目黒記念 2017 過去10年のデータと予想

日程 2017年5月28日(日曜日)
開催 東京競馬場 12R
距離 芝2500m
格付け GⅡ
条件 サラ系4歳以上
斤量 ハンデ
出走数 18頭
天気 晴れ参考 東京競馬場 – Yahoo!天気・災害

ハンデ重賞「目黒記念2017」です。毎年、日本ダービーがある日の最終レースに行われます。今年も日本ダービー2017の日の最終レースにあります。

例年、重賞では少し足りない馬が出走するパッとしない印象のレースでしたが、昨年はマリアライトやタッチングスピーチなど、G1で好走歴のある馬が出走しました。マリアライトは、目黒記念2016後に宝塚記念2016に出走し、優勝を果たしています。

過去10年の目黒記念の配当を見ると、波乱傾向のレースといえます。日本ダービーの損を取り戻そうとして、目黒記念も外してしまう…そういうレースです。(・Θ・;) 2008年は、1~3番人気で決まりましたが、基本的には穴馬が馬券圏内に食い込むレースとなっています。

年度 馬連 3連複 3連単
2016 1,200円 9,530円 47,830円
2015 14,460円 16,680円 105,200円
2014 21,380円 55,000円 427,240円
2013 2,780円 7,590円 48,790円
2012 3,640円 13,640円 70,220円
2011 3,000円 10,550円 76,530円
2010 19,290円 41,110円 244,680円
2009 2,710円 94,470円 637,440円
2008 600円 600円 4,260円
2007 1,310円 10,280円 39,210円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければ、ご活用とご参考ください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

横にスクロールして下さい。
目黒記念2017
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走
2016 1 15 牡4 54 クリプトグラム 3 大阪-ハンブルクカップ(OP) 1着(-0.0)
2 6 牝5 56 マリアライト 1 日経賞(G2) 3着(0.3)
3 10 牡8 58 ヒットザターゲット 8 有馬記念(G1) 13着(0.7)
2015 1 1 牡7 57 ヒットザターゲット 11 新潟大賞典(G3) 11着(0.6)
2 2 牡5 55 レコンダイト 4 大阪-ハンブルクカップ(OP) 2着(0.0)
3 3 セ5 56 ファタモルガーナ 1 ダイヤモンドステークス(G3) 2着(0.3)
2014 1 14 牡6 54 マイネルメダリスト 8 大阪-ハンブルクカップ(OP) 4着(0.0)
2 9 牡5 56 ラブイズブーシェ 12 福島民報杯(OP) 5着(0.6)
3 1 牡4 54 プロモントーリオ 4 メトロポリタンステークス(OP) 2着(0.3)
2013 1 4 牡5 56 ムスカテール 4 天皇賞春(G1) 16着(5.1)
2 16 牡5 57 ルルーシュ 2 アメリカジョッキークラブカップ(G2) 7着(1.0)
3 11 牡5 56.5 カフナ 3 メトロポリタンステークス(OP) 1着(-0.1)
2012 1 14 牡4 57 スマートロビン 1 メトロポリタンステークス(OP) 1着(-0.2)
2 9 牡5 55 トウカイパラダイス 7 天皇賞春(G1) 10着(1.8)
3 12 牡4 55 コスモロビン 6 目黒記念(G2) 3着(0.4)
2011稍重 1 8 牡8 51 キングトップガン 7 メトロポリタンステークス(OP) 6着(0.2)
2 17 牡4 56 ハートビートソング 1 ウインズ八代開設記念(1600万) 1着(-0.3)
3 1 牡4 55 ヤングアットハート 6 新潟大賞典(G3) 4着(0.3)
2010 1 12 牡5 54 コパノジングー 5 烏丸ステークス(1600万) 1着(-0.2)
2 8 牡5 51 イケドラゴン 9 府中ステークス(1600万) 12着(0.7)
3 4 牡6 53 フェニコーン 7 安房特別(1000万) 1着(-0.0)
2009不良 1 4 牡6 55 ミヤビランベリ 8 新潟大賞典(G3) 6着(0.8)
2 5 牡5 57 ジャガーメイル 1 天皇賞春(G1) 5着(0.4)
3 16 セ5 52 ハギノジョイフル 17 大阪-ハンブルクカップ(OP) 9着(0.9)
2008 1 5 牡4 56 ホクトスルタン 3 天皇賞春(G1) 4着(0.5)
2 17 牡4 58 アルナスライン 1 メトロポリタンステークス(OP) 1着(-1.0)
3 1 牡4 57 ロックドゥカンブ 2 有馬記念(G1) 4着(0.7)
2007 1 2 牡6 58.5 ポップロック 1 Dubai Sheema Classic(G1) 6着
2 11 牡3 51 ココナッツパンチ 4 皐月賞(G1) 9着(0.6)
3 10 牡5 57 アドマイヤフジ 6 ダイヤモンドステークス(G3) 13着(2.8)

前走芝2400m(オープン特別)

