G2の過去データと予想

目黒記念2020-過去データと予想

日程 2020年5月31日(日曜)
開催 東京競馬場11R
距離 芝2500m
格付け G2
条件 4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 18頭
天気 曇のち晴(ヤフー天気)

目黒記念2020

日本ダービー開催日の最終レースに行われる伝統のハンデ重賞、目黒記念2020です。例年、重賞戦線では少し足りない印象の馬が出走するレースということもあり、予想的中ともに難解な一戦となっています。

東京競馬場の芝2500mコース

配当

過去10年の目黒記念の配当を見ると、3連単10万馬券超えが5回あります。3連複では万馬券が8回。波乱傾向のレースです。荒れるレースだけに、日本ダービーの損を取り戻そうとして、目黒記念も外してしまうというのが悲しきパターンです…。

年度 馬連 3連複 3連単
2019 4,490円 18,420円 90,500円
2018 19,220円 23,330円 197,190円
2017 3,450円 41,190円 316,940円
2016 1,200円 9,530円 47,830円
2015 14,460円 16,680円 105,200円
2014 21,380円 55,000円 427,240円
2013 2,780円 7,590円 48,790円
2012 3,640円 13,640円 70,220円
2011 3,000円 10,550円 76,530円
2010 19,290円 41,110円 244,680円

では過去10年の目黒記念で3着以内に入った馬のデータをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

JRA公式のデータ分析は、こちらで確認できます。参考 データ分析:目黒記念 今週の注目レース JRA

過去10年の1~3着馬の前走データ

目黒記念2020過去データ表
表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2019 1 10 牡6 55 ルックトゥワイス 3 新潟大賞典(G3) 4着(0.2) 2
2 5 牡4 54 アイスバブル 5 早春ステークス(1600万) 1着(-0.1) 2
3 3 牡7 54 ソールインパクト 9 阪神大賞典(G2) 4着(1.4) 9
2018 1 3 牡5 54 ウインテンダネス 9 緑風ステークス(1600万) 1着(-0.3) 4
2 4 牡5 55 ノーブルマーズ 10 メトロポリタンステークス(OP) 2着(0.1) 7
3 8 牡6 56 パフォーマプロミス 1 日経新春杯(G2) 1着(-0.0) 1
2017 1 12 セ7 58 フェイムゲーム 8 ダイヤモンドステークス(G3) 6着(0.7) 3
2 2 牡6 56.5 ヴォルシェーブ 1 メトロポリタンステークス(OP) 1着(-0.3) 1
3 9 牡7 54 ハッピーモーメント 13 メトロポリタンステークス(OP) 6着(0.5) 4
2016 1 15 牡4 54 クリプトグラム 3 大阪-ハンブルクカップ(OP) 1着(-0.0) 1
2 6 牝5 56 マリアライト 1 日経賞(G2) 3着(0.3) 4
3 10 牡8 58 ヒットザターゲット 8 有馬記念(G1) 13着(0.7) 13
2015 1 1 牡7 57 ヒットザターゲット 11 新潟大賞典(G3) 11着(0.6) 9
2 2 牡5 55 レコンダイト 4 大阪-ハンブルクカップ(OP) 2着(0.0) 2
3 3 セ5 56 ファタモルガーナ 1 ダイヤモンドステークス(G3) 2着(0.3) 2
2014 1 14 牡6 54 マイネルメダリスト 8 大阪-ハンブルクカップ(OP) 4着(0.0) 6
2 9 牡5 56 ラブイズブーシェ 12 福島民報杯(OP) 5着(0.6) 3
3 1 牡4 54 プロモントーリオ 4 メトロポリタンステークス(OP) 2着(0.3) 5
2013 1 4 牡5 56 ムスカテール 4 天皇賞春(G1) 16着(5.1) 7
2 16 牡5 57 ルルーシュ 2 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 7着(1.0) 1
3 11 牡5 56.5 カフナ 3 メトロポリタンステークス(OP) 1着(-0.1) 2
2012 1 14 牡4 57 スマートロビン 1 メトロポリタンステークス(OP) 1着(-0.2) 1
2 9 牡5 55 トウカイパラダイス 7 天皇賞春(G1) 10着(1.8) 16
3 12 牡4 55 コスモロビン 6 天皇賞春(G1) 14着(1.9) 15
2011稍重 1 8 牡8 51 キングトップガン 7 メトロポリタンステークス(OP) 6着(0.2) 11
2 17 牡4 56 ハートビートソング 1 ウインズ八代開設記念(1600万) 1着(-0.3) 2
3 1 牡4 55 ヤングアットハート 6 新潟大賞典(G3) 4着(0.3) 8
2010 1 12 牡5 54 コパノジングー 5 烏丸ステークス(1600万) 1着(-0.2) 2
2 8 牡5 51 イケドラゴン 9 府中ステークス(1600万) 12着(0.7) 7
3 4 牡6 53 フェニコーン 7 安房特別(1000万) 1着(-0.0) 2
ハンデ

