G3の過去データと予想

毎日杯-過去データと予想

日程 2020年3月28日(土曜)
開催 阪神競馬場11R
距離 芝1800m
格付け G3
条件 3歳
斤量 別定
出走数 10頭
天気 曇り(ヤフー天気)

毎日杯2020

3歳G1戦線に向けた一戦、毎日杯2020です。過去の上位馬を見ると、出世レースと言っても良さそうなレース。近年では、ブラストワンピース(2018年)やアルアイン(2017年)、キセキ(2017年)など、後のG1馬を輩出しています。今年のG1戦線を占う上でも注目のレースだと思います。

阪神競馬場の芝1800mコース

配当

過去10年の毎日杯の配当を見ると、大きな波乱がありません。近年は順当な決着が続いており、3連単1万円を切る決着も多いです。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 1,230円 1,430円 8,510円
2018 660円 860円 3,570円
2017 370円 1,990円 14,420円
2016 600円 660円 2,410円
2015 5,690円 6,280円 50,680円
2014 2,430円 6,050円 40,230円
2013 1,760円 4,020円 14,510円
2012 890円 3,140円 10,350円
2011 2,020円 1,100円 10,510円
2010 2,270円 2,850円 16,440円

では過去10年の毎日杯で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:毎日杯 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

毎日杯2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 1 56 ランスオブプラーナ 3 アルメリア賞(500万) 1着(-0.2) 2
2 2 56 ウーリリ 2 新馬戦(京都芝1800m) 1着(-0.0) 1
3 13 56 ヴァンドギャルド 1 きさらぎ賞(G3) 4着(0.4) 1
2018 1 1 56 ブラストワンピース 1 ゆりかもめ賞(500万) 1着(-0.7) 2
2 5 56 ギベオン 2 フリージア賞(500万) 1着(-0.1) 1
3 3 56 インディチャンプ 3 500万(京都芝1600m) 1着(-0.2) 2
2017 1 3 56 アルアイン 2 シンザン記念(G3) 6着(0.8) 2
2 1 56 サトノアーサー 1 きさらぎ賞(G3) 2着(0.3) 1
3 6 56 キセキ 7 すみれステークス(OP) 3着(0.9) 1
2016 1 10 57 スマートオーディン 1 共同通信杯(G3) 6着(1.3) 2
2 2 56 アーバンキッド 4 アーリントンカップ(G3) 5着(0.0) 1
3 5 56 タイセイサミット 2 弥生賞(G2) 4着(1.2) 4
2015 1 9 56 ミュゼエイリアン 7 共同通信杯(G3) 4着(0.5) 8
2 8 56 ダノンリバティ 3 つばき賞(500万) 2着(0.1) 2
3 15 56 アンビシャス 1 共同通信杯(G3) 3着(0.3) 4
2014 1 1 56 マイネルフロスト 5 共同通信杯(G3) 4着(0.5) 7
2 2 56 エイシンブルズアイ 3 アーリントンカップ(G3) 7着(1.4) 2
3 14 56 ステファノス 4 つばき賞(500万) 1着(-0.1) 3
2013 1 6 56 キズナ 1 弥生賞(G2) 5着(0.1) 3
2 5 56 ガイヤースヴェルト 6 500万(東京ダ1600m) 2着(0.0) 1
3 4 56 バッドボーイ 3 弥生賞(G2) 10着(0.9) 9
2012 1 6 56 ヒストリカル 1 きさらぎ賞(G3) 2着(0.2) 4
2 11 56 マウントシャスタ 3 アルメリア賞(500万) 1着(-0.0) 1
3 4 56 スピルバーグ 7 500万(中山芝2000m) 4着(0.7) 1
2011 1 6 57 レッドデイヴィス 2 シンザン記念(G3) 1着(-0.2) 7
2 3 56 コティリオン 4 きさらぎ賞(G3) 6着(0.7) 4
3 14 56 トーセンレーヴ 1 アルメリア賞(500万) 1着(-0.2) 1
2010 1 4 56 ダノンシャンティ 3 共同通信杯(G3) 2着(0.0) 2
2 7 56 ミッキードリーム 5 つばき賞(500万) 1着(-0.2) 2
3 9 56 リルダヴァル 2 野路菊ステークス(OP) 1着(-0.4) 1
前走重賞レース

過去10年の毎日杯3着以内30頭中16頭を占めます。直近2年を除く過去8回で優勝馬を出しています。なお2018年は、前走重賞レース出走馬がいませんでした。

前走1勝クラス(旧500万クラス)

過去10年の毎日杯3着以内30頭中11頭を占めます。そのうち10頭が前走連対していました。なお前走4着だったスピルバーグ(2012年3着)は、2走前に共同通信杯で3着の実績がありました。

1~5番人気

過去10年の毎日杯3着以内30頭中26頭を占めます。残る4頭も6~7番人気だったことを考えると、大きな波乱が少なく、上位人気馬が結果を残す傾向にありそうです。

予想

今年の毎日杯2020は、少数精鋭のメンバーになりそうです。ざっと見た感じでは、きさらぎ賞組の2頭と前走1勝クラス勝ち馬が中心なるでしょうか。過去大きな波乱が無いレースですし、上位人気5~6頭が馬券候補だと思います。

以下、簡単な考察と予想です。先行しそうな2頭を本命対抗にしました。

◎6ストーンリッジ

全兄にボレアス、マウントシャスタ、カミノタサハラ、ベルキャニオン。2~3歳時の重賞では、期待できそうな血統です。前走きさらぎ賞は、ドスローを先行して2着。展開が向いた印象を受けました。とは言っても、今回は層が薄いメンバー構成ですし、前走並みに走れば上位争いの候補になるでしょうか。

○5ダノンアレー

ダートのデビュー戦を勝ち切ったあと、1勝クラスの芝レースで2着2回。タフな馬場も苦にしないように見えるので、前が残る展開になれば見せ場があっても良いかもしれません。

▲8サトノインプレッサ

重馬場で行われた前走こぶし賞を後方からの外差しで完勝。タフな馬場も苦にしていないような脚を使っていました。今回は雨予報でタフな馬場が想定されるだけに、前走使った脚は魅力かもしれません。

△2アルジャンナ

実績では勝ち負け候補だと思います。ただ前走は、後ろから進めて差し切れず…というレースだっただけに、今回も負けるとすれば先行勢が残る展開になった時でしょうか。

3連複4頭ボックス◎○▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、6着でした。本命◎ストーンリッジは、6着でした。

毎日杯2020結果
着順 馬番 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 8 56 サトノインプレッサ 2 こぶし賞(1勝クラス) 1着(-0.0) 2
2 2 56 アルジャンナ 1 きさらぎ賞(G3) 3着(0.1) 1
3 5 56 ダノンアレー 4 アルメリア賞(1勝クラス) 2着(0.6) 2

夜中に録画を見ました。

本命圏外も的中でした。先行すると思っていた本命ストーンリッジは、徐々にポジションを下げる騎乗でした。切れる脚があるとは思えなかっただけに、不可解な印象でした。最後は外に出して追い込むものの、見せ場なく敗退…。

優勝はサトノインプレッサ。馬場も味方した可能性がありそうです。ただ直線窮屈な場面がありつつ、抜け出してからは、鮮やかなほどの差し切り勝ちで、かなり強さを感じる内容でした。次走以降、時計の出る良馬場で結果が出せるかどうか、注目ですね。

深く考えない競馬