G3の過去データと予想

マーチステークス-過去データと予想

日程 2020年3月29日(日曜)降雪のため31日に延期
開催 中山競馬場11R
距離 ダート1800m
格付け G3
条件 4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 16頭
天気 曇り(ヤフー天気)

マーチステークス2020

ダートのハンデ重賞、マーチステークス2020です。G1レースの前哨戦でもなければ、出世レースという側面もないので、毎年難解なレースが繰り広げられます。過去大きな波乱決着も目立ち、当たらないレースと言っても良さそうです。

中山競馬場のダート1800mコース

配当

過去10年のマーチステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが5回あります。そのうち100万馬券超えが2回。馬連や3連複が好配当になる年も多く、波乱傾向のレースとなっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 24,990円 212,750円 1,240,620円
2018 2,540円 29,020円 153,570円
2017 10,760円 83,890円 466,890円
2016 3,060円 5,650円 50,080円
2015 6,530円 7,410円 70,600円
2014 2,060円 6,040円 34,910円
2013 2,000円 4,100円 21,280円
2012 82,840円 426,230円 2,321,750円
2011 14,670円 51,390円 289,140円
2010 5,790円 11,240円 81,380円

では過去10年のマーチステークスで3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:マーチステークス 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

マーチステークス2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 10 牡6 55 サトノティターン 8 金蹄ステークス(1600万) 1着(-0.6) 2
2 12 牡6 57.5 ロンドンタウン 11 コリアカップ(韓国G1) 1着
3 11 牡8 56 リーゼントロック 12 佐賀記念(G3) 2着(0.0) 5
2018 1 8 牡6 57 センチュリオン 2 総武ステークス(OP) 1着(-0.0) 1
2 14 牡5 55 クインズサターン 5 総武ステークス(OP) 3着(0.3) 3
3 4 牡7 56 ロワジャルダン 10 報知グランプリC(船橋ダ1800m) 2着(1.5) 2
2017稍重 1 4 牡7 57.5 インカンテーション 10 フェブラリーステークス(G1) 13着(1.0) 15
2 15 牡6 55 ディアデルレイ 2 総武ステークス(OP) 5着(0.1) 6
3 5 牡5 54 アルタイル 11 白嶺ステークス(1600万) 1着(-0.0) 4
2016 1 4 牡6 54 ショウナンアポロン 8 総武ステークス(OP) 6着(0.7) 11
2 3 牡4 56 バスタータイプ 1 総武ステークス(OP) 1着(-0.0) 1
3 8 牡6 56.5 ドコフクカゼ 2 仁川ステークス(OP) 2着(0.4) 2
2015 1 16 牡5 56 マイネルクロップ 6 佐賀記念(G3) 1着(-0.0) 1
2 15 牡6 56 イッシンドウタイ 5 総武ステークス(OP) 5着(0.4) 3
3 13 牡7 57 マスクトヒーロー 1 師走ステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2014 1 15 牡4 56 ソロル 3 フェブラリーステークス(G1) 12着(0.9) 10
2 5 牡4 57 ジェベルムーサ 2 フェアウェルステークス(OP) 1着(-0.5) 2
3 2 牡4 55 ドコフクカゼ 5 仁川ステークス(OP) 2着(0.7) 3
2013 1 15 牡6 58 グランドシチー 2 仁川ステークス(OP) 3着(0.2) 1
2 4 牡6 58 バーディバーディ 6 仁川ステークス(OP) 4着(0.2) 5
3 1 牡4 55 フレイムオブピース 3 伊丹ステークス(1600万) 1着(-0.1) 2
2012 1 11 牡5 55 サイレントメロディ 6 平安ステークス(G3) 6着(1.0) 12
2 7 牡7 55 メイショウタメトモ 16 みやこステークス(G3) 12着(3.1) 10
3 16 牡5 58 バーディバーディ 7 ジャパンカップダート(G1) 10着(0.7) 12
2011稍重阪神 1 7 牡5 58 テスタマッタ 7 仁川ステークス(OP) 3着(0.6) 4
2 10 牝6 55 ブラボーデイジー 9 エンプレス杯(G2) 2着(0.1) 3
3 15 牡5 57.5 インバルコ 6 平安ステークス(G3) 2着(0.0) 3
2010稍重 1 12 牡6 58 マコトスパルビエロ 4 ダイオライト記念(G2) 3着(0.7) 3
2 3 牡4 54 ナニハトモアレ 6 東京ウインタープレミアム(1600万) 1着(-0.6) 7
3 1 牡5 56 シビルウォー 3 仁川ステークス(OP) 3着(0.2) 6
前走総武ステークス

