そのうち上がり最速が8戦という競馬。今回も末脚が活きる流れになれば、大崩れは無いのではないでしょうか。新潟ダート戦は、傾向として前残りが多い印象ですが、今回は逃げ先行馬が多く、前が流れれば…と思っています。

○⑤エピカリス

前走は、ベルモントステークス2017右前肢跛行のため出走取消海外帰り初戦&怪我明け初戦と何とも不吉な予感がしますが、データ的には抜群に相性が良い1番人気(推定)。

大物だとすれば、ここで崩れたくは無いところでしょうか。

▲⑭テンザワールド

前走濃尾特別2017 1着(1000万)。最後の直線250mあたりで外に出し、そこからグイグイ伸びての完勝でした。

ダイワメジャー産ですし、デビューから距離延長で結果を出してきてるのは、少し不思議ですね。しかも小柄な体格ながら、前走のダート1000万クラスで強い勝ち方をしたのは意外でした。

メンバー的にも逃げ先行馬が多いので、前が速くなるようであれば、前走のように好位で脚を溜める競馬が活きるかもしれません。

△⑫ハルクンノテソーロ

前走ユニコーンステークス2017 2着。過去8年の3着以内に入った馬は、1800m戦の好走歴があるので、初の1800m戦というのは少し不安な要素です。

直近2戦は、ジャパンダートダービー2017 2着のサンライズソアと差のない競馬をしており、ポテンシャルに期待するなら、押さえておいても…と思っています。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

レパードステークス 2017 結果

簡潔なまとめです。馬券的には、3着、6着、7着、12着でした。

本命◎タガノディグオは12着でした。

レパードステークス 2017
着順馬番馬名人気前走
12ローズプリンスダム11ジャパンダートダービー(G1) 8着(1.6)
29サルサディオーネ(牝)12500万(中京ダ1800m) 1着(-0.8)
35エピカリス1ベルモントステークス(G1) 出走取消

3連単80万馬券の大波乱でした。(´;ω;`)重賞初制覇の木幡巧也ジョッキーおめでとうございます。

しかし、これは獲れない…。ローズプリンスダムは確かに消せない馬でしたが、ジャパンダートダービー組から1頭となると、流石にタガノディグオの方を狙ってしまいます。

3着エピカリスは、海外帰り初戦&怪我明けという中の3着。最後の直線で一度厳しそうなシーンがありましたが、最後の最後で伸びてきて3着に入り込みました。崩れるなら今回だと思っていただけに、この内容は、やはり能力の高い馬だと思います。

テレビの解説を聞くと、どうやら少しスロー気味の流れだったみたいで、これが予想の真逆でした。外枠の差し追い込み馬を中心に狙っていただけに、馬券的にはカスリもせず…。直線までは内でロス無くという馬が好走していたので、外を通って来た馬には厳しい結果でした。

そのままテレビで最終レースも(馬券は買わず)見ましたが、最終レースも約180万馬券の大波乱。出走馬表を見たところで、全く買えない結果でした。(;^ω^A 藤田菜七子ジョッキーおめでとうございます。