毎日杯-過去10年のデータと予想

日程 2019年3月23日(土曜)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け G3
条件 サラ系3歳
斤量 別定
出走数 13頭
天気 曇り(ヤフー天気)

毎日杯2019

春の3歳G1戦線に向けた一戦、毎日杯2019です。過去の上位馬を見る限り、出世レースという印象のレース。昨年の優勝馬ブラストワンピースは有馬記念優勝。一昨年の優勝馬アルアインは皐月賞優勝、3着キセキは菊花賞優勝という成績を起こしており、近年は今年のG1占う上でも注目のレースとなっています。

阪神競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年の毎日杯の配当を見ると、3連単10万馬券超えは1回だけです。近年は、順当な決着が続いています。ただ1~3番人気決着だった昨年を除くと、例年1頭ほど穴馬が馬券に絡み、若干の好配当を演出しています。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 660円 860円 3,570円
2017 370円 1,990円 14,420円
2016 600円 660円 2,410円
2015 5,690円 6,280円 50,680円
2014 2,430円 6,050円 40,230円
2013 1,760円 4,020円 14,510円
2012 890円 3,140円 10,350円
2011 2,020円 1,100円 10,510円
2010 2,270円 2,850円 16,440円
2009 12,300円 18,690円 115,030円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

毎日杯2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 1 56 ブラストワンピース 1 ゆりかもめ賞(500万) 1着(-0.7) 2
2 5 56 ギベオン 2 フリージア賞(500万) 1着(-0.1) 1
3 3 56 インディチャンプ 3 500万(京都芝1600m) 1着(-0.2) 2
2017 1 3 56 アルアイン 2 シンザン記念(G3) 6着(0.8) 2
2 1 56 サトノアーサー 1 きさらぎ賞(G3) 2着(0.3) 1
3 6 56 キセキ 7 すみれステークス(OP) 3着(0.9) 1
2016 1 10 57 スマートオーディン 1 共同通信杯(G3) 6着(1.3) 2
2 2 56 アーバンキッド 4 アーリントンカップ(G3) 5着(0.0) 1
3 5 56 タイセイサミット 2 弥生賞(G2) 4着(1.2) 4
2015 1 9 56 ミュゼエイリアン 7 共同通信杯(G3) 4着(0.5) 8
2 8 56 ダノンリバティ 3 つばき賞(500万) 2着(0.1) 2
3 15 56 アンビシャス 1 共同通信杯(G3) 3着(0.3) 4
2014 1 1 56 マイネルフロスト 5 共同通信杯(G3) 4着(0.5) 7
2 2 56 エイシンブルズアイ 3 アーリントンカップ(G3) 7着(1.4) 2
3 14 56 ステファノス 4 つばき賞(500万) 1着(-0.1) 3
2013 1 6 56 キズナ 1 弥生賞(G2) 5着(0.1) 3
2 5 56 ガイヤースヴェルト 6 500万(東京ダ1600m) 2着(0.0) 1
3 4 56 バッドボーイ 3 弥生賞(G2) 10着(0.9) 9
2012 1 6 56 ヒストリカル 1 きさらぎ賞(G3) 2着(0.2) 4
2 11 56 マウントシャスタ 3 アルメリア賞(500万) 1着(-0.0) 1
3 4 56 スピルバーグ 7 500万(中山芝2000m) 4着(0.7) 1
2011 1 6 57 レッドデイヴィス 2 シンザン記念(G3) 1着(-0.2) 7
2 3 56 コティリオン 4 きさらぎ賞(G3) 6着(0.7) 4
3 14 56 トーセンレーヴ 1 アルメリア賞(500万) 1着(-0.2) 1
2010 1 4 56 ダノンシャンティ 3 共同通信杯(G3) 2着(0.0) 2
2 7 56 ミッキードリーム 5 つばき賞(500万) 1着(-0.2) 2
3 9 56 リルダヴァル 2 野路菊ステークス(OP) 1着(-0.4) 1
2009 1 14 56 アイアンルック 1 アーリントンカップ(G3) 4着(0.2) 1
2 12 56 ゴールデンチケット 12 ベストホイップ特別(船橋ダ1600m) 1着(-1.0) 1
3 11 56 アプレザンレーヴ 2 500万(東京芝2000m) 1着(-0.5) 1
前走重賞レース

過去10年の毎日杯3着以内30頭中16頭を占めます。昨年を除く過去9回で、優勝馬を出しています。なお昨年は、前走重要レース出走馬がいませんでした。

前走500万クラス

過去10年の毎日杯3着以内30頭中11頭を占めます。そのうち10頭が前走のレースで連対していました。なお前走4着のスピルバーグ(2012年3着)は、2走前に共同通信杯で3着の実績がありました。

人気

過去10年の毎日杯では、上位人気馬の好走例が多く、3着以内30頭中25頭が1~5番人気でした。3着以内は、1~3番人気から2頭+中穴1頭という決着が多いです。

関東馬

直近7年の毎日杯では、関東馬の出走が無かった2017年を除く過去6回で、毎年1頭が3着以内に好走しています。そのうち5頭が穴馬(4~7番人気)でした。

予想

ほぼ例年通りのレベルという印象の毎日杯2019。重賞好走歴のある馬を中心に、上位陣は混戦模様だと思います。過去、中穴までという決着が続いているので、上位人気馬を中心に考えていますが、どうなるでしょうか。

以下、簡単な考察と予想です。前過ぎず後ろ過ぎず、中団ぐらいから進めそうな馬を中心に狙いました。

◎13ヴァンドギャルド

前走きさらぎ賞は波乱決着、2走前のホープフルステークスは不利があっての6着。ここで巻き返しがあっても…という感じはします。好メンバーが揃ったホープフルステークスのパフォーマンスを考えれば、ここでも上位争いを期待できそうですが…。

○2ウーリリ

過去10年で1頭も来ていない前走新馬戦優勝馬。とはいえ新馬戦で破った相手はミッキーブリランテですし、重賞で戦う力はありそうです。全兄にマカヒキという血統とポテンシャルに期待して…。

△9アントリューズ

2連勝から挑んだ前走シンザン記念は、直線で包まれるかたちになり、出しどころ無く8着に敗れました。加えて、外差しが決まる決着だったことを考えれば、不発だったと言えそうです。近年、好走例の多い関東馬(特に中穴)と考えれば、今回は押さえても面白いかもしれません。

△6オールイズウェル

前走はサトノルークスの2着。小差で見せ場は作ったように見えました。前走のパフォーマンスを出すことが出来れば…。紐荒れ期待で。

3連複4頭ボックス◎○△△ 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、6着、10着でした。本命◎ヴァンドギャルドは、3着でした。

毎日杯2019 結果
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 1 56 ランスオブプラーナ 3 アルメリア賞(500万) 1着(-0.2) 2
2 2 56 ウーリリ 2 新馬戦(京都芝1800m) 1着(-0.0) 1
3 13 56 ヴァンドギャルド 1 きさらぎ賞(G3) 4着(0.4) 1

晩に録画を見ました。

平均的なペース。前がきつい流れでも無かったので、そのまま前残り決着となりました。過去10年では、逃げ馬が1頭も来ていないレースだったので、ランスオブプラーナは手が出せず…。

後方から直線一気で突っ込んできたヴァンドギャルドは、強さを見せたレースだったと思います。もう一列前で競馬していればという感じもしますが…。

深く考えない競馬