毎日杯 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年3月25日(土曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳
斤量 別定
出走数 8頭
天気 晴れ参考 阪神競馬場 – Yahoo!天気・災害

「毎日杯2017」です。過去、ディープスカイ(2008年)、ダノンシャンティ(2010年)、キズナ(2013年)など後の3歳G1で優勝する馬を輩出している重賞です。近年は古馬になってから重賞で活躍する馬も多く、出世レースという感じがします。

過去10年の毎日杯の配当を見ると、2008~2009年が2年連続で、3連単10万馬券超えの波乱となっていますが、比較的に硬めの決着が多いです。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 600円 660円 2,410円
2015 5,690円 6,280円 50,680円
2014 2,430円 6,050円 40,230円
2013 1,760円 4,020円 14,510円
2012 890円 3,140円 10,350円
2011 2,020円 1,100円 10,510円
2010 2,270円 2,850円 16,440円
2009 12,300円 18,690円 115,030円
2008 1,620円 38,880円 233,880円
2007 820円 2,700円 8,860円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
毎日杯2017
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 10 57 スマートオーディン 1 共同通信杯(G3) 6着(1.3)
2 2 56 アーバンキッド 4 アーリントンカップ(G3) 5着(0.0)
3 5 56 タイセイサミット 2 弥生賞(G2) 4着(1.2)
2015 1 9 56 ミュゼエイリアン 7 共同通信杯(G3) 4着(0.5)
2 8 56 ダノンリバティ 3 つばき賞(500万) 2着(0.1)
3 15 56 アンビシャス 1 共同通信杯(G3) 3着(0.3)
2014 1 1 56 マイネルフロスト 5 共同通信杯(G3) 4着(0.5)
2 2 56 エイシンブルズアイ 3 アーリントンカップ(G3) 7着(1.4)
3 14 56 ステファノス 4 つばき賞(500万) 1着(-0.1)
2013 1 6 56 キズナ 1 弥生賞(G2) 5着(0.1)
2 5 56 ガイヤースヴェルト 6 500万(東京ダ1600m) 2着(0.0)
3 4 56 バッドボーイ 3 弥生賞(G2) 10着(0.9)
2012 1 6 56 ヒストリカル 1 きさらぎ賞(G3) 2着(0.2)
2 11 56 マウントシャスタ 3 アルメリア賞(500万) 1着(-0.0)
3 4 56 スピルバーグ 7 500万(中山芝2000m) 4着(0.7)
2011 1 6 57 レッドデイヴィス 2 シンザン記念(G3) 1着(-0.2)
2 3 56 コティリオン 4 きさらぎ賞(G3) 6着(0.7)
3 14 56 トーセンレーヴ 1 アルメリア賞(500万) 1着(-0.2)
2010 1 4 56 ダノンシャンティ 3 共同通信杯(G3) 2着(0.0)
2 7 56 ミッキードリーム 5 つばき賞(500万) 1着(-0.2)
3 9 56 リルダヴァル 2 野路菊ステークス(OP) 1着(-0.4)
2009 1 14 56 アイアンルック 1 アーリントンカップ(G3) 4着(0.2)
2 12 56 ゴールデンチケット 12 ベストホイップ特別(船橋ダ1600m) 1着(-1.0)
3 11 56 アプレザンレーヴ 2 500万(東京芝2000m) 1着(-0.5)
2008 1 2 56 ディープスカイ 6 アーリントンカップ(G3) 3着(0.3)
2 4 56 アドマイヤコマンド 1 新馬(阪神芝1800m) 1着(-1.2)
3 6 56 ミダースタッチ 11 未勝利(阪神ダ1800m) 1着(-0.1)
2007稍重 1 10 57 ナムラマース 1 きさらぎ賞(G3) 2着(0.3)
2 7 56 ヒラボクロイヤル 6 ゆきやなぎ賞(500万) 1着(-0.0)
3 5 56 ニュービギニング 4 すみれステークス(OP) 7着(0.8)
前走重賞

過去10年の毎日杯では、前走が重賞レースだった馬が馬券圏内に来なかった年はありません。レース別に見ると、以下のようになります。

  • 前走共同通信杯 5頭
  • 前走アーリントンカップ 4頭
  • 前走弥生賞 3頭
  • 前走きさらぎ賞 3頭
  • 前走シンザン記念 1頭
前走500万クラス

過去10年の毎日杯3着以内30頭中9頭を占めます。そのうち8頭が前走500万クラスのレースで連対していました。

例外は以下1頭のみです。スピルバーグは、前々走共同通信杯3着という実績がありました。

  • 2012年3着スピルバーグ(前走500万クラス 4着)
人気

過去10年の毎日杯では、1番人気の好走が目立ちます。その他、毎年4~7番人気の穴馬が馬券圏内に来ています。

  • 1番人気(5-1-2-2)複勝率80%

馬券予想

過去10年の傾向から「前走重賞(好走馬)」「前走500万(連対馬)」に注目です。

毎日杯2017は、サトノアーサー1強という印象ですが、3着以内で考えると、半数以上が候補といえそうな混戦メンバーです。

以下、簡単な考察と予想です。今週はレースが多い為、時間的な都合で、簡易な予想になります。(;´д`)

◎⑧ガンサリュート

前走京成杯2017 2着。上がり最速で追い込むもコマノインパルスを交わせずという内容でした。

前走は人気の盲点になりましたが、戦績を見ると能力は上位クラスだったという感じでした。デビューから3戦の相手がペルシアンナイト(アーリントンカップ2017)、リスグラシュー(アルテミスステークス2016)、カデナ(京都2歳ステークス2016、弥生賞2017)で、3頭とも後に重賞を優勝しています。

今回、関西圏で競馬が出来るのはプラスになると思うので、上位食い込みを期待したいですね。

○①サトノアーサー

デビューから2戦2勝で迎えた前走きさらぎ賞2017は、重馬場が堪えた印象で、それでも2着まで来たポテンシャルの高さを感じさせます。今回、相性の良い阪神コースで改めて期待したいですね。

▲③アルアイン

前走シンザン記念2017 6着。前走は、最後の直線で不利があっての6着で、度外視しても良いでしょう。一度ブレーキを掛けたかたちになっていたので、スムーズな競馬が出来るようであれば、今回見直したい1頭です。

△④クリアザトラック

前走は、今回と同コースの阪神芝1800m(500万)を勝ちました。相手関係からも強い勝ち方だったというわけではないので、推したい要素があるわけではありませんが、馬体重プラス14kgで勝ち切ったのは、ポジティブに捉えたいですね。コース経験と成長&上積みを考えれば、十分に上位候補という感じでしょうか。

3連複 ◎ – ○ – ▲△ 合計2点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、6着、7着でした。

本命◎ガンサリュートは7着でした。

毎日杯2017
着順 馬番 馬名 人気 前走
1 3 アルアイン 2 シンザン記念(G3) 6着(0.8)
2 1 サトノアーサー 1 きさらぎ賞(G3) 2着(0.3)
3 6 キセキ 7 すみれステークス(OP) 3着(0.9)

ガンサリュート全くダメでした…(´・ω・`)

平均ペースで流れて、後方にいた馬には厳しい流れに見えました。サトノアーサーは、こんなに後ろで大丈夫なのかと思っていましたが、やはり差しきれずという結果になりました。人気馬を後方から大外をまわして…というのは、川田ジョッキーっぽいなと思ってしまいました。

本命ガンサリュートは、直線入った段階で手応え無い様子で、何度かムチを使ってましたがその後は流してるようでした。馬券買ってる側としては、不可解なレースになってしまいました。

1~3着馬の次走情報