過去10年の目黒記念3着以内では、斤量54~56kgあたりの馬が中心となっています。重いハンデ(58kg)や軽ハンデ(53kg以下)が劣勢傾向にあります。

58kg 2頭 57kg 3頭 56.5kg 2頭
56kg 6頭 55kg 6頭 54kg 8頭
53kg 1頭 51kg 2頭
人気

過去10年の目黒記念3着以内では、1番人気の好走例が多い一方で、2~3番人気が不振傾向となっています。

  • 1番人気(1-3-2-4)複勝率60%
  • 2番人気(0-1-0-9)複勝率10%
  • 3番人気(2-0-1-7)複勝率30%
前走東京芝2400m

過去10年の目黒記念3着以内30頭中9頭を占めます。メトロポリタンステークス好走馬のほか、直近2年は1600万クラス(現3勝クラス)勝ち馬が馬券圏内に好走しています。

予想

今年の目黒記念2020は、ほぼ例年並みのメンバー構成になるでしょうか。飛び抜けた馬が不在のハンデ戦ということで、今年も波乱を予感させるメンバーだと思います。重賞好走歴のある馬が上位争いの中心になりそうですが、ざっと見た感じでは、かなり多くの馬が馬券候補になりそうです。難解です…。

以下、簡単な考察と予想です。前走東京芝2400m出走馬を中心に狙いましたが、全く当たる気がしません。

◎16オセアグレイト

東京コースで馬券圏外となったのは、小差の5着に敗れた前走メトロポリタンステークスのみです。前走は、直線進路が無くなり、徐々に外に出してからの追い込みでした。そこから上がり最速の脚で詰めて来ていたので、負けて強しという内容だったと思います。外枠は気になるものの、前走のパフォーマンスとルメール騎手に期待しての本命です。

〇11ステイフーリッシュ

直近3戦は、G1クラスの相手と戦ってきています。斤量57.5kgが気になるところですが、相手が楽になるここで、変わり身があっても良いかもしれません。デビュー4戦目の京都新聞杯から勝ち切れないレースが続いているものの、相手なりに走って大崩れしていないのは強みだと思います。切れる脚はないので、前々で運ぶことが出来れば…。

△12ゴールドギア

直近2年連続で馬券圏内に好走している前走東京芝2400mの1600万クラス(現3勝クラス)優勝馬。前走緑風ステークスは、前に行った2頭が粘る中、直線馬場の広いところに出して、良い脚を使って伸びていました。東京の広いコース自体は、合いそうです。流石にここでは格下という印象を受けますが、下位人気になるようであれば、紐に押さえても良いかもしれません。

△4アイスバブル

過去好走例が多いメトロポリタンステークス組。昨年の目黒記念2着も好走していますし、馬券候補の1頭だと思います。ただ大きく崩れているわけでは無いですが、1年近く馬券圏内の好走が無いのは気になるところ…。

3連複4頭ボックス◎〇△△合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、2着、3着、5着、6着でした。本命◎オセアグレイトは、6着でした。

目黒記念2020結果
着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 5 牡4 54 キングオブコージ 1 湾岸ステークス(3勝クラス) 1着(-0.4) 1
2 4 牡5 55 アイスバブル 6 メトロポリタンステークス(LR) 6着(0.5) 9
3 11 牡5 57.5 ステイフーリッシュ 7 大阪杯(G1) 9着(1.0) 8

後方待機のキングオブコージが直線抜け出して優勝。実績のわりに人気しすぎていると思って嫌ったのですが、危なげなく完勝というレースでした。

2~3着には、好位~中団で脚を溜めていたアイスバブルとステイフーリッシュ。本命オセアグレイトは、直線失速して6着…。前が崩れるレースになったので、展開が向かなかったのかもしれません。

押さえていたゴールドギア。キングオブコージ同様、後方で脚を溜める位置取りでした。ゴールドギアとは異なり、最後はイン突きを狙うも、前が詰まり伸び切れず…。手応え抜群に見えたので、スムーズなら2~3着争いに加わった可能性もありそうでした。

深く考えない競馬