目黒記念-過去10年のデータと予想

日程 2019年5月26日(日曜)
開催 東京競馬場 12R
距離 芝2500m
格付け G2
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 13頭
天気 晴れ(ヤフー天気)

目黒記念2019

日本ダービー開催日の最終レースに行われる伝統のハンデ重賞、目黒記念2019です。例年、重賞戦線では少し足りない印象の馬が出走するレースということもあり、予想的中ともに難解な一戦となっています。

東京競馬場の芝2500mコース

配当

過去10年の目黒記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えが6回あります。直近5年で4回の波乱決着となっており、近年は波乱傾向の色が強くなってきています。荒れるレースだけに、日本ダービーの損を取り戻そうとして、目黒記念も外してしまうというのがパターンですね…。

年度 馬連 3連複 3連単
2018 19,220円 23,330円 197,190円
2017 3,450円 41,190円 316,940円
2016 1,200円 9,530円 47,830円
2015 14,460円 16,680円 105,200円
2014 21,380円 55,000円 427,240円
2013 2,780円 7,590円 48,790円
2012 3,640円 13,640円 70,220円
2011 3,000円 10,550円 76,530円
2010 19,290円 41,110円 244,680円
2009 2,710円 94,470円 637,440円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

目黒記念2019 過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2018 1 3 牡5 54 ウインテンダネス 9 緑風ステークス(1600万) 1着(-0.3) 4
2 4 牡5 55 ノーブルマーズ 10 メトロポリタンステークス(OP) 2着(0.1) 7
3 8 牡6 56 パフォーマプロミス 1 日経新春杯(G2) 1着(-0.0) 1
2017 1 12 セ7 58 フェイムゲーム 8 ダイヤモンドステークス(G3) 6着(0.7) 3
2 2 牡6 56.5 ヴォルシェーブ 1 メトロポリタンステークス(OP) 1着(-0.3) 1
3 9 牡7 54 ハッピーモーメント 13 メトロポリタンステークス(OP) 6着(0.5) 4
2016 1 15 牡4 54 クリプトグラム 3 大阪-ハンブルクカップ(OP) 1着(-0.0) 1
2 6 牝5 56 マリアライト 1 日経賞(G2) 3着(0.3) 4
3 10 牡8 58 ヒットザターゲット 8 有馬記念(G1) 13着(0.7) 13
2015 1 1 牡7 57 ヒットザターゲット 11 新潟大賞典(G3) 11着(0.6) 9
2 2 牡5 55 レコンダイト 4 大阪-ハンブルクカップ(OP) 2着(0.0) 2
3 3 セ5 56 ファタモルガーナ 1 ダイヤモンドステークス(G3) 2着(0.3) 2
2014 1 14 牡6 54 マイネルメダリスト 8 大阪-ハンブルクカップ(OP) 4着(0.0) 6
2 9 牡5 56 ラブイズブーシェ 12 福島民報杯(OP) 5着(0.6) 3
3 1 牡4 54 プロモントーリオ 4 メトロポリタンステークス(OP) 2着(0.3) 5
2013 1 4 牡5 56 ムスカテール 4 天皇賞春(G1) 16着(5.1) 7
2 16 牡5 57 ルルーシュ 2 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 7着(1.0) 1
3 11 牡5 56.5 カフナ 3 メトロポリタンステークス(OP) 1着(-0.1) 2
2012 1 14 牡4 57 スマートロビン 1 メトロポリタンステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 9 牡5 55 トウカイパラダイス 7 天皇賞春(G1) 10着(1.8) 16
3 12 牡4 55 コスモロビン 6 天皇賞春(G1) 14着(1.9) 15
2011稍重 1 8 牡8 51 キングトップガン 7 メトロポリタンステークス(OP) 6着(0.2) 11
2 17 牡4 56 ハートビートソング 1 ウインズ八代開設記念(1600万) 1着(-0.3) 2
3 1 牡4 55 ヤングアットハート 6 新潟大賞典(G3) 4着(0.3) 8
2010 1 12 牡5 54 コパノジングー 5 烏丸ステークス(1600万) 1着(-0.2) 2
2 8 牡5 51 イケドラゴン 9 府中ステークス(1600万) 12着(0.7) 7
3 4 牡6 53 フェニコーン 7 安房特別(1000万) 1着(-0.0) 2
2009不良 1 4 牡6 55 ミヤビランベリ 8 新潟大賞典(G3) 6着(0.8) 9
2 5 牡5 57 ジャガーメイル 1 天皇賞春(G1) 5着(0.4) 6
3 16 セ5 52 ハギノジョイフル 17 大阪-ハンブルクカップ(OP) 9着(0.9) 9
ハンデ

