マーメイドステークス 過去10年のデータと予想

日程 2018年6月10日(日曜日)
開催 阪神競馬場 11R
距離 芝2000m
格付け GⅢ
条件 サラ系3歳以上牝馬
斤量 ハンデ
出走数 15頭
天気 曇り(ヤフー天気)

マーメイドステークス2018

牝馬限定のハンデ重賞「マーメイドステークス2018」です。昨年は、珍しく上位人気決着となってはいますが、過去毎年のように荒れている一戦。牝馬限定&ハンデ戦と如何にも荒れる条件のため、今年も波乱を想定しておいた方が良さそうなレースです。

コース形態

阪神競馬場の芝2000mコース

過去10年のマーメイドステークスの配当を見ると、3連単10万馬券超えが7回あります。3連複では万馬券が9回に及ぶ波乱の一戦です。

年度 馬連 3連複 3連単
2017 1,270円 2,870円 14,720円
2016 6,030円 24,090円 147,190円
2015 3,650円 22,750円 151,990円
2014 12,920円 18,630円 127,050円
2013 18,390円 19,330円 193,030円
2012 1,720円 12,930円 45,350円
2011 3,490円 93,350円 425,710円
2010 8,410円 15,580円 91,010円
2009 5,200円 18,380円 124,220円
2008 74,000円 178,370円 1,930,350円

では過去10年の前走データをまとめました。よろしければご活用とご参考になさってください。

過去10年の1~3着馬の前走データ

表の色分けについては、過去データ表の見方にまとめています。

マーメイドステークス2018
年度 着順 馬番 性齢 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
2017 1 10 牝5 55 マキシマムドパリ 3 大阪城ステークス(OP) 13着(0.6) 2
2 4 牝5 55 クインズミラーグロ 2 福島牝馬ステークス(G3) 3着(0.1) 1
3 1 牝5 54 アースライズ 6 賢島特別(1000万) 1着(-0.1) 2
2016 1 12 牝5 53 リラヴァティ 6 パールステークス(1600万) 1着(-0.0) 3
2 7 牝5 51 ヒルノマテーラ 7 パールステークス(1600万) 4着(0.3) 4
3 1 牝4 55 ココロノアイ 5 阪神牝馬ステークス(G2) 5着(0.5) 6
2015 1 2 牝5 53 シャトーブランシュ 8 パールステークス(1600万) 4着(0.5) 5
2 12 牝4 53 マリアライト 1 緑風ステークス(1600万) 1着(-0.2) 2
3 13 牝7 53 パワースポット 10 モンゴル大統領賞(OP) 7着(0.6) 6
2014 1 13 牝4 53 ディアデラマドレ 1 パールステークス(1600万) 2着(0.0) 1
2 14 牝5 50 コスモバルバラ 13 野島崎特別(1000万) 1着(-0.1) 2
3 9 牝5 56 フーラブライド 2 ヴィクトリアマイル(G1) 13着(0.8) 10
2013 1 14 牝5 56 マルセリーナ 7 メイステークス(OP) 6着(0.5) 4
2 12 牝6 55 アグネスワルツ 10 都大路ステークス(OP) 8着(1.2) 9
3 7 牝4 54 アロマティコ 1 ヴィクトリアマイル(G1) 10着(0.5) 9
2012 1 3 牝4 53 グルヴェイグ 1 ホンコンジョッキークラブT(1000万) 1着(-0.5) 1
2 6 牝5 50 クリスマスキャロル 7 御室特別(1000万) 1着(-0.1) 3
3 7 牝5 50 メルヴェイユドール 10 パールステークス(1600万) 7着(0.3) 8
2011 1 8 牝5 55 フミノイマージン 2 金鯱賞(G2) 6着(1.2) 8
2 4 牝5 56 ブロードストリート 7 ヴィクトリアマイル(G1) 9着(0.6) 15
3 5 牝6 52 アースシンボル 13 目黒記念(G2) 10着(1.2) 15
2010 1 9 牝5 53 ブライティアパルス 3 メイステークス(OP) 3着(0.3) 5
2 13 牝6 53 セラフィックロンプ 14 都大路ステークス(OP) 5着(1.3) 12
3 3 牝4 53 テイエムオーロラ 4 パールステークス(1600万) 1着(-0.0) 6
2009 1 1 牝6 53 コスモプラチナ 9 愛知杯(G3) 16着(1.3) 8
2 10 牝5 52 ニシノブルームーン 4 府中ステークス(1600万) 1着(-0.1) 6
3 16 牝4 56.5 リトルアマポーラ 2 ヴィクトリアマイル(G1) 6着(1.5) 3
2008 1 8 牝5 48 トーホウシャイン 12 1000万(東京芝2000m) 9着(1.4) 6
2 2 牝6 52 ピースオブラヴ 10 新潟大賞典(G3) 15着(2.2) 15
3 4 牝5 53 ソリッドプラチナム 5 烏丸ステークス(1600万) 7着(0.4) 1
斤量(53kg以下)