直近5年のマーチステークス3着以内15頭中6頭を占めます。6頭ともに総武ステークス好走馬(1~6着)で、前走大きく負けていた馬はいません。

枠、馬番

過去10年のマーチステークス3着以内30頭中15頭が外枠(二桁馬番)した。一方、内枠(1~2枠)は30頭中9頭を占めます。真ん中あたりの枠よりも、極端な内枠や外枠の馬が好走する傾向にあります。

二桁人気馬

直近3年のマーチステークス3着以内9頭中5頭を占めます。5頭ともに下位人気馬ではなく、16頭立ての10~12番人気馬でした。近年は、穴馬の好走例が目立つレースと言っても良さそうです。

予想

今年のマーチステークス2020は、ほぼ例年並みのメンバー構成になりそうです。総武ステークス組など、前走オープンクラス好走馬が多数揃いました。ただ近年は、波乱決着が続いている一戦。二桁人気馬の好走も多いので、データ傾向からは買えない馬の激走も見られるかもしれません。

以下、簡単な考察と予想です。2~3着なら…という馬が多すぎて、全く当たる気がしません。

◎2クリンチャー

トップハンデで出走した前走仁川ステークスは、中団後ろからの追い込みで2着(上がり最速)。最後は余力を感じる脚に見えましたし、ダートでは底を見せていない印象を受けました。マーチステークスは、例年1~2頭ほど追い込み馬が馬券圏内に好走していますし、追い込み勢が突っ込んで来る流れになれば、上位争いに加わっても良さそうです。

○12スワーヴアラミス

前走アルデバランステークスは、連勝中のロードレガリス相手に2着。突き放されそうなところを食らい付いていたので、粘り強さを感じる内容でした。今回、2走前ポルックスステークスでハヤヤッコに楽勝した舞台ですし、すんなり先行出来れば勝ち負けを期待したいところですが…。

▲15メイショウワザシ

過去好走例が多い総武ステークス組。前走は逃げて完勝でした。近走は、ロードゴラッソ、アングライフェン、ナムラカメタロー、デルマルーヴル、アナザートゥルースなど、重賞で活躍してる馬を相手に小差のレースを見せていますし、前走のような逃げが出来れば、ここでも上位争いの候補になりそうです。

△10ローズプリンスダム

過去好走例が多い総武ステークス組。下位人気の好走例も目立つレースですし、適当に押さえました。昨年から3戦している中山ダート1800mは、1着、4着、6着と大崩れしていない舞台。紐荒れに期待して…。

3連複4頭ボックス◎○▲△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、5着、11着でした。本命◎クリンチャーは、2着でした。

マーチステークス2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 12 牡5 57 スワーヴアラミス 1 アルデバランステークス(OP) 2着(0.1) 2
2 2 牡6 57.5 クリンチャー 4 仁川ステークス(LR) 2着(0.1) 3
3 4 牡5 55 レピアーウィット 8 ポルックスステークス(OP) 14着(2.7) 4

録画を見ました。

直線、狙っていた3頭の争い。一瞬、的中かと思ってしまいました。最後の最後でメイショウワザシが失速。後方から追い込んで来たレピアーウィットが3着に突っ込んで来る決着となりました。全く当たる気がしないレースだっただけに、これは惜しかったです。

それと偶然ですが、2着クリンチャーと穴をあけた3着レピアーウィットの馬番は、変更前の馬番と同じでした。オカルト的には狙っても良かったのかもしれません。

深く考えない競馬