過去10年の目黒記念3着以内では、斤量54~56kgあたりの馬が中心となっています。重いハンデ(58kg)や軽ハンデ(53kg以下)が劣勢傾向にあります。

58kg 2頭 57kg 4頭 56.5kg 2頭
56kg 6頭 55kg 6頭 54kg 6頭
53kg 1頭 52kg 1頭 51kg 2頭
人気

過去10年の目黒記念3着以内では、1番人気の好走例が多い一方で、2~3番人気が不振傾向となっています。

  • 1番人気(1-4-2-3)複勝率70%
  • 2番人気(0-1-0-9)複勝率10%
  • 3番人気(1-0-1-8)複勝率20%

予想

やや層が厚い印象の目黒記念2019。今年は、好走例の多い前走メトロポリタンステークス組が不在(天候の影響で開催中止)で、前走重賞レースを使ってきた実力馬が揃いました。

一強になりそうなブラストワンピース。今回は、流石に馬券圏内を外したくないメンバーでしょうか。ただ仮にブラストワンピースが勝ち負けしたとしても、ほかの上位争いは混戦模様。2~3着なら…という馬が多く、難解なレースだと思います。

以下、簡単な考察と予想です。

◎4ムイトオブリガード

東京芝2500mは、昨年のアルゼンチン共和国杯で2着に好走しているコース。後の天皇賞春3着馬パフォーマプロミスと差のない内容だったことを考えれば、コース適性は高そうです。昨年青嵐賞(東京芝2400m、1000万)で勝ち時計2:22.9と速い時計の実績もありますし、今開催の馬場も合うかもしれません。

○6ブラストワンピース

有馬記念優勝馬。このメンバーが相手なら、3着は外したくないところだと思います。飛ぶとすれば、斤量59kgや高速馬場適性が要因になるでしょうか。

△12パリンジェネシス

前走サンシャインステークスを逃げ切り勝ち。今回、相手が一気に強くなりますが、ハンデ戦の54kgなら…というところでしょうか。速い時計の決着となった昨年の青嵐賞(1000万)では、ムイトオブリガードの猛追を凌いでの優勝(同着)。ムイトオブリガード同様、今開催の馬場は合うかもしれません。

ワイド◎-○△ 3連複◎-○-△合計3点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、5着、8着、10着でした。本命◎ムイトオブリガードは、5着でした。

目黒記念2019 結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 10 牡6 55 ルックトゥワイス 3 新潟大賞典(G3) 4着(0.2) 2
2 5 牡4 54 アイスバブル 5 早春ステークス(1600万) 1着(-0.1) 2
3 3 牡7 54 ソールインパクト 9 阪神大賞典(G2) 4着(1.4) 9

穴馬が2頭、波乱決着でした。目黒記念っぽい決着ですね。人気馬を狙っていたので、カスリもせずでした。

まるで重馬場の2400m戦のような時計、レコード決着(2:28.2)でした。速すぎる時計故に、馬場適性が無いと来れないレースだったと思います。

ダービーから一転、前に行った馬が崩れ、外差しが決まりました。内にいた馬も伸びを欠いたように見えます。1番人気の支持を集めたブラストワンピースは、59kgというより、馬場適性が無かったのかもしれません。有馬記念は、タフな馬場になりやすい年末年始の中山芝コース。当日、雨も降っていましたから、今日の東京とは真逆に近いといえそうです。

2~3着には、芦毛のディープインパクト産。オークスやダービーもそうでしたが、今の馬場はディープインパクト産に向いてそうですね。

深く考えない競馬