毎日王冠 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年10月8日(日曜日)
開催 東京競馬場 11R
距離 芝1800m
格付け GⅡ
条件 サラ系3歳以上
斤量 別定
出走数 12頭
天気 晴時々曇(Yahoo!天気・災害)

毎日王冠 2017

G2「 毎日王冠 2017 」です。例年、天皇賞秋やマイルチャンピオンシップの前哨戦として、実力馬が集うハイレベルな一戦です。特に天皇賞秋とは好相性のレースで、毎日王冠組から毎年1頭以上が天皇賞秋で3着以内に好走しています。

コース形態

東京競馬場の芝コース
東京競馬場の芝コース

過去10年の毎日王冠の配当を見ると、3連単10万馬券超えは4回あります。穴馬の好走も多く、波乱傾向レースといえそうです。ちょうど2~3年周期で高配当が出ており、今年あたりは波乱の可能性がありそうですね。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 800円 18,540円 61,710円
2015 1,880円 6,720円 28,200円
2014 27,780円 49,720円 388,350円
2013 3,730円 8,930円 55,690円
2012 12,640円 71,770円 328,820円
2011 800円 1,680円 5,660円
2010 7,680円 40,990円 315,200円
2009 460円 9,890円 56,680円
2008 800円 6,570円 37,570円
2007 14,680円 11,150円 158,160円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
毎日王冠 2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2016稍重 1 10 牝4 54 ルージュバック 1 エプソムカップ(G3) 1着(-0.4) 1
2 7 牡4 57 アンビシャス 3 宝塚記念(G1) 16着(2.1) 3
3 1 牡7 56 ヒストリカル 11 エプソムカップ(G3) 6着(0.6) 8
2015 1 13 牡4 56 エイシンヒカリ 1 エプソムカップ(G3) 1着(-0.0) 2
2 4 牡6 57 ディサイファ 4 札幌記念(G2) 1着(-0.0) 5
3 6 牡4 57 イスラボニータ 7 中山記念(G2) 5着(0.4) 1
2014 1 2 牡5 56 エアソミュール 8 札幌記念(G2) 5着(1.0) 5
2 6 牡5 56 サンレイレーザー 11 関屋記念(G3) 7着(0.6) 11
3 8 牡5 56 スピルバーグ 5 メイステークス(OP) 1着(-0.1) 5
2013 1 6 牡6 58 エイシンフラッシュ 4 Queen Elizabeth II Cup(G1) 3着
2 10 牡4 56 ジャスタウェイ 6 関屋記念(G3) 2着(0.2) 1
3 7 牡4 56 クラレント 5 エプソムカップ(G3) 1着(-0.0) 4
2012 1 4 牡3 56 カレンブラックヒル 1 NHKマイルカップ(G1) 1着(-0.6) 1
2 7 牡3 54 ジャスタウェイ 12 日本ダービー(G1) 11着(1.0) 15
3 8 牡6 56 タッチミーノット 9 新潟記念(G3) 2着(0.0) 9
2011 1 8 牡4 57 ダークシャドウ 1 エプソムカップ(G3) 1着(-0.4) 1
2 7 牡3 57 リアルインパクト 2 安田記念(G1) 1着(-0.0) 9
3 10 牡4 57 ミッキードリーム 5 チャレンジカップ(G3) 1着(-0.0) 1
2010稍重 1 4 牡3 56 アリゼオ 6 日本ダービー(G1) 13着(1.3) 6
2 3 牡3 55 エイシンアポロン 8 NHKマイルカップ(G1) 9着(1.6) 4
3 1 牡7 58 ネヴァブション 9 宝塚記念(G1) 5着(0.5) 12
2009 1 4 牡8 58 カンパニー 4 宝塚記念(G1) 4着(0.4) 7
2 6 牝5 57 ウオッカ 1 安田記念(G1) 1着(-0.1) 1
3 3 牡8 57 ハイアーゲーム 10 オールカマー(G2) 8着(0.8) 14
2008 1 2 牡5 58 スーパーホーネット 2 安田記念(G1) 8着(1.0) 1
2 3 牝4 57 ウオッカ 1 安田記念(G1) 1着(-0.6) 2
3 5 牡6 57 アドマイヤフジ 10 宝塚記念(G1) 6着(0.5) 9
2007 1 7 牡5 57 チョウサン 8 ニューマーケットカップ(1600万) 1着(-0.1) 1
2 8 牡4 57 アグネスアーク 5 札幌記念(G2) 2着(0.0) 12
3 1 牡6 59 ダイワメジャー 1 宝塚記念(G1) 12着(3.4) 5