過去10年のマーメイドステークス3着以内30頭中19頭斤量53kg以下でした。そのほか、3着以内に来た8番人気以下10頭中9頭斤量53kg以下でした。人気薄の激走は、軽ハンデ馬が期待できそうです。

前走1000~1600万クラス

過去10年のマーメイドステークス3着以内30頭中14頭を占めます。特に近年は、前走パールステークス(京都芝1800m、1600万)に出走していた馬の好走が多いです。

外枠(6~8枠)

直近5年のマーメイドステークス3着以内15頭中9頭を占めます。

予想

波乱決着の多いマーメイドステークス。ざっと見た感じでは、今年のマーメイドステークス2018も半数以上が馬券候補になりそうなメンバーに思えます。ハンデ次第では、今年も波乱の可能性が十分にありそうです。

以下、簡単な考察と予想です。波乱傾向に加え、雨予報。これは全く当たる気がしないですね…。
◎⑫ミエノサクシード

近年好走例の多い外枠(7枠)。休養明けだった前走阪神牝馬ステークス2018は、ミスパンテール、レッドアヴァンセ、リスグラシュー、アドマイヤリード、ジュールポレールを相手に6着でした。上位陣がそのままG1ヴィクトリアマイル2018で好走したことを考えれば、力のあるところを見せたと言えるかもしれません。

○①ワンブレスアウェイ

出遅れ癖があるため、空回りとなったレースが続いています。それでも毎回大敗しているわけではなく、能力自体はありそうです。先行してこそというタイプだと思うので、出遅れず前々で競馬できれば、一発あっても。

▲⑦エテルナミノル

ハンデ戦の牝馬限定重賞愛知杯2018の優勝馬。馬券圏内に来たレースは、後ろ過ぎない位置からレースを運んでいます。緩い流れになりそうな今回、愛知杯2018のように好位で進めることが出来れば、面白そうです。

△③アンドリエッテ

唯一のパールステークス2018組。後方から直線一気という馬だけに、流れが向くかどうかがポイントになりそうですね。今年は、逃げ馬が不在&絶対に先行したい馬も不在というメンバー構成。牝馬戦ですし、緩い流れになりそうな気がします。そうなると、脚質的な恩恵が全くないレースになる可能性が高そうです。評価としては、軽ハンデ51kg(前走からマイナス4kg)に加えて、好走例が多いローテですし、押さえなら…という1頭でしょうか。

3連複◎○▲△4頭ボックス 合計4点

結果

簡潔なまとめです。馬券的には、1着、2着、3着、11着でした。本命◎ミエノサクシードは、3着でした。

マーメイドステークス2018
着順 馬番 性齡 斤量 馬名 人気 前走 前走人気
1 3 牝6 51 アンドリエッテ 10 パールステークス(1600万) 3着(0.4) 5
2 1 牝5 53 ワンブレスアウェイ 9 福島牝馬ステークス(G3) 6着(0.7) 6
3 12 牝5 54 ミエノサクシード 4 阪神牝馬ステークス(G2) 6着(0.4) 7

晩に録画を見たのですが、見間違いかと思って、何度も結果を見返しました。まさかの的中。少点数買いの醍醐味ですね…。懐が凄く暖かくなりました。(´・ω・`;)

多数のお問い合わせ(メッセージ)有難うございます。全ての方にお返事を書くことは出来ませんが、メッセージは全て目を通しています。参考にならないことの方が多いですが、またお時間のあるときにでもブログにお越し頂ければ幸いです。

ワンブレスアウェイはスタート良く、そのままインコースの中団で脚を溜める競馬。この馬は重賞で来るはずだと思って、珍しく外れても外れても追いかけてきた馬ですが、やっと(馬券的に)報われました。出遅れさえなければ、決して弱くないですね。

結果的には、道中インコースで脚を溜めていたアンドリエッテとワンブレスアウェイのワンツーフィニッシュ。外から来た3着ミエノサクシードは、斤量面を考えると、力のある所を見せたと思います。

JRA G3
深く考えない競馬