過去10年の目黒記念3着以内30頭中9頭を占めます。2007年と2010年を除く過去8回で、前走芝2400mのオープン特別に出走していた馬が馬券圏内に好走しています。

メトロポリタンステークス組や大阪-ハンブルクカップ組が多いですが、今年から大阪-ハンブルクカップは芝1400m戦に変更となったので、今年はメトロポリタンステークス組に注目です。

ハンデ

過去10年の目黒記念3着以内では、軽ハンデと重ハンデが劣勢傾向です。斤量別に分けると、以下のようになります。斤量54kg~57kgが中心です。

58.5kg 1頭 58kg 2頭 57kg 6頭
56.5kg 1頭 56kg 6頭 55kg 5頭
54kg 4頭 53kg 1頭 52kg 1頭
51kg 3頭

人気

過去10年の目黒記念3着以内では、1番人気馬の好走例が多い一方で、2~3番人気馬は不振傾向となっています。

  • 1番人気(2-4-1-3)複勝率70%
  • 2番人気(0-1-1-8)複勝率20%
  • 3番人気(2-0-1-7)複勝率30%

馬券予想

過去10年の傾向から「前走芝2400m(オープン特別)」「斤量54kg~57kg」「1番人気」に注目です。

目黒記念2017は、かなりの混戦になりそうです。抜けた馬が不在の上にハンデ戦です。予想も的中も難しそうです。(;´・ω・`p

東京芝2400m戦から僅か100m長くなるだけですが、過去の好走馬を見ると、スタミナのある馬が多いです。またリピーターの好走は稀で、過去10年では、昨年と一昨年のヒットザターゲットのみとなっています。

以下、簡単な考察と予想です。

馬連◎-○▲ 3連複◎-○-▲ 合計3点
◎②ヴォルシェーブ

前走メトロポリタンステークス2017 1着。前走は、約5ヶ月の休養明けで快勝。最後の直線でグングン伸びて、前の馬をあっさり交わしての差し切り勝ちでした。

好ローテのメトロポリタンステークスを快勝するぐらいですから、ここでも十分に上位争いする能力があるでしょう。3走前のアルゼンチン共和国杯2016では、シュヴァルグランに僅か0.1秒差の3着。シュヴァルグランとの斤量差3kgに加え、シュヴァルグランは最後抑えていたので、能力差がありそうに感じました。ただ今回の抜けた馬のいないメンバーなら、勝ち負け争いに加わっても不思議では無さそう…と思っています。

○①モンドインテロ

前走大阪杯2017 8着。前走はG1レースで相手が強すぎました。モンドインテロに先着したメンバーを見ても仕方ないと思ってしまいます。

東京芝2500m戦は、昨年のアルゼンチン共和国杯2016 4着、目黒記念2016 5着という成績で、崩れてはいませんが勝ててもいません

特にアルゼンチン共和国杯2016の日のルメール騎手は、1日8勝と神憑り的な騎乗成績でした。しかしその日、騎乗した中で唯一馬券圏外となったのがアルゼンチン共和国杯2016の1番人気モンドインテロでした。モンドインテロさえ3着以内に来れば馬券的中だったので、よく覚えています。|ω・`)

超絶好調だった日のルメール騎手でさえ3着に食い込めなかったコースと考えると、頭からは狙いにくい気もしますが、相手の揃った重賞で崩れない実績を見ると、今回のメンバーなら押さえておきたい1頭です。

▲⑫フェイムゲーム

前走ダイヤモンドステークス2017 6着。前走は、好相性を誇っていたダイヤモンドステークスで6着に敗れました。ただ上位陣は、優勝したアルバートを除くと、軽ハンデ馬が占めていたので、負けたものの自力の高さは示した格好だと思います。

東京芝2500mも相性が良い舞台で、アルゼンチン共和国杯2014優勝のほか、昨年のアルゼンチン共和国杯2016では、5着に入っています。4着モンドインテロや3着ヴォルシェーブとも大きな差はない結果で、この条件なら大崩れは無いと考えたいです。

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、8着でした。

本命◎ヴォルシェーブは2着でした。

目黒記念2017
着順 馬番 性齡 馬名 人気 前走
1 12 セ7 フェイムゲーム 8 ダイヤモンドステークス(G3) 6着(0.7)
2 2 牡6 ヴォルシェーブ 1 メトロポリタンステークス(OP) 1着(-0.3)
3 9 牡7 ハッピーモーメント 13 メトロポリタンステークス(OP) 6着(0.5)

晩に録画を見ましたが、的中していました。結構付いてますね…( “・ω・゛)

優勝したフェイムゲームは、やはりこの舞台は強いですね。出馬表は流し見だったので、何となくイメージで北村宏司騎手かと思っていたら、レース後にルメール騎手だと知りました。ルメール騎手の勢いがやばすぎます…。

人気薄のハッピーモーメントが3着。データ的にはメトロポリタンステークス組は買いですが、個人的には、あと紐に2頭は追加しないと手が回らない1頭でした。(4頭目評価カフジプリンス、5頭目評価ハッピーモーメントでした。)

1~3着馬の次走情報