前走二桁着順

過去10年の毎日王冠3着以内では、以下の4頭のみです。ともに前走G1レースに出走しており、基本的には大敗からの巻き返しが少ないといえそうです。

  • 2016年2着アンビシャス(前走宝塚記念16着)
  • 2012年2着ジャスタウェイ(前走日本ダービー11着)
  • 2010年1着アリゼオ(前走日本ダービー10着)
  • 2007年3着ダイワメジャー(前走宝塚記念12着)

人気

過去10年の毎日王冠3着以内では、1番人気馬の好走例は多いものの、2~3番人気馬が極端な不振傾向にあります。二桁人気馬も過去10年で5頭が馬券圏内に来ており、人気薄の馬には注意したいです。

  • 1番人気(4-2-1-3)複勝率70%
  • 2番人気(1-1-0-8)複勝率20%
  • 3番人気(0-1-0-9)複勝率10%

前走1着馬

過去10年の毎日王冠では、2010年を除く過去9回で馬券圏内に好走しています。ちなみに2010年は、前走1着馬の出走がありませんでした。

馬券予想

過去10年の傾向から「前走二桁着順軽視」「2~3番人気馬軽視」「前走1着馬」に注目です。

例年、ハイレベルな一戦になる毎日王冠ですが、今年の 毎日王冠 2017 もG1実績馬を中心に強豪が揃いました。有力馬は、このあとのG1戦線が目標だと思うので、波乱があるとすれば、有力馬のコンディション面になるかと思います。

以下、簡単な考察と予想です。

有力馬マカヒキ、リアルスティール、グレーターロンドンが気になりつつ。過去、上位人気決着というのが殆ど無いレースなので、2~3着に伏兵馬を期待して…。
◎①ソウルスターリング

前走オークス2017 1着。オークスの勝ちっぷりからも、レベルが高いと言われている今年の3歳牝馬の中でも1番強いかもしれません。深く考えず本命で狙いたいです。

秋華賞2017ではなく、毎日王冠2017→天皇賞秋2017というローテを選択しました。古馬との力関係だけは分かりませんが、このメンバー相手に楽勝するようなことがあれば、天皇賞秋2017も楽しみになります。大物期待を込めて、本命で狙いたいです。

○④アストラエンブレム

前走新潟記念2017 2着。上位8頭が0.2秒差という接戦の中、2着に好走。勝負強い馬だと思います。5着以下が無い安定感のある成績で、相手なりに走るタイプかもしれません。

今回は、G1実積馬が多数というメンバー構成。流石に格下感は否めませんが、相性の良い舞台ですし、伏兵扱いなら押さえておいても…。

▲⑫サトノアラジン

前走安田記念2017 1着。前走は4番手評価で押さえていた馬ですが、結果堂々の優勝。2走前の京王杯スプリングカップ2017の敗因が重馬場ということだったので、差しが決まる良馬場でこそ狙える1頭だったと思います。内を捌くというよりも、外を伸び伸びと走らせた方が活きるタイプだと思うので、もう少し外の馬場が回復すれば…

馬連◎-○▲ 3連単◎→○▲→○▲合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、8着、11着でした。

本命◎ソウルスターリングは8着でした。

毎日王冠 2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 8 牡5 リアルスティール 3 中山記念(G2) 8着(0.7)
2 12 牡6 サトノアラジン 5 安田記念(G1) 1着(-0.0)
3 7 牡5 グレーターロンドン 4 安田記念(G1) 4着(-0.1)

カスリもせず。ソウルスターリング本命の時点で、全く惜しくも無い結果でした。

ソウルスターリングの敗因は分からないですね。レース後のインタビューを見ても、ルメール騎手もよく分かっていない印象でした。距離なのか馬場なのか。上位争いをしたのが、リアルスティールとサトノアラジンのG1馬2頭にグレーターロンドンですから、荒れたというよりは実力のある馬が来たレースでした。そう考えると、ソウルスターリングの次走は、馬券的には取捨に悩む1頭になると思います。

対抗のアストラエンブレムは、出負けして後方から。そのまま離れた後方から周ってきただけという競馬でした。控える予定だったそうですが、後ろから行くにしても末脚自慢のサトノアラジンやグレーターロンドンを上回るとも思えないですし、鼻から上位争いをするつもりは無かった気がしてしまいますね。この負け方は、仕方ないです。(´・ω・`)

1~3着馬の次走情報
  • 1着リアルスティール、2着サトノアラジン、3着グレーターロンドンは、天皇書秋2017に向